少女ファイト(Girls' Fight)のネタバレ解説まとめ

『少女ファイト』とは、日本橋ヨヲコにより講談社イブニングで連載されている、高校女子バレーボールを題材にした漫画作品である。女子バレー界で20年に一人の逸材と謳われた姉の事故をきっかけとし、心を病んでしまった主人公大石練。そんな彼女が高校進学を転機に、仲間達を通して大きな成長を遂げ、春高優勝に向けて力を合わせていく青春物語である。ブロスコミックアワード2008大賞受賞作品。2009年10月にはOVA化もされている。

『少女ファイト』の概要

『少女ファイト』とは、2005年12月から連載中の、日本橋ヨヲコによる日本の漫画作品である。
発刊元は講談社イブニング。単行本第4巻から特装版が発売され、特装版オリジナルのカバー表紙と特典が付いてくる。
なお、2009年10月発売の特装版第6巻にはOADが付属された。さらに単行本第8巻から「木内亨」が作画監修を行っている。

私立白雲山学園中等部3年の大石練は、バレー部に所属していたものの、要領の悪さから中学の3年間を万年補欠として過ごしていた。
しかし、些細な喧嘩から蜂谷千代に怪我を負わせてしまい、罰として練習試合に代理で出場するはめになる。
試合に不安を抱く練だったが、それは調子に乗って本気を出さないかという不安だった。

試合中に練は懸命に自我を抑えるが、久々の試合に隠していた闘争本能が蘇り、チームメイトの京極小雪と接触事故を起こしてしまう。
その時ちょうど試合を観戦していた、幼馴染で整骨院の息子である式島滋に、トイレで背中の処置を受けることに。

しかし、それを女子バレー部の監督が不純異性交遊と誤解してしまい、練は退部同然の謹慎処分を受けてしまう。
元々バレー部の足切り候補だった練の進学は、その時点で絶望的になる。

謹慎中、練は小雪に檄を飛ばしたことを激しく後悔し、引きこもりになってしまう。
そして、部屋に閉じこもって取り憑かれたように、過去に事故で死んだ姉のことを思い出していたのだった。

5年前、練が旭谷小学校の4年生だった頃。
高校バレーの強豪校、黒曜谷の有力選手だった姉の大石真理が交通事故により亡くなった。

バレーが元々嫌いだった練だが「バレーをやってるときはお姉ちゃんのことが忘れられるから」と狂ったようにバレーに没頭するように。
そしていつしか、その横暴ぶりから狂犬と呼ばれるようになる。

練はその後、旭谷小バレーチームのキャプテンを務め、全国大会決勝戦にまで登りつめる実力を有するように。
そして、旭谷小バレーチームは白雲山学園にスカウトされることに。
転校のため渡米した唯隆子以外のレギュラーは、共に推薦入学することを約束する。

しかし、実際に白雲山学園を受験したのは練だけで、他全員が入学辞退で面接会場に現れなかった。
これにショックを受けた練は、この仕打ちは今までの自分の身勝手のせいだと思うようになり、人を極端に怖がるようになった。
そのため、白雲山でも自分の実力をひた隠し、旭谷小のチームメイト達と会わないよう、ずっと補欠でいたのだった。

暗い部屋の中で、練は真理が死ぬ直前の黒曜谷の春高大会のビデオを見ていた。
練は真理の死後、何食わぬ顔で春高を優勝した黒曜谷に嫌悪感を抱いていた。
そして、姉の事故の原因は、陣内笛子という選手のせいであると決めつけ、真理の墓前で泣き崩れてしまう。

そしてその時、謎の女性との出会いを果たす。
彼女は「姉が最後に見た景色を見たくないか」と名刺を差し出し、その場を去る。
彼女こそが陣内笛子その人だった。

その後、練は滋から一枚のDVDを見せられる。
どうしても今まで見る気が起きなかった黒曜谷の春高決勝戦のDVDだった。

そこには、まるで能面のような顔で表彰を受けるかつての真理のチームメイトたちが映っていた。
それを共に観ていた滋は「まるで真理の弔い合戦だな」とポツリとこぼした。

そのシーンを見たことをきっかけに、練の中で何かが吹っ切れ、黒曜谷進学を決意することになる。
そして、かつて練に救われた小田切学との再会や黒曜谷高校でのかけがえのない仲間との出会いが、練の深い闇に光をもたらすことになる。

躍動感のある絵柄、作り込まれたストーリー。
一人ひとりのキャラクターが濃く、見る者を惹きつけて離さない『日本橋ヨヲコワールド』が展開されていく。
15巻帯には『読む処方箋』というキャッチコピーがつけられ、悩める若者達の最強の青春コミックとなっている。

ちなみに少女ファイトのタイトルの由来は、日本橋ヨヲコの過去作品である『G戦場ヘヴンズドア』に登場した漫画雑誌『週刊少年ファイト』をもじったもの。
さらに、『G戦場ヘヴンズドア』と世界観がつながっており、大人になった『G戦場ヘヴンズドア』のキャラクター達も多数登場している。

ブロスコミックアワード2008大賞受賞作品。
第13回文化庁メディア芸術祭漫画部門、審査委員会推薦作品。

『少女ファイト』のあらすじ・ストーリー

練と仲直りする機会を逃し、泣き崩れる小雪

バレーの名門校、私立白雲山学園中等部。

そこでバレー部に所属するも、3年間を補欠として過ごしていた主人公・大石練は、この日も1年が担当している雑用をこなしていた。
部内でも要領が悪いとされていた練は、京極小雪から高等部進学の足切りが今年も行われることを告げられる。

一方、旭谷中学3年の小田切学は、志望校をどこにするかで頭を悩ませていた。
引きこもりである弟の明から、今週の日曜に開かれる白雲山の練習試合を聞き、かつての同級生で恩人でもある練のことについて想いを馳せていた。

同じくして、練と幼馴染である式島整骨院の滋も、弟の未散から試合についての話を聞かされていた。

練習試合数日前。
白雲山のキャプテンを務める小雪は、夜中の自主練習に励んでいた。
日頃からアイドル選手としてもてはやされているが、部内では実力が伴わないのを自覚し、焦りを抱いていたためであった。

その時偶然居合わせた練にトスを上げてもらい、アドバイスを受ける小雪。
調子が戻ってきたと安堵した小雪は、キャプテンという立場からどうしても周りに気を許せなかったが、やっと友だちができるかもしれないと練に強い思いを抱く。

一夜明け、この日ものんびりとストレッチに励む練だったが、部内のエースであった蜂谷千代に身に着けていたネックレスを取り上げられそうになり、彼女の手を怪我させてしまう。
その罰として米田監督から言い渡されたのは、明日の練習試合にレギュラーとして出場するというものだった。
その時練の脳裏に浮かんだのは、できるかという不安ではなく「調子に乗らないか」という恐れだった。

練習試合当日、小雪はスパイクがなかなか決まらないことに焦れていた。
試合の前夜に練の自主練を目撃しており、その技術力を知って嫉妬心を抱いてしまったためであった。

小雪は練が取るべきボールを無理に打とうとし、二人は接触事故を起こしてしまう。
他の選手に肩を借りながら、小雪は練に皮肉をぶつけてしまう。
その反応にショックを受けた練は、怪我の痛みもありトイレで嘔吐する。

そこへ、怪我の治療にためにかけつけた滋が練を男子トイレに連れ込み、そこを運悪く米田監督に見つかってしまう。
不純異性交遊と騒ぐ監督に「こいつは当分実家で療養させます」と滋は吐き捨て、練を連れ帰ってしまう。

停学処分扱いになってしまった練は、小雪に怪我をさせてしまったことを後悔し、だんだんと部屋に引きこもりがちになる。
心配して様子を見に来た滋に、母ののりは練が受けた過去の傷について話した。

