ヴァイオレット・エヴァーガーデン(Violet Evergarden)のネタバレ解説・考察まとめ

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』とは、暁佳奈によるライトノベル作品。京都アニメーションによりアニメ化された。京都アニメーションが開催している「京都アニメーション大賞」で初めて大賞を受賞した。心を持たない少女・ヴァイオレット・エヴァーガーデンは、大切な人に残された言葉を理解するため、「自動手記人形」と呼ばれる代筆屋の仕事に就く。ヴァイオレットは依頼人との出会いから少しずつ人間らしい心を育み、敬愛する上官「ギルベルト」が残した「愛してる」の意味を知る。

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の概要

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』とは、暁佳奈によるライトノベル作品。
2015年にKAエスマ文庫(京都アニメーション)から本編上下巻と外伝が発売。
京都アニメーションが主催する「第5回京都アニメーション大賞」にて初めて大賞を受賞した。
京都アニメーション大賞は過去4回開催されていたが、大賞はそれまで出ていなかった。
2018年に京都アニメーション製作でアニメ化。
アニメ放送終了後に続編製作の発表があり、2020年1月に劇場版が世界同時上映される事が発表された。

幼い頃から戦場に出て、「道具」「武器」と呼ばれた少女「ヴァイオレット」。
ヴァイオレットは敬愛する上官「ギルベルト・ブーゲンビリア」と共に戦場へ行くが、そこで腕を失くし、目が覚めると病院のベッドの上に居た。
そこへ訪れた元軍人の「クラウディア・ホッジンズ」にヴァイオレットの後継人「エヴァーガーデン」家に連れて行かれ、ヴァイオレットは「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」という名前になった。
ヴァイオレットは一緒に戦場に居たギルベルトの安否を気にしていたが、ホッジンズは心身ともに負傷しているヴァイオレットにギルベルトの死を告げられずに誤魔化す。
ヴァイオレットはギルベルトが自分に言った「愛している」という言葉がどういう意味か分からず、その言葉を理解するために依頼人の心を理解して手紙を代筆する「自動手記人形」としての仕事を始めることになった。

本作は一話一話が映画のような美しい映像と深い演出がされる事で大きな話題になり、数々のクオリティが高いアニメを生み出してきた「京都アニメーション」のノウハウを最大限に発揮した作品となった。

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』のあらすじ・ストーリー

戦争終結

戦争で負傷し両手を失った主人公「ヴァイオレット」

大陸戦争が終結し、戦いで負傷した元軍人の主人公「ヴァイオレット」は病院で目覚めた。上官「ギルベルト・ブーゲンビリア」と共に戦っていたが、大戦の終結となるインテンス最終決戦の場でギルベルトは負傷し、ヴァイオレットは両手を失ってしまう。ヴァイオレットはまだ再会していないギルベルトの身を案じていた。そこへギルベルトの親友で元軍人「クラウディア・ホッジンズ」がヴァイオレットを迎えに来た。
ヴァイオレットはホッジンズにギルベルトのことを尋ねるが、ギルベルトに迎えを頼まれたというホッジンズは言葉を濁した。ヴァイオレットにとって大切な物であったブローチがなく、ホッジンズは自分が探しておくと言う。
ヴァイオレットは、ギルベルトの親戚であるエヴァーガーデンの姓を名乗る事になった。
ホッジンズは戦争はもう終わったのだと説明し、自分は今ライデンシャフトリヒ国で「C.H郵便社」という私営郵便社を経営していると言った。
ホッジンズは命令を望んでいたヴァイオレットに、ここで働くように命令する。
ホッジンズから、「君は…自分がして来た事でどんどん身体に火が付いて、燃え上がっている事をまだ知らない」と言われる。

自動手記人形(ドール)として

翌日ヴァイオレットは自動手記人形の「カトレア・ボードレール」に恋文を頼んだ客に出会った。
自動手記人形(ドール)とは人の話を聞き、その気持ちを汲み取って手紙を代筆する職業である。
カトレアの書いた恋文には「愛してる」という文があった。
ヴァイオレットはギルベルトとの記憶の最後であるインテンスの戦いで、ギルベルトから心から愛してると言われていた。
ヴァイオレットは自分も「愛してる」を理解するために自動手記人形になりたいとホッジンズに言う。
ホッジンズは、人形と言われていたヴァイオレットが初めて自分の意思を示したため、ヴァイオレットを自動手記人形にすることにした。

