少女ファイト(Girls' Fight)のネタバレ解説まとめ

『少女ファイト』とは、日本橋ヨヲコにより講談社イブニングで連載されている、高校女子バレーボールを題材にした漫画作品である。女子バレー界で20年に一人の逸材と謳われた姉の事故をきっかけとし、心を病んでしまった主人公大石練。そんな彼女が高校進学を転機に、仲間達を通して大きな成長を遂げ、春高優勝に向けて力を合わせていく青春物語である。ブロスコミックアワード2008大賞受賞作品。2009年10月にはOVA化もされている。

CV:矢尾一樹。

灰澤高校3年。男子バレー部所属。

実家は自然食カフェ兼雑貨店である「HON MARKET」。
豪徳自身も接客しており、千石雲海・延友厚子・早坂奈緒・三國広之など多数から利用されている。

賭けバレーイベント「池袋ガールズベットバレー」の総元締めであり、いわゆる「ビジネスヤンキー」である。
他校のバレー部員である奈緒を恋人にして、参加させていた。

非合法ないかがわしいイベントという噂が付きまとっていたが、豪徳のことを雲海は「誤解王」と評しているように悪い人間ではない。
理央という妹がおり、賭けバレーも実は妹の1億にものぼる心臓の手術代のために働いていたのだった。

賭けバレー自体もバレーをする機会を失った少女らにとっての居場所になっており、ベットバレーのため一方的に利用していたわけではなかった。
広之が後に合法ビジネス転換を条件に出資を申し出、契約が成立している。
それ以来、広之とは内密な相談に「HON MARKET」を使ってもらうなど付き合いがある。

バレーの実力も高く、奈緒の練習に付き合いプレーを磨いたことを犬神鏡子は称賛した。

本間 理央(ほんま りお)

本間豪徳の妹。美少女。
今までの彼女と違って早坂奈緒によく懐いており、奈緒にバレーを教わりたいと思っている。

しかし、心臓が弱く運動ができない。
その代り、豪徳とリアルなシチュエーションのままごと遊びをしていつも過ごしている。

堺田 町蔵(さかいだ まちぞう)

長谷川留弥子の想い人であり、作中の漫画『エドガワ排球団』の作者。

さらに、日本橋ヨヲコの過去作品『G戦場のヘヴンズドア』の主人公。
高校生の頃、長谷川鉄男とタッグを組んで漫画大賞に応募したところ、見事受賞したのが漫画家になるきっかけとなった。

エドガワ排球団は、実は打ち切り続きでくすぶっていた町蔵がダメ元で「少年ファイト」に持ちこんだものだった。
その時ちょうど担当編集者になった鉄男の手腕もあり、今では大人気漫画家に。

留弥子のことは憎からず思っているが、その愛を受け止めるべきか苦悩中。
留弥子の母親である、長谷川久美子のことが好きだった過去を持つ。

隆子のおじ

隆子を養護施設から引き取り育てた親代わりの人物。

かなりのバレー狂で、隆子にバレーの英才教育をほどこした。
調子が良ければ隆子を褒め称え、悪ければボロクソに叩くので、隆子は常に顔色を見つつプレーしなければならない。
Vリーグや白雲山のスポンサーもしている。

妻は夕栗製薬の会長の娘で、彼女は隆子のことをあまり好いていない。
田上繭や真壁純一とも交流があり、繭とは愛人関係。

大石練のことは小学校時代から高く評価しており、白雲山進学を取り下げた事実を知るやいなや「理解に苦しむ」と評した。

村上 寛治(むらかみ かんじ)

黒曜谷高校OBで環の夫。婿養子。
全国チェーンのスポーツ用品店「ムラカミスポーツ」の旭谷店店長。

式島滋が男子バレー部を引退する際、部員のため「ムラカミスポーツ」から備品を買った。

堀之内 秀信(ほりのうち ひでのぶ)

雑誌「月刊バレー天国」のライター。
黒曜谷高校OBで男子バレー部マネージャーだった。

由良木政子の恋人で同期。
村上環の旦那である「ムラカミスポーツ」の寛治とは親友。

村田 清彦(むらた きよひこ)

小田切学と式島未散の母校である旭谷中学校の数学教師。
こっそり授業中に漫画を描いていた学に嫌味を言うキャラだったが、学と未散が付き合ってると知ると称賛した。

恩田 紀恵(おんだ のりえ)・喜多 さち代(きた さちよ)

左がさち代、右が紀恵

学の学外の友人。

奥平 現(おくだいら げん)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

劇場版 黒子のバスケ LAST GAME(黒子のバスケ EXTRA GAME)のネタバレ解説まとめ

『劇場版 黒子のバスケ LAST GAME』とは、黒子のバスケ原作者・藤巻忠俊が、その続編を描いた『黒子のバスケ EXTRA GAME』を映像化したものである。 また、映像化するにあたり、原作者自らが新エピソードを書き下ろした。 高校2年生になった黒子テツヤやキセキの世代のメンバーたちは、アメリカのチーム「Jabberwock」に挑むため、高校の垣根を超えたドリームチームを結成する。

