ヴァイオレット・エヴァーガーデン(Violet Evergarden)のネタバレ解説まとめ

Dr8bs96umaazzxf

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』とは、暁佳奈によるライトノベル作品。京都アニメーションによりアニメ化された。京都アニメーションが開催している「京都アニメーション大賞」で初めて大賞を受賞した。心を持たない少女・ヴァイオレット・エヴァーガーデンは、大切な人に残された言葉を理解するため、「自動手記人形」と呼ばれる代筆屋の仕事に就く。ヴァイオレットは依頼人との出会いから少しずつ人間らしい心を育み、敬愛する上官「ギルベルト」が残した「愛してる」の意味を知る。

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の概要

Violet ca

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』とは、暁佳奈によるライトノベル作品。
2015年にKAエスマ文庫(京都アニメーション)から本編上下巻と外伝が発売。
京都アニメーションが主催する「第5回京都アニメーション大賞」にて初めて大賞を受賞した。
京都アニメーション大賞は過去4回開催されていたが、大賞はそれまで出ていなかった。
2018年に京都アニメーション製作でアニメ化。
アニメ放送終了後に続編製作の発表があり、2020年1月に劇場版が世界同時上映される事が発表された。

幼い頃から戦場に出て、「道具」「武器」と呼ばれた少女「ヴァイオレット」。
ヴァイオレットは敬愛する上官「ギルベルト・ブーゲンビリア」と共に戦場へ行くが、そこで腕を失くし、目が覚めると病院のベッドの上に居た。
そこへ訪れた元軍人の「クラウディア・ホッジンズ」にヴァイオレットの後継人「エヴァーガーデン」家に連れて行かれ、ヴァイオレットは「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」という名前になった。
ヴァイオレットは一緒に戦場に居たギルベルトの安否を気にしていたが、ホッジンズは心身ともに負傷しているヴァイオレットにギルベルトの死を告げられずに誤魔化す。
ヴァイオレットはギルベルトが自分に言った「愛している」という言葉がどういう意味か分からず、その言葉を理解するために依頼人の心を理解して手紙を代筆する「自動手記人形」としての仕事を始めることになった。

本作は一話一話が映画のような美しい映像と深い演出がされる事で大きな話題になり、数々のクオリティが高いアニメを生み出してきた「京都アニメーション」のノウハウを最大限に発揮した作品となった。

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』のあらすじ・ストーリー

1~3話

750dde53 s

戦争で負傷し両手を失った主人公「ヴァイオレット」

4年間続いた東西南北による大陸戦争が終結し、その戦いで負傷した元軍人の主人公「ヴァイオレット」は病院のベッドの上で目覚めた。
大陸戦争で上官「ギルベルト・ブーゲンビリア」と共に戦場で戦っていたが、大戦の終結となるインテンス最終決戦の場でギルベルトは負傷し、ヴァイオレットは両手を失ってしまう。
ヴァイオレットは両手に義手をつけ、戦場で意識を失って以降まだ再会していないギルベルトの身をずっと案じていた。
そこへギルベルトの親友で元軍人「クラウディア・ホッジンズ」が退院するヴァイオレットを迎えに来た。
ヴァイオレットはホッジンズにギルベルトはどうしているか尋ねるが、ホッジンズは言葉を濁し、自分はギルベルトに頼まれて迎えに来たのだと言った。
身支度を整えるヴァイオレットであるが、戦場から届いたヴァイオレットの私物の中にヴァイオレットがギルベルトから貰ったブローチがなかった。
ブローチはヴァイオレットにとってとても大切な物であり、ホッジンズはブローチは自分が探しておくと言う。
ギルベルトは戦後のヴァイオレットの身の振り方を案じており、後継人として親戚の「エヴァーガーデン家」にヴァイオレットを預けることになっていた。
ヴァイオレットはホッジンズと共にエヴァーガーデン家に行き、以降エヴァーガーデンの姓を名乗る事になった。
しかし平和なエヴァーガーデン家に住む事を拒否し、何故ギルベルトは自分をこの家に置こうとするのか、自分はもう武器としての価値がないのかとホッジンズに言う。
ヴァイオレットはずっと武器として扱われ、ギルベルトの命令を聞き遂行する戦闘人形のように闘ってきた。
そしてヴァイオレット本人もそれを良しとし、敬愛するギルベルトの道具であることを望んでいた。