C.H郵便社の自動手記人形には「エリカ・ブラウン」と「アイリス・カナリー」がいた。
ヴァイオレットは代筆の業務につくが、依頼人から真意を汲み取ることができなかった。
エリカが何故自動手記人形に拘るのかと尋ねると、ヴァイオレットはギルベルトの「愛してる」の意味が知りたいと思い、向いてなくても自動手記人形を続けたいのだという。
エリカは内気な自分も自動手記人形に向いてないと悩んでいたが、ヴァイオレットの直向な姿に心を打たれた。
ヴァイオレットは正式に自動手記人形となり、ホッジンズはヴァイオレットの大事な物であったブローチを闇市で買い戻し、ヴァイオレットに手渡す。

ヴァイオレットは自動手記人形の技術と心得を学びに自動手記人形育成学校へ通う事になった。
ヴァイオレットは「ルクリア・モールバラ」と組んで手紙を書く練習をすることになる。
教師「ローダンセ」はヴァイオレットの学科とタイピングは高く評価したが、ヴァイオレットの手紙はただの報告書だと評価する。
そんなヴァイオレットを思ったルクリアは、少佐(ギルベルト)に手紙を書いてみないかと言う。
しかしヴァイオレットは自分の気持ちが分からず、何を伝えて良いか分からないと戸惑う。
ルクリアには、大戦で負傷し、自堕落な生活を送っていた兄がいた。
ルクリアは兄だけでも生きていたことが嬉しいと思うが、伝え方が分からないという。
ヴァイオレットはルクリアの気持ちを代筆し、彼女の兄へ手紙を届けた。
手紙の内容はシンプルなものであったが、だからこそ兄の胸に届いたのであった。
ローダンセはヴァイオレットが依頼人の気持ちを理解し大切なことを汲み取って伝えられていると評価し、ヴァイオレットの修了を認めた。

第1話『「愛してる」と自動手記人形』の記事リンク

renote.jp

第2話『戻ってこない』の記事リンク

renote.jp

第3話『あなたが、良き自動手記人形になりますように』の記事リンク

renote.jp

アイリスの手紙

アイリスに代筆依頼が来るも、はしゃいだアイリスは腕を負傷してしまう。
変わりにタイピングすることになったヴァイオレットは、アイリスと共にアイリスの故郷カザリの依頼人の元へ向かった。
依頼したのはアイリスの両親で、依頼という名で帰ってこないアイリスを呼び出し誕生日パーティーをするためであった。
アイリスは幼馴染のエイモンに告白したが振られてしまった事と、自動手記人形への憧れから、逃げるように故郷を旅立っていた。
その気持ちを察せなかった両親とヴァイオレットは、誕生日パーティーにエイモンを呼んでしまい、アイリスは傷ついてしまう。
ヴァイオレットは、そんなアイリスを見て、「愛」とは、その気持ちを受け入れて貰えなければ消えてなくなりたくなってしまうほど勇気のいることなのだと知る。
ヴァイオレットは、アイリスに両親に対して普段言葉では伝えられない気持ちを手紙で書くように勧め、アイリスの気持ちを代筆した。
アイリスは人形のようなヴァイオレットの事が理解できないと思っていた。
しかし戦いしか知らなかったヴァイオレットはギルベルトから愛を受け、その気持ちを賢明に探している最中なのだと気づき、ヴァイオレットという存在を認めた。

ディートフリートとの再会

その後、ヴァイオレットは代筆の技術が上がって行き、出張して依頼を受けるようになっていく。
ドロッセル王国の王女・「シャルロッテ・エーベルフレイヤ・ドロッセル」は、ヴァイオレットに隣のフリューゲル王国の王子・ダミアンへの公開恋文を書いて欲しいと依頼する。
シャルロッテはダミアンと一度会ったことがあり、ダミアンへほのかな片想いをしていた。
ダミアンの代筆者がカトレアであったため、ヴァイオレットとカトレアは協力して手紙で本心から語り合わせ、二人は結ばれた。
ヴァイオレットがライデンに帰ると、ギルベルトの兄「ディートフリート・ブーゲンビリア」に出会う。
ディートフリートは、戦争で多くの命を奪ったその手で人を結ぶ手紙を書くのかとヴァイオレットを責めた。