Read Article

黒子のバスケ(黒バス)のネタバレ解説まとめ

『黒子のバスケ』とは、藤巻忠俊によるバスケットボール漫画、およびそれを原作とした小説・アニメ・ゲーム・舞台などのメディアミックス作品。 かつてバスケの名門校「帝光中学校」の「幻の6人目(シックスマン)」と呼ばれていた黒子テツヤが、バスケ部新設校の誠凛高校に進学する。そこでバスケにおいて天賦の才能を持つ火神大我という「光」に出会い、黒子は火神の「影」として「バスケで日本一になる」ことを目指す。

Read Article

NEW

東のエデン(Eden of the East)のネタバレ解説まとめ

『東のエデン』とは、2009年4月から6月までフジテレビ「ノイタミナ」枠にて放送されたテレビアニメである。同枠初のオリジナルストーリーであり、原作・脚本・監督は神山健治、キャラクター原作は羽海野チカ。アニメーション制作はProductionI.G。記憶喪失の青年が謎の携帯電話によって、日本全国を賭けたゲームに巻き込まれるサスペンス・アクション。テレビアニメ放送後、映画化もされており、「ノイタミナ」初の映画化作品となる。

Read Article

進撃!巨人中学校(Attack on Titan: Junior High)のネタバレ解説まとめ

『進撃!巨人中学校』とは中川沙樹が描く、諫山創の『進撃の巨人』の公式学園パロディ漫画。2015年にProduction I.G製作でアニメ化。前半をアニメパート、後半を出演声優たちによるバラエティ番組の実写パートとして30分枠で放送。中学生になったエレン・イェーガーは進撃中学校へ入学する。学校には巨人も在籍しており、エレンは巨人に恨みを持っており巨人を駆逐しようと非公式部活「調査団」へ入部した。

Read Article

戦国BASARA(Sengoku Basara)のネタバレ解説まとめ

「戦国BASARA」とはカプコンから発売されている人気アクションゲーム、及びゲームを原作にしたアニメーション作品。第一期、二期、劇場版をProduction I.Gが製作し、三期をテレコム・アニメーションフィルムが製作した。若い女性達の間で起こった戦国武将ブームの火付け役でもあり、漫画・アニメ・ドラマ・舞台など様々な媒体で展開している。

Read Article

ジョーカー・ゲーム(ジョカゲ、Joker Game)のネタバレ解説まとめ

『ジョーカー・ゲーム』とは、柳広司による日本の短編ミステリー・スパイ小説および、それを原作とした漫画、アニメ作品である。「D機関シリーズ」と呼ばれている。2016年4月から6月までAT-X、TOKYO MX他にて放送された。第二次世界大戦前の帝国陸軍内に結城中佐によって、スパイ養成部門「D機関」が秘密裏に設立される。そのD機関員たちが世界で暗躍する全12話のストーリーである。

Read Article

翠星のガルガンティア(Gargantia on the Verdurous Planet)のネタバレ解説まとめ

Production I.G制作、オケアノス原作の日本のアニメ作品。2013年4月~6月まで放送された。 はるかなる未来、宇宙生命体ヒディアーズと戦う兵士レドが空間転移事故により、陸地のほとんどを海中に没した地球に跳ばされた。その地球にてガルガンティアという巨大な船団で生活することになる。兵士以外の生き方に触れ、ヒディアーズの真実を知り苦悩しながらもやがて成長してゆく物語。

Read Article

精霊の守り人(Moribito: Guardian of the Spirit)のネタバレ解説まとめ

『精霊の守り人』とは、上橋菜穂子原作の異世界のファンタジーである守り人シリーズのアニメ化作品。 2007年4月~9月にNHK-BS2の衛星アニメ劇場枠で全26話構成で放送された。 100年に一度卵を産む水の精霊に卵を産みつけられた新ヨゴ皇国の第二皇子チャグムとチャグムを守るよう母妃に託された女用心棒バルサ。皇子の命を狙うヨゴ皇国。卵を狙う異世界の生物。二人の過酷で困難に満ちた旅が始まる。

Read Article

ボールルームへようこそ(Welcome to the Ballroom)のネタバレ解説まとめ

「ボールルームへようこそ」とは、「竹内友」による漫画作品。2011年より「月刊少年マガジン」にて連載を開始し、2017年夏に「Production I.G」製作でアニメ化。なんの取り柄もなく日常をただ過ごしていた気弱な少年「富士田多々良」は、ある日偶然にも社交ダンスに出会う。プロダンサーの仙石や同年代のダンサー兵藤・雫達に影響され、多々良は社交ダンスに没頭していく。

