ロッキー4/炎の友情(Rocky IV)のネタバレ解説まとめ

Csop

『ロッキー4/炎の友情』とは、1985年に製作されたアメリカ映画。『ロッキー』シリーズ第4作。監督・脚本・主演はシルヴェスター・スタローン。当時の東西冷戦下のアメリカとソ連を背景としたストーリーは、過去3作とは大きく趣の異なる作品となっている。ロッキーの宿敵であり親友であるアポロが、引退後再びリングに立つことになった。だが、挑戦者であるソ連の長身ボクサー・ドラゴの殺人的パンチによって、リング上で死んでしまう。ロッキーはドラゴを倒すため、敵地ソ連へと旅立つのだった。

勝てっこないわ!"You can't win!"

007

夜、記者会見から帰宅したロッキーをエイドリアンが待ち構えていた。彼女はロッキーからドラゴと戦う事を何も聞いていなかったのだ。「ロシアでトレーニングを行う」と言うロッキーに、「勝ってもアポロは戻ってこない」「どうして変われないの?」と猛烈に反対するエイドリアンが、最後に放った言葉。それに対して、勝てるかどうかなど分からないロッキーは「君はいつも真実を言う」と彼女に本音を返すも、「俺はファイターだ!」とあくまでも戦う意志を変えなかった。

エキシビジョン・マッチで、ドラゴの殺人的なパンチとアポロの死を目の当たりにしたエイドリアンにとって、絶対にドラゴと試合をして欲しくないという気持ちが爆発した言葉だったのだろう。本作の中でも強烈な印象を残す名ゼリフとなった。

彼は人間じゃない。まるで鉄だ。"He is not human, he is a piece of iron. "

008

ロッキーとドラゴの試合が開始されると、ドラゴの顔面パンチが炸裂し、ロッキーはなかなか手が出せず、ダウンを奪われドラゴ優勢で第1ラウンドが終了。第2ラウンドの中盤からロッキーがドラゴを捉え始め、ドラゴは目の周りから流血すると逆にコーナーに追い詰められて連打を浴びる。第2ラウンドが終了時に、「あいつも人間だ」と手応えを感じたロッキー陣営とは対照的に、ドラゴはこのセリフを発した。

第1ラウンド終了時には、自信満々の態度を取っていたドラゴだったが、殴って殴っても立ち向かってくるロッキーに脅威を感じ戸惑いを見せる。この試合が最終ラウンドまで縺れ込むきっかけとなったセリフでもある。

俺が戦うのは、俺のためだ!"I fight to win! For me!"

009

ロッキーとドラゴの試合は、一進一退の激しい攻防が続き、ロッキーの素晴らしい精神力と根性に対して、ドラゴの応援一色だったソ連の観客も次第にロッキーにも声援を送るようになった。そして14ラウンド終了後のインターバル、観客のロッキーコールに不満を示す政府高官を見たコロフが、ドラゴのコーナーに行きトレーナーを罵り、さらにドラゴに対して「勝て!バカ者が!」と、ドラゴの頭を小突く。怒ったドラゴがコロフを片手で持ち上げて吐き出すように言ったセリフ。

最強のボクサーとするために、国を挙げてドラゴは鍛えられてきた。それに応えるため、言い換えれば国のために戦ってきた。だが、残りが1ラウンドとなった今、彼にはただ己の全てを賭けて勝つことしか考えられなかったのだろう。このセリフは、追い詰められたドラゴを見事に表現している。

俺は変わり…あなたたちも変わった…誰でも変われるはずだ!"If I can change...and you can change...everybody can change!"