リオンとのふれあい

アストレア王国のユースティーティア天文台シャヘルでは、天文本部の課長「ルベリエ」が依頼人となり、保存状態の悪い古い書物の写本依頼を全国の自動手記人形にする。
天文台の写本課職員の男性と、自動手記人形の女性が二人一組のペアとなって解読と代筆作業をする事になった。
ヴァイオレットの相棒は真面目で気難しい青年「リオン・ステファノティス」であった。
リオンは解読が早く、ヴァイオレットは代筆が早かったため、二人の作業ペースは早く、一日で三日分の作業を終わらせてしまった。
リオンはヴァイオレットをアリー彗星を見るのに誘い、そこで自分の父親はシャヘルの文献収集を担当する職員だったが危険な場所へ行く仕事であり、ある日から行方不明になってしまったと話す。
リオンの母親は父親を探しに出て行ってしまい、置いていかれてしまったリオンは女嫌い且つ恋愛嫌いになってしまう。
ヴァイオレットはリオンに会えないギルベルトの事を話すが、その気持ちがなんなのか分からないという。
リオンはそれを「寂しい」だとヴァイオレットに教えた。
ヴァイオレットに対してほのかな気持ちを抱いていたリオンは、色々なところにいる依頼人の元へ行くヴァイオレットの生き方に心を動かされ、自分も父のような文献収集の旅に出る決意をした。

オスカーの物語

オスカーのイメージを補助するため、水面に浮かぶ落ち葉を踏んで水面を渡ろうとする。

syotostar
syotostar
@syotostar

Related Articles関連記事

劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデンのネタバレ解説・考察まとめ

劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデンのネタバレ解説・考察まとめ

『劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン』とは、人気アニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の完全新作映画。2019年に公開された『外伝-永遠と自動手記人形-』に続く最終章である。 孤児として生まれ戦争中に拾われ、幼い頃から兵士として戦い、人の感情が分からないまま育ったヴァイオレット。 そんな中人として育てられた少佐から最後にもらった「あいしてる」という言葉の意味を知るために、手紙を代筆する自動手記人形を通じて人の心と触れ合い、成長していく物語。

Read Article

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -』とは、京都アニメーションによって制作された『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の外伝映画作品。2019年9月6日から上映された。自動手記人形として代筆を通して人の心に触れる少女・ヴァイオレットと、その依頼主・イザベラとの出会いから始まる物語。この出会いによって、イザベラが過去に生き別れた妹・テイラーとの未来を結びあわせていく。

Read Article

CLANNAD(クラナド)のネタバレ解説・考察まとめ

CLANNAD(クラナド)のネタバレ解説・考察まとめ

『CLANNAD』とはゲームブランド"Key"が制作した恋愛アドベンチャーゲーム、及びそこから派生したアニメ作品。 坂道の上にある学園に在籍する不良学生・岡崎朋也が、様々な人と人との"絆"を通して成長していく作品。 2004年4月28日に全年齢対象のPCゲームとして発売され、その後2007年10月4日より京都アニメーション制作によるテレビアニメが放送開始された。

Read Article

涼宮ハルヒの憂鬱(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

涼宮ハルヒの憂鬱(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『涼宮ハルヒの憂鬱』とは、谷川流原作のライトノベルであり、また「涼宮ハルヒの憂鬱」を含む涼宮ハルヒシリーズを原作としたTVアニメである。 同作品は、ごく普通の男子高校生キョンの視点から、クラスメイトである涼宮ハルヒが巻き起こす非日常を描いたアニメである。 主題歌「ハレ晴レユカイ」は、キャッチーなメロディに加え、キャラクターが踊るダンスも注目され、動画投稿サイトに『踊ってみた』関連の動画が溢れるほど大きな反響をよんだ。

