少女ファイト(Girls' Fight)のネタバレ解説まとめ

『少女ファイト』とは、日本橋ヨヲコにより講談社イブニングで連載されている、高校女子バレーボールを題材にした漫画作品である。女子バレー界で20年に一人の逸材と謳われた姉の事故をきっかけとし、心を病んでしまった主人公大石練。そんな彼女が高校進学を転機に、仲間達を通して大きな成長を遂げ、春高優勝に向けて力を合わせていく青春物語である。ブロスコミックアワード2008大賞受賞作品。2009年10月にはOVA化もされている。

黒曜谷高校女子バレー部OG

全盛期の黒曜谷女子バレー部世代。

エースである大石真理を目当てにして集まった実力者集団である。
当時鬼教官として有名だった榊監督の特訓で、大勢いた部員は10名まで減っている。

大石練が形見にしている真理の四葉のクローバーのブレスレットは、元々春高優勝世代が所有していたもの。
現在の黒曜谷女子バレー部はそれを借りて、春高優勝祈願のお守りにしている。

陣内笛子、由良木政子は黒曜谷女子バレー部参照。榊監督は黒曜谷男子バレー部参照。

大石 真理(おおいし まり)

大石練の7歳上の姉で、練と式島兄弟がバレーをするきっかけになった人物。

三國芽衣子、隆子のおじに20年に一人の逸材と言われるほどの実力の持ち主で、全日本ユースにも選抜されていた。
オールラウンドプレイヤーで、実力者揃いの黒曜谷の中でさえも頭一つ飛び抜けたエースだった。

春高準優勝後の帰宅途中、風邪にかかっていた練にアイスクリームを買ってあげようと寄り道し、事故で命を落としている。
元々真理は左耳の聴力が弱く、赤信号で制止を促す陣内笛子の声に気づかず、横断歩道を渡ってしまったためであった。

かなりの高身長プレイヤーで、高校に上がると共に身長が伸び、学と同じ178cmにまで伸びている。
性格は大らかで掴み所がなく、チームメイトが喧嘩をすれば仲直りするまで部活をボイコットしたり、「今、小学生男子に夢中」と公言したりと変わった人物である。

練・滋・未散には特別な思い入れがあり、滋と未散にキスをしたり、将来は4人で暮らすことを夢見ていた。
不思議と人望が厚く、大勢から好かれている。

耳があまり聞こえないことからメモをつける習慣があり、プレーをしながらいきなりメモをとることもしばしばだった。
真理のメモが書かれた青い革の手帳は現在唯隆子が大切に保管しているが、小学生の頃の隆子が真理の強さの秘訣を知るため、カバンから盗んだもの。
しかし真理はそれを庇って、隆子にあげたものだと周りに話した。

「真理のプレースタイルのモデルは木村沙織」だと作者は語っている。

村上 環(むらかみ たまき)

春高優勝時のレギュラーで、大石真理の元チームメイト。ポジションはレフト。

現在は家業のスポーツ用品店「ムラカミスポーツ」旭谷店の店員。
店長の村上寛治の嫁。

現役時代は真理目当てに黒曜谷に入学した。
田上繭とは昔から仲が悪くて今でも嫌っているが、当時二人の鉄壁のブロックは「カミガミコンビ」と恐れられるほど。

普段は自堕落な生活を送っているが、大石練の全日本合宿の間、臨時で黒曜谷のコーチを務めるなど、実力はまだまだ健在。

由良木政子からはVリーグトライアウト受験を薦められていて、共に隆子のおじがスポンサーの夕栗製薬を倒そうと言われている。

延友 知花(のぶとも ちか)

春高優勝時のレギュラーで、大石真理の元チームメイト。ポジションはライトだった。

延友信玄の後妻で、厚子の義理の母親。
現在はお腹の中に信玄との子がいる。

信玄とは真理の法事で出会ったのがきっかけ。
後妻になってからは厚子と打ち解けるために手を尽くすが、前妻を想う厚子には嫌悪されていた。
しかし、裏表なく正面から嫌いだと主張する厚子のことを逆に好いていた。