ホッジンズはヴァイオレットに戦争はもう終わったのだと説明し、自分は今軍ではなくライデンシャフトリヒ国で「C.H郵便社」という私営郵便社を経営していると話し、会社にヴァイオレットを連れて行った。
ホッジンズは命令されるのを望んでいたヴァイオレットに、ギルベルトの代わりとしてここで働くように命令する。
ヴァイオレットは、社員の「ベネディクト・ブルー」から仕事を学び、手紙の仕分け作業を休憩無しで行った。
その後、明日の予定を勘違いして夜になってもポスティング業務をしており、ホッジンズに止められる。
ヴァイオレットはホッジンズとベネディクトと夕食を共にし、帰り道にホッジンズから「君は…自分がして来た事でどんどん身体に火が付いて、燃え上がっている事をまだ知らない」「いつか…俺の言った事が分かる時が来る。そして初めて…自分がたくさん火傷している事に気付くんだ」と言われる。
しかしヴァイオレットはこの言葉の意味が理解できずにいた。
ヴァイオレットは社宅に住む事になった。
翌日、ヴァイオレットは代筆を頼みたいという客に出会い、その客は自動手記人形の「カトレア・ボードレール」に恋文を描いて貰った。
自動手記人形(通称ドール)とは、字を書くことが出来ないなどの理由で手紙を書くことが出来ない人の話を聞き、その気持ちを汲み取って手紙を代筆する、戦後の女性達の間で人気の職業である。
カトレアの書いた恋文には「愛してる」という文があり、ヴァイオレットはカトレアに何故他人の「愛してる」が分かるのかと尋ねた。
ヴァイオレットはギルベルトとの記憶の一番最後、即ちヴァイオレットが両手を失いギルベルトも負傷したインテンスの戦いで、ギルベルトから「ヴァイオレット、君は…生きて、自由になりなさい。心から…愛してる」と言われていた。
しかしヴァイオレットは「愛してる」の意味が分からなかった。
カトレアは他人の気持ちを聞いてその「愛してる」を理解したため、ヴァイオレットは自分も「愛してる」を理解するために自動手記人形になりたいとホッジンズに言う。
ホッジンズは、普通は「愛してる」(及び他人の繊細な気持ち)が分かるから自動手記人形になるのだと思ったが、人形と言われていたヴァイオレットが命令もなく初めて自分の意思を示したため、ヴァイオレットを自動手記人形にすることにした。

C.H郵便社の自動手記人形にはカトレアの他に、別の会社で自動手記人形の仕事を経験していた「エリカ・ブラウン」、新人の「アイリス・カナリー」の二人がいた。
代筆依頼は人気のカトレアばかりにいき、エリカもアイリスもその事に少し不満を持っていた。
ヴァイオレットはタイピングをするのは初めてで、且つ義手であったがすぐに正確で早いタイピングをこなせるようになった。
ヴァイオレットはエリカやアイリスと共に代筆の業務につくが、依頼人の言葉から真意を汲み取ることができず、また感情的になってしまう依頼人に対して無愛想であった。
そのためヴァイオレットに対して何件かのクレームが届くようになった。
ヴァイオレットはエリカに自分は自動手記人形に向いてないのかと尋ねると、エリカは向いてないと答えた。
エリカはヴァイオレットに何故自動手記人形に拘るのかと尋ねると、ヴァイオレットはギルベルトが自分に言った「愛してる」の意味が知りたいと思い、向いてなくても自動手記人形を続けたいのだという。
エリカは内気で依頼人とコミュニケーションが取れない自分も自動手記人形に向いてないと感じ悩んでいたが、ヴァイオレットが自動手記人形になろうとする直向な姿に心を打たれた。
会社ではアイリスがクレームを理由にしてヴァイオレットは辞めさせたほうがいいとホッジンズに直談判していた。
エリカはホッジンズに頭を下げて、ヴァイオレットを辞めさせないで欲しいと頼んだ。
その姿を見たヴァイオレットは、エリカは先ほど自分に対してこの仕事は向いてないと言ったのに、ホッジンズには辞めさせない様頼んでいる事を疑問に思う。
人間の言葉には表と裏があり、口に出した事が全てじゃ無い、「裏腹」なのであるとヴァイオレットは学んだ。

ヴァイオレットは正式に自動手記人形となり、制服を新調された。
ホッジンズはヴァイオレットの大事な物であったブローチを発見し、ヴァイオレットに手渡す。
ホッジンズはベネディクトに今月分の自分の給料は無いとこぼしていたが、これは闇市に流れていたというこのブローチを買い戻すためであった。