5年前。練は旭谷小学校の4年生だった。
元々練はバレーが嫌いだったが、姉の真理の死をきっかけに「バレーをやっている間だけは姉ちゃんのことを考える暇がない」とバレーにのめりこむようになる。
その練習での横暴ぶりから辞めていく生徒が多発するが、練はめきめきと頭角を現して旭谷のキャプテンまで登りつめる。
そして、その横暴ぶりはいつしか「狂犬」とあだ名され、恐れられるようになる。

全国大会で準優勝したのを期に、旭谷バレー部のレギュラー達は白雲山中学からスカウトを受けることに。
渡米した唯隆子以外のレギュラーは面接を受ける約束をするが、当日白雲山に現れたのは練だけだった。
その件以来、仲間の気持ちを考えなかった自分を深く恥じた練は、白雲山に入って元チームメイト達と会うのを恐れ、3年間を補欠として過ごしたのだった。

そして、今回も仲間を思いやれなかったことを後悔した練は、姉の真理が事故で死ぬ直前の春高準決勝のビデオテープを繰り返し眺め、とうとう部屋から出ないようになるのだった。

姉の在籍していた黒曜谷女子バレー部は、姉の死後に春高を優勝し、それを練は薄情だと忌み嫌っていた。
何度もビデオテープを眺める過程で、練は陣内笛子というセッターが足を痛めていた真理に球を集中的に集めていたことを発見する。
そして、真理の死の原因は陣内笛子にあったと邪推してしまう。

滋が「お前がそういうんならそうなんだろう。お前ん中ではな」と静かに言うと、練は逆上し、家を飛び出してしまう。

姉の墓前で泣き崩れていた練は、喪服姿の女性から声をかけられる。
「姉貴が最後に試合で見た景色をお前も見たくはないか?」と言い、名刺を差し出して去る女性。
彼女こそが陣内笛子その人だったのだ。

その頃、趣味の漫画の題材にとバレーボールを購入した学は、帰宅途中に真理が死んだ交差点で練と遭遇。
この時、久々の再会を果たす。

学に着替えを貸してもらって帰宅した練は、滋に笛子に出会ったことを話した。
それを聞くや、滋は同じバレー部の由良来龍馬から、ずっと練達が観るのをためらっていた春高決勝戦のDVDを借り、嫌がる練にそれを見せる。
そこには、能面を貼り付けたような表情で表彰を受ける真理の元チームメイト達が映っていた。

滋はポツリと「まるで真理の弔い合戦だな」と発言。
そして、笛子はこの時靭帯を負傷しており、試合で無茶な戦いをして選手生命を絶たれていたことを知る。
それを受け、練は黒曜谷を受験し、白雲山を正式に中退することを決意した。

休学の挨拶のために白雲山を訪れた練は、元々練の実力を承知していた千代から怒りのビンタを食らう。
しかし、そんな千代に「本当の事言わないで我慢して付き合ってもらうよりずっといい」と笑顔でいい、練は別れを告げる。
それを立ち聞きしていた小雪は、自分が練を退部に追い込んだことを後悔し、怪我を負った足を引きずり練の実家に押しかけるが、結局間に合わなかった。
その時小雪は、くだらない嫉妬心で練を傷つけたことに号泣するのだった。

「池袋ガールズベットバレー」会場にて。トラウマの相手、隆子と再会を果たす未散。

私立黒曜谷高等学校入学式。

ここに入学したのは練だけでなく、偶然近くのスポーツ学科として受験した学や、練と同じ特別推薦枠で受験できた滋の弟・未散も一緒だった。
入学式が終わると、男子・女子バレー部の新入生歓迎エキシビションが始まり、練や学含めた6人のバレー経験者が集まってくる。

練が中等部の頃対戦した飴屋中のキャプテン、長谷川留弥子。練に密かにライバル心を抱く延友厚子、厚子の親友のギャル、早坂奈緒。
そして関西出身でプライドの高い実力者、伊丹志乃だった。

エキシビションの内容は、女子バレー部の鎌倉沙羅・千代の従姉妹の蜂谷由佳の放つボールをレシーブするというもの。
先に呼ばれた者がその強烈なスパイクに苦戦していく中、練は黒曜谷最強布陣である犬神鏡子キャプテンと沙羅のコンビが放つボールを受け、生まれて初めての高揚感を得る。

当初マネージャー志願だった学を選手として迎え、黒曜谷高校女子バレー部の活動が始まる。

部活動初日、現れた笛子が新しいマネージャーだと紹介したのは、なんと滋だった。
練は自分のせいで滋が黒曜谷の男子バレー部を辞めさせられたと思い悩む。
そのために付き添いの学や、別件で何やらもめていた奈緒と共に部活に遅刻してしまう。
そしてそれを迎えた笛子は、1年生を遅刻組3人と残り3人に分け、試合をすることを命じた。

当初素人のいる練、奈緒、学のいるチームが不利かと思われたが、練の案でやり方を工夫して練習に励み、学をあえて実力者がなるセッターに据えることで実力不足を補う。
それにより、試合当日は互いにいい勝負まで持っていくことに。

最後の最後でトラウマが蘇った練のミスにより遅刻組は敗退するが、同じチームだった学と奈緒とは絆を深めることが出来たのだった。

試合の影響か、成長痛で膝を痛めた学が式島整骨院を訪れると、ちょうど高等部にあがったばかりの小雪と千代が来ていた。
お土産にと千代が置いていった月刊バレー天国に、練とかつてチームメイトだった唯隆子の特集が載っており、練は隆子が日本に帰ってきていることを知る。
それに密かに汗をにじませたのは未散だった。

次の日の部活では、ミーティングが行われることになっていたのだが、奈緒が来ていないことでお流れに。
奈緒はここ最近、何らかの理由で学校を休みがちだったのだ。
下手をすれば退部に追い込まれる事態に、焦りを抱き始めたのは奈緒の親友の厚子だった。
何かを隠している奈緒に、焦れた厚子は手を上げ、二人の関係はギクシャクしてしまう。

それを心配した未散が、中学時代に遊び歩いて培ったネットワークを駆使し、違法賭けバレーに関わっているという噂を入手する。
学、練、未散の3人は賭けバレー「池袋ガールズベットバレー」へ変装してもぐり込むことに。
時を同じくして、「池袋ガールズベットバレー」に潜入しようと厚子、留弥子、志乃達も動いていた。
そして会場にて1年生が合流することになる。

未散は別行動で、運良くバイトとして紛れ込むことに成功しており、そこでかつての練のチームメイトの一人、赤坂南と再会する。
南と奈緒はベットバレーの選手として、大会に出場していたのだ。バレたら退部どころではすまない。

練達は奈緒のチームを解散させるため、ギャラリー参加型のミニゲームに出場することに。
余裕かと思われたが、ベットバレーには用心棒として強力な人物達が雇われていた。
それが黒曜谷2年生だったのだ。
鏡子達は奈緒のベットバレー参加を辞めさせるために、急きょベットバレー元締めの本間豪徳に頼み込み、用心棒として雇ってもらっていたのだ。

試合中、白雲山推薦入学のトラウマの発端になった南を前に、練の調子は悪くなる。
しかし、学の説得により復活を遂げ、なんとか勝利する。

奈緒はそこで、賭けバレーはバレーの機会を奪われた女子達の居場所であったこと、怪我したメンバーの代わりを少しの間本間に任されていたことを暴露し、厚子と仲直りしたのだった。

そして、練は南から白雲山入学時の真相を明かされる。
実は南は未散のことが好きで、未散と練が付き合っていると誤解し、意地悪目的で白雲山受験を取り下げたことを白状する。
そして、そのきっかけになった二人のキス写真に話が及ぶと、心当たりのあった未散の前にかつての未散の彼女であり、トラウマの相手である隆子が現れる。

