ロッキー4/炎の友情(Rocky IV)のネタバレ解説まとめ

『ロッキー4/炎の友情』とは、1985年に製作されたアメリカ映画。『ロッキー』シリーズ第4作。監督・脚本・主演はシルヴェスター・スタローン。当時の東西冷戦下のアメリカとソ連を背景としたストーリーは、過去3作とは大きく趣の異なる作品となっている。ロッキーの宿敵であり親友であるアポロが、引退後再びリングに立つことになった。だが、挑戦者であるソ連の長身ボクサー・ドラゴの殺人的パンチによって、リング上で死んでしまう。ロッキーはドラゴを倒すため、敵地ソ連へと旅立つのだった。

エイドリアンの兄で、ロッキーの義兄。
かつては精肉工場や、集金の仕事をしていたが、本作では無職で、ソ連でトレーニングを積むロッキーに同行し、ドラゴとの試合ではセコンドに付く。
ロッキーの家族と同居していて、誕生日には、ロッキーたちから等身大の自走式のロボットをプレゼントされる。また、ポーリーの顔をデザインしたケーキも作ってもらう。当初はロボットをいやがっていたが、声を女性の声に変え、彼女のように接するようになっていた。
口の悪さは相変わらずで、アポロに対しても、試合の記者会見場でも文句ばかり言ってロッキーを困らせている。

アポロ・クリード(演:カール・ウェザース)

元ボクシング世界ヘビー級チャンピオン。
圧倒的な強さを誇るボクサーだったが、ロッキーに敗れた後は彼のサポートをし、家族ぐるみの付き合いもするほどの親友となった。
ソ連のドラゴがロッキーとの対戦を希望していることに不快感を持ち、引退して5年も経つブランクがありながら自分がドラゴとのエキシビジョン・マッチを行うことをロッキーに承諾させる。
ドラゴとの試合の記者発表会では、自信満々な姿を見せるものの、ドラゴ側がドラゴの勝利を確信するコメントをしたために、一触即発の状態となる。
ドラゴとのエキシビションマッチでは、ジェームズ・ブラウンがアメリカの良さを賛美する歌を歌う中、星条旗をあしらった衣装で派手に登場するが、試合ではドラゴの強烈なパンチを浴び続け、最後はダウンを喫してそのままリングの上で死んでしまう。

イワン・ドラゴ(演:ドルフ・ラングレン)

ソ連のアマチュア・ボクシングの世界チャンピオンで、オリンピックの金メダリスト。
国際親善大使としてアメリカにやって来て、ロッキーとのエキシビション・マッチを希望する。長身で常に無表情な不気味な雰囲気を持つ男であり、マスコミ公開のパンチ力測定では、通常のボクサーの2倍以上のパンチ力を持つことが明らかになる。
ロッキーに代わって名乗りを上げたアポロと、ラスベガスでエキシビションマッチを行うが、エキシビションマッチながら本気でアポロに向かい、強烈なパンチでアポロを死に追い込んだ。
ロッキーとのロシアでの対戦が決まると、最新の設備で、多くの科学者に囲まれながらトレーニングを積む。また、薬物を注射される姿も見られた。
ロッキーとの試合では、大観衆の「ドラゴ」コールを受けて入場。優勢に試合を進めるものの、殴っても殴っても立ち向かってくるロッキーに戸惑う。14ラウンドの終了時には、「この恥さらしが」と言ってきた政府高官のニコライ・コロフを突き飛ばし、「自分のために戦う」と叫ぶが最終ラウンドでロッキーにKO負けを喫する。

ルドミラ・ドラゴ(演:ブリジット・ニールセン)

ソ連のアマチュア・ボクサーであるイワン・ドラゴの妻。
無口な夫に代わって、スポークスマンも務めている。
ドラゴとアメリカへやって来た際には、プロボクシングにソ連が参入することを表明。ドラゴのパンチ力を測定する際にも、説明を行う。
アポロとの試合の記者会見ではアポロと口論になり、ロッキーとの試合の記者会見ではアメリカを侮辱する発言をする。

ニコライ・コロフ(演:マイケル・パタキ)

ソ連政府の高官。
イワン・ドラゴとその妻ルドミラとともに渡米し、政府を代表してドラゴのトレーニング方法や強さを説明する。
アポロとのエキシビションマッチの記者会見では、アポロを侮辱する発言をして、場を荒れさせる。また、ドラゴとロッキーの試合の記者会見では、アメリカを侮辱する発言をする。
ロッキーとドラゴの試合では、ロッキーの奮闘に「ロッキー」コールが起こる会場を見て、最終ラウンド前にドラゴの元へ行くと頭を小突いて「恥さらし!」と罵倒。怒ったドラゴに突き飛ばされた。

デューク(演:トニー・バートン)

かつてアポロのトレーナーを務めていた男。
アポロがずっとトレーニングをして来たスラムのジムで、現在もトレーナーをしている。
アポロとドラゴの試合ではセコンドにつき、ゴングが鳴ってもパンチを打ち続けるドラゴに、「これはエキシビションだぞ!」と抗議をする。第2ラウンドで、アポロがグロッキーとなったのを見て、ロッキーにタオルを投げるように叫ぶ。
アポロの死後、アポロへの思いとロッキーへの期待を込めて、ロッキーのロシアでのトレーニングに同行。ロッキーとドラゴの試合ではセコンドに付き、ロッキーを支える。

