少女ファイト(Girls' Fight)のネタバレ解説まとめ

『少女ファイト』とは、日本橋ヨヲコにより講談社イブニングで連載されている、高校女子バレーボールを題材にした漫画作品である。女子バレー界で20年に一人の逸材と謳われた姉の事故をきっかけとし、心を病んでしまった主人公大石練。そんな彼女が高校進学を転機に、仲間達を通して大きな成長を遂げ、春高優勝に向けて力を合わせていく青春物語である。ブロスコミックアワード2008大賞受賞作品。2009年10月にはOVA化もされている。

誰かの役に立ちたいって思ってる時だけは 自分を嫌いにならずにすむよ

スタメンを外された唯隆子が、日置真帆に言われて京極小雪にフォローを出すシーン。

別所監督にベンチ降格を言い渡された隆子は、チームプレーについて考えをめぐらしていた。
そんな時、セッターの真帆に声をかけられる。

一緒に仲間の応援をしようという提案だったが、白雲山で頭一つ飛び抜けた存在の隆子にとって、他人との協力は必要性を全く感じないし、ましてや声掛けなどは考えにも及ばなかった。

メリットは何かと問いかけた隆子に、真帆は涙をこらえながらこの台詞を呟いた。
それに何か感じるものがあった隆子は、不意に小雪に声をかけてフォローを出す。
それを見た別所はいい変化だと密かに思った。

否定するたび忘れられもせずお互い成長を分かりあえもしないなんて そんなの無間地獄すぎるよ

かつてのチームメイトであった芝美沙子と犬神鏡子との和解のシーン。

二人が1年生の頃、喘息で1ローテーションしか体力の持たない鏡子に、美沙子は不満を抱えていた。
そして、他二人の部員と共に春高をボイコット、後に退学する。

今回の春高選抜の時も鏡子たちの悪口を言いふらしていたが、それを鎌倉沙羅はたしなめて、試合で正々堂々と決着を着けようと持ちかける。
黒曜谷と藤黃学園の試合は接戦になったが、最終的に蜂谷由佳の強烈なアタックで勝利を修める。

負けた美沙子に沙羅と由佳が謝罪を求めるが、それを止めたのが鏡子だった。
「もうお互い十分痛み分けしたと思う そろそろ時計を進ませようよ」と手を差し伸べて涙を浮かべた鏡子に、美沙子はおずおずと手を差し出したのだった。

勝ちますから

大石練が監督の陣内笛子に勝利を宣言するシーン。

この直前に練は理事長の犬神了子の元を訪れ、春高にもし黒曜谷が負けたら笛子が監督を辞任するのではないかと質問に来ていた。
高校に進学する以前、練は笛子のことを姉の仇だと信じていたが、その憎悪もずいぶんと薄らいできた頃合いだった。

そしてそんな練に了子は、笛子が真理の事故の時に共に事故に巻き込まれていたこと、止めたら自決すると医者に言い放ち無理やり試合に出たこと、真理は幼い頃に片耳を負傷しており、事故当時笛子の制止の声を聞き逃したことを語った。
練は、まったく罪のない笛子を仇だと勘違いしていたことを知り、激しく後悔することになった。

体育館へと戻る最中偶然笛子に会い、心から春高への勝利を誓った。

『今日は死ぬのにもってこいの日』

ネイティブ・アメリカンの古老の言葉。

春高選抜大会行きのバスの中で犬神キャプテンが皆に配り、黒曜谷女子バレー部の掛け声にすることを決定した。
掛け声の順番は背番号順。由良木政子は「悪目立ちが過ぎるぞ」と苦笑したが陣内笛子は「あいつららしい」と評した。

もし誰かと心が通じ合えたらそれは素晴らしいこと でもわかり合えないことがわかるのも同じように素晴らしいこと

全日本招集合宿中。
スタメン組対高校生での試合を控えて、最終確認のために体育館を訪れた大石練は、遅くまで練習をする田上繭と会う。

唯隆子のおじと繭が愛人であるという話を隆子から聞いていた練は、思わず真意を問いただす。
すると繭は「隆子がオリンピックで金メダルを獲れたら、喜んでいなくなってあげる」と言い放った。

真意がつかめなかった練に、繭はさらに「私メダルが獲れたらやることないから死ぬの」と言う。
繭はかつて愛した人をことごとく亡くしており、友達も家族もいない身の上だから寿命も自分で勝手に決めるし、いつかその日が来るまではバレーに愛を注ぐのだと話す。そして、それを大石真理と約束したのだとも。