Read Article

氷菓(古典部シリーズ)のネタバレ解説・考察まとめ

氷菓(古典部シリーズ)のネタバレ解説・考察まとめ

『氷菓(ひょうか)』とは、『KADOKAWA』から刊行されている米澤穂信の推理小説『古典部シリーズ』をTVアニメ化したもの。2012年4月から9月まで放送された。原作小説の大筋を踏襲した内容になっており、ところどころ短編の話やアニメオリジナルの話が織り込まれている。 省エネを信条とする主人公・折木奉太郎はひょんなことから古典部に入部することとなる。好奇心旺盛なヒロイン・千反田える、中学生からの腐れ縁・福部里志と伊原摩耶花、彼ら4人が神山高校を舞台に数々の事件を推理していく青春学園ミステリー。

Read Article

AIR(エアー)のネタバレ解説・考察まとめ

AIR(エアー)のネタバレ解説・考察まとめ

『AIR(エアー)』とは2000年にKeyによって制作された18禁恋愛アドベンチャーゲームであり、2005年にアニメ化もされた作品である。舞台は寂れた田舎の港町そこに訪れた人形を操る青年国崎往人。彼は彼は密かに探しているものがあった。それは幼き頃、亡き母が語ってくれた「今も空にいるという翼を持った少女」。そしてそれは町に住むある少女神尾観鈴観によって成就することなる。

Read Article

日常(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

日常(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『日常』とは、あらゐけいいちのギャグ漫画、及び2011年に京都アニメーションで製作されたアニメーション作品。2012年にはNHKで再放送された。原作漫画は2015年に完結。時定高校に通う「相生祐子」「長野原みお」「水上麻衣」「東雲なの」などのキャラクターを中心に日常を描いた作品。日常と言うタイトルでありながら日常では起こらないような、シュールで疾走感のあるギャグが描かれる。

Read Article

けいおん!・けいおん!!・映画けいおん!の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

けいおん!・けいおん!!・映画けいおん!の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

「けいおん!」とは、かきふらい作の4コマ漫画作品、およびそれを原作としたアニメ・映画・ゲームなどのメディアミックス作品である。廃部寸前だった軽音楽部を舞台にした学園コメディー。帰宅部、楽器経験ゼロの主人公が仲間と共に成長する、等身大の女子高生の日常を描いた作品である。 アニメ第1期・第2期だけでなく、卒業旅行を描いた映画も公開された。 女性キャラが中心であり、友情を感じる名言・名セリフが多く存在し、楽曲とともに高い評価を得ている。

Read Article

響け!ユーフォニアム(小説・漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

響け!ユーフォニアム(小説・漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

武田綾乃による小説、及びそこから派生したアニメ、漫画作品。 2013年12月にシリーズ一作目となる『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ』が刊行。 京都府宇治市の高校を舞台に、吹奏楽に青春をかける男女の姿を描いた作品。 アニメは2015年4月から第一期(全13話)が、2016年10月から第二期(全13話)が放送された。

Read Article

けいおん!(第1期)のネタバレ解説・考察まとめ

けいおん!(第1期)のネタバレ解説・考察まとめ

『けいおん!』はまんがタイムきららに連載されていた、かきふらいによる四コマ漫画が原作のアニメ。 音楽経験の全く無かった高校生平沢唯と個性的な仲間達が織りなす、ほのぼのとしていながらも時折ふっと切なくなる空気系青春バンドストーリーである。 劇中でキャラクター達が結成するバンド「放課後ティータイム」の楽曲のクオリティの高さも相まって社会現象にもなった。

Read Article

中二病でも恋がしたい!(中二恋)のネタバレ解説・考察まとめ

中二病でも恋がしたい!(中二恋)のネタバレ解説・考察まとめ

『中二病でも恋がしたい!』とは、KSエスマ文庫第一弾として刊行された虎虎のライトノベルおよびそれを原作としたアニメ作品である。ジャンルはラブコメディー。 元中二病の主人公富樫勇太と現役中二病のヒロイン小鳥遊六花を中心に展開される愉快な日常や恋模様を描く。 中二病を活かした本作ならではのコメディパートや中二病モードと素の性格とのギャップを見せる魅力的なキャラクター、中二病による妄想世界と現実世界との折り合いがつけられず葛藤する六花とそこから展開される感動的なストーリーが本作の主な魅力である。

