うたわれるもの 二人の白皇(ゲーム)のネタバレ解説まとめ

『うたわれるもの 二人の白皇』とは、アクアプラスより2016年9月に発売されたゲームソフトである。うたわれるもの3部作の第3部かつ全シリーズの最終章にあたる。ストーリーは前作の「偽りの仮面」の続きが描かれる。舞台はヤマトという大国。主人公ハクは、前作「偽りの仮面」でオシュトルから皇女と妹の未来を仮面と共に託される。ハクはオシュトルとして生きることを選び、戦いに身を投じていくうちに「うたわれるもの」の真実にたどり着くのだった。

『うたわれるもの 二人の白皇』の概要

『うたわれるもの 二人の白皇』とは、アクアプラスより2016年9月に発売されたゲームソフトである。うたわれるもの3部作の第3部かつ全シリーズの最終章にあたり、完結作となる。対応機種はPlayStation3、PlayStation4、PlayStationVitaである。
前作「うたわれるもの偽りの仮面」と同時に製作が進められてきたため、前作の発売から間をあけず1年後に発売された。出演声優陣からは偽りの仮面発売時点で音声収録が始まっていたことを明かされている。
基本的なゲームシステムはこれまでのシリーズを踏襲しており、キャラクター同士の会話によって進むアドベンチャーパートと、シミュレーションRPGの要素のあるシミュレーションパートによって展開されている。

『うたわれるもの 二人の白皇』のあらすじ・ストーリー

オシュトルに託されたもの

前作「うたわれるもの偽りの仮面」で仮面をハクに託して、消滅したオシュトル

帝の崩御とアンジュの暗殺未遂によって混乱がはじまり、仮面の力を使い果たオシュトルが消えてから数日が経っていた。
オシュトルから仮面と共に意思を託されたハクは、オシュトルに成り代わり、ハクとしての人生を捨てヤマトの未来のため、ネコネの助けを借りながら動き始めていた。

ヤマトの混乱

オシュトルとしてエンナカムイ勢を鼓舞し、戦に身を投じていくハク

ヤマトの混乱に乗じて八柱将のライコウは偽の皇女を擁立してヤマトを掌握しようとしていた。
ライコウの野望の邪魔となる本物の皇女アンジュやオシュトルがいるエンナカムイにヤマト朝廷軍が侵攻し、戦の火が平和な地に降りかかる。
毒によって衰弱していたアンジュもトゥスクルによりもたらされた薬により回復し、父である帝が残してくれた皇女の地位を取り戻したいと立ち上がり、帝都奪還に向けて戦いの道を選ぶのだった。

『うたわれるもの 二人の白皇』の登場人物・キャラクター

主要人物

オシュトル(ハク)

CV.藤原啓治

本作の主人公でヤマト右近衛大将。前作「うたわれるもの 偽りの仮面」でオシュトルから仮面と共に皇女とネコネの未来を託され、オシュトルとして生きる道を選ぶ。そのため仲間たちには「ハクは死んだ」と話している。オシュトルとしての名声とハクとしての知略を生かした策でエンナカムイ勢を率いて、アンジュの帝都奪還のために奔走していくこととなる。

最初こそ頼りない一面を見せていたが、オシュトルのカリスマとハクの知識を生かして周囲からの信頼を得ていった。ミカヅチとの決闘で仮面の力を完全に覚醒させることに成功した。これがきっかけで戦闘力も格段に上がり、ヴライやミカヅチといった八柱将とも互角に戦えるようになった。

ハクとして生きてきた頃の仲間たちと共に朝廷軍に立ち向かうため、味方となる国々をさがして大国であるヤマトを奔走している。

オシュトルと成り代わってからは刀を用いた戦闘を行うが、クオンがハクに貸した鉄扇を「友の形見」として使い続けている。

オシュトル(ウコン)

CV.利根健太朗

本来のヤマト右近衛大将。前作の「うたわれるもの 偽りの仮面」でヴライとの死闘の末、仮面の力を酷使したため身体が塩となって消滅した。死の間際、ハクに仮面とアンジュ、ネコネの未来を託して消えていった。

クオン

CV.種田梨沙

本作のヒロイン。トゥスクルの皇女でハクオロとユズハの娘。前作「うたわれるもの 偽りの仮面」でハクを失ったあと、傷心のまま故郷であるトゥスクルに帰還する。ハクを失ったショックから一時的に記憶を失うが、クロウに刺激されたことによって思い出す。混乱の中のヤマトと、アンジュの置かれている状況を知ったクオンは、トゥスクル皇オボロの命令により、ヤマトに攻め込むのであった。だがすべてはかつての仲間たちを間接的に救うためであった。

トゥスクル皇女としてヤマトに赴いたクオンは、正装と面紗で正体を隠してエンナカムイに赴いた。オシュトルにトゥスクルによるヤマト侵攻を告げるが、その時に発したオシュトルの何気ない一言で、オシュトルの正体がハクであることに気が付く。トゥスクルまでの帰り道の間にベナウィとクロウに諭され、仲間たちの元へと戻った。

アンジュ

CV.赤﨑千夏

ヤマト国皇女。前作「うたわれるもの 偽りの仮面」で帝崩御の混乱の中、何者かの陰謀により毒を盛られたことで喉が焼けただれ声を出すことができなくなっていた。ハクたちによって保護されてからは、オシュトルやネコネの故郷であるエンナカムイで療養をしていた。元々の驚異的な生命力と周囲の献身的な看護、そしてトゥスクルからもたらされた薬によって回復する。
アンジュの名を語る偽物の皇女を掲げる朝廷軍を下し、帝の地位を継ぐ道を選んだ。

エンナカムイにトゥスクル皇女として赴いていたクオンに、一方的に叩きのめされたことで心が折れかける。しかしオシュトルがハクの言葉を用いて励ましたことにより気力を取り戻す。またその時にカルラが投げ込んだ大剣を得たことでクオンに勝利する。ここからアンジュは帝都を取り戻すために、自身も戦場に身を投じていくことになった。

仲間たち

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

うたわれるもの(Utawarerumono)のネタバレ解説まとめ

『うたわれるもの』とは、2002年にLeafによって発売されたアダルトゲームを原点として、PS2用ゲームソフト「うたわれるもの 散りゆく者への子守唄」、そしてアニメ、ドラマCD、コミックと広く展開された作品である。舞台は様々な種族、文化が混在する世界。記憶を失い大けがを負った仮面の青年「ハクオロ」は、とある村の少女「エルルゥ」に助けられる。ハクオロは仲間達とともに国を守り、世界と自分の秘密を知り、自らの過酷な運命に立ち向かっていく。

Read Article

うたわれるもの 偽りの仮面(ゲーム・アニメ)のネタバレ解説まとめ

アクアプラスより2015年9月に発売されたゲームソフト及びそれを原作とするアニメ。舞台は皇(オゥルォ)や豪族がそれぞれ治める属国によって構成され、帝に統治される大國「ヤマト」。主人公は記憶を失い一人雪深い山を彷徨っていた。巨大な蟲に襲われ追い詰められていたところを少女クオンに救われ、「ハク」と名付けられる。それはかつて「うたわれし者」の名であった。

Read Article

目次 - Contents