うたわれるもの 二人の白皇(ゲーム)のネタバレ解説まとめ

『うたわれるもの 二人の白皇』とは、アクアプラスより2016年9月に発売されたゲームソフトである。うたわれるもの3部作の第3部かつ全シリーズの最終章にあたる。ストーリーは前作の「偽りの仮面」の続きが描かれる。舞台はヤマトという大国。主人公ハクは、前作「偽りの仮面」でオシュトルから皇女と妹の未来を仮面と共に託される。ハクはオシュトルとして生きることを選び、戦いに身を投じていくうちに「うたわれるもの」の真実にたどり着くのだった。

シノノン

CV.久野美咲

ヤクトワルトの養女。今作ではレタルモシリの元族長ムカルの娘で、姫であることが明かされる。キウルに懐いている。

ムネチカ

CV.早見沙織

ヤマトの八柱将で、アンジュの側近の女傑。トゥスクルに侵攻し撤退時に殿を勤め、捕虜となっていた。解放されたあとはエンナカムイ勢に加わり、今作からプレイ可能キャラクターとなった。

フミルィル

CV.儀武ゆう子

第一作「うたわれるもの」で赤ん坊だった人物。クオンとは年の近い幼馴染のような関係で、クオンのお側付き。クオンがオシュトルの元ったためエンナカムイ勢に加わることになった。
無意識な色っぽいしぐさなどにより男性の目を引くため「傾国のフミルィル」の異名を持つ。

エンナカムイ勢関係者

イラワジ

CV.白熊寛嗣

エンナカムイ皇。キウルの祖父。オシュトルとネコネからは「御前」と呼ばれる。
命を狙われているアンジュをエンナカムイに匿うことを快く引き受ける。エンナカムイを善政により平和に統治してきた。
戦乱の世を前にオシュトルに全権を委ねた。

トリコリ

CV.藤田昌代

オシュトルとネコネの母。女手一つで育て上げた。身体が弱く、眼を患いほとんど見えていない。
オシュトルの正体が自分の息子ではないことに気付いても、オシュトルに扮しているハクに母として接する。

ヤマト朝廷軍

ライコウ

CV.置鮎龍太郎

ヤマト八柱将の一人、「聖賢のライコウ」。ミカヅチの兄。帝崩御の混乱に乗じて政権の掌握に動き出す。

シチーリヤ

CV.三宅麻理恵

ライコウの小姓の少年。女性のような線の細さを利用して偽の皇女を務めていた。正体はウォシスの密偵。

ウォシス

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

うたわれるもの(Utawarerumono)のネタバレ解説まとめ

『うたわれるもの』とは、2002年にLeafによって発売されたアダルトゲームを原点として、PS2用ゲームソフト「うたわれるもの 散りゆく者への子守唄」、そしてアニメ、ドラマCD、コミックと広く展開された作品である。舞台は様々な種族、文化が混在する世界。記憶を失い大けがを負った仮面の青年「ハクオロ」は、とある村の少女「エルルゥ」に助けられる。ハクオロは仲間達とともに国を守り、世界と自分の秘密を知り、自らの過酷な運命に立ち向かっていく。

Read Article

うたわれるもの 偽りの仮面(ゲーム・アニメ)のネタバレ解説まとめ

アクアプラスより2015年9月に発売されたゲームソフト及びそれを原作とするアニメ。舞台は皇(オゥルォ)や豪族がそれぞれ治める属国によって構成され、帝に統治される大國「ヤマト」。主人公は記憶を失い一人雪深い山を彷徨っていた。巨大な蟲に襲われ追い詰められていたところを少女クオンに救われ、「ハク」と名付けられる。それはかつて「うたわれし者」の名であった。

Read Article

目次 - Contents