ランボー3/怒りのアフガン(映画)のネタバレ解説まとめ

『ランボー3/怒りのアフガン』とは1988年にアメリカ合衆国で製作されたアクション映画作品で『ランボー』シリーズ第3作にあたる。ベトナム戦争時代の上官でランボーの唯一の理解者であったトラウトマン大佐がアフガニスタンの戦場でソ連軍の捕虜となってしまう。タイで静かに暮らしていたランボーは、それを知ると大佐救出のためアフガンに向った。
公開当時は「101分の本編で108人の死者が出る」というキャッチコピーでギネスブックに「最も暴力的な映画」と記載された。

『ランボー3/怒りのアフガン』の概要

『ランボー3/怒りのアフガン』とは1985年の『ランボー/怒りの脱出』のヒットを受け、1988年に作られた『ランボー』シリーズの続編である。前2作品の『ランボー』と『ランボー/怒りの脱出』が「祖国アメリカのために命を懸けて戦った兵士に対して国民や政府の冷酷な対応というベトナム帰還兵の悲哀」がテーマであったのに対して、本作は主人公のジョン・ランボーとアフガンのゲリラが手を取ってソ連軍と戦闘を繰り広げるという、これまでの作品とは一風違ったストーリーとなっている。
見せ場もスケールもはるかに大きくなったシリーズ第3作だったが、米国での興行成績は5371万5611ドルと、前作の1億5041万5432ドルを大きく下回った上にスタローンはゴールデンラズベリー賞の最低主演男優賞に選出された。
敵が前作と同じソ連軍だったために新鮮味を欠いたこと、全米公開がソ連がアフガンから撤退した直後というタイミングが興行成績に響いたと見られている。
ソ連軍が侵攻していた時代のアフガニスタンを舞台に、捕らえられた元上官のトラウトマン大佐を救出するため15万人のソ連軍に挑むランボーの活躍を描いている。101分間の本編の中で108人の死を描く過激な内容となっていることから、1990年度のギネスブックに「最も暴力的な映画」として認定された作品となった。
本作のテーマであるソ連支配からの解放を正当化するため、アフガン人の「アフガニスタンは昔、アレクサンダー大王が、次にチンギスハンが征服を試み、さらにイギリスがやって来て今はソ連だ。でもアフガン人は負けない」やソ連部隊の捕虜となったトラウトマン大佐による「愛国心をもったゲリラがいる国は征服できない。我々はそれをベトナムで体験した」というセリフ、またラストのテロップにも「この映画をすべてのアフガン戦士たちに捧げる」というメッセージが添えられた。

