うたわれるもの 二人の白皇(ゲーム)のネタバレ解説まとめ

『うたわれるもの 二人の白皇』とは、アクアプラスより2016年9月に発売されたゲームソフトである。うたわれるもの3部作の第3部かつ全シリーズの最終章にあたる。ストーリーは前作の「偽りの仮面」の続きが描かれる。舞台はヤマトという大国。主人公ハクは、前作「偽りの仮面」でオシュトルから皇女と妹の未来を仮面と共に託される。ハクはオシュトルとして生きることを選び、戦いに身を投じていくうちに「うたわれるもの」の真実にたどり着くのだった。

ソヤンケクル

CV.最上嗣生

シャッホロの皇でヤマト八柱将の一人。アトゥイの父。アトゥイを溺愛している。
ヤマト混乱時には早期に中立を宣言する。

先帝とその関係者

帝(ミカド)

CV.木村雅史

毒殺されたとされるヤマトの帝。正体はオンヴィタイカヤンの生き残りでハクの兄。自身を被検体として人体実験を繰り返し、結果として数百年生きヤマト大国を建国して統治し続けてきた。
死亡したかに思われていたが、実際は宮廷の地下施設の救命ポットの中で生きており、ダミーで死を偽装していた。
オシュトルにマスターキーを託す。

ホノカ

画像左がホノカ

CV.矢作紗友里

帝に仕える女性。帝崩御後は行方不明となるが、宮廷の地下施設に帝と共に身を隠していた。

ヤマト周辺国出身の人物

エントゥア

CV.米澤円

ウズールッシャの将ゼクニの娘。宮廷の女官として働いていたが、ハク一行の帝都脱出の時には手助けした。
瀕死のヴライを見つけ、見捨てられずに介抱してしまった。

ヤムマキリ

CV.水島大宙

ヤクトワルトの出身国レタルモシリの族長。ヤクトワルトの兄の代わりだった人物。
計算高く、目的のためなら手段を選ばない冷酷な性格で、レタルモシリをまとめるためにヤクトワルトとシノノンの名前を利用しようとする。

トゥスクル勢

アルルゥ

CV.沢城みゆき

トゥスクル建国にかかわった人物の一人。クオンの姉のような存在で、クオンの母のユズハとは親友だった。

ムックル(虎)

CV.下山吉光

アルルゥが飼っているムティカパと呼ばれる巨大な獣。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

うたわれるもの(Utawarerumono)のネタバレ解説まとめ

『うたわれるもの』とは、2002年にLeafによって発売されたアダルトゲームを原点として、PS2用ゲームソフト「うたわれるもの 散りゆく者への子守唄」、そしてアニメ、ドラマCD、コミックと広く展開された作品である。舞台は様々な種族、文化が混在する世界。記憶を失い大けがを負った仮面の青年「ハクオロ」は、とある村の少女「エルルゥ」に助けられる。ハクオロは仲間達とともに国を守り、世界と自分の秘密を知り、自らの過酷な運命に立ち向かっていく。

Read Article

うたわれるもの 偽りの仮面(ゲーム・アニメ)のネタバレ解説まとめ

アクアプラスより2015年9月に発売されたゲームソフト及びそれを原作とするアニメ。舞台は皇(オゥルォ)や豪族がそれぞれ治める属国によって構成され、帝に統治される大國「ヤマト」。主人公は記憶を失い一人雪深い山を彷徨っていた。巨大な蟲に襲われ追い詰められていたところを少女クオンに救われ、「ハク」と名付けられる。それはかつて「うたわれし者」の名であった。

Read Article

目次 - Contents