うたわれるもの 二人の白皇(ゲーム)のネタバレ解説まとめ

『うたわれるもの 二人の白皇』とは、アクアプラスより2016年9月に発売されたゲームソフトである。うたわれるもの3部作の第3部かつ全シリーズの最終章にあたる。ストーリーは前作の「偽りの仮面」の続きが描かれる。舞台はヤマトという大国。主人公ハクは、前作「偽りの仮面」でオシュトルから皇女と妹の未来を仮面と共に託される。ハクはオシュトルとして生きることを選び、戦いに身を投じていくうちに「うたわれるもの」の真実にたどり着くのだった。

CV.菊池幸利

「影光のウォシス」の二つ名を持つヤマトの実質的な大老。帝やハクにみられる旧人類に似た身体的特徴を持つ。
物腰の柔らかい印象を持たせるが、実際は自身の目的のために周囲の人を道具として捉え切り捨てる冷酷な人物。
正体は帝の遺伝子を持つ「息子」。ヤマトの混乱を引き起こした黒幕。

ラヴィエ / シャスリカ / リヴェルニ

画像左がラヴィエ、画像中央がシャスリカ、画像右がリヴェルニ

CV.鈴木晴久(ラヴィエ) / 浅利遼太(シャスリカ) / 田丸篤志(リヴェルニ)

ウォシスが側に置いている3人の冠童。

マロロ

CV.杉山大

ヤマトの殿学士で采配師。デコポンポの軍勢と共にエンナカムイに侵攻する。デコポンポ勢敗北後に、オシュトル(ハク)から傘下に加わるよう提案されるが、オシュトルの容赦のない采配と、ハクの死にショックを受け疑念を抱くようになる。
ウォシスにより洗脳されハクを殺したオシュトルへの復讐を誓い、修羅のような形相へと変貌した。

ミカヅチ

CV.内田夕夜

ヤマトの左近衛大将。兄は八柱将のライコウ。
先帝と皇女アンジュに強い忠誠を誓う。オシュトルとの対決で、今のオシュトルが違うことを見抜く。ハクが仮面の力を引き出してその覚悟から、ハクを「オシュトル」として認めるようになる。

ミルージュ

CV.高森奈津美

ミカヅチの小姓の少年。彼もシチーリヤと同じくウォシスによって送り込まれた密偵。

デコポンポ

CV.大川透

ヤマト八柱将の一人。エンナカムイに匿われている本当のアンジュを確保するために侵攻する。オシュトルの策により敗北し、切り札であるウズールッシャの猛獣ガウンジを投入するも制御できず生きたまま貪り食われ死亡する。

ボコイナンテ

CV.中西としはる

デコポンポの腹心。デコポンポと共に最期を遂げる。

ヴライ

CV.乃村健次

ヤマト八柱将の一人、「豪傑のヴライ」。前作「うたわれるもの偽りの仮面」でオシュトルとの戦いに敗れて谷底に落ち、瀕死だったがエントゥアに介抱され回復する。自身の命も残りわずかであることを自覚し、無理心中を図る形で、再びオシュトル(ハク)に襲い掛かる。

クジュウリ

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

うたわれるもの(Utawarerumono)のネタバレ解説まとめ

『うたわれるもの』とは、2002年にLeafによって発売されたアダルトゲームを原点として、PS2用ゲームソフト「うたわれるもの 散りゆく者への子守唄」、そしてアニメ、ドラマCD、コミックと広く展開された作品である。舞台は様々な種族、文化が混在する世界。記憶を失い大けがを負った仮面の青年「ハクオロ」は、とある村の少女「エルルゥ」に助けられる。ハクオロは仲間達とともに国を守り、世界と自分の秘密を知り、自らの過酷な運命に立ち向かっていく。

Read Article

うたわれるもの 偽りの仮面(ゲーム・アニメ)のネタバレ解説まとめ

アクアプラスより2015年9月に発売されたゲームソフト及びそれを原作とするアニメ。舞台は皇(オゥルォ)や豪族がそれぞれ治める属国によって構成され、帝に統治される大國「ヤマト」。主人公は記憶を失い一人雪深い山を彷徨っていた。巨大な蟲に襲われ追い詰められていたところを少女クオンに救われ、「ハク」と名付けられる。それはかつて「うたわれし者」の名であった。

Read Article

目次 - Contents