『ランボー/怒りのアフガン』のあらすじ・ストーリー

トラウトマン大佐救出へ

タイの格闘場で戦うランボー

自由の身となったジョン・ランボーはアメリカには戻らず、数々の戦闘で負った心の傷を癒すかのようにタイのバンコクで静かに暮らしていた。小さな仏教寺院で寝泊まりし、賭け試合で稼ぐ格闘家として生計を立てては、稼ぎを僧侶に寄付していた。
そんなある日、ランボーの元をベトナム時代の上官であり唯一の理解者であるサミュエル・トラウトマン大佐が、アメリカ国防省の大使館付のロバート・グリッグスを伴って訪ねてくる。
ランボーは賭け試合の相手に戦いに勝利すると、相手が起きるのを助けて握手を交わした。そして勝利金を受け取ると、ボートに乗っていた僧侶に渡した。トラウトマン大佐はランボーに声を掛けようとするが、興奮した観客に囲まれて身動きが取れなくなり、その間にランボーはボートに乗って去っていった。トラウトマン大佐は道行く人に尋ねながら、ランボーの行方を捜した。すると僧院で働いているランボーにやっと出会うことができた。トラウトマン大佐は一緒に来ていた、大使館付の武官であるグリッグスをランボーに紹介した。
トラウトマン大佐の今回の目的は、未だにソ連軍の侵攻が続くアフガニスタンに潜入し、国境から80kmに位置するジュルム地区でソ連軍に対抗している現地のイスラム系ゲリラ「ムジャーヒディーン」の兵士たちを支援するための現地調査であった。今アフガニスタンでは200万人以上の市民が、進行してきたソ連軍に殺されている。外部からの援助も断たれており、情報がアメリカに入ってこないため、グリッグスはトラウトマン大佐と共に、現地調査をして欲しいとランボーに頼んだ。しかし平和な暮らしに身を置くランボーは「俺の戦争は終わった」と固辞する。軍人として戦うことに疲れ切っていたのだ。トラウトマンはそんなランボーに「本当の自分から逃れることはできんぞ」と言い残し、自ら調査隊を率いてアフガニスタンに乗り込んで行くこととなった。
数日後、ランボーの元を再びグリッグスが単身で訪れるとランボーに、トラウトマン率いる調査隊がソ連軍に捕らえられ、ソ連軍の基地に監禁されていることを伝えた。
今回のトラウトマンの任務は極秘任務のためアメリカ政府は動けないことを知ったランボーは、自らトラウトマンを救出しに行く事を決心し、万が一ランボーが捕まったり殺されたりしてもアメリカは一切関与せず応援を呼ぶこともできないと警告された。

アフガンの地へ潜入

ソ連軍に拷問されるトラウトマン大佐

その頃トラウトマンは捕らえられたソ連軍の基地で、司令官アレクセイ・ザイセン大佐とその部下コウロフから拷問を受けていた。ザイセンはムジャーヒディーンが持っているミサイルなどの武器の在り処を吐くよう迫ったが、トラウトマン大佐はアフガニスタンを侵略しているソ連軍を非難し、口を割ることはなかった。ザイセン大佐はその態度に腹を立て、部下にトラウトマン大佐をさらに痛めつけるよう命じた。
一方ランボーはアフガニスタンとの国境に近いパキスタンのペシャワールに向かい、銃器店の店員に「モーサ・ガニ」を探していることを伝えた。すると、奥からモーサが現れた。彼はグリッグスと繋がっている情報屋で、ランボーはトラウトマン大佐達が捕まっている場所を聞き出すと、モーサはグリッグスから預かっている武器をランボーに渡した。モーサは他にも援軍が来ると思っていたが、ランボーだけだと知って驚き、1人で基地に侵入するのは無謀だと止めようとするが、ランボーの意思は固かった。
モーサの案内でアフガニスタン入りしたランボーは途中の村で、ムジャーヒディーンのリーダーであるマソードやカリドらと会い、基地周辺の状況や地元住民たちがソ連軍に虐げられている現状などについて聞き出す。そこでランボーは幼い子供でさえも銃を持ち、兵士として戦っている状況である事を知るのであった。
ソ連軍基地では長時間の拷問にもかかわらず、トラウトマン大佐が口を割らないため、ザイセン大佐はトラウトマンを射殺しようとしたが、そこにランボーがゲリラたちの助けを借りながら、トラウトマン救出のため基地に向かっているとの情報が持ち込まれる。ザイセン大佐はトラウトマン大佐の射殺することを中止し、乗り込んで来るランボーもろとも殺すことを企んだ。

