うたわれるもの 二人の白皇(ゲーム)のネタバレ解説まとめ

『うたわれるもの 二人の白皇』とは、アクアプラスより2016年9月に発売されたゲームソフトである。うたわれるもの3部作の第3部かつ全シリーズの最終章にあたる。ストーリーは前作の「偽りの仮面」の続きが描かれる。舞台はヤマトという大国。主人公ハクは、前作「偽りの仮面」でオシュトルから皇女と妹の未来を仮面と共に託される。ハクはオシュトルとして生きることを選び、戦いに身を投じていくうちに「うたわれるもの」の真実にたどり着くのだった。

ムント

CV.白熊寛嗣

オンカミヤムカイの老僧で、カミュのお目付け役。現在もカミュに手を焼いている。

エルルゥ

CV.柚木涼香

第一作目の「うたわれるもの」のヒロイン。クオンの母親役の一人で、アルルゥの姉。
トゥスクル以外の諸国にも名を馳せる優秀な薬師で、クオンにも薬の知識を教えた。
ある時を境に忽然と姿を消し、オンカミヤムカイの地下に封印されているハクオロに寄り添っていた。

ハクオロ

CV.小山力也

第一作め「うたわれるもの」の主人公。現在はオンカミヤムカイの地下に封印されている。

『うたわれるもの 二人の白皇』の名言・名セリフ/名シーン・名場面

貴方の歩む道は私の息子が歩む道。ならば貴方は私の大事な息子。

本当のオシュトルではないことを知っても受け入れ抱きしめるトリコリ

オシュトルとして生きることを決めたハクは、オシュトルとネコネの母であるトリコリと対峙する。二人の母にも偽らなければならないハクは罪悪感に苛まれていた。しかしトリコリはオシュトルが別人であることに気が付いてもなお、受け止め抱きしめるのだった。ハクの心が救われた瞬間だった。

おちおち眠らせてもくれんとか、時間外手当を要求するね

オシュトルに成ろうと自分の存在を消してきたハクがぽろっと口にした、ハクらしいセリフ。
この一言によりルルティエはオシュトルがハクであることに気が付く。

マロロの最期

マロロはハクの死を受け入れられず、オシュトルの冷酷な采配に対しての疑念から呆然自失となり、そこをウォシスに利用され洗脳されていた。
脳に埋め込まれた虫によってオシュトルがハクを殺したという偽りの記憶を植え付けられたマロロは、オシュトルへの復讐心に駆り立てられる。
オシュトルとの戦いの中で偽物の記憶と正しい記憶の齟齬が取れなくなったことで、蝕んでいた虫からは解放される。しかしウォシスの命によって襲撃したシチーリヤの攻撃からオシュトルを庇って倒れるのだった。介抱するオシュトルの言葉から正体がハクであることに気が付いたマロロは、最後にハクを救うことができたと安堵して息を引き取るのだった。

ハクの終わり

ウォシスとの激闘の末、仮面の力を使い果たしたハクは、ようやく仲間たちにオシュトルとしてではなく、ハクとしての姿を見せる。
最期にハクとして仲間に言葉をかけると、見守られながら消滅していった。
このシーンが唯一仮面なしでハクが素顔を見せて仲間の前で本当の自分を出した瞬間だった。

ハクオロの素顔

第一作目から長きにわたって仮面によって隠されてきたハクオロの素顔。ハクがウィツルミネアの力を受け継いだことによってようやく仮面の力から解放され、人として仲間のもとへと戻るのだった。

『うたわれるもの 二人の白皇』の裏話・トリビア・小ネタ

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

うたわれるもの(Utawarerumono)のネタバレ解説まとめ

『うたわれるもの』とは、2002年にLeafによって発売されたアダルトゲームを原点として、PS2用ゲームソフト「うたわれるもの 散りゆく者への子守唄」、そしてアニメ、ドラマCD、コミックと広く展開された作品である。舞台は様々な種族、文化が混在する世界。記憶を失い大けがを負った仮面の青年「ハクオロ」は、とある村の少女「エルルゥ」に助けられる。ハクオロは仲間達とともに国を守り、世界と自分の秘密を知り、自らの過酷な運命に立ち向かっていく。

Read Article

うたわれるもの 偽りの仮面(ゲーム・アニメ)のネタバレ解説まとめ

アクアプラスより2015年9月に発売されたゲームソフト及びそれを原作とするアニメ。舞台は皇(オゥルォ)や豪族がそれぞれ治める属国によって構成され、帝に統治される大國「ヤマト」。主人公は記憶を失い一人雪深い山を彷徨っていた。巨大な蟲に襲われ追い詰められていたところを少女クオンに救われ、「ハク」と名付けられる。それはかつて「うたわれし者」の名であった。

Read Article

目次 - Contents