実は小学生の頃、未散は練が居眠りしている隙にキスをし、それを盗撮した隆子に画像を消去する代わりに付き合うようにと強要されていたのだった。
未散は日本に帰ってきた隆子との付き合いが続くことを恐れ、そこにたまたまいた学に「付き合ってくれ」と頼むことに。

事情を理解した学は、付き合うということを大切な何かを互いに守ることだと解釈し、未散の申し出を受けることにしたのだった。

大阪遠征にて。危篤状態の祖父の元に帰ることになった志乃に、おまじないと称してキスをする鏡子。

その後、女子バレー部で会議が行われたが、奈緒の起こした事件は不問にされることに。
しかし他校では噂は既に広まっており、黒曜谷の夏のインターハイは辞退を余儀なくされた。

そして時を同じくして新しくコーチが配属されることになった。
真理の元チームメイトであり、Vリーグ選手であるも怪我のため一時退団し、リハビリの間母校に帰ってきた由良来政子だった。

1ヶ月間の停学中、みっちりバレーの練習を課せられた女子バレー部は、政子の与えたカリキュラムを着実にこなしていく。
その一環として、近隣の学校である桃園女学園との合同試合が設けられることに。

自分らだけでは試合形式の練習が出来ないので、またとない機会に浮足立つ黒曜谷女子バレー部一同。
だが、桃園のキャプテン・葛原若菜は噂好きで被害妄想の激しいキャラクターであり、黒曜谷の眉唾な噂を他の部員たちに流し、交流しないようきつく言いつけていた。

若菜の心ない言葉に傷つく練たちだったが、政子はこれが現実だと突きつける。
そして、合同試合での問題点として練の名をあげる。

実は桃園との試合中、足を引きずっていた子に遠慮し、わざと手を抜く場面があったのだ。
政子はそれを厳しく叱りつけ、ショックを受けた練は合宿を飛び出してしまう。
しかし、後に探しにやってきた滋に慰められ、再び合宿へと戻ってくる。

そんな練に政子は、次は白雲山高校との合同試合があることを告げ、「何でもいいからお前の答え、その試合で見せてみろ」と発言し、練は覚悟を決めるのだった。

白雲山との試合前、政子は学をセッターとして任命。そのための特訓を行うことに。

鏡子は政子の許可を取り、学と練を中庭に連れ出し、練の過去について話を聞くことにした。
練は真理の死や白雲山推薦での辛い過去を語り、真理が死んでからのバレーは合法的に飛べる薬だとした。
鏡子はそれに「本当にそうか?」と問うが、練はその言葉がどういった意味を持つのかすぐには分からなかった。

試合当日、親友である隆子のプレーに、練のやる気は最高潮に達する。
真理を思い起こさせる学のトス、試合中ぶつかっても気にしない仲間たちなど、自分の力を思う存分発揮できる環境に加え、昨日鏡子が言った「本当にそうか?」という言葉が重なる。
そして練は、自分がバレーを純粋に好きなんだという答えにとうとう行き当たるのだった。

秋の新人戦直前。負けたら白雲山移籍が決定する練を抱きしめ、他校にはやるわけないときっぱり言い放つ鏡子。

期末試験を終えたバレー部は、遠征のため大阪の地に降り立っていた。
第24回かろやか杯試合当日、場内は志乃へのブーイングで満たされていた。

実は、志乃の祖父はヤクザ・菱巻組の組長であり、志乃は中学時代、バレーの実力はあったものの八百長の噂が飛び交い、非常に肩身の狭い思いをしていたのだった。
黒曜谷受験を決意したのも、中学時代の仲間たちに迷惑をかけないようにと配慮してのことだった。

試合中、志乃に向けられる悪口にとうとう留弥子がキレる。
しかし、そのお陰で志乃にだけに向けられていた悪意は黒曜谷全体に向けられ、逆にやる気を出した練たちにより勝利は黒曜谷に。

次の浅葱高校との試合を前にしていた時、菱巻組の幹部・奥平が志乃の元に駆けつける。
なんと、志乃の祖父が危篤状態であり、急ぎ病院へ来てほしいとのことだった。

今までの辛い経験への恨みや、中学時代の仲間がいる浅葱と対戦したいという想いから、志乃は病院へ行くのを頑なに拒否し、試合にも出てしまう。
だが志乃の放った球は乱れ、誰の目にも心が揺らいでるのはバレバレ。

試合中練達は帰るよう説得を試みるが、志乃は意固地になってそれを拒否する。
志乃の「あんなおじいちゃんなんて死んじゃえばいいのよ!!」との発言に、切れた練が強烈アタックを叩きつける。

練は真理が事故死した時、喧嘩中のまま最後まで仲直り出来ずに逝かせてしまった過去を持つ。
自分と志乃を重ね合わせて「死んだらもう会えないんだよ」と涙をこらえて訴える練。

それを見た志乃は帰る決意をし、セッターを代わった鏡子はおまじないと称して志乃の瞼にキスを落としたのだった。

黒曜谷はその後、飛び込み参加ながらもストレートで優勝を果たし、志乃の祖父は、志乃が駆けつけるとすぐに意識を回復させたのだった。

夏休み。

学と未散は手土産を片手に、学の父の勤める菅原病院にやって来ていた。
未散は学の弟・明と親しく、学の家族とも親交があったためであった。

二人は診察室に入りかけ、中から滋の声がすることに気づいて声を潜める。
そこで、滋が網膜色素変性症という難病に侵されていること、そして既にほとんど目が見えていない状態にあることを知る。

その後、盗み聞きしたことは滋本人にバレてしまう。
練にどのタイミングで話すべきか問う未散だったが、練のメンタルも考えて当分黙っていようという滋の気持ちに沿うことに。
滋の前では何でもないように振る舞った未散だったが、内心泣き出したい気持ちでいっぱいだった。

一方、夏休み中のバレー部は弱点補強として、それぞれの苦手ポジションの特訓を言い渡されていた。
同じセンターポジションを任された学に、練はブロックを教えようと声を掛けるが、学は練の足を引っ張るであろうと誘いを断った。

学は滋の病気のことを聞いてから、練の役に立てるようにと裏で努力を重ねるようになり、次第に二人の仲は希薄になりつつあった。
学に頼られないことに元気を失くした練は、次第に不調を訴えるように。
そして、寂しさから桃園との合同試合中に学にひどい言葉をぶつけてしまう。

志乃は練を咎めるが、それを制した学は気にしてないような素振りを見せる。
しかし、内心ひどく落ち込んで、トイレに閉じこもってしまう。
それに声をかけたのは鏡子だった。

そして、練は沙羅に声をかけられ、学が練の力になりたい時期にいること、勇気を出して甘えてあげて欲しいと勇気づける。
それを聞いた練は、学のいるトイレに駆け込むと「私もっと学と一緒にバレーしたいよ」と涙を流し叫び、二人は互いが強く思ってることを認識するのだった。

黒曜谷は桃園との試合に負けるが、何度も合同試合を重ね、いつしか桃園から好感を抱かれるようになる。
桃園の選手・平沢の「これからもよろしくお願いします!」との言葉に、鏡子は笑みをほころばせたのだった。

文化祭も終わったある日、練と滋は外の水道脇で話をしていた。

合宿中に学園を一時飛び出した時、練は滋にキスをされて以降、お互いに想い合う仲に発展していたのだった。
見つめ合っていい雰囲気になっていたところに、学園理事長であり鏡子の母親である犬神了子が水を差す。
練は放課後理事長室に呼ばれることに。

二人の関係を咎めるかと思われたが、なんと秋の新人戦で優勝しなければ白雲山移籍を決定するという話を聞かされることに。
実は隆子のおじにあたる人物が白雲山のスポンサーをしており、練を高く評価していたからだった。