当初、黒曜谷OGであることは隠していたが、厚子が延友家でライトの練習をしていたのを見て、その稚拙さを見かねて指導に当たる。
厚子とはそれ以来本音でしゃべるようになり、打ち解け始める。

春高に応援に駆けつけた際、急に陣痛が起きて倒れてしまう。
厚子と心配した琥珀学園の桃子が病院まで付き添うが、厚子は次の試合があり戻ることになる。
その時厚子は「こいつは家族なんだ。よろしくたのむ」と桃子に頼んだ。

性格はおっとりしているが、霊感が強くあっけらかんと呪うなどと毒を吐き、由良木政子や村上環に怖がられている。
直感力にも優れ、小田切学のことを「真理のように強くなる」、犬神鏡子のことを「この子は物凄い霊媒体質。周りの穢れを一心に受け止めているから相当体が弱いはず…」と発言し、またもや政子と環を震え上がらせた。

田上 繭(たがみ まゆ)

春高優勝時のレギュラーで、大石真理の元チームメイト。
ポジションはミドルブロッカー。

天涯孤独の身なので、今は全日本女子バレーの監督である真壁が後見人を務めている。
大石練の存在を真壁に伝えたのも彼女。

高校時代からの実力者で、全日本女子メンバーの一人。
常にクールで厳しいので、村上環には昔から嫌われている。
しかし、本当は環の実力を認めており、繭の方は好いている。

唯隆子のおじの愛人をしているが、もし隆子がオリンピックでメダルを獲ったら喜んでいなくなるつもりでいる。
メダルを自力で獲れたとしても死ぬつもりでいて、真理とはそれまでは生きると約束している。
練は彼女を生かすため、真理を超えることを決意した。

黒曜谷高校男子バレー部

現黒曜谷では男子バレー部の方が有名。
決勝戦の常連というわけではないが、かなりの強豪校である。
式島滋が1年、千石雲海が2年の頃の春高では準優勝の成績を残す。

マスコットはバボアちゃん。入学式のレクリエーションでは選手がバボアちゃんの着ぐるみを着るのが恒例。

式島 未散(しきしま みちる)

CV:鈴村健一。

黒曜谷高校スポーツ科学科1年。ポジションはセッター。
式島滋の1歳下の弟で、大石練とも幼馴染。
滋と違い放任されて育ったが、本人は兄の経験した苦労を分かっているのでグレずに育った。

中学校時代は「出ずっぱり」の不良児だった。
理由は、入っていたバレー部の不真面目さにブチ切れ、未散が部員を殴ったためであった。

それ以来、地域のバレーボールサークルで引き続きバレーをしており、サークル内では変装していた有名人・由良木龍馬に教わっていた。
それは、龍馬が滋の病気のことを知って、滋の代わりのセッターとして未散を鍛えたためであった。
滋の病気を知った後は、龍馬に本気で強いセッターになることを誓う。

黒曜谷の推薦入学が決まったのは、長らく兄・滋のお陰だと思っていたが、実は三國家の長男である三國智之の推薦。
智之からはその遠慮のない物言いを気に入られていた。

幼い頃から兄同様に練のことが好きだったが、いつも持ち物を自分にくれる滋が、本当に大事な物である練を自分に譲ったりしないよう、自ら身を引いている。

小学校時代、居眠りをしていた練にこっそりキスしたことがあったが、それをネタに唯隆子に脅され、彼女の転校まで付き合っていたことがある。
そのため、いきなり写真を撮られると固まってひっくり返ってしまう。

日本に帰ってきた隆子の脅威から逃れるために、小田切学に付き合ってくれと口走ってしまう。
事情を知った学はそれを受け入れ、奇妙な恋人関係に発展する。
しかしその後、学に惚れた未散は正式にお付き合いを申し込んでいる。

