少女ファイト(Girls' Fight)のネタバレ解説まとめ

『少女ファイト』とは、日本橋ヨヲコにより講談社イブニングで連載されている、高校女子バレーボールを題材にした漫画作品である。女子バレー界で20年に一人の逸材と謳われた姉の事故をきっかけとし、心を病んでしまった主人公大石練。そんな彼女が高校進学を転機に、仲間達を通して大きな成長を遂げ、春高優勝に向けて力を合わせていく青春物語である。ブロスコミックアワード2008大賞受賞作品。2009年10月にはOVA化もされている。

伊丹 志乃(いたみ しの)

CV:ゆかな。

黒曜谷高校スポーツ科学科1年。ポジションはリベロ。
身長は159cmと低いが、技術力は1年生の中で一番。

かなりの努力家だが、プライドが高く1年2年問わず見下すような発言が目立つ。
蜂谷由佳からは当初「包容力が足りない」と評される。
冷静な場面では実力が高いが、頭に血が上ると対応できなくなる。

母方の祖父は菱巻組というヤクザの組長であり、関西のバレー界隈では「ヤクザの孫娘」という悪評が流れている。
クリーンな会社に勤めていた父がインサイダー取引に巻き込まれて逮捕されたり、父の逮捕の元凶だったヤクザの幹部がバレーの応援に来て場を荒らしたりということがあり、中学時代は八百長疑惑が流れてずいぶんと肩身狭く過ごした。
浅葱高校に進学予定だったが、中学のチームメイトたちが悪評に巻き込まれないようにと進学を断念、黒曜谷に進学した。
春高優勝は、中学時代に八百長だと散々イジメてきた連中を見返すため。
関西出身なため、激怒した時に関西弁が出る。

大阪遠征中では、犬神鏡子と言い合いになり練習を飛び出してしまう。
その時追いかけてきて、慰めてくれた三國智之を見直し、気になり始める。
その後好きとお互い自覚し、春高中に三國からどういう男性が好みかと迫られる。
三國家の智之と、ヤクザの孫娘である自分に隔たりを感じていた志乃は、素直になれず「日本一バレーが強い男がいいわ」と言う。

入学当時は、チームで一番の要であるセッターを希望していたが、上手いセッターに慣れてチームが成長しないのを恐れた陣内笛子、由良木政子の方針によりリベロへの転向を言い渡される。
やる気が削がれ、練習をサボりがちになった志乃は智之の勧めで、弟の広之のいる開成中学校でリベロの特訓を受ける。
広之の「リベロこそ真の司令塔」という弁舌に言い負かされる形でリベロ転向を決意する。

長谷川 留弥子(はせがわ るみこ)

CV:小林ゆう。

黒曜谷高校スポーツ科学科1年。ポジションはセンター。
本作でも屈指の美少女キャラ。
飴屋中学時代はキャプテンを務め、世間ではアイドル選手として京極小雪と人気を分けていた。

速攻やブロックの実力は抜群だが、守備やオープン攻撃が苦手。
中学時代、蜂谷千代の代理で出場していた大石練を試合で見つけ、そのバレーの実力を見抜いて興味を抱いた。

かなりミーハーなところがあり、小雪と対面した際にその美貌にはしゃいだり、沙羅と初対面時に「大ファンです」と公言し、目に見えて動揺させた。

一人称は「ルミ」で周りにもそう呼ばせている。
人懐っこい性格をしており、伊丹志乃などを筆頭によく抱きつく。
黒曜谷では寮に入っていて、志乃と相部屋。

過去作「G戦場ヘヴンズドア」のキャラクター。
母親は女優として人気をはせている久美子で、父親は「少年ファイト」の編集者をしている鉄男。

留弥子が生まれた当時、久美子と鉄男の仕事の忙しさや体裁を考え、公表はされなかった。
しかし、6年前隠し子報道で世間に騒がれイジメを受ける。

その時クラスのリーダー的女子に助けてもらうが、バレーを始めて他の友達ができた途端にその女子からさらにひどいイジメを受ける。
そして「バレーやるのあきらめたらいじめるのやめてあげる」と言われ、カッとなり女子グループを血の海に。転校を余儀なくされた。
それ以来「あきらめる」という言葉を聞く度に正気を保てなくなる。

