うたわれるもの 二人の白皇(ゲーム)のネタバレ解説まとめ

『うたわれるもの 二人の白皇』とは、アクアプラスより2016年9月に発売されたゲームソフトである。うたわれるもの3部作の第3部かつ全シリーズの最終章にあたる。ストーリーは前作の「偽りの仮面」の続きが描かれる。舞台はヤマトという大国。主人公ハクは、前作「偽りの仮面」でオシュトルから皇女と妹の未来を仮面と共に託される。ハクはオシュトルとして生きることを選び、戦いに身を投じていくうちに「うたわれるもの」の真実にたどり着くのだった。

かわいいもの大好き

ムネチカがエンナカムイ勢に加わったことで見られる彼女の趣味。普段は武人として戦に立つムネチカも女の子らしくぬいぐるみが好きなのである。

アンジュの剣

劇中中でアンジュが使用する大きな刀。これはカルラがアンジュに投げ込んだもので、今までカルラが戦闘時に使用していたものと同じである。

夢幻演武

すべてのストーリーをクリア後に解放される特殊ストーリー。
シリアスな本編とは真逆の、ギャグ中心のシナリオが各ステージごとに公開されていく。
このパートではハク、マロロ、ウコンの3人をユニットにして、本編では出来なかったウコンの操作が可能となる。

『うたわれるもの 二人の白皇』のゲームシステム

アドベンチャーパート

主人公オシュトル(ハク)の目線を通してストーリーが展開されていく。これまでのシリーズと同様にキャラクターの好感度によってストーリーの展開が変わっていくことはない。

本作のストーリーについては、ゆったりとした雰囲気だった前作「うたわれるもの偽りの仮面」とは異なり、最初から最後までシリアスで緊張感のある展開が続き、第一作の「うたわれるもの 散りゆく者への子守唄」に雰囲気は近く、シリーズ最大の戦記物として完成していると評価されている。また本作はシリーズの最終章にあたるため、第一作からのストーリーも強く絡み、全シリーズのつながりがわかるシナリオとなっている。

シミュレーションパート

アドベンチャーパートの合間にプレイヤーがキャラクターを操作して、敵と戦っていくパートである。
今作では協撃必殺技、ムネチカの試練、紅白戦の3点が追加されている。

シミュレーションパートについては前作「うたわれるもの偽りの仮面」にみられた戦闘バランスの改善が見られ、特定のキャラクターのみが強いということはなくなった。また敵の攻撃パターンにもバリエーションができ、位置取りや状態異常によってプレイヤーを苦しめるようになったため、力技での攻略から戦略的な攻略でのクリアが求められるようになった。

必殺技

レベルが上がることで習得可能なキャラクター個々の技である。

協撃必殺技

今作で新たに追加されたシステム。ストーリーがある程度進んで、一定の条件を満たすことにより使用可能となる特定のキャラクターの組み合わせで発動する合体技である。

ムネチカの試練

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

うたわれるもの(Utawarerumono)のネタバレ解説まとめ

『うたわれるもの』とは、2002年にLeafによって発売されたアダルトゲームを原点として、PS2用ゲームソフト「うたわれるもの 散りゆく者への子守唄」、そしてアニメ、ドラマCD、コミックと広く展開された作品である。舞台は様々な種族、文化が混在する世界。記憶を失い大けがを負った仮面の青年「ハクオロ」は、とある村の少女「エルルゥ」に助けられる。ハクオロは仲間達とともに国を守り、世界と自分の秘密を知り、自らの過酷な運命に立ち向かっていく。

Read Article

うたわれるもの 偽りの仮面(ゲーム・アニメ)のネタバレ解説まとめ

アクアプラスより2015年9月に発売されたゲームソフト及びそれを原作とするアニメ。舞台は皇(オゥルォ)や豪族がそれぞれ治める属国によって構成され、帝に統治される大國「ヤマト」。主人公は記憶を失い一人雪深い山を彷徨っていた。巨大な蟲に襲われ追い詰められていたところを少女クオンに救われ、「ハク」と名付けられる。それはかつて「うたわれし者」の名であった。

Read Article

目次 - Contents