ゲリラたちとの共闘へ

アフガニスタンの伝統的なスポーツで交流を深めるランボー

村にはソ連軍からの脱走兵も多くおり、ランボーはソ連軍の基地付近の地雷が埋まっている場所や監視塔についての情報を得ることができた。見張りが多くて大人数で近づくことが危険だったため、ランボーは少数精鋭で基地に侵入する事を提案したが、ゲリラの男達は、警備が厳重で作戦が失敗した場合ソ連の反撃に遭って殺されるので、国境に待機している仲間たちが援軍として駆け付けてくれるまで待つべきだと主張した。ランボーはトラウトマン大佐が殺されることを危惧し、一刻の猶予も無いとして待つことはできないと1人で行こうとした。
それをゲリラのマスードが引き止めた。アフガニスタンではソ連軍に女子供を暴行されて殺され、ゲリラたちは殺戮を止めるため少年ですらも武器を手に戦っている状況。マスード達はこの殺戮を止めるために命を懸けていることを話し、もしトラウトマン救出に成功したらランボーが全世界に自分たちの窮状を訴えてくれることを条件にランボーに協力することにした。
ランボーは村のゲリラの若者達に誘われ、アフガニスタンの伝統スポーツに参加することになった。馬に乗りながら羊を奪い合い、一周して輪の中に投げ込む。ランボーは羊を掴むが落馬してしまう。若者達に周りを囲まれて殴られるが、馬を奪い走り出した。ゲリラの男達がランボーの戦いぶりに感心していると、そこに突然ソ連の戦闘機が現れ襲撃される。ランボーがトラウトマン救出に向かうとの情報を得たザイセン大佐が、村にヘリコプター部隊を差し向けたのだ。ランボーは応戦するも村は壊滅的な被害を受ける。
この時、ランボーはソ連の基地に向かうことを心に決めていた。モーサはこの残忍なソ連の戦いぶりを見ても戦うことを諦めないランボーに疑問を抱き、なぜ危険を冒すのか質問した。ランボーはトラウトマン大佐との友情のためだと答えた。

トラウトマン大佐救出とアフガン勝利へ

トラウトマンと共にソ連軍に立ち向かうランボー

モーサの案内の元、ランボーは基地の敷地に侵入した。するとそこに家族をソ連軍に殺されたゲリラの少年兵ハミドが現れる。ハミドはランボーが以前ベトナムで出会って恋に落ち、そして銃撃により死んでしまった現地諜報員コー・バオの形見のペンダントに興味を示す。
ランボーはモーサとハミドの助けを借りてソ連軍の基地の内部に侵入すると、牢屋に捕らわれていたトラウトマン大佐を助けようとした。しかしそこでハミドがソ連軍の兵士に殺されそうになってしまう。ランボーは咄嗟にソ連軍の兵士にナイフを投げるが、ソ連軍の兵士が倒れる間際に銃が暴発し銃声が鳴り響いてしまう。それを聞いた他の兵士が駆けつけてきたため、ランボー達はトラウトマン大佐を残して逃げ出す。ランボーが仕掛けていた爆弾が爆発し始めたため、基地内は騒然となった。ランボーは逃げる際に足を撃たれたハミドを抱え下水へと逃げる。こうしてトラウトマン救出に失敗してしまい、ランボーも腹部に被弾して負傷してしまう。ランボーはハミドにバオのペンダントを託し、モーサと共に逃がすと腹に負っていた怪我を火で塞いで治療した。
ランボーは再び基地内に侵入すると、拷問を受けていたトラウトマン大佐と、牢屋に捕らわれていたアフガニスタン人を助けると、無線を通じてザイセンに宣戦布告し、ソ連軍の戦闘機を奪って逃げた。ランボー達が乗った戦闘機は攻撃され酷いダメージを受けて不時着した。ランボーはトラウトマン大佐と国境を目指して走った。だが、途中でソ連軍に見つかり襲撃される。ソ連軍兵士ウーリが機関銃を2人に向け乱射してきたが、ランボーとトラウトマンは岩場の洞窟に隠れてコウロフやソ連軍特殊部隊を次々と殲滅していった。
ランボーとトラウトマンはパキスタンとの国境に向かったが、ザイセンの指揮するソ連軍の大軍に取り囲まれてしまう。絶体絶命と思われたその時、マソード率いるムジャーヒディーンの騎馬隊が大挙して現れ、ランボーたちに加勢する。その中にはモーサとハミドの姿もあった。
心強い援軍を得たランボーは一気に反撃に転じ、混乱に乗じてソ連軍の戦車を奪うとランボーはザイセンの乗る攻撃ヘリに戦車で一騎打ちを挑み、戦車は大破するもヘリを撃墜することに成功。こうして戦いはランボーとムジャーヒディーンの勝利に終わる。
アフガンを勝利に導いたランボーは、別れを惜しむハミドに友情の証としてバオのペンダントを託し、マソードらに次は観光で訪れると告げてトラウトマンと共にアフガニスタンを後にするのであった。