Fe70750b s

ヴァイオレットはC.H郵便社で自動手記人形になった。

ヴァイオレットは自動手記人形の技術と心得を学びに自動手記人形育成学校へ通う事になった。
教師「ローダンセ」は自分が認めた良い自動手記人形以外には修了を認めないが、ローダンセに認められ修了の証であるブローチを持つ者は一流の自動手記人形となれる。
ヴァイオレットは同級生の「ルクリア・モールバラ」と組んで手紙を書く練習をする。
ローダンセはヴァイオレットの学科の成績の良さと、タイピングの早さと正確さは高く評価したが、ヴァイオレットの書く手紙はただの報告書であると評価する。
そして「良きドールとは人が話している言葉の中から伝えたい本当の心を掬い上げるもの」と語る。
ヴァイオレットは他人の言葉から本当に伝えたいことを汲み取ることが出来ず、クラスでヴァイオレットだけが修了を認められなかった。
修了ブローチを貰えなくても自動手記人形をする事は出来るが、ヴァイオレットは人の気持ちを汲み取れなくては自動手記人形をやる意味は無いと思っていた。
そんなヴァイオレットを思ったルクリアは、ヴァイオレットにいつも手紙の中に出てくる少佐(ギルベルト)に手紙を書いてみないかと言う。
しかしヴァイオレットは自分の気持ちが分からず、何を伝えて良いか分からないと戸惑う。
ルクリアはその気持ちに同意し、自分も兄に伝えたいことがあるはずなのに何を伝えて良いか分からないと語る。
ルクリアの両親は大戦で亡くなり、兄「スペンサー・モールバラ」は兵士として戦って負傷し、街や両親を守れなかったのは自分のせいだと自分を責め、酒びたりの生活になってしまっていた。
ルクリアは兄だけでも生きていてくれたことが嬉しかったと思うが、その気持ちを伝えようとしてもどう伝えたらいいか分からないという。
ヴァイオレットはルクリアの気持ちを手紙にしたため、スペンサーへ手紙を届けた。
手紙の内容は「お兄ちゃん、生きていてくれて嬉しいの…ありがとう」というシンプルなものであったが、だからこそその手紙はスペンサーの胸に届いたのであった。
スペンサーは妹の気持ちを受け止めて、酒びたりの荒れた生活を止めるようになった。
ルクリアはその手紙をローダンセに見せ、ローダンセはヴァイオレットがちゃんと依頼人の気持ちを理解し大切なことを汲み取って伝えられていると評価し、ヴァイオレットの修了を認めた。

93f7c90d s

教師ローダンセに認められ、一流の自動手記人形であるという証となるブローチを貰う。

第1話『「愛してる」と自動手記人形』の記事リンク

renote.jp

第2話『戻ってこない』の記事リンク

renote.jp

第3話『あなたが、良き自動手記人形になりますように』の記事リンク

renote.jp

4~7話

5ea76b6e s

オスカーのイメージを補助するため、水面に浮かぶ落ち葉を踏んで水面を渡ろうとする。

アイリスに代筆依頼が来るも、はしゃいだアイリスは腕を負傷してしまう。
変わりにタイピングすることになったヴァイオレットは、アイリスと共にアイリスの故郷カザリの依頼人の元へ向かった。
依頼したのはアイリスの両親で、依頼という名で帰ってこないアイリスを呼び出し誕生日パーティーをするためであった。
アイリスは幼馴染のエイモンに告白したが振られてしまった事と、自動手記人形への憧れから、逃げるように故郷を旅立っていた。
その気持ちを察せなかった両親とヴァイオレットは、誕生日パーティーにエイモンを呼んでしまい、アイリスは傷ついてしまう。
ヴァイオレットは、そんなアイリスを見て、「愛」とは、その気持ちを受け入れて貰えなければ消えてなくなりたくなってしまうほど勇気のいることなのだと知る。
ヴァイオレットは、アイリスに両親に対して普段言葉では伝えられない気持ちを手紙で書くように勧め、アイリスの気持ちを代筆した。
アイリスは人形のようなヴァイオレットの事が理解できないと思っていた。
しかし戦いしか知らなかったヴァイオレットはギルベルトから愛を受け、その気持ちを賢明に探している最中なのだと気づき、ヴァイオレットという存在を認めた。

その後、ヴァイオレットは代筆の技術が上がって行き、出張して依頼を受けるようになっていく。
ドロッセル王国の王女・「シャルロッテ・エーベルフレイヤ・ドロッセル」は、ヴァイオレットに隣のフリューゲル王国の王子・ダミアンへの恋文を書いて欲しいと依頼する。
シャルロッテはダミアンと一度会ったことがあり、ダミアンへほのかな片想いをしていた。
手紙のやりとりは両国で公開され、ダミアンの代筆者がカトレアであったことから、ヴァイオレットとカトレアは協力し二人を手紙で本心から語り合わせ、二人は結ばれた。
シャルロッテはダミアンに嫁ぐ事を喜ばしいと思うが、自分の母同然の存在である宮廷女官の「アベルタ」と離れる事に葛藤があった。
しかしアベルタはシャルロッテの背中を押し、シャルロッテはダミアンのいるフリューゲル王国へ嫁いで行った。
ヴァイオレットがライデンに帰ると、ギルベルトの兄「ディートフリート・ブーゲンビリア」に出会う。
ディートフリートはヴァイオレットに敵意のある目を向け、戦争で多くの命を奪ったその手で人を結ぶ手紙を書くのかとヴァイオレットを責めた。