そこまで「友達」に信頼されている姉といつまでも「友達」の顔色を伺っている自分に埋まらない差を感じた練だったが、繭は孤独を感じる必要はないのだと優しく説き伏せるのだった。

お前は何でも表現するのが一番いいと思ってるとこあるけどさ あえて気持ちを伝えない強さも認めてやれよ 言った方が楽になるのに言わねーんだからな

長谷川留弥子と食事中の堺田町蔵の発言。

この直前に留弥子は、チームメイトの伊丹志乃におせっかいを焼いて怒らせたことを悩んでいた。
志乃は黒曜谷男子バレー部の三國智之のことを好いていたが、身分の違いから素直に告白をするのをためらっていたのだ。

留弥子は自分の思いをはっきり言わないのは逃げであると思っていたが、それを町蔵にたしなめられる。
そして、留弥子はその発言を留弥子の母親であり、町蔵のかつての想い人である久美子に対しての言葉ではないかと邪推してしまうが、町蔵に上手くかわされてしまうのだった。

春高 勝ちにいきましょう!! 悪役として!

全国放送で朱雀高校に煽るような発言をした大石練が、悪役として春高優勝を宣言するシーン。

朱雀高校のキャプテンである寺沼理香は、完蛇田しえの起こした問題の罰としてスマホを破壊してしまう。
それが原因で元ヤンだった過去をバラされ、1年生全員が部活をボイコットする事態にまで発展する。

それは黒曜谷や理香の親友である有栖川幾重の働きで収束に向かうが、事態を重んじた理香は自らスタメン辞退を申し出、朱雀は混乱に陥ってしまう。
春高選抜で1度敗れている黒曜谷は、理香の参加した朱雀最強の布陣での再戦を望んでおり、次期キャプテンに選ばれた練は今こそ嫌われる勇気を持つことを意識する。

春高特集のインタビューを受けることになった練は、挑発的な態度で「寺沼さんのいない朱雀なら楽勝ですね」と発言。
またたく間に理香の復活と練打倒を望む声が上がり、練の性格をよく知る者たちは彼女を称賛したのだった。

これを機に全員が悪役になる覚悟を決めた黒曜谷は、練の号令の元声を上げるのだった。

私が傷ついたって認めない限り 誰も私を傷つけられないわ

山吹矢高校との試合中、闘争心が次第に無くなっていく長谷川留弥子を伊丹志乃が励ますシーン。

留弥子が春高優勝を目指す理由は、堺田町蔵と結婚したいという少々邪な考えのためであった。
しかし、対する山吹矢は純粋にバレーを愛し、町蔵が描く『エドガワ排球団』に憧れを抱き、そしてそのために外野からの非難に懸命に耐えて戦っていた。
そのため留弥子は、山吹矢に試合で勝たなければいけない理由をまったく見いだせないでいたのだった。

そして以前志乃は、春高優勝を目指す理由を「中学時代に八百長疑惑をかけられた経験を払拭するため」だと語ってくれた。
留弥子は、自分の勝ちたいという想いよりも志乃の想いをずっと大きなモノだと思っており、尊敬の念を抱いていた。
だが、山吹矢の想いも志乃と同じくらい強く、勝たせてあげたいとさえ思ってしまう。
留弥子はこの試合で山吹矢と黒曜谷、どっちが本当に勝つべきなのかと深く考えこむ。

そして留弥子は、自分の揺れ動く感情を吹き飛ばすために、志乃に「あきらめろ」と言うことを頼む。
すると、志乃は留弥子の頬を張り、すでに八百長疑惑の件は自分の中で決着が着いており、もう自分が認めない限り傷つけられることはないときっぱりと言うのだった。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

劇場版 黒子のバスケ LAST GAME(黒子のバスケ EXTRA GAME)のネタバレ解説まとめ

『劇場版 黒子のバスケ LAST GAME』とは、黒子のバスケ原作者・藤巻忠俊が、その続編を描いた『黒子のバスケ EXTRA GAME』を映像化したものである。 また、映像化するにあたり、原作者自らが新エピソードを書き下ろした。 高校2年生になった黒子テツヤやキセキの世代のメンバーたちは、アメリカのチーム「Jabberwock」に挑むため、高校の垣根を超えたドリームチームを結成する。