『ランボー/怒りのアフガン』の登場人物・キャラクター

ジョン・ランボー(演:シルヴェスター・スタローン)

本作の主人公でベトナム帰還兵で最強の元米国軍人。元上官のトラウトマン大佐とは固い友情で結ばれている。戦闘に疲れ果ててタイの僧院に暮らしていたが、トラウトマン大佐の危機を知り、再び戦いの場に向かう事を決意する。

サミュエル・トラウトマン大佐(演:リチャード・クレンナ)

ベトナム戦争時代のランボーの元上官。ランボーの軍人としての腕を買っており、最大の理解者でもある。秘密裏の作戦で、アフガニスタンで現地調査を行っていたが、ソ連軍に見つかり捕まってしまう。

グリッグス(演:カートウッド・スミス)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ランボー/怒りの脱出(ランボー2)のネタバレ解説まとめ

『ランボー/怒りの脱出』とは、80年代アクション映画の金字塔で、収監されたランボーの元にトラウトマン大佐が訪ねて来て、極東での作戦への参加を提案する。その作戦とはベトナムで捕虜になっている兵士を調査することだった。「80年代は筋肉と爆薬がすべてだった」とスタローンも言ってるように、爆薬の量とアクション描写は、それまでの常識を超えている。また「映画史上最もパクられた本数が多い映画」とも言われており、「ベトナム帰還兵」や「ベトナム捕虜救出」がテーマの映画がビデオ店の戦争アクションコーナーに並んだ。

Read Article

ランボー(映画)のネタバレ解説まとめ

『ランボー』(原題:First Blood)とは、1982年に米国で公開されたシルベスター・スタローン主演のアクション映画で、『ランボー』シリーズの第1作である。 社会から排除されたベトナム帰還兵のランボーが、たまたま訪れた街でランボーを追い出そうとする保安官に出会い、戦いへと発展する。ランボーを通してベトナム戦争の負の遺産として社会問題になった米国の暗部が描かれている。 本作は『ロッキー』に続き、シルベスター・スタローンの代表作となり、ハリウッドスターとしての地位を不動のものとした。

Read Article

ランボー/最後の戦場(ランボー4)のネタバレ解説まとめ

『ランボー/最後の戦場』とは、2008年5月24日に公開されたアクション映画で、『ランボー』シリーズの第4作。主演、監督、脚本はシルヴェスター・スタローン。前作の『ランボー3/怒りのアフガン』から20年ぶりの続編にあたる。 タイ北部で静かに暮らしていたランボーは、ミャンマー軍に捕らえられたキリスト教系NGOの一行を救出するために、敵地へ向かう。本作はミャンマーを舞台にランボーが再び戦いの地に舞い戻ることとなった。

Read Article

ロッキー3(映画)のネタバレ解説まとめ

『ロッキー3』とは、1982年公開のアメリカ映画。『ロッキー』シリーズの3作目であり『ロッキー2』(1979年)の続編。前作に引き続きシルヴェスター・スタローンが監督・脚本・主演の三役を務め、シリーズ最終章の予定で製作された。世界チャンピオンとなり、順風満帆な生活を送っていたロッキー。そこへ強敵黒人ボクサー・クラバーが挑戦して来た。だが、ハングリー精神を忘れたロッキーは無残に敗れ去る。再起をかけるロッキーにかつての宿敵アポロがトレーナーとして名乗りをあげ、クラバーとのリターンマッチに挑む。