Read Article

小林さんちのメイドラゴン(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

小林さんちのメイドラゴン(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

「小林さんちのメイドラゴン」はクール教信者による漫画作品を原作とするアニメーション。放送時期は2017年1月12日から2017年4月6日。「ドラゴンでメイド」という、異色のヒロイン・トールと作品の主人公・小林さんの日常を描いた作品。 酔いに酔った小林は山奥に一人で侵入し、トールと出会う。酔った勢いでトールに「うちに来るか?」と尋ねたことから小林は彼女をメイドとして雇うことになる。

Read Article

けいおん!!(第2期)のネタバレ解説・考察まとめ

けいおん!!(第2期)のネタバレ解説・考察まとめ

けいおん!!(K-ON!!)はまんがタイムきららに連載されていたかきふらいによる四コマ漫画を原作とするアニメの、2010年4月から2010年9月まで放送された第2期である。1期は感嘆符が一つだけだったが、2期では二つ表記されている。 単行本第3巻以降の「3年生編」がベースになっており、メインキャラクター達の卒業までのストーリーが描かれる。

Read Article

映画けいおん!のネタバレ解説・考察まとめ

映画けいおん!のネタバレ解説・考察まとめ

『映画けいおん!』とは、かきふらいによる4コマ漫画作品が原作のアニメ映画である。軽音楽部を舞台にした学園コメディー作品。女性キャラが中心であり、友情を感じる名言・名セリフが多く存在し、楽曲とともに高い評価を得ている。本作はTVアニメシリーズでは描かれなかった「卒業旅行」をテーマとした話である。 卒業を控えた軽音部3年生4人は、教室で同級生たちが「卒業旅行」を企画していることを知り、軽音部も行こうとなる。くじの結果「ロンドン」に行くことに。ロンドンで軽音部の繰り広げるゆるやか部活ライフを描く。

Read Article

ヴァイオレット・エヴァーガーデン(第2話『戻ってこない』)のあらすじと感想・考察まとめ

ヴァイオレット・エヴァーガーデン(第2話『戻ってこない』)のあらすじと感想・考察まとめ

ヴァイオレットは自動手記人形の見習いとして仕事を始める。しかし、人の心を察することが出来ないヴァイオレットは大きな失敗をしてしまう。 今回は「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」第2話『戻ってこない』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ヴァイオレット・エヴァーガーデン(第3話『あなたが、良き自動手記人形になりますように』)のあらすじと感想・考察まとめ

ヴァイオレット・エヴァーガーデン(第3話『あなたが、良き自動手記人形になりますように』)のあらすじと感想・考察まとめ

ヴァイオレットは自動書記人形育成学校へ通い始めた。タイピングや、学科は優秀な成績を残すが、代筆の授業では上手くいかなかった。そんな時、ヴァイオレットは隣の席になったルクリアが秘めた兄への想いを知る。 今回は「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」第3話『あなたが、良き自動手記人形になりますように』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ヴァイオレット・エヴァーガーデン(第1話『「愛してる」と自動手記人形』)のあらすじと感想・考察まとめ

ヴァイオレット・エヴァーガーデン(第1話『「愛してる」と自動手記人形』)のあらすじと感想・考察まとめ

戦場で重傷を負い療養をしていたヴァイオレットの元に軍の関係者であったホッジンズが訪ねてくる。ヴァイオレットは戦場で別れた上官の安否を尋ねる。ヴァイオレットは上官からある言葉を残されていた。 今回は「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」第1話『「愛してる」と自動手記人形』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

アニメライブの先駆者!ゆるゆるアニメなのに大ヒットしたけいおんの魅力に迫る!

アニメライブの先駆者!ゆるゆるアニメなのに大ヒットしたけいおんの魅力に迫る!

2009年4月深夜帯でテレビアニメの放送が開始されると、作中に登場する楽器や楽曲にも注目が集まるなどの大きな反響があった「けいおん!」 その反響は数字としても現れており、テレビアニメ第1期の終了時点で、ポスターなども含めた関連商品の点数は200点以上におよび、TBSの番組としては最多であった『ROOKIES』の103点を倍近く上回っています!そんな「けいおん!」の魅力について考察していきます!

Read Article

目次 - Contents