さらに、同時期に鏡子の想い人であり黒曜谷男子バレー部キャプテンの千石雲海の留学がたち消えになっており、隆子のおじは練の移籍と交換で雲海の留学斡旋を提示してきたのだった。

了子は鏡子の想いに気づいていながら、三國家の出である智之と鏡子の婚約を推していた。
さらに全日本に入れる実力を持つ雲海の足手まといになるからと、鏡子には雲海を諦めるように言い、留学斡旋の旨を了承したのだった。

雲海はもちろん、練のことも手放す気のない鏡子。

彼女は苦心の末、新人戦当日に大会をボイコットして雲海をホテルに呼び出す。
鏡子はこれ以上部員に母が関わらないよう、雲海と既成事実を作ることで三國家との婚姻を壊す算段を立てたのだ。

しかし、大事な試合の当日に事を起こしたことに雲海は激怒。
鏡子を説き伏せ、計画は失敗に終わるはずだったが、練が雲海にメールで事情を知らせ、雲海は鏡子が自分のために賭けに出たことを理解する。
そして、二人は和解としてキスをし合うのだった。

鏡子が急いで会場に戻ると、練のはたらきにより相手校の得点をすべて10点以下に抑えて勝ち進んでいた。
練は観客席にいた了子に、全セット一度も落とすこと無く勝利することを宣言しており、会場をざわつかせていた。

鏡子は練に謝罪し、過去に同じように大会をボイコットされたことを話しだそうとしたその時、向こうから歩いてくる他校の生徒が。
それが、次の試合の相手、藤黃学園の選手であり、鏡子への不満から大会をボイコットし、黒曜谷を辞めた元チームメイトたちだった。

鏡子たち2年の弱点を知り尽くした彼女たちに苦戦を強いられるも、練は強烈なアタックで相手校を吹き飛ばす。
そして過去の傷に縛られている鏡子に「辛い思い出なんて私がバレーで殺します」と宣言し、新人戦は圧勝で終わる。

練習に疲れてヘトヘトになって帰ってきた学の下に現れた隆子。春高に悪意の手が忍び寄ってきていた。

冬季選抜直前。

鏡子と雲海は白雲山対朱雀高校の練習試合を観戦していた。
鏡子はずっと朱雀の監督・槌家を目で追っており、試合に集中できていなかった。

槌家は沙羅の実の父親であり、沙羅を過去に傷つけた因縁の相手であった。
そして、槌家率いる朱雀に勝つことを、長年の目標にしていたのだった。

しかし、当人である沙羅は父を苦手だと思いつつも、打倒朱雀を掲げる事に対し悩んでいた。
沙羅の願いは幼馴染で大切な人である鏡子の側にいること。
悩む沙羅に雲海は「お前のボスはお前んなれよ」と自分の足で踏み出す勇気を与えるのだった。

冬季選抜当日。黒曜谷の第一回戦が始まる。

朱雀は観覧席で試合を見学していたが、1年生の完蛇田しえが、監督にそっくりの沙羅を見つけて似ているとはやし立てる。
槌家はそれに「オレの娘」と軽薄に応え、会場は沙羅の気持ちもお構いなしにざわつき、鏡子を苛立たせる。

すると、練たち1年生は示し合わせ、朱雀に罵声を浴びせて黙らせる。
沙羅と鏡子はそれで気が抜けて、落ち着きを取り戻すことに。

第四回戦の朱雀との試合では、槌家の的確な指示と黒曜谷のミスが連発し、1セット目を落としてしまう。
1ローテしかもたない鏡子を2セット目から出すことで巻き返しをはかるが、すぐに鏡子の体力は底をつく。
しかし、鏡子はベンチに下がることを拒否。

鏡子が明後日の方向にあげたトスを、練はなんと槌家に向けてアタックし、鏡子の集中力を切らした。
正気を取り戻した鏡子は、それを機に沙羅に抱え上げられて医務室に運ばれていった。

3回戦までで春高行きは決定していたが、朱雀との試合は敗退する。
しかし、鏡子と沙羅は練のお陰でギクシャクしていた関係を修復することが出来たのだった。

朱雀との試合後、黒曜谷の女子バレー部会議室ではある一通のメールから話し合いが行われていた。
朱雀高校1年生主催の、女子バレー部選手たちを対象とした情報交換会、通称『お茶会』のお知らせメールであった。

他校に嫌われていることもあって黒曜谷では無視することに決まったが、白雲山の隆子などは勝手なファンクラブ結成や知られたくないプライベートを公開され、扱いに大いに困らされていた。

一方、桃園との合同練習中、呼び出された志乃はリベロ転向を言い渡されて絶望していた。
志乃は練並にキャッチ率も良く、かつ身長も練と同じく小柄であることから、リベロ抜擢も妥当かと思われた。
しかし、今までセッターを熱望してきた思いが壊されたようで、志乃は部活をボイコットしてしまう。

代わりに正セッターという重大なポジションを任されることになった学は、自分が仲間の運命を変えてしまったことを重く受け止め、セッターになる覚悟を決めてより一層の練習に励む。

一日の練習に疲れ、ヘトヘトになって帰ってきた学の元に、隆子が顔色を悪くして現れ「青磁学園には気をつけて」と忠告する。
未散も加わり、隆子に詳しい事情を聞くと、かつて練のトラウマの原因となった人物が青磁学園でレギュラーになっていることを打ち明けられる。

その人物、雨宮摩耶は学がかつてイジメを受けていた時に元凶となった人物でもあり、なんと奈緒の賭けバレー騒動や朱雀のお茶会を企画した人物でもあったのだ。
全貌やその理由は未だ不明だが、その時隆子と学は密かにその件について調査することを決意したのだった。

この日も桃園との合同練習試合だったが、今日は桃園に新入生が来ていた。
なんとそれは、来年から桃園を受験することになっていた練の元チームメイト、赤坂南だった。

南の登場に焦った練は、南のブロックを避けてフェイントに逃げてしまう。
それには学も叱責を飛ばし、練の目に涙が浮かぶ。

そんな中、ブロックされて自軍に飛んできた球を拾う影が。なんと、リベロの特訓をしてきた志乃が立っていたのだ。
「リバウンドなら私が全部受けてあげるわよ」と強気に言ってのけた志乃は、留弥子から熱烈な歓待を受けるのだった。

冬季大会。

東京ブロック会場では黒曜谷に浴びせられる悪口にチームメイトは消耗していた。
しかし、練は「他校の悪口につきあって気分が落ちるのは仕事の範囲じゃない」と説き、試合中も仲間を上手く鼓舞し、黒曜谷は快進撃を見せる。

しかし、連日のオーバーワークにより学がダウン。
なので、おとといから断食で調子を整えていた鏡子が正セッターを任されることに。

鏡子がそこまで気合を入れていたのは、再び藤黃学園との対決が後に控えているからだった。
前回は練の活躍で勝利を掴んだものの、今度は自分たちの手で、と意気込む2年生メンバー。
1年生も黒曜谷全員で立ち向かうべきとし、時には1点が惜しいとベンチに突っ込んでまでボールを追いかけた。

観客席では桃園が横断幕を携えて登場して場を和ませ、残すは後1点。
24対23のわずかながらのリードで、今まで空気に徹していた由佳が力強くアタックをぶちかまし、無事勝利をもぎとったのだった。

春高選抜で東京の王者、紫苑高校に黒曜谷は惨敗。学はアドバイスを受けに隆子の下を訪れていた。

その後、敗れた藤黃の元チームメイトたちに沙羅と由佳は謝罪を促すが、鏡子はそれを制して「お互い十分に痛み分けしたと思う。そろそろ時計を進ませようよ」と手を差し伸べ、和解が成立する。
この時、鏡子たちの呪縛は完全に解けるのだった。