010

ドラゴにKO勝ちを収めたロッキーの肩には星条旗がかけられ、その後、リング上での勝利者インタビューに応えるロッキーは、ソ連の観客に向かって話し始める。その中の最後に言ったセリフ。

ロッキーは最初に、「リングの上で、2人の男が殺し合いをしました。しかし、2,000万人が殺し合うよりも良いことだと思います。」というメッセージを送る。
本作では、とことんまでロッキー陣営(アメリカ)とドラゴ陣営(ソ連)の対立が描かれている。観客とロッキーの間にあった憎しみの感情が、試合を通じて変わっていったことに触れ、「誰でも変われるのだ」というメッセージには、ロッキー=スタローンの戦争に対する世界平和への考えが込められており、感動のラストシーンとなった。

アポロの死

011

アポロとドラゴのエキシビション・マッチ。
ドラゴの強烈なパンチが何発も顔面に炸裂したアポロがグロッキー状態に追い込まれた第1ラウンド終了後、ロッキーはインターバルでアポロに「これ以上は無理だ、殺されるぞ」と試合中止を勧めるが、アポロは「絶対に試合を止めるな」とロッキーに頼む。続く第2ラウンドでもアポロはドラゴにめった打ちにされる。デュークが試合を止めるように叫び、ロッキーがタオルを投げようとしたその瞬間、ドラゴの強烈なパンチを顔面に受けたアポロはリングに倒れそのまま動かなくなってしまう。勝利しても冷徹なままのドラゴを睨みながら、 リング上でアポロを抱きかかえるロッキーだった。

ロッキーも含め、周りは皆エキシビジョン・マッチだからと楽に考えていた試合だが、アポロとドラゴの2人にとっては本気の試合だったのだ。それだけに試合を止めることができなかったロッキーにとっては悔やんでも悔やみきれない思いが伝わってくるシーンである。前作では恩師ミッキーの死があり、今度は恩人でもあり、ライバルでもあり、友人でもあったアポロが死を迎える。『ロッキー』ファンにとっては、レギュラーメンバーが次々にいなくなることは寂しい限りである。

山頂でドラゴの名前を絶叫するロッキー

012

ドラゴとの試合に向けて、ロシアの大自然の中でトレーニングを開始するロッキー。
スパーリングは一切行わず、雪道のロードワークをメインに木や石やソリなどを使った独自のトレーニングに終始した。トレーニングが続く日々の最中、唯一気掛かりだったのが試合に反対をするエイドリアンだったが、彼女が考えを改めロシアまでやって来たことで、その後のロッキーはそれまで以上に集中して様々なトレーニングに励んだ。そして、トレーニングの仕上げには延々と走って雪山を登り、山頂に着くなり太陽に向かってドラゴの名前を絶叫するのだった。

もはや理屈ではないロッキー独自のトレーニングをやりきった事によって、自身のテンションを高めて、ドラゴ戦に臨むという意気込みが伝わってくるシーンとなっている。
因みに「ロードワーク」というのはボクシングのトレーニングにおいての基本だが、『ロッキー』のキーワードでもある。1作目では最初は息が上がっていた階段を走って上れるようになることで成長が描かれ、2作目では多くの子どもたちともに走るシーン、3作目では海岸でアポロを走って抜き去るシーンが印象的だった。

『ロッキー4/炎の友情』の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

出世作となったドルフ・ラングレン

Expendables rainichi400

映画『エクスペンダブルズ』来日記者会見スタローンとラングレン。

アメリカ合衆国でのモデルの仕事を経て、1985年に端役として『007 美しき獲物たち』に出演し映画デビューしたドルフ・ラングレン。
本作のドラゴ役については、当初「背は高いがヘビー級ボクサーを演じるには線が細すぎる」として選考から外れていた。しかし本人の熱心な売り込みと、空手で鍛えたボクシングにはない軌道のパンチが監督のシルヴェスター・スタローンの目に留まったという。その後、スタローンと共にウェイトトレーニングに励んだ結果、ほぼ筋肉のみで25ポンド(約11.3kg)の増量に成功。これによりドラゴ役を正式に打診され、アクション俳優としての大きな飛躍のきっかけを作った。

しゃべる自走式ロボットが登場

11
keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ロッキー2(Rocky II)のネタバレ解説まとめ