「エドガワ排球団」作者である堺田町蔵に恋心を抱くが、町蔵は鉄男と久美子と同じ年なのでのらりくらりとかわされている。

春高優勝を目標としているのは、町蔵に結婚条件として掲示されたため。
父と町蔵の影響もあり、かなりのマンガ好きで「エドガワ排球団」の大ファン。
「エドガワ排球団」に出てくるキャラクター「巌」の元ネタは留弥子。

犬神 鏡子(いぬがみ きょうこ)

CV:大原さやか。

黒曜谷高校スポーツ科学科2年。
黒曜谷のキャプテン。ポジションはセッター。

チームメンバー全員の最高到達点や踏切位置を把握していて、どこからボールをとってもベストなポジションにコントロールできる特技を持つなど、相当の実力者。
しかし、虚弱体質と喘息持ちのせいでプレーは1ローテーションがやっと。

試合では重要な場面でしか出場しない。
そのため、鏡子が1年の頃に辞めていった、元チームメイト達から散々にこき下ろされた過去を持つ。
だが、決して楽をしているわけではなく、自宅の体育館で日夜鎌倉沙羅と一緒に練習に励んでいる。

基本マイペースな性格。いつも冗談か本音か分からないような軽口で周囲を煙に巻くが、時にはその軽口で試合中の極度の緊張を解いたりと精神的支えになっている。

沙羅と千石雲海とは幼少時からの幼馴染。
お嬢様らしくない性格だが、それには雲海の存在が大きい。
沙羅も雲海も比べられないくらい大事な存在で、どちらを優先すべきかで揺れ動いている。

幼少時沙羅を傷つけた槌家(沙羅の父)を憎んでおり、槌家のいる朱雀学園に勝つことに執着していた。

雲海のことは女として好き。
当初、雲海の足を引っ張ると了子に危惧され、三國智之との結婚を強いられていた。
しかし、二人は内緒の恋仲になり、最終的には恋仲を許した了子の画策によって強豪校視察時に晴れて恋人同士になる。

よくヘンテコなアイテムを自作するが、それは喘息で眠れない時に気を紛らわすため作成している。

鎌倉 沙羅(かまくら さら)

CV:伊倉一恵。

黒曜谷高校スポーツ科学科2年。ポジションはセンター。
178cmの長身でスピード・俊敏さ共に優れ、鏡子との速攻ではその切れのあるスパイクから「死神の鎌」と呼ばれている。
寡黙で真面目だが、長谷川留弥子に「大ファンです」と言われて動揺を見せるなど、可愛い一面も。

幼少時、父の暴力で母とともに犬神家に来てから、鏡子の友達兼使用人として仕えている。
鏡子を第一優先にしてしまう癖がある。誰に対しても敬語で接しており、気遣い屋で男子からも評価が高い。
料理の腕は料理長をしている母親譲りで、アレルギー体質の鏡子の食事全般を任されている。

犬神家への恩に報いるべく、将来はVリーグ入りを目指している。
そのためには父であり、名監督として有名でもあった槌家に教えを請うため、朱雀高校入学も考えていた。
しかし鏡子は槌家を嫌っており、そのことで二人の関係は何度もこじれる。

由良木龍馬に好かれているが、まったく相手にはしていなかった。
だが、千石雲海に「サービス待ちしてたら受け身すぎるだろ」と言われて、龍馬の好意に向き合う努力をし始める。

蜂谷 由佳(はちや ゆか)

CV:柚木涼香。

黒曜谷高校スポーツ科学科2年。ポジションはウィングスパイカー。
白雲山高校の千代と従姉妹。容姿も少し似ている。
実家は手作りパン屋を経営しており、千代もたまに遊びに来る。
家業を手伝うからか、料理の腕はかなりのもの。

ヘアバンドがトレードマークで、登場時はぽっちゃり気味であった。
しかし、苦手なセンターをする機会があったことで体をしぼるために断食にハマり、見事63kgにまでなった。

部内ではツッコミの立ち位置。リベロに転向した伊丹志乃を慰めたりとしっかり者のお姉さん的役割も。
部内一の握力で放たれるレシーブは、受けた相手の腕を腫れ上がらせることから「スズメバチ」の愛称で呼ばれている。
アタックも強力で、延友厚子たちからゴリラアタックと揶揄される。

大賀高校の立花との関係が他校で怪しまれている。
本人にその気はないが、何故か立花には親しげに絡まれている。

陣内 笛子(じんない ふえこ)