学校へ行かずに不良仲間とつるんでいた時期があることから、顔が広くて社交性に優れている。
学の家に行った際には、悪い人間ではないかと警戒していた学の母親と引きこもりの明の懐に入り込み、あっという間に受け入れられた。

三國 智之(みくに ともゆき)

CV:福山潤。

黒曜谷高校スポーツ科学科1年。三國財閥の御曹司。
西中学出身。入学試験は学に継いで2位。総代を務めた。

黒曜谷を志望したのは憧れていたバレー選手、千石雲海がいたため。
式島未散の黒曜谷入学を陰で推薦していた人物。

実力は中学バレー大会MVPを獲ったほど。
「バレーの貴公子」と呼ばれ、その整った顔立ちとバレーの才能で女性ファンを獲得している。

空気の読めない無駄に暑苦しいキャラクターで、イケメンキャラであるが残念な人として見られている。
女子バレー部室にあふれんばかりの掃除用具を贈ったり、桃園女学園にモルテンのボール10ダースを進呈したり、少々ずれた親切心がある。

作者によれば「キャラクターのイメージモデルは松岡修造」。

自分でも自覚しているくらい恋心に鈍感な性格で、犬神家との縁談話も鏡子の気持ちに気づかずに流れに任せていた。
バレーが強い人が好きなことから当初は大石練に好感を持っていたが、式島滋との関係を未散から聞き、応援する方向に落ち着いた。

その後、自分に遠慮しない伊丹志乃に好感を持ちはじめ「唯一の女友達」と評すが、いつしか恋心へと変わる。
志乃の言った「日本一バレーが上手い人が好き」という言葉を素直に受け止め、今は春高優勝に全力を注いでいる。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

劇場版 黒子のバスケ LAST GAME(黒子のバスケ EXTRA GAME)のネタバレ解説まとめ

『劇場版 黒子のバスケ LAST GAME』とは、黒子のバスケ原作者・藤巻忠俊が、その続編を描いた『黒子のバスケ EXTRA GAME』を映像化したものである。 また、映像化するにあたり、原作者自らが新エピソードを書き下ろした。 高校2年生になった黒子テツヤやキセキの世代のメンバーたちは、アメリカのチーム「Jabberwock」に挑むため、高校の垣根を超えたドリームチームを結成する。

Read Article

黒子のバスケ(黒バス)のネタバレ解説まとめ

『黒子のバスケ』とは、藤巻忠俊によるバスケットボール漫画、およびそれを原作とした小説・アニメ・ゲーム・舞台などのメディアミックス作品。 かつてバスケの名門校「帝光中学校」の「幻の6人目(シックスマン)」と呼ばれていた黒子テツヤが、バスケ部新設校の誠凛高校に進学する。そこでバスケにおいて天賦の才能を持つ火神大我という「光」に出会い、黒子は火神の「影」として「バスケで日本一になる」ことを目指す。

Read Article

ジョーカー・ゲーム(ジョカゲ、Joker Game)のネタバレ解説まとめ

『ジョーカー・ゲーム』とは、柳広司による日本の短編ミステリー・スパイ小説および、それを原作とした漫画、アニメ作品である。「D機関シリーズ」と呼ばれている。2016年4月から6月までAT-X、TOKYO MX他にて放送された。第二次世界大戦前の帝国陸軍内に結城中佐によって、スパイ養成部門「D機関」が秘密裏に設立される。そのD機関員たちが世界で暗躍する全12話のストーリーである。

Read Article

翠星のガルガンティア(Gargantia on the Verdurous Planet)のネタバレ解説まとめ

Production I.G制作、オケアノス原作の日本のアニメ作品。2013年4月~6月まで放送された。 はるかなる未来、宇宙生命体ヒディアーズと戦う兵士レドが空間転移事故により、陸地のほとんどを海中に没した地球に跳ばされた。その地球にてガルガンティアという巨大な船団で生活することになる。兵士以外の生き方に触れ、ヒディアーズの真実を知り苦悩しながらもやがて成長してゆく物語。