『ロッキー2』とは、1979年公開のアメリカ映画。シルヴェスター・スタローンを一躍スターダムに押し上げた『ロッキー』(1976年)の続編でシリーズ第2弾。本作ではジョン・G・アヴィルドセンに代わりスタローンがメガホンを取り、監督・脚本・主演の三役を務めている。ロッキーとの試合に納得がいかない世界チャンピオンのアポロは、彼をリターンマッチに引きずり出そうと目論む。ボクシングを辞め、恋人エイドリアンと結婚しジュニアも誕生したロッキーだったが、苦悩の末、再びアポロの挑戦を受けることにする。

Read Article

クリード チャンプを継ぐ男(Creed)のネタバレ解説まとめ

『クリード チャンプを継ぐ男』とは、2015年に製作されたアメリカ映画。シルヴェスター・スタローンを一躍スターダムに押し上げた『ロッキー』シリーズ初のスピンオフ作品で、『ロッキー・ザ・ファイナル』以来9年ぶりに新たな物語を描く。今は亡き伝説のボクサー・アポロの息子アドニスは、かつて父と歴史に残る激闘を繰り広げたロッキーを探し出してトレーナーを依頼。アドニスの純粋さと情熱にアポロの面影を見たロッキーは、彼を鍛え上げ自らのすべてを託し、セコンドとして共に世界タイトルマッチに挑む。

Read Article

ロッキー3(Rocky III)のネタバレ解説まとめ

『ロッキー3』とは、1982年公開のアメリカ映画。『ロッキー』シリーズの3作目であり『ロッキー2』(1979年)の続編。前作に引き続きシルヴェスター・スタローンが監督・脚本・主演の三役を務め、シリーズ最終章の予定で製作された。世界チャンピオンとなり、順風満帆な生活を送っていたロッキー。そこへ強敵黒人ボクサー・クラバーが挑戦して来た。だが、ハングリー精神を忘れたロッキーは無残に敗れ去る。再起をかけるロッキーにかつての宿敵アポロがトレーナーとして名乗りをあげ、クラバーとのリターンマッチに挑む。

Read Article

ロッキー5/最後のドラマ(Rocky V)のネタバレ解説まとめ

『ロッキー5/最後のドラマ』とは、1990年製作のアメリカ映画。ボクシングに挑む1人の男の愛と闘いを通して、サクセス・ストーリーを描いてきた『ロッキー』シリーズの第5作にして完結篇。シリーズ1作目で監督を務めたジョン・G・アヴィルドセンを再び監督として招き、脚本・主演はシルヴェスター・スタローンが務める。脳へのダメージからボクサーを引退し、財産も失い、原点であるフィラデルフィアの下町に戻ったロッキーが、新人ボクサーを育成しトレーナーとして第二の人生を歩む姿を描く。

Read Article

ロッキー(Rocky)のネタバレ解説まとめ

『ロッキー』とは、1976年公開のアメリカ映画。低予算ながらアカデミー賞3部門を受賞し、無名の俳優シルヴェスター・スタローンを一躍スターダムへと押し上げた世界的大ヒットシリーズ第1作。監督はジョン・G・アヴィルドセン。フィラデルフィアのスラム街に暮らす三流ボクサーの青年ロッキーに、世界チャンピオンのアポロが対戦相手として指名してきた。自分がただのゴロツキでないことを証明するため、そして愛する女性エイドリアンのために、ロッキーはリング上での決死の闘いに挑む。

Read Article

ロッキー・ザ・ファイナル(Rocky Balboa)のネタバレ解説まとめ

『ロッキー・ザ・ファイナル』とは、2006年製作のアメリカ映画。シルヴェスター・スタローンの出世作にして代表作「ロッキー」シリーズの6作目。スタローンが監督・脚本・主演を務め、第5作から16年ぶり、第1作から30周年を迎えた伝説のシリーズを締めくくる。現役を引退し、愛妻エイドリアンにも先立たれ、一人息子ジュニアとの関係もこじれて満たされない日々を送るロッキーが、ある決意を胸に無謀な復帰戦に挑む姿を、彼の人生の思い出の数々をちりばめつつ熱く感動的に綴る。

Read Article

目次 - Contents