そして、この一連の騒動を密かにほくそ笑む人物が。
実はこの件についても、裏で糸を引いていたのは雨宮摩耶だったのだ。

選抜準決勝直前、笛子の元に一本の電話があった。
笛子の元恋人であり、現白雲山監督の別所直樹からの食事の誘いだった。
笛子は真理の一件以来別所と別れたのだが、別所の方は未だ笛子を諦めきれず、もし黒曜谷を白雲山が負かしたら結婚してくれと迫られたのだった。

その話を偶然立ち聞きしていた留弥子は部室に駆け込み、笛子が辞めてしまうかもしれないと泣き出してしまう。
それを心配したのは練も同じで、解任の話は本当なのかと了子を訪れる。
決まったことではないと言った了子に、練は心底ホッとする。
と、そこで了子は笛子が靭帯を損傷した経緯について練に話す。

実は笛子は、真理の事故に居合わせ、真理を助けようとして足に怪我を負っていた。
しかも医師が止めるのを振り切り、喉元に短刀を突きつけて半ば脅す形で決勝戦に出場したのだった。
そして練は、真理が過去に受けた父親の暴力により左耳が難聴気味になっていたこと、事故の際に笛子の制止の声を聞き逃したという事実を突きつけられる。

練は高校進学前、笛子のせいで真理が死んだと誤解していたことをひどく後悔する。
理事長室を出て体育館に戻る途中、練は笛子に会うと懺悔の意味も込めて「勝ちますから」と勝利を誓ったのだった。

黒曜谷は千歳緑高校との試合で勝利したことで春高出場は確定し、残すところ東京の王者・紫苑高校との決勝戦だけになった。
相手にとって不足なしと意気込む黒曜谷だったが、笛子は戦力温存のためにリベロの志乃、エースの練を下げることを決めた。

動揺が走る中、二軍だけでの試合が始まる。

志乃と練のいない黒曜谷は序盤からまったく点を入れられず、紫苑高校の独擅場となる。
学はセッターとして実力が伴わず、仲間の力を十分に発揮できないことを痛感することになった。

練は、学の瞳から次第に光が消えていくことを見ていられずに絶叫する。
黒曜谷は鏡子をセッターに置いて何とか粘ったものの、大敗を喫するのだった。

大会が終わった帰り道、練と学は一緒だった。
どう声をかけるべきか悩んだ末に、練は「そんなにバレーが辛かったら辞めてもいいんだよ」と発言する。
それにより、学が元気を取り戻すことはなかった。

学は自宅で布団に引きこもり、考えを巡らしていた。

昨日、練に帰り道で言われた「そんなにバレーが辛かったら辞めてもいいんだよ」という言葉がどういった真意から出たのか分からなかったのだ。
悩んでも結果が内から出てこなかった学は、隆子の家を思い切って訪ねる。
何でもざっくばらんに話す隆子なら、自分に本心で話してくれると思ったからだった。

事情を話すと開口一番に「馬鹿じゃないの?」ときつめの一言。
練の言葉は自己防衛のためだと言い、義理でやってるなら練に関わらないでと隆子は学を突き放す。
冷たくも心に刺さる隆子の言葉に、学は「悔しいから絶対辞めません!」と宣言。
やる気を無事取り戻したのだった。

次の日。

体調が戻った学は、練と話をしようと待ち構えていた。
しかし、急な全日本合宿の知らせが届き、春高直前であったが練は参加を希望して、今日発つところだった。

二人はすれ違いが起きたまま離れることになったのだった。

朱雀キャプテンのスタメン辞退を取り下げさせるため、練は敢えて悪役を買って朱雀への中傷沈静化を図った。

練が全日本合宿の会場に到着すると、同じように招集メンバーに選ばれていた隆子も来ていた。

更衣室にやってきた練たち高校生4人は、そこで全日本スタメン5人から熱烈な歓待を受ける。
そして練は、その一人で真理の元チームメイトだった田上繭と対面したのだった。

プロたちの手で徹底的に管理されたバレーをするための最高の環境下で、練の合宿生活が始まる。
そして、日本バレー界最強のスタメン組によって自分との実力の違いをまざまざとと見せつけられることに。
ここに来て初めての挫折感を味わった練は、同時に紫苑高校戦で学が抱いた絶望感を理解するのだった。

合宿終盤、スタメン組対高校生での対決が決まる。

スコアは20対0から始まり、高校生側は5点獲れれば勝利という試合方式を取り、練はスタメン組の弱点を見つけるために奔走する。
対決前夜、もう一度明日のおさらいをと体育館を訪れた練は、そこで繭と会う。

彼女はもしメダルを獲ることが出来たらその時点で死ぬのだと言い、それまでは生きると真理と約束していたことを話した。
練はそれを聞いて衝撃を受け、死んでもなお周りから慕われる姉と、友達に嫌われていないかとビクビク怯える自分を比べて絶望する。

しかし、そんな練を繭は優しく勇気づけるのだった。
それに元気を取り戻した練は、春高で真理を越えることを誓い、繭を必ず救うと約束するのだった。

対決当日、スタメン組の弱点を上手くつく高校生組だったが、圧倒的実力差に僅差まで追い込まれる。
残すところ後一点という時に、練は繭が指を痛めていることに気づき、最後の賭けに出る。

助走をつけ、勢いよくアタック――というところで、ボールが顔面を直撃。混沌状態に陥る。

全日本キャプテンの真壁純一は春高も近い事を考えて、練の途中離脱を決定した。
荷物をまとめた練は最後に繭に顔を見せ、繭から「春高 今年が最後になると思ってやりなさい」と言われ、送り出される。
そして、練のいない間実力をつけた仲間たちの元へと帰るのだった。

合宿から戻った練は了子と対面する。

そして、2年からは全日本での活動中心に動くこと、最後の春高だと思って次の試合は臨むようにと言い渡される。
練は既に覚悟を決めており、仲間たちといられる少ない時間を大事にすることを決めた。

合宿の経験を経て、練は確実に成長を遂げていた。
学はそんな練の変化を喜ぶのだった。

しかし滋は、練が幸せそうに仲間とやり取りするのを見て、ますます自分の病気を伝える機会を失っており、苦悩することになる。
そして、その病気のことをどこからか嗅ぎつけてきた雨宮麻耶も、いかに悪用するか人知れず嘲笑うのだった。

春高数日前、笛子は次期キャプテンを練に任命する旨を部員に言い渡す。
さらに副キャプテンには学という大抜擢も。

それを聞いた滋は、春高前に了子に言われていた病気のカミングアウトを断念し、その代わりに春高終了後、黒曜谷を去ることを決める。

そして同時期、朱雀高校でも一つの事件が起こる。
お茶会の件で朱雀キャプテン・寺沼理香の怒りを食らい、逆ギレした1年生が部活をボイコットしたのだ。
そして、麻耶の策略により理香の悪い噂が出回ることに。

朱雀で幽霊部員をしている理香の理解者・有栖川幾重の働きで事態は沈静化したが、責任感の強い理香は春高のレギュラーを辞退、さらに内定済みのVリーグにも断りの連絡を入れたのだ。
これには槌家も含め、朱雀は大混乱に。
幾重から情報を教わった黒曜谷もこの事態を重く受け止め、練は今こそ勇気を出す時と決意する。

この日、黒曜谷は春高の取材を受けており、練は記者に注目している学校はどこかと問われ、朱雀高校を挙げる。
そして、わざと不敵な笑みを浮かべ「寺沼さんのいない朱雀なら楽勝ですね」と言ってのける。
練の姿は全国で放送され、すぐに朱雀への中傷は吹き飛び、批判の矛先が全て黒曜谷に向かうことになった。