CV:桑島法子。

黒曜谷女子バレー部監督。
春高優勝世代キャプテンであり、大石真理の元チームメイト。

常に喪服であり、片足が不自由なので杖をついている。
墓地で泣き崩れている妹の大石練を黒曜谷進学に誘った人物。

かつて真理が事故死した時に居合わせ、信号に気づかずに横断歩道を渡る真理を必死に呼び止めるも叶わなかった。
足の怪我はその時のもので、靭帯を損傷したまま春高決勝戦に強行出場する。
完璧なプレーで春高は優勝したが、選手生命を自ら完全に絶ってしまった。

しかし、練は真理が死んだのを足の故障で車を避けられなかったとし、死ぬ直前の春高準決勝で、足を痛めていた真理にボールを集中して集めた笛子を敵視していた。
だが、後に練は事故の真相を知り、笛子に春高優勝を誓っている。

指導方針としては「怪我をしないこと」「赤点をとったらレギュラー降格」だけを念頭に置いており、コーチの由良木政子からは「バレーを辞めた後のバレー」と評されている。

白雲山高校の現監督である別所直樹とは高校1年の頃から恋人同士だった。
が、真理の死を重く受け止めていた笛子が自ら距離を置くように。

性格は寡黙で真面目。一見厳しいようだが政子曰く「笛子は甘い」。

由良木 政子(ゆらぎ まさこ)

CV:本田貴子。

黒曜谷女子バレー部コーチ。
元々Vリーグ選手だが、腰の不調で一時退団。
療養中に母校の黒曜谷の女子バレー部コーチを任されることに。

コーチに就いてからバレーを俯瞰的に見る力がついたと話している。
笛子とは違い、あくまで勝つための指導をしている。

由良木龍馬の姉で、いつも弟を尻に敷いている。
実家は寿司屋「ゆらぎ」で、両親不在の時は板前として寿司も握れる。

黒曜谷春高優勝世代であり、真理の元チームメイト。
ポジションはセンター。

式島 滋(しきしま しげる)

CV:中村悠一。

黒曜谷高校スポーツ科学科2年。
実家はスポーツ整体で有名な式島整骨院。自身の整体の腕もかなりのもの。

大石練とは幼馴染で、大石家の向かいに住んでいる。
式島未散は1歳下の弟。

元々黒曜谷男子バレー部だったが、練との不純異性交遊疑惑事件以来女子バレー部専属トレーナー兼マネージャーになった。

父親からは施術だけでなく、身の回りのことすべてを教えられて厳しくしつけられている。
それには、父と同じ目の病気を患っていることが関係している。

すでに目はほとんど見えておらず、声とぼんやりとしたシルエットだけで人を区別している。
さらに、完全に見えなくなるのも時間の問題だという。主治医は小田切学の父。
女子バレー部マネージャーになったのも不純異性交遊の代償ではなく、実は目の病気のため。

春高中に黒曜谷を辞める準備をしており、黒曜谷理事長の犬神了子に盲学校の推薦状や転入手続きを手配してもらっていた。
練には春高までに打ち明ける予定だったが、彼女の精神面も考えて打ち明けることはできなかった。

練が好きで両思いだが正式には付き合っておらず、いつでも練が自分から逃げることができるようにと考えている。
性格は真面目でクールだが、練のことにおいてはよく気がつくしよく見ている。
長谷川留弥子曰く「あんなに一途な人、ルミコ以外に知らない」という。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

劇場版 黒子のバスケ LAST GAME(黒子のバスケ EXTRA GAME)のネタバレ解説まとめ

『劇場版 黒子のバスケ LAST GAME』とは、黒子のバスケ原作者・藤巻忠俊が、その続編を描いた『黒子のバスケ EXTRA GAME』を映像化したものである。 また、映像化するにあたり、原作者自らが新エピソードを書き下ろした。 高校2年生になった黒子テツヤやキセキの世代のメンバーたちは、アメリカのチーム「Jabberwock」に挑むため、高校の垣根を超えたドリームチームを結成する。

Read Article

黒子のバスケ(黒バス)のネタバレ解説まとめ

『黒子のバスケ』とは、藤巻忠俊によるバスケットボール漫画、およびそれを原作とした小説・アニメ・ゲーム・舞台などのメディアミックス作品。 かつてバスケの名門校「帝光中学校」の「幻の6人目(シックスマン)」と呼ばれていた黒子テツヤが、バスケ部新設校の誠凛高校に進学する。そこでバスケにおいて天賦の才能を持つ火神大我という「光」に出会い、黒子は火神の「影」として「バスケで日本一になる」ことを目指す。

