うたわれるもの 二人の白皇(ゲーム)のネタバレ解説まとめ

『うたわれるもの 二人の白皇』とは、アクアプラスより2016年9月に発売されたゲームソフトである。うたわれるもの3部作の第3部かつ全シリーズの最終章にあたる。ストーリーは前作の「偽りの仮面」の続きが描かれる。舞台はヤマトという大国。主人公ハクは、前作「偽りの仮面」でオシュトルから皇女と妹の未来を仮面と共に託される。ハクはオシュトルとして生きることを選び、戦いに身を投じていくうちに「うたわれるもの」の真実にたどり着くのだった。

オボロ

CV.桐井大介

トゥスクルの皇。クオンの母ユズハの兄で、クオンの叔父にあたる。敬愛するクオンの父であるハクオロが封印され、ユズハもクオンを生んですぐに死亡したため、クオンを実の娘のように育ててきた。そのためクオンからは「お父様」と呼ばれる。若いころと比べるとかなり落ち着いたが、クオンのこととなると動揺を隠しきれなくなる。
前作「うたわれるもの偽りの仮面」でヤマトの侵攻を受けたため、混乱の最中にあるヤマトに侵攻を決める。

ドリィ / グラァ

瞳が紫で袴が藍色なのがドリィ、瞳が青で袴が朱色なのがグラァ

CV.渡辺明乃

オボロのお側付きの双子。トゥスクルの使者としてエンナカムイにたくさんの物資を提供する。

ウルトリィ

CV.大原さやか

オンカミヤムカイの賢大僧正。クオンの母親役だった人物のうちの一人。学問や宗教をクオンに教えてきた為、クオンは頭が上がらない。赤ん坊の頃のフミルィルを預かっていたこともあり、現在も慕われている。

カミュ

CV.釘宮理恵

トゥスクルの巫でウルトリィの妹。アルルゥと同じく、クオンの母ユズハの親友で、クオンの姉のような存在。

ベナウィ

CV.浪川大輔

トゥスクルの将。クオンの教育係として厳しくかかわるが、家族としての愛情はある。
トゥスクルの首脳たちの奔放さに手を焼いている。

クロウ

CV.小山剛志

ベナウィの腹心。クオンの父親役の一人だが、クオンは父というより年の離れた兄としての印象を持っている。

トウカ / カルラ

画像左がトウカ、画像右がカルラ

CV.トウカ(三宅華也) / カルラ(田中敦子)

ヤマト帝都で旅籠屋・白楼閣を営みながら、トゥスクル本国へ密かに情報を送っている。

チキナロ

CV.太田哲治

トゥスクルの商人。クオンの用意したアンジュへの解毒薬をオシュトルに渡した。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

うたわれるもの(Utawarerumono)のネタバレ解説まとめ

『うたわれるもの』とは、2002年にLeafによって発売されたアダルトゲームを原点として、PS2用ゲームソフト「うたわれるもの 散りゆく者への子守唄」、そしてアニメ、ドラマCD、コミックと広く展開された作品である。舞台は様々な種族、文化が混在する世界。記憶を失い大けがを負った仮面の青年「ハクオロ」は、とある村の少女「エルルゥ」に助けられる。ハクオロは仲間達とともに国を守り、世界と自分の秘密を知り、自らの過酷な運命に立ち向かっていく。

Read Article

うたわれるもの 偽りの仮面(ゲーム・アニメ)のネタバレ解説まとめ

アクアプラスより2015年9月に発売されたゲームソフト及びそれを原作とするアニメ。舞台は皇(オゥルォ)や豪族がそれぞれ治める属国によって構成され、帝に統治される大國「ヤマト」。主人公は記憶を失い一人雪深い山を彷徨っていた。巨大な蟲に襲われ追い詰められていたところを少女クオンに救われ、「ハク」と名付けられる。それはかつて「うたわれし者」の名であった。

Read Article

目次 - Contents