全国から正式に悪役の烙印を押されたことに練は謝罪するが、仲間たちは悪役を演じる覚悟が決まった、練についていくと言う。
そして、練は拳を握りしめ、高らかに宣言する。

「春高勝ちにいきましょう!!悪役として!」

彼女たちの決戦の火蓋が今落とされた。

開会式中に琥珀学園の鬼瓦桃子が延友厚子に殴りかかるシーン。この時止めに入ったのが、朱雀の寺沼理香。

春高当日。

会場に到着した黒曜谷は、場内の嬉々とした視線にさらされるも、まったくのマイペースさで事前に記念撮影をしていた。
負けたら撮る余裕がないからという笛子の計らいだった。

その時練は、笛子に春高優勝世代たちのお守りである四つ葉のクローバーのネックレスを託される。
「大石が事故っても勝てるかもしれん」と冗談交じりに言う笛子に、練は「私は監督をおいて死んだりしません」と約束した。

開会式が始まると、観客席や他校の選手からのブーイングが本格化する。

そんな時、整列した黒曜谷を険しい目つきで睨む選手が一人。
その選手に見覚えがあった厚子が一瞬視線を返すと、堪忍袋の緒が切れたようにその選手が殴りかかってくる。
それが不良の巣窟として名高い、琥珀学園の鬼瓦桃子だった。

そして、その一触即発の事態を制した人物が。
なんと朱雀の理香だった。

実は厚子が中2でグレていた時、全国大会の試合で来ていた桃子相手にくだらない因縁をつけ、喧嘩寸前になったことがあった。
その時に、桃子の知り合いで、当時まだレディースの名残があった理香が仲裁に入り、同じように場を収めていたのだ。
当時のことを厚子は反省しており、密かに理香に恩義を感じていたのだった。

開会式終了後、厚子は理香に感謝の言葉を述べ、理香のレギュラー辞退をもう一度考え直して欲しいと訴える。
その後、自分の発言のせいですまないと謝る練に「桃子の件はお前のせいじゃない。それに桃子は怪我をしている手で殴ろうとしていた。計算高い奴じゃねーよ」と言葉をかけたのだった。

一方、トイレの個室に入った桃子は、厚子を殴ろうとした時に解けた包帯を直していた。
その時、隣の個室で泣きじゃくる声が。

それは青磁学園の摩耶と火野あすかだった。

あすかは旭谷小出身で摩耶同様に練の昔なじみであり、とても卑屈な性格をしている女子生徒だった。
彼女は会場で練と目線が合ったことに大層怯え、大好きな摩耶に慰めてもらっていたのだ。

摩耶は「それだけ練は敵が多いのよ。だから今は練が怖いじゃなくて可哀想って思えばいい」とフォローする。
桃子はそれを聞いた途端、壁を殴り「周りから嫌われとるけぇ安心せぇてクソみたいな理屈じゃの」と一喝する。

桃子はカッとなりやすい質だが真っ直ぐな性格をしており、上辺だけの言葉を吐く人間に我慢がならなかったのだ。

怯えるあすかを抱きしめながら、摩耶は怒鳴って去っていく桃子を無言で見送ったのだった。

黒曜谷を圧倒した山吹矢が決めポーズを取るシーン。山吹矢は高校からバレーを始めた集団だったが、実力は黒曜谷も認めるほどであった。

開会早々に暗雲が立ち込める中、黒曜谷の第1回戦が始まろうとしていた。

初戦は本作内で人気のある漫画『エドガワ杯球団(エド球)』好きのメンバーが集まり、高校から本格的にバレーを始めた山吹矢高校だった。
実は留弥子も同じ『エド球』ファンであり、山吹矢との対戦を密かに楽しみにしていた。

だが、山吹矢に野次が飛んでいることに留弥子はア然とする。
それに志乃は、『たまたま才能があったヲタクが春高まで遊びに来た』という中傷が出回っていることを説明する。

絶句した留弥子を励ます意味も込めて、志乃が野次に向かって山吹矢を擁護する罵声を浴びせる。
それを見た山吹矢は、志乃に親近感を抱くのだった。

第1セット開始の笛が鳴り、黒曜谷はすぐに山吹矢キャプテン・柴田このみのアタックに苦しめられる。
さらに他の選手も堅実な球運びをしており、彼女らが趣味レベルの実力ではないことを理解する。

山吹矢サイドでは、自分たちに浴びせられる悪口に徐々に消耗しつつあった。
しかし、このみはそんな仲間たちを奮い立たせ「春高で山吹矢がガチやって証明する」と宣言。

ベンチに一時下げられていた練は、このみの宣言に胸を熱くする。
そして滋に「この子たちのバレーがもっと観たい」と語る。
滋は「勝ってあいつらの居場所をお前が作れ。大石練ならできる」と返すのだった。

1セット目は山吹矢に獲られてしまうが、練は対策案を立てて2セット目に本気で臨むことに。

2セット目が開始すると、留弥子は「自分がこのみの球を止めなければ」と決心していた。
しかし、本当は山吹矢も勝たせてあげたい気持ちと、自分のせいで志乃や、黒曜谷を負かしてしまうかもしれない気持ちの間で葛藤することに。

留弥子はその苦しさに耐えられず、志乃に「『あきらめろ』って言って」と懇願してしまう。
留弥子はかつてイジメに遭って以降、『あきらめろ』と言われるたびに理性が飛んで超人的なパワーを発揮することが出来た。
だから今回も、そうやってこの局面を乗り切ろうとしていた。

しかし志乃は、自分のせいで志乃の実力に傷をつけてしまうと泣く留弥子を、気つけに一発叩く。
そして「私はもう傷つかないわよ。私が自分で傷ついたって認めない限り、誰も私を傷つけられないわ」と勇ましく言い、留弥子を励ますのだった。

その後、黒曜谷はわざとこのみを走らせるトス回しに切り替え、体力を消耗させる作戦を取った。
山吹矢の監督・幹弓弦の判断でこのみを3セット目まで下げることが決定されると、山吹矢は見るからに精彩を欠き、一気に士気は黒曜谷の方に高まる。

このみはベンチから仲間たちを鼓舞するが、黒曜谷との実力の差に仲間たちの間からは自信をなくす者も現れる。
それに、山吹矢の九十九ルナは、カッとなってつい手を上げてしまう。
キャプテンのこのみが自分たちを引っ張ってくれていると、痛いほど理解していたからだった。

空気の悪くなる山吹矢を励ますため、動いたのは山吹矢の早乙女花子だった。
『エド球』の登場人物の決め台詞をつぶやき、単独で黒曜谷に食らいついていく。
それにやる気を取り戻した山吹矢は、私にも球を、と自ら名乗りあげるようになった。

2セット目ラストは、花子への敬意が込められた練のアタックによって黒曜谷に軍配が上がる。
留弥子は笛子に、山吹矢は不思議なチームと評し「あの子たちのプレーは自分もバレーやりたくてたまらなくなるんです」と語る。
そして、3セット目は試合に出ることを宣言したのだった。

3セット目。ここに来て、山吹矢の欠点である守備の甘さが目立ってくるようになった。
辛い局面に立たされた彼女らに疲れの色が見え始め、このみは「辛いときほどわろてくれや」と何度も励ます。

実はこのみは、仲間たちをバレーに誘った責任をずっと感じていて、姉のあかりにも「チームの誰よりも強うならんとあかん」と忠告されていた。
チームの誰よりも強くならなければ、みんながバレーを辞めてしまう。
このみはずっと抱えていた不安をこぼして号泣した。

練はそれを見て、紫苑戦で流した自分の涙を思い出す。
バレーをみんなが好きじゃなくなってしまうのが怖い。
同じ気持ちをこのみは抱いているのだと理解した練は「山吹矢ぁ、柴田と早乙女以外まだガチじゃねーだろ、全員本気でこいよ!」と啖呵を切って山吹矢を励ます。