Read Article

プラスチック解体高校(BREAK-UP PLUS-TIC HIGH-SCHOOL)のネタバレ解説まとめ

『プラスチック解体高校』とは、日本橋ヨヲコによる漫画作品。『週刊ヤングマガジン』にて、1997年第39号から1998年第19号まで連載された。全2巻。 名門進学校・大段高校の特別進学クラスに入学した主人公とその仲間たちが、担任の教師や生徒会との対立、人間関係の難しさなどに悩む青春ストーリー。 作者初の連載作品だった。

Read Article

精霊の守り人(Moribito: Guardian of the Spirit)のネタバレ解説まとめ

『精霊の守り人』とは、上橋菜穂子原作の異世界のファンタジーである守り人シリーズのアニメ化作品。 2007年4月~9月にNHK-BS2の衛星アニメ劇場枠で全26話構成で放送された。 100年に一度卵を産む水の精霊に卵を産みつけられた新ヨゴ皇国の第二皇子チャグムとチャグムを守るよう母妃に託された女用心棒バルサ。皇子の命を狙うヨゴ皇国。卵を狙う異世界の生物。二人の過酷で困難に満ちた旅が始まる。

Read Article

ボールルームへようこそ(Welcome to the Ballroom)のネタバレ解説まとめ

「ボールルームへようこそ」とは、「竹内友」による漫画作品。2011年より「月刊少年マガジン」にて連載を開始し、2017年夏に「Production I.G」製作でアニメ化。なんの取り柄もなく日常をただ過ごしていた気弱な少年「富士田多々良」は、ある日偶然にも社交ダンスに出会う。プロダンサーの仙石や同年代のダンサー兵藤・雫達に影響され、多々良は社交ダンスに没頭していく。

Read Article

極東学園天国(A Far Eastern School Paradise)のネタバレ解説まとめ

『極東学園天国』とは、『週刊ヤングマガジン』にて連載された、日本橋ヨヲコによる日本の漫画作品である。荒くれ者の巣窟、五色台(ごしきだい)学園に転校してきた主人公・平賀信号。彼は転入早々、この学園を統べる3年・城戸信長の号令により、突如学食優先権を賭けた学年対抗の戦争に巻き込まれていく。全4巻。2013年に新装版が発売され、巻末におまけマンガが新しく追加された。

Read Article

GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊、イノセンス(押井版攻殻機動隊)のネタバレ解説まとめ

『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』は1995年に公開された日本のアニメ映画。AD2029年、公安九課のリーダー草薙素子が事件を追う中、正体不明のハッカー“人形使い”と遭遇する。 また続編の『イノセンス』は2004年公開。ガイノイド“ハダリ”の暴走した原因を九課のバトーとトグサが追う。 押井守監督版『攻殻機動隊』シリーズ。原作は士郎正宗の漫画『攻殻機動隊』

Read Article

BLOOD+(ブラッドプラス、ブラプラ)のネタバレ解説まとめ

BLOOD+とは、Production I.G制作のアニメ作品である。それ以外にも漫画、小説、パチンコに移植されている。主人公の音無小夜は沖縄に住む普通の女子高生。学校を襲った怪物「翼手」との遭遇をきっかけに自分が150年以上前から生きる不老不死の存在「翼手の女王」であることを思い出し、全ての翼手を殲滅させるために戦う物語である。