Read Article

ジョーカー・ゲーム(ジョカゲ、Joker Game)のネタバレ解説まとめ

『ジョーカー・ゲーム』とは、柳広司による日本の短編ミステリー・スパイ小説および、それを原作とした漫画、アニメ作品である。「D機関シリーズ」と呼ばれている。2016年4月から6月までAT-X、TOKYO MX他にて放送された。第二次世界大戦前の帝国陸軍内に結城中佐によって、スパイ養成部門「D機関」が秘密裏に設立される。そのD機関員たちが世界で暗躍する全12話のストーリーである。

Read Article

翠星のガルガンティア(Gargantia on the Verdurous Planet)のネタバレ解説まとめ

Production I.G制作、オケアノス原作の日本のアニメ作品。2013年4月~6月まで放送された。 はるかなる未来、宇宙生命体ヒディアーズと戦う兵士レドが空間転移事故により、陸地のほとんどを海中に没した地球に跳ばされた。その地球にてガルガンティアという巨大な船団で生活することになる。兵士以外の生き方に触れ、ヒディアーズの真実を知り苦悩しながらもやがて成長してゆく物語。

Read Article

プラスチック解体高校(BREAK-UP PLUS-TIC HIGH-SCHOOL)のネタバレ解説まとめ

『プラスチック解体高校』とは、日本橋ヨヲコによる漫画作品。『週刊ヤングマガジン』にて、1997年第39号から1998年第19号まで連載された。全2巻。 名門進学校・大段高校の特別進学クラスに入学した主人公とその仲間たちが、担任の教師や生徒会との対立、人間関係の難しさなどに悩む青春ストーリー。 作者初の連載作品だった。

Read Article

精霊の守り人(Moribito: Guardian of the Spirit)のネタバレ解説まとめ

『精霊の守り人』とは、上橋菜穂子原作の異世界のファンタジーである守り人シリーズのアニメ化作品。 2007年4月~9月にNHK-BS2の衛星アニメ劇場枠で全26話構成で放送された。 100年に一度卵を産む水の精霊に卵を産みつけられた新ヨゴ皇国の第二皇子チャグムとチャグムを守るよう母妃に託された女用心棒バルサ。皇子の命を狙うヨゴ皇国。卵を狙う異世界の生物。二人の過酷で困難に満ちた旅が始まる。

Read Article

ボールルームへようこそ(Welcome to the Ballroom)のネタバレ解説まとめ

「ボールルームへようこそ」とは、「竹内友」による漫画作品。2011年より「月刊少年マガジン」にて連載を開始し、2017年夏に「Production I.G」製作でアニメ化。なんの取り柄もなく日常をただ過ごしていた気弱な少年「富士田多々良」は、ある日偶然にも社交ダンスに出会う。プロダンサーの仙石や同年代のダンサー兵藤・雫達に影響され、多々良は社交ダンスに没頭していく。

Read Article

極東学園天国(A Far Eastern School Paradise)のネタバレ解説まとめ

『極東学園天国』とは、『週刊ヤングマガジン』にて連載された、日本橋ヨヲコによる日本の漫画作品である。荒くれ者の巣窟、五色台(ごしきだい)学園に転校してきた主人公・平賀信号。彼は転入早々、この学園を統べる3年・城戸信長の号令により、突如学食優先権を賭けた学年対抗の戦争に巻き込まれていく。全4巻。2013年に新装版が発売され、巻末におまけマンガが新しく追加された。

Read Article

GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊、イノセンス(押井版攻殻機動隊)のネタバレ解説まとめ

『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』は1995年に公開された日本のアニメ映画。AD2029年、公安九課のリーダー草薙素子が事件を追う中、正体不明のハッカー“人形使い”と遭遇する。 また続編の『イノセンス』は2004年公開。ガイノイド“ハダリ”の暴走した原因を九課のバトーとトグサが追う。 押井守監督版『攻殻機動隊』シリーズ。原作は士郎正宗の漫画『攻殻機動隊』