Read Article

黒子のバスケ(黒バス)のネタバレ解説まとめ

『黒子のバスケ』とは、藤巻忠俊によるバスケットボール漫画、およびそれを原作とした小説・アニメ・ゲーム・舞台などのメディアミックス作品。 かつてバスケの名門校「帝光中学校」の「幻の6人目(シックスマン)」と呼ばれていた黒子テツヤが、バスケ部新設校の誠凛高校に進学する。そこでバスケにおいて天賦の才能を持つ火神大我という「光」に出会い、黒子は火神の「影」として「バスケで日本一になる」ことを目指す。

Read Article

ぼくの地球を守って(ぼく地球)のネタバレ解説まとめ

『ぼくの地球を守って』とは日渡早紀により制作され、1986年から「花とゆめ」に連載された漫画作品である。コミックス全21巻、文庫版全12巻、愛蔵版全10巻が発刊された。1993年にはOVAが制作され全6巻となっている。物語は「輪廻転生」が大きな鍵となっている。前世で特殊な任務についていた男女7人が任務中に伝染病にかかり全員が命を落としてしまう。現世に転生したその7人が徐々に前世の記憶を思い出し、過去の自分と現代の自分との間で揺れ動き、それぞれの孤独や苦悩を解決していくSF漫画。

Read Article

PSYCHO-PASS(サイコパス)のネタバレ解説まとめ

舞台は人工知能・シビュラシステムが絶対的な法とされる近未来の日本。凶悪犯罪を取り締まる刑事たちの姿を描いた本作は、本広克行×虚淵玄×天野明×Production I.Gの豪華タッグによって制作され、2012年から放送開始となったTVアニメ、劇場版アニメ。監視社会のシステムをかいくぐり、凶悪事件の裏で暗躍し続ける謎の男「マキシマ」を追う刑事・狡噛慎也は、捜査の過程で自らも犯罪者となっていく。

Read Article

進撃!巨人中学校(Attack on Titan: Junior High)のネタバレ解説まとめ

『進撃!巨人中学校』とは中川沙樹が描く、諫山創の『進撃の巨人』の公式学園パロディ漫画。2015年にProduction I.G製作でアニメ化。前半をアニメパート、後半を出演声優たちによるバラエティ番組の実写パートとして30分枠で放送。中学生になったエレン・イェーガーは進撃中学校へ入学する。学校には巨人も在籍しており、エレンは巨人に恨みを持っており巨人を駆逐しようと非公式部活「調査団」へ入部した。

Read Article

戦国BASARA(Sengoku Basara)のネタバレ解説まとめ

「戦国BASARA」とはカプコンから発売されている人気アクションゲーム、及びゲームを原作にしたアニメーション作品。第一期、二期、劇場版をProduction I.Gが製作し、三期をテレコム・アニメーションフィルムが製作した。若い女性達の間で起こった戦国武将ブームの火付け役でもあり、漫画・アニメ・ドラマ・舞台など様々な媒体で展開している。

Read Article

ジョーカー・ゲーム(ジョカゲ、Joker Game)のネタバレ解説まとめ

『ジョーカー・ゲーム』とは、柳広司による日本の短編ミステリー・スパイ小説および、それを原作とした漫画、アニメ作品である。「D機関シリーズ」と呼ばれている。2016年4月から6月までAT-X、TOKYO MX他にて放送された。第二次世界大戦前の帝国陸軍内に結城中佐によって、スパイ養成部門「D機関」が秘密裏に設立される。そのD機関員たちが世界で暗躍する全12話のストーリーである。

Read Article

翠星のガルガンティア(Gargantia on the Verdurous Planet)のネタバレ解説まとめ

Production I.G制作、オケアノス原作の日本のアニメ作品。2013年4月~6月まで放送された。 はるかなる未来、宇宙生命体ヒディアーズと戦う兵士レドが空間転移事故により、陸地のほとんどを海中に没した地球に跳ばされた。その地球にてガルガンティアという巨大な船団で生活することになる。兵士以外の生き方に触れ、ヒディアーズの真実を知り苦悩しながらもやがて成長してゆく物語。

Read Article

プラスチック解体高校(漫画)のネタバレ解説まとめ

『プラスチック解体高校』とは、日本橋ヨヲコによる漫画作品。『週刊ヤングマガジン』にて、1997年第39号から1998年第19号まで連載された。全2巻。 名門進学校・大段高校の特別進学クラスに入学した主人公とその仲間たちが、担任の教師や生徒会との対立、人間関係の難しさなどに悩む青春ストーリー。 作者初の連載作品だった。