Read Article

プラスチック解体高校(漫画)のネタバレ解説まとめ

『プラスチック解体高校』とは、日本橋ヨヲコによる漫画作品。『週刊ヤングマガジン』にて、1997年第39号から1998年第19号まで連載された。全2巻。 名門進学校・大段高校の特別進学クラスに入学した主人公とその仲間たちが、担任の教師や生徒会との対立、人間関係の難しさなどに悩む青春ストーリー。 作者初の連載作品だった。

Read Article

GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊、イノセンス(押井版攻殻機動隊)のネタバレ解説まとめ

『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』は1995年に公開された日本のアニメ映画。AD2029年、公安九課のリーダー草薙素子が事件を追う中、正体不明のハッカー“人形使い”と遭遇する。 また続編の『イノセンス』は2004年公開。ガイノイド“ハダリ”の暴走した原因を九課のバトーとトグサが追う。 押井守監督版『攻殻機動隊』シリーズ。原作は士郎正宗の漫画『攻殻機動隊』

Read Article

BLOOD+(ブラッドプラス、ブラプラ)のネタバレ解説まとめ

BLOOD+とは、Production I.G制作のアニメ作品である。それ以外にも漫画、小説、パチンコに移植されている。主人公の音無小夜は沖縄に住む普通の女子高生。学校を襲った怪物「翼手」との遭遇をきっかけに自分が150年以上前から生きる不老不死の存在「翼手の女王」であることを思い出し、全ての翼手を殲滅させるために戦う物語である。

Read Article

魔法陣グルグル 2017(Magical Circle Guru Guru 2017)のネタバレ解説まとめ

「魔法陣グルグル 2017」とは、「衛藤ヒロユキ」による作品「魔法陣グルグル」の三度目のアニメーション作品。1回目「魔法陣グルグル」は1997年にアニメ化、2回目「ドキドキ伝説 魔法陣グルグル」は2000年にアニメ化、3度目になる本作は2017年にアニメ化。全二作はシリーズであったが、本作は原作一話から最終話までを全24話構成で製作したものとなる。主人公「ニケ」は勇者になるために、グルグルという魔法を使うヒロイン「ククリ」に出会い、二人は魔王ギリを倒す旅に出る。

Read Article

BLOOD-C(ブラッド シー)のネタバレ解説まとめ

アニメ制作会社「Production I.G」と漫画家集団「CLAMP」の両名が手掛けた、全12話のオリジナルアニメである。 学園を主要な舞台としているが、ごく普通の日常にも関わらず違和感のある、現実感のない日常描写という雰囲気作りが意図的にされている。 主人公の女子高生「更衣 小夜」が日中は学校に通いつつ、人知れず人間を襲う怪物と戦いを続けるアクションアニメである。

Read Article

極東学園天国(漫画)のネタバレ解説まとめ

『極東学園天国』とは、『週刊ヤングマガジン』にて連載された、日本橋ヨヲコによる日本の漫画作品である。荒くれ者の巣窟、五色台(ごしきだい)学園に転校してきた主人公・平賀信号。彼は転入早々、この学園を統べる3年・城戸信長の号令により、突如学食優先権を賭けた学年対抗の戦争に巻き込まれていく。全4巻。2013年に新装版が発売され、巻末におまけマンガが新しく追加された。

Read Article

ぼくの地球を守って(ぼく地球)のネタバレ解説まとめ

『ぼくの地球を守って』とは日渡早紀により制作され、1986年から「花とゆめ」に連載された漫画作品である。コミックス全21巻、文庫版全12巻、愛蔵版全10巻が発刊された。1993年にはOVAが制作され全6巻となっている。物語は「輪廻転生」が大きな鍵となっている。前世で特殊な任務についていた男女7人が任務中に伝染病にかかり全員が命を落としてしまう。現世に転生したその7人が徐々に前世の記憶を思い出し、過去の自分と現代の自分との間で揺れ動き、それぞれの孤独や苦悩を解決していくSF漫画。

Read Article

PSYCHO-PASS(サイコパス)のネタバレ解説まとめ

舞台は人工知能・シビュラシステムが絶対的な法とされる近未来の日本。凶悪犯罪を取り締まる刑事たちの姿を描いた本作は、本広克行×虚淵玄×天野明×Production I.Gの豪華タッグによって制作され、2012年から放送開始となったTVアニメ、劇場版アニメ。監視社会のシステムをかいくぐり、凶悪事件の裏で暗躍し続ける謎の男「マキシマ」を追う刑事・狡噛慎也は、捜査の過程で自らも犯罪者となっていく。

Read Article

GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊の名言・名セリフまとめ

押井守監督の『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』(1995年11月18日公開)は、士郎正宗原作のSF漫画『攻殻機動隊 THE GHOST IN THE SHELL』を映画化したアニメーション作品。製作会社はProduction I.G 。 その革新的ともいえるアニメーション技術から映像面で評価が高い本作だが、キャラクターの巧みな台詞回しもその人気の一因だ。当記事では、ファンの間で特に知られている名言・名セリフを紹介する。

Read Article

目次 - Contents