Read Article

BLOOD+(ブラッドプラス、ブラプラ)のネタバレ解説まとめ

BLOOD+とは、Production I.G制作のアニメ作品である。それ以外にも漫画、小説、パチンコに移植されている。主人公の音無小夜は沖縄に住む普通の女子高生。学校を襲った怪物「翼手」との遭遇をきっかけに自分が150年以上前から生きる不老不死の存在「翼手の女王」であることを思い出し、全ての翼手を殲滅させるために戦う物語である。

Read Article

魔法陣グルグル 2017(Magical Circle Guru Guru 2017)のネタバレ解説まとめ

「魔法陣グルグル 2017」とは、「衛藤ヒロユキ」による作品「魔法陣グルグル」の三度目のアニメーション作品。1回目「魔法陣グルグル」は1997年にアニメ化、2回目「ドキドキ伝説 魔法陣グルグル」は2000年にアニメ化、3度目になる本作は2017年にアニメ化。全二作はシリーズであったが、本作は原作一話から最終話までを全24話構成で製作したものとなる。主人公「ニケ」は勇者になるために、グルグルという魔法を使うヒロイン「ククリ」に出会い、二人は魔王ギリを倒す旅に出る。

Read Article

BLOOD-C(ブラッド シー)のネタバレ解説まとめ

アニメ制作会社「Production I.G」と漫画家集団「CLAMP」の両名が手掛けた、全12話のオリジナルアニメである。 学園を主要な舞台としているが、ごく普通の日常にも関わらず違和感のある、現実感のない日常描写という雰囲気作りが意図的にされている。 主人公の女子高生「更衣 小夜」が日中は学校に通いつつ、人知れず人間を襲う怪物と戦いを続けるアクションアニメである。

Read Article

ぼくの地球を守って(ぼく地球)のネタバレ解説まとめ

『ぼくの地球を守って』とは日渡早紀により制作され、1986年から「花とゆめ」に連載された漫画作品である。コミックス全21巻、文庫版全12巻、愛蔵版全10巻が発刊された。1993年にはOVAが制作され全6巻となっている。物語は「輪廻転生」が大きな鍵となっている。前世で特殊な任務についていた男女7人が任務中に伝染病にかかり全員が命を落としてしまう。現世に転生したその7人が徐々に前世の記憶を思い出し、過去の自分と現代の自分との間で揺れ動き、それぞれの孤独や苦悩を解決していくSF漫画。

Read Article

PSYCHO-PASS(サイコパス)のネタバレ解説まとめ

舞台は人工知能・シビュラシステムが絶対的な法とされる近未来の日本。凶悪犯罪を取り締まる刑事たちの姿を描いた本作は、本広克行×虚淵玄×天野明×Production I.Gの豪華タッグによって制作され、2012年から放送開始となったTVアニメ、劇場版アニメ。監視社会のシステムをかいくぐり、凶悪事件の裏で暗躍し続ける謎の男「マキシマ」を追う刑事・狡噛慎也は、捜査の過程で自らも犯罪者となっていく。

Read Article

進撃!巨人中学校(Attack on Titan: Junior High)のネタバレ解説まとめ

『進撃!巨人中学校』とは中川沙樹が描く、諫山創の『進撃の巨人』の公式学園パロディ漫画。2015年にProduction I.G製作でアニメ化。前半をアニメパート、後半を出演声優たちによるバラエティ番組の実写パートとして30分枠で放送。中学生になったエレン・イェーガーは進撃中学校へ入学する。学校には巨人も在籍しており、エレンは巨人に恨みを持っており巨人を駆逐しようと非公式部活「調査団」へ入部した。

Read Article

戦国BASARA(Sengoku Basara)のネタバレ解説まとめ

「戦国BASARA」とはカプコンから発売されている人気アクションゲーム、及びゲームを原作にしたアニメーション作品。第一期、二期、劇場版をProduction I.Gが製作し、三期をテレコム・アニメーションフィルムが製作した。若い女性達の間で起こった戦国武将ブームの火付け役でもあり、漫画・アニメ・ドラマ・舞台など様々な媒体で展開している。

Read Article

GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊の名言・名セリフまとめ

押井守監督の『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』(1995年11月18日公開)は、士郎正宗原作のSF漫画『攻殻機動隊 THE GHOST IN THE SHELL』を映画化したアニメーション作品。製作会社はProduction I.G 。 その革新的ともいえるアニメーション技術から映像面で評価が高い本作だが、キャラクターの巧みな台詞回しもその人気の一因だ。当記事では、ファンの間で特に知られている名言・名セリフを紹介する。

Read Article

目次 - Contents