それにこのみは感動し、山吹矢の泉や花子もこのみがいるだけで楽しいのだと励ます。
泉が涙目になったのを練に対する怯えだと勘違いした外野からは、山吹矢に対しての同情の声が寄せられる。
いきなりの手のひら返しに山吹矢も思わず呆れの声が出てしまう。

周りの意見なんてその時々のノリでどうとでも変わること、勝っても負けても今を楽しむのが一番肝心であること。
山吹矢はそれを強く感じ、全力で第3セットを獲りに挑む。
すさまじいラリーが続くが、リードしていた黒曜谷が残すところ後一点。

このみは「楽しかったで、黒曜谷!」と笑顔で言うと、練も笑顔で返してジャンプサーブを放つ。
白線ギリギリのラインでボールは落ち、黒曜谷の勝利が決まった。

墨日野高校の小岩素が、協力の大事さを知るシーン。これにより負けていた墨日野は盛り返し、黒曜谷を追い上げることになる。

第1回戦から数日経て、第2回戦が東京体育館で行われていた。

黒曜谷の次なる相手は、何故か黒曜谷メンバーと容姿が似ている墨日野高校。
容姿は似ているが性格は全く逆で、練に似ているわがままなエースの小岩素。
鏡子に似ているが体力があり、素と喧嘩が絶えないキャプテンの銀子などが在籍していた。

さらにこの日は、なんと全日本メンバーも観戦にきており、場内は大混乱に陥っていた。
他の4人とは離れ、黒曜谷OG席で観戦することにした田上繭は、そこでかつてのチームメイトにして犬猿の仲だった村上環と再会する。
そこに滋によく似た容姿の解田乾が紛れ込み、練の両親も加わったのだった。

試合前の練習時間が始まると、素は全日本チームへの露骨なアピールを開始していた。
実は、素は1回戦終了後に両親と言い合いをしており、もし優勝出来なかったらバレー部を辞めて受験勉強に切り替えることを誓っていた。
つまり素は、自分の豪快なアタックが全日本女子の目に留まれば、バレーを辞めないどころか全日本からお声がかかるのではと企んでいたのだった。

2回戦の1セット目が始まると、素は学に容姿が似ている大糊遊を半ば脅し、自分に球を集めるように指示。
それを銀子に叱られると、今度は仲間を無視して勝手に攻撃を始める始末。
身勝手な素のプレーにとうとう銀子がキレて、二人は喧嘩を始めてしまう。

守りに入ればおしまいだと言う素に、銀子は負けじと「今日負けたら退部するとか言いよるキサンは守りに入りよらんとやな?」と言う。
銀子は素が退部の危機にいることを承知しており、それを防ぐためにこの試合を慎重に進めることを決めていたからだった。

仲間たちからも心配の声が上がる中、「負けましょう」ときっぱり言い放ったのは、なんと遊だった。
遊は押しが弱く、我の強い人物に付き従う性格をしており、素に対しても不満を抱きつつも胡麻をすっていた。
しかしここに来て不満が限界を迎えていたのだった。

「負けたほうがみんなのためですたい。こげな人うちの部に要らんとです」とはっきり言う遊に、怒りを感じた人物がいた。
素ではなく黒曜谷の学だった。

笛子によって鏡子と交代させられた学は、滋に「あれはたとえ思ってしまったとしても口に出したらダメです」と吐露した。
学や弟の明は、誰かのためだと自分の主張をすり替える人間たちによってつまづかされてきた。
遊の発言はまさしく主張のすり替えであり、自分と容姿が似ているからなおのこと許せなくなってしまったのだった。

申し訳無さそうにする学に、滋は「歳相応でほっとした」と返し、笛子は「対戦相手の内面を判断するな。難しいことだがな」と語る。
すぐには理解できずとも考えるようにと笛子は続け、学は心にその言葉を刻みつけた。

さらにやり辛さを感じていたのは学だけではなかった。

留弥子も自分とそっくりだが諦めの早い墨日野の選手の言葉に打ちのめされ、それは他のチームメイトたちにも伝染していた。
だが、鏡子はそれを払拭するように得意のユーモアで仲間たちを盛り上げ、墨日野に影響を受けることを防いだ。
そんな芸当を簡単にやってのけた鏡子を、向かいのコートの銀子は羨ましく思うのだった。

1セットを黒曜谷に獲られ、銀子はチームメイトたちを集めて話をしていた。
ここからは素の好きなように打たせてあげること、今だけでもチームとしてあるべき姿を演じて欲しいと皆に懇願する。
銀子は黒曜谷のチームワークを理想と感じ、仲間たちにも学ばせたのだった。

一方黒曜谷OG席では、墨日野に野次を飛ばして追い払われた素の両親も、繭たちと合流していた。
2セット目が始まるとすぐに素を馬鹿にしだす素の父親に、練の父は「あの子の親ならもっと我が子の実力信じてやったらどうなんだ」と喝を入れる。

墨日野サイドでは失点にフォローの声がかかり、素は今まで味わったことのない空気に少しうろたえていた。
そして、自分が守備に徹したほうが点数が入ること、自分が決めるよりも仲間に決めてもらう方がずっとかっこいいことを素は初めて実感する。
素の成長を銀子は快く迎えてやるのだった。

墨日野と黒曜谷の好戦は続く。

素の調子が上がるからとベンチに下げられた練は、滋に墨日野はどうかと問われ、とても自分に素直であると答える。
墨日野は何でもざっくばらんに仲間に打ち明けてしまうところがあったが、対する黒曜谷は相手の気持ちを察しすぎて遠慮してしまうことがあった。
練はそれを良くも悪くもあると評し、「言葉にしないと相手には伝わらないこともある」と話した。

とうとう同点まで墨日野に追いつかれてしまい、練が試合に戻ることに。
「鏡と戦ってくる!」と元気よく向かった後ろ姿に、滋は笑いかけたのだった。

練の弱めのサーブを拾いきれなかった素に、またもや父が口出ししてしまう。
全日本現メンバーという肩書を持つ繭にいさめられた後、素の父は「おい素!もっと集中しろ!」と、やっと応援の声をかけて乾を驚かせた。

練のサーブが取れなくなってきた素は、練を本物の実力者だと痛感していた。
こんなことならもっと練習しておけばよかったと後悔する素に、「あきらめんな!」と銀子の声が飛ぶ。

今までは才能のある姉と比較されることを嫌い、辞めた姉に対抗してバレーを続けてきた素。
しかし、今は心の底からバレーを楽しいと感じ、辞めたくないと泣き叫んだ。

練はそれを見て、素は姉が生きていた場合のもうひとりの自分自身だと思い、彼女からバレーを奪って勝ち進みたくないと感じてしまう。
そして練は戦意を完全に喪失し、球を打てなくなってしまう。

しかし、それを厚子は許さなかった。練を叱咤激励し、すぐに正気に戻したのだ。
練は今だけは相手の気持ちを考えるなと自分を戒め、最後の追い込みをかけた。

墨日野との試合はマッチポイントの延長の連続で、29対28にまで食い込んでいた。
黒曜谷の勝利だろうと終わった気になっていた観客席から、一際大きく素の父の応援が響く。
素はそれに気づき、今までバレーを全否定していた父が応援してくれたことに涙目で笑顔を向ける。

と、その時瞬間に練のアタックが決まり、素の一瞬の油断で墨日野は敗退したのだった。

しかし、試合が終わってからも両校の顔は晴れやか。
鏡子と銀子は握手を交わし、健闘を称え合う。
そして素の両親は、素がバレーを続けることを許し、帰っていったのだった。

sugawara
sugawara
@sugawara

Related Articles関連記事

プラスチック解体高校(BREAK-UP PLUS-TIC HIGH-SCHOOL)のネタバレ解説まとめ

『プラスチック解体高校』とは、日本橋ヨヲコによる漫画作品。『週刊ヤングマガジン』にて、1997年第39号から1998年第19号まで連載された。全2巻。 名門進学校・大段高校の特別進学クラスに入学した主人公とその仲間たちが、担任の教師や生徒会との対立、人間関係の難しさなどに悩む青春ストーリー。 作者初の連載作品だった。