Read Article

精霊の守り人(Moribito: Guardian of the Spirit)のネタバレ解説まとめ

『精霊の守り人』とは、上橋菜穂子原作の異世界のファンタジーである守り人シリーズのアニメ化作品。 2007年4月~9月にNHK-BS2の衛星アニメ劇場枠で全26話構成で放送された。 100年に一度卵を産む水の精霊に卵を産みつけられた新ヨゴ皇国の第二皇子チャグムとチャグムを守るよう母妃に託された女用心棒バルサ。皇子の命を狙うヨゴ皇国。卵を狙う異世界の生物。二人の過酷で困難に満ちた旅が始まる。

Read Article

ボールルームへようこそ(Welcome to the Ballroom)のネタバレ解説まとめ

「ボールルームへようこそ」とは、「竹内友」による漫画作品。2011年より「月刊少年マガジン」にて連載を開始し、2017年夏に「Production I.G」製作でアニメ化。なんの取り柄もなく日常をただ過ごしていた気弱な少年「富士田多々良」は、ある日偶然にも社交ダンスに出会う。プロダンサーの仙石や同年代のダンサー兵藤・雫達に影響され、多々良は社交ダンスに没頭していく。

Read Article

極東学園天国(漫画)のネタバレ解説まとめ

『極東学園天国』とは、『週刊ヤングマガジン』にて連載された、日本橋ヨヲコによる日本の漫画作品である。荒くれ者の巣窟、五色台(ごしきだい)学園に転校してきた主人公・平賀信号。彼は転入早々、この学園を統べる3年・城戸信長の号令により、突如学食優先権を賭けた学年対抗の戦争に巻き込まれていく。全4巻。2013年に新装版が発売され、巻末におまけマンガが新しく追加された。

Read Article

GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊、イノセンス(押井版攻殻機動隊)のネタバレ解説まとめ

『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』は1995年に公開された日本のアニメ映画。AD2029年、公安九課のリーダー草薙素子が事件を追う中、正体不明のハッカー“人形使い”と遭遇する。 また続編の『イノセンス』は2004年公開。ガイノイド“ハダリ”の暴走した原因を九課のバトーとトグサが追う。 押井守監督版『攻殻機動隊』シリーズ。原作は士郎正宗の漫画『攻殻機動隊』

Read Article

BLOOD+(ブラッドプラス、ブラプラ)のネタバレ解説まとめ

BLOOD+とは、Production I.G制作のアニメ作品である。それ以外にも漫画、小説、パチンコに移植されている。主人公の音無小夜は沖縄に住む普通の女子高生。学校を襲った怪物「翼手」との遭遇をきっかけに自分が150年以上前から生きる不老不死の存在「翼手の女王」であることを思い出し、全ての翼手を殲滅させるために戦う物語である。

Read Article

魔法陣グルグル 2017(Magical Circle Guru Guru 2017)のネタバレ解説まとめ

「魔法陣グルグル 2017」とは、「衛藤ヒロユキ」による作品「魔法陣グルグル」の三度目のアニメーション作品。1回目「魔法陣グルグル」は1997年にアニメ化、2回目「ドキドキ伝説 魔法陣グルグル」は2000年にアニメ化、3度目になる本作は2017年にアニメ化。全二作はシリーズであったが、本作は原作一話から最終話までを全24話構成で製作したものとなる。主人公「ニケ」は勇者になるために、グルグルという魔法を使うヒロイン「ククリ」に出会い、二人は魔王ギリを倒す旅に出る。

Read Article

BLOOD-C(ブラッド シー)のネタバレ解説まとめ

アニメ制作会社「Production I.G」と漫画家集団「CLAMP」の両名が手掛けた、全12話のオリジナルアニメである。 学園を主要な舞台としているが、ごく普通の日常にも関わらず違和感のある、現実感のない日常描写という雰囲気作りが意図的にされている。 主人公の女子高生「更衣 小夜」が日中は学校に通いつつ、人知れず人間を襲う怪物と戦いを続けるアクションアニメである。

Read Article

GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊の名言・名セリフまとめ

押井守監督の『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』(1995年11月18日公開)は、士郎正宗原作のSF漫画『攻殻機動隊 THE GHOST IN THE SHELL』を映画化したアニメーション作品。製作会社はProduction I.G 。 その革新的ともいえるアニメーション技術から映像面で評価が高い本作だが、キャラクターの巧みな台詞回しもその人気の一因だ。当記事では、ファンの間で特に知られている名言・名セリフを紹介する。

Read Article

目次 - Contents