ロッキー・ジュニア(演:ロッキー・クラコフ)

ロッキー・バルボアとエイドリアンの間に生まれた一人息子。
前作よりも成長し、父親に対して生意気な口を聞くようになった。
モスクワでドラゴと戦う父の姿を、友だちと一緒に自宅のテレビで観戦し応援していた。

アポロの妻(演:シルビア・ミールズ)

アポロの妻。
夫とドラゴとのエキシビジョン・マッチの記者会見場に姿を見せていた。
エキシビジョン・マッチの試合前に、ドラゴの妻・ルドミラから挨拶を求められた。
試合の第2ラウンドの直前に夫からアイコンタクトを送られていたが、それが夫との最後の会話となってしまう。

『ロッキー4/炎の友情』の名言・名セリフ/名シーン・名場面

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ロッキー2(Rocky II)のネタバレ解説まとめ

『ロッキー2』とは、1979年公開のアメリカ映画。シルヴェスター・スタローンを一躍スターダムに押し上げた『ロッキー』(1976年)の続編でシリーズ第2弾。本作ではジョン・G・アヴィルドセンに代わりスタローンがメガホンを取り、監督・脚本・主演の三役を務めている。ロッキーとの試合に納得がいかない世界チャンピオンのアポロは、彼をリターンマッチに引きずり出そうと目論む。ボクシングを辞め、恋人エイドリアンと結婚しジュニアも誕生したロッキーだったが、苦悩の末、再びアポロの挑戦を受けることにする。

Read Article

クリード チャンプを継ぐ男(Creed)のネタバレ解説まとめ

『クリード チャンプを継ぐ男』とは、2015年に製作されたアメリカ映画。シルヴェスター・スタローンを一躍スターダムに押し上げた『ロッキー』シリーズ初のスピンオフ作品で、『ロッキー・ザ・ファイナル』以来9年ぶりに新たな物語を描く。今は亡き伝説のボクサー・アポロの息子アドニスは、かつて父と歴史に残る激闘を繰り広げたロッキーを探し出してトレーナーを依頼。アドニスの純粋さと情熱にアポロの面影を見たロッキーは、彼を鍛え上げ自らのすべてを託し、セコンドとして共に世界タイトルマッチに挑む。

Read Article

ロッキー3(Rocky III)のネタバレ解説まとめ

『ロッキー3』とは、1982年公開のアメリカ映画。『ロッキー』シリーズの3作目であり『ロッキー2』(1979年)の続編。前作に引き続きシルヴェスター・スタローンが監督・脚本・主演の三役を務め、シリーズ最終章の予定で製作された。世界チャンピオンとなり、順風満帆な生活を送っていたロッキー。そこへ強敵黒人ボクサー・クラバーが挑戦して来た。だが、ハングリー精神を忘れたロッキーは無残に敗れ去る。再起をかけるロッキーにかつての宿敵アポロがトレーナーとして名乗りをあげ、クラバーとのリターンマッチに挑む。

Read Article

ロッキー5/最後のドラマ(Rocky V)のネタバレ解説まとめ

『ロッキー5/最後のドラマ』とは、1990年製作のアメリカ映画。ボクシングに挑む1人の男の愛と闘いを通して、サクセス・ストーリーを描いてきた『ロッキー』シリーズの第5作にして完結篇。シリーズ1作目で監督を務めたジョン・G・アヴィルドセンを再び監督として招き、脚本・主演はシルヴェスター・スタローンが務める。脳へのダメージからボクサーを引退し、財産も失い、原点であるフィラデルフィアの下町に戻ったロッキーが、新人ボクサーを育成しトレーナーとして第二の人生を歩む姿を描く。

Read Article

ロッキー(Rocky)のネタバレ解説まとめ

『ロッキー』とは、1976年公開のアメリカ映画。低予算ながらアカデミー賞3部門を受賞し、無名の俳優シルヴェスター・スタローンを一躍スターダムへと押し上げた世界的大ヒットシリーズ第1作。監督はジョン・G・アヴィルドセン。フィラデルフィアのスラム街に暮らす三流ボクサーの青年ロッキーに、世界チャンピオンのアポロが対戦相手として指名してきた。自分がただのゴロツキでないことを証明するため、そして愛する女性エイドリアンのために、ロッキーはリング上での決死の闘いに挑む。

Read Article

ロッキー・ザ・ファイナル(Rocky Balboa)のネタバレ解説まとめ

『ロッキー・ザ・ファイナル』とは、2006年製作のアメリカ映画。シルヴェスター・スタローンの出世作にして代表作「ロッキー」シリーズの6作目。スタローンが監督・脚本・主演を務め、第5作から16年ぶり、第1作から30周年を迎えた伝説のシリーズを締めくくる。現役を引退し、愛妻エイドリアンにも先立たれ、一人息子ジュニアとの関係もこじれて満たされない日々を送るロッキーが、ある決意を胸に無謀な復帰戦に挑む姿を、彼の人生の思い出の数々をちりばめつつ熱く感動的に綴る。

Read Article

目次 - Contents