Read Article

魔法陣グルグル 2017(Magical Circle Guru Guru 2017)のネタバレ解説まとめ

「魔法陣グルグル 2017」とは、「衛藤ヒロユキ」による作品「魔法陣グルグル」の三度目のアニメーション作品。1回目「魔法陣グルグル」は1997年にアニメ化、2回目「ドキドキ伝説 魔法陣グルグル」は2000年にアニメ化、3度目になる本作は2017年にアニメ化。全二作はシリーズであったが、本作は原作一話から最終話までを全24話構成で製作したものとなる。主人公「ニケ」は勇者になるために、グルグルという魔法を使うヒロイン「ククリ」に出会い、二人は魔王ギリを倒す旅に出る。

Read Article

BLOOD-C(ブラッド シー)のネタバレ解説まとめ

アニメ制作会社「Production I.G」と漫画家集団「CLAMP」の両名が手掛けた、全12話のオリジナルアニメである。 学園を主要な舞台としているが、ごく普通の日常にも関わらず違和感のある、現実感のない日常描写という雰囲気作りが意図的にされている。 主人公の女子高生「更衣 小夜」が日中は学校に通いつつ、人知れず人間を襲う怪物と戦いを続けるアクションアニメである。

Read Article

ぼくの地球を守って(ぼく地球)のネタバレ解説まとめ

『ぼくの地球を守って』とは日渡早紀により制作され、1986年から「花とゆめ」に連載された漫画作品である。コミックス全21巻、文庫版全12巻、愛蔵版全10巻が発刊された。1993年にはOVAが制作され全6巻となっている。物語は「輪廻転生」が大きな鍵となっている。前世で特殊な任務についていた男女7人が任務中に伝染病にかかり全員が命を落としてしまう。現世に転生したその7人が徐々に前世の記憶を思い出し、過去の自分と現代の自分との間で揺れ動き、それぞれの孤独や苦悩を解決していくSF漫画。

Read Article

PSYCHO-PASS(サイコパス)のネタバレ解説まとめ

舞台は人工知能・シビュラシステムが絶対的な法とされる近未来の日本。凶悪犯罪を取り締まる刑事たちの姿を描いた本作は、本広克行×虚淵玄×天野明×Production I.Gの豪華タッグによって制作され、2012年から放送開始となったTVアニメ、劇場版アニメ。監視社会のシステムをかいくぐり、凶悪事件の裏で暗躍し続ける謎の男「マキシマ」を追う刑事・狡噛慎也は、捜査の過程で自らも犯罪者となっていく。

Read Article

進撃!巨人中学校(Attack on Titan: Junior High)のネタバレ解説まとめ

『進撃!巨人中学校』とは中川沙樹が描く、諫山創の『進撃の巨人』の公式学園パロディ漫画。2015年にProduction I.G製作でアニメ化。前半をアニメパート、後半を出演声優たちによるバラエティ番組の実写パートとして30分枠で放送。中学生になったエレン・イェーガーは進撃中学校へ入学する。学校には巨人も在籍しており、エレンは巨人に恨みを持っており巨人を駆逐しようと非公式部活「調査団」へ入部した。

Read Article

戦国BASARA(Sengoku Basara)のネタバレ解説まとめ

「戦国BASARA」とはカプコンから発売されている人気アクションゲーム、及びゲームを原作にしたアニメーション作品。第一期、二期、劇場版をProduction I.Gが製作し、三期をテレコム・アニメーションフィルムが製作した。若い女性達の間で起こった戦国武将ブームの火付け役でもあり、漫画・アニメ・ドラマ・舞台など様々な媒体で展開している。

Read Article

GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊の名言・名セリフまとめ

押井守監督の『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』(1995年11月18日公開)は、士郎正宗原作のSF漫画『攻殻機動隊 THE GHOST IN THE SHELL』を映画化したアニメーション作品。製作会社はProduction I.G 。 その革新的ともいえるアニメーション技術から映像面で評価が高い本作だが、キャラクターの巧みな台詞回しもその人気の一因だ。当記事では、ファンの間で特に知られている名言・名セリフを紹介する。

Read Article

目次 - Contents