Read Article

魔法陣グルグル 2017(Magical Circle Guru Guru 2017)のネタバレ解説まとめ

「魔法陣グルグル 2017」とは、「衛藤ヒロユキ」による作品「魔法陣グルグル」の三度目のアニメーション作品。1回目「魔法陣グルグル」は1997年にアニメ化、2回目「ドキドキ伝説 魔法陣グルグル」は2000年にアニメ化、3度目になる本作は2017年にアニメ化。全二作はシリーズであったが、本作は原作一話から最終話までを全24話構成で製作したものとなる。主人公「ニケ」は勇者になるために、グルグルという魔法を使うヒロイン「ククリ」に出会い、二人は魔王ギリを倒す旅に出る。

Read Article

BLOOD-C(ブラッド シー)のネタバレ解説まとめ

アニメ制作会社「Production I.G」と漫画家集団「CLAMP」の両名が手掛けた、全12話のオリジナルアニメである。 学園を主要な舞台としているが、ごく普通の日常にも関わらず違和感のある、現実感のない日常描写という雰囲気作りが意図的にされている。 主人公の女子高生「更衣 小夜」が日中は学校に通いつつ、人知れず人間を襲う怪物と戦いを続けるアクションアニメである。

Read Article

ぼくの地球を守って(ぼく地球)のネタバレ解説まとめ

『ぼくの地球を守って』とは日渡早紀により制作され、1986年から「花とゆめ」に連載された漫画作品である。コミックス全21巻、文庫版全12巻、愛蔵版全10巻が発刊された。1993年にはOVAが制作され全6巻となっている。物語は「輪廻転生」が大きな鍵となっている。前世で特殊な任務についていた男女7人が任務中に伝染病にかかり全員が命を落としてしまう。現世に転生したその7人が徐々に前世の記憶を思い出し、過去の自分と現代の自分との間で揺れ動き、それぞれの孤独や苦悩を解決していくSF漫画。

Read Article

PSYCHO-PASS(サイコパス)のネタバレ解説まとめ

舞台は人工知能・シビュラシステムが絶対的な法とされる近未来の日本。凶悪犯罪を取り締まる刑事たちの姿を描いた本作は、本広克行×虚淵玄×天野明×Production I.Gの豪華タッグによって制作され、2012年から放送開始となったTVアニメ、劇場版アニメ。監視社会のシステムをかいくぐり、凶悪事件の裏で暗躍し続ける謎の男「マキシマ」を追う刑事・狡噛慎也は、捜査の過程で自らも犯罪者となっていく。

Read Article

進撃!巨人中学校(Attack on Titan: Junior High)のネタバレ解説まとめ

『進撃!巨人中学校』とは中川沙樹が描く、諫山創の『進撃の巨人』の公式学園パロディ漫画。2015年にProduction I.G製作でアニメ化。前半をアニメパート、後半を出演声優たちによるバラエティ番組の実写パートとして30分枠で放送。中学生になったエレン・イェーガーは進撃中学校へ入学する。学校には巨人も在籍しており、エレンは巨人に恨みを持っており巨人を駆逐しようと非公式部活「調査団」へ入部した。

Read Article

戦国BASARA(Sengoku Basara)のネタバレ解説まとめ

「戦国BASARA」とはカプコンから発売されている人気アクションゲーム、及びゲームを原作にしたアニメーション作品。第一期、二期、劇場版をProduction I.Gが製作し、三期をテレコム・アニメーションフィルムが製作した。若い女性達の間で起こった戦国武将ブームの火付け役でもあり、漫画・アニメ・ドラマ・舞台など様々な媒体で展開している。

Read Article

ジョーカー・ゲーム(ジョカゲ、Joker Game)のネタバレ解説まとめ

柳広司が手がけたスパイミステリー小説およびそれらを原作としたアニメ・漫画作品。第2次世界大戦前の大日本帝国期に、世界各地で暗躍するスパイ組織「D機関」の活躍と生き様を描く。原作小説は2009年の第30回吉川英治文学新人賞と第62回日本推理作家協会賞を受賞。「スパイミステリーの金字塔」とも言われる硬派作品である。

Read Article

翠星のガルガンティア(Gargantia on the Verdurous Planet)のネタバレ解説まとめ

Production I.G制作、オケアノス原作の日本のアニメ作品。2013年4月~6月まで放送された。 はるかなる未来、宇宙生命体ヒディアーズと戦う兵士レドが空間転移事故により、陸地のほとんどを海中に没した地球に跳ばされた。その地球にてガルガンティアという巨大な船団で生活することになる。兵士以外の生き方に触れ、ヒディアーズの真実を知り苦悩しながらもやがて成長してゆく物語。

Read Article

精霊の守り人(Moribito: Guardian of the Spirit)のネタバレ解説まとめ

『精霊の守り人』とは、上橋菜穂子原作の異世界のファンタジーである守り人シリーズのアニメ化作品。 2007年4月~9月にNHK-BS2の衛星アニメ劇場枠で全26話構成で放送された。 100年に一度卵を産む水の精霊に卵を産みつけられた新ヨゴ皇国の第二皇子チャグムとチャグムを守るよう母妃に託された女用心棒バルサ。皇子の命を狙うヨゴ皇国。卵を狙う異世界の生物。二人の過酷で困難に満ちた旅が始まる。

Read Article

ボールルームへようこそ(Welcome to the Ballroom)のネタバレ解説まとめ

「ボールルームへようこそ」とは、「竹内友」による漫画作品。2011年より「月刊少年マガジン」にて連載を開始し、2017年夏に「Production I.G」製作でアニメ化。なんの取り柄もなく日常をただ過ごしていた気弱な少年「富士田多々良」は、ある日偶然にも社交ダンスに出会う。プロダンサーの仙石や同年代のダンサー兵藤・雫達に影響され、多々良は社交ダンスに没頭していく。

Read Article

GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊、イノセンス(押井版攻殻機動隊)のネタバレ解説まとめ

『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』は1995年に公開された日本のアニメ映画。AD2029年、公安九課のリーダー草薙素子が事件を追う中、正体不明のハッカー“人形使い”と遭遇する。 また続編の『イノセンス』は2004年公開。ガイノイド“ハダリ”の暴走した原因を九課のバトーとトグサが追う。 押井守監督版『攻殻機動隊』シリーズ。原作は士郎正宗の漫画『攻殻機動隊』

Read Article

BLOOD+(ブラッドプラス、ブラプラ)のネタバレ解説まとめ

BLOOD+とは、Production I.G制作のアニメ作品である。それ以外にも漫画、小説、パチンコに移植されている。主人公の音無小夜は沖縄に住む普通の女子高生。学校を襲った怪物「翼手」との遭遇をきっかけに自分が150年以上前から生きる不老不死の存在「翼手の女王」であることを思い出し、全ての翼手を殲滅させるために戦う物語である。

Read Article

GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊の名言・名セリフまとめ

押井守監督の『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』(1995年11月18日公開)は、士郎正宗原作のSF漫画『攻殻機動隊 THE GHOST IN THE SHELL』を映画化したアニメーション作品。製作会社はProduction I.G 。 その革新的ともいえるアニメーション技術から映像面で評価が高い本作だが、キャラクターの巧みな台詞回しもその人気の一因だ。当記事では、ファンの間で特に知られている名言・名セリフを紹介する。

Read Article

目次 - Contents