Read Article

ロッキー・ザ・ファイナル(映画)のネタバレ解説まとめ

『ロッキー・ザ・ファイナル』とは、2006年製作のアメリカ映画。シルヴェスター・スタローンの出世作にして代表作「ロッキー」シリーズの6作目。スタローンが監督・脚本・主演を務め、第5作から16年ぶり、第1作から30周年を迎えた伝説のシリーズを締めくくる。現役を引退し、愛妻エイドリアンにも先立たれ、一人息子ジュニアとの関係もこじれて満たされない日々を送るロッキーが、ある決意を胸に無謀な復帰戦に挑む姿を、彼の人生の思い出の数々をちりばめつつ熱く感動的に綴る。

Read Article

ロッキー(映画)のネタバレ解説まとめ

『ロッキー』とは、1976年公開のアメリカ映画。低予算ながらアカデミー賞3部門を受賞し、無名の俳優シルヴェスター・スタローンを一躍スターダムへと押し上げた世界的大ヒットシリーズ第1作。監督はジョン・G・アヴィルドセン。フィラデルフィアのスラム街に暮らす三流ボクサーの青年ロッキーに、世界チャンピオンのアポロが対戦相手として指名してきた。自分がただのゴロツキでないことを証明するため、そして愛する女性エイドリアンのために、ロッキーはリング上での決死の闘いに挑む。

Read Article

ロッキー4/炎の友情(映画)のネタバレ解説まとめ

『ロッキー4/炎の友情』とは、1985年に製作されたアメリカ映画。『ロッキー』シリーズ第4作。監督・脚本・主演はシルヴェスター・スタローン。当時の東西冷戦下のアメリカとソ連を背景としたストーリーは、過去3作とは大きく趣の異なる作品となっている。ロッキーの宿敵であり親友であるアポロが、引退後再びリングに立つことになった。だが、挑戦者であるソ連の長身ボクサー・ドラゴの殺人的パンチによって、リング上で死んでしまう。ロッキーはドラゴを倒すため、敵地ソ連へと旅立つのだった。

Read Article

クリード チャンプを継ぐ男(映画)のネタバレ解説まとめ

『クリード チャンプを継ぐ男』とは、2015年に製作されたアメリカ映画。シルヴェスター・スタローンを一躍スターダムに押し上げた『ロッキー』シリーズ初のスピンオフ作品で、『ロッキー・ザ・ファイナル』以来9年ぶりに新たな物語を描く。今は亡き伝説のボクサー・アポロの息子アドニスは、かつて父と歴史に残る激闘を繰り広げたロッキーを探し出してトレーナーを依頼。アドニスの純粋さと情熱にアポロの面影を見たロッキーは、彼を鍛え上げ自らのすべてを託し、セコンドとして共に世界タイトルマッチに挑む。

Read Article

ロッキー2(映画)のネタバレ解説まとめ

『ロッキー2』とは、1979年公開のアメリカ映画。シルヴェスター・スタローンを一躍スターダムに押し上げた『ロッキー』(1976年)の続編でシリーズ第2弾。本作ではジョン・G・アヴィルドセンに代わりスタローンがメガホンを取り、監督・脚本・主演の三役を務めている。ロッキーとの試合に納得がいかない世界チャンピオンのアポロは、彼をリターンマッチに引きずり出そうと目論む。ボクシングを辞め、恋人エイドリアンと結婚しジュニアも誕生したロッキーだったが、苦悩の末、再びアポロの挑戦を受けることにする。

Read Article

ロッキー5/最後のドラマ(映画)のネタバレ解説まとめ

『ロッキー5/最後のドラマ』とは、1990年製作のアメリカ映画。ボクシングに挑む1人の男の愛と闘いを通して、サクセス・ストーリーを描いてきた『ロッキー』シリーズの第5作にして完結篇。シリーズ1作目で監督を務めたジョン・G・アヴィルドセンを再び監督として招き、脚本・主演はシルヴェスター・スタローンが務める。脳へのダメージからボクサーを引退し、財産も失い、原点であるフィラデルフィアの下町に戻ったロッキーが、新人ボクサーを育成しトレーナーとして第二の人生を歩む姿を描く。

Read Article

目次 - Contents