アストレア王国のユースティーティア天文台シャヘルでは、天文本部の課長「ルベリエ」が依頼人となり、保存状態の悪い古い書物の写本依頼を全国の自動手記人形にする。
天文台の写本課職員の男性と、自動手記人形の女性が二人一組のペアとなって解読と代筆作業をする事になった。
ヴァイオレットの相棒は真面目で気難しい青年「リオン・ステファノティス」であった。
リオンは解読が早く、ヴァイオレットは代筆が早かったため、二人の作業ペースは早く、一日で三日分の作業を終わらせてしまった。
リオンはヴァイオレットをアリー彗星を見るのに誘い、そこで自分の父親はシャヘルの文献収集を担当する職員だったが危険な場所へ行く仕事であり、ある日から行方不明になってしまったと話す。
リオンの母親は父親を探しに出て行ってしまい、置いていかれてしまったリオンは女嫌い且つ恋愛嫌いになってしまう。
ヴァイオレットはリオンに会えないギルベルトの事を話すが、その気持ちがなんなのか分からないという。
リオンはそれを「寂しい」だとヴァイオレットに教えた。
ヴァイオレットに対してほのかな気持ちを抱いていたリオンは、色々なところにいる依頼人の元へ行くヴァイオレットの生き方に心を動かされ、自分も父のような文献収集の旅に出る決意をした。

有名な劇作家「オスカー・ウェブスター」は、長らくスランプに陥り作品を書けないでいた。
作品の代筆を依頼されたヴァイオレットは、オスカーの元へ行くが、オスカーは酒びたりの自堕落な生活を送っていた。
ヴァイオレットはオスカーの世話をしながらオスカーの言葉をタイプライターで書き出す作業をする。
ヴァイオレットはオスカーの作品の主人公オリーブに感情移入し、オスカーの作り出す物語に夢中になる。
しかしヴァイオレットが家にあった日傘を持ち出したことで、オスカーは調子が悪くなってしまう。
その日傘はオスカーの亡くなった娘・オリビアの物で、オリーブのモデルはオリビアであり、オリビアに昔聞かせてあげた物語を書こうとしているのであった。
妻が病気で亡くなったあと、オスカーとオリビアは共に暮らしていたが、オリビアもまた病気になり短い生涯を終えてしまった。
ヴァイオレットは「二度と会えない」ということは辛いことだと分かり、オスカーの話に涙した。
オスカーは、ヴァイオレットにオリーブの物語を完成させハッピーエンドにし、オリーブも観客も幸せにするのだと約束する。
しかしオスカーは物語のラストシーンで、オリーブが故郷まで帰るシーンをどのようにするか行き詰ってしまう。
ヴァイオレットは水面に浮かぶ落ち葉の上を移動するというオスカーのイメージを聞き、オスカーの想像力を補うため日傘を持ち勢い良く助走をつけてジャンプし、驚異的な身体能力で水面を三歩も歩いた。
元々このシーンは昔オリビアが落ち葉の上を歩いて水面を渡って帰ると提案したものだった。オスカーは、オリビアが自分も水面を歩いてみたい、と話していたことを思い出して涙する。
オスカーの執筆作業は無事に終え、ヴァイオレットはオリビアの愛用していた日傘を貰い受けた。
オスカーはヴァイオレットが水面を歩いてくれたことで、オリビアがしたかった「いつかきっと」を叶えてくれたのだと言った。

ヴァイオレットはホッジンズに言われた「君は…自分がしてきたことで、どんどん身体に火が付いて…燃え上がっていることをまだ知らない」と、ギルベルトに言われた「生きて自由になりなさい」という言葉を思い出していた。
ヴァイオレットは「武器として人を殺めてきた私が…それで良いのですか?私は誰かの…“いつかきっと”を…奪ったのではないのですか?そして…その人達にも…愛する相手が居たのではないですか?」「燃えています!自分がしてきたことで…どんどん身体に火が付いて、燃え上がっています!」と、自分のしてきた事に苛まれる。

ライデンに到着したヴァイオレットは、エヴァーガーデン夫人に再会し、そこでギルベルトが亡くなったという話を聞いてしまう。
ヴァイオレットはホッジンズにギルベルトは無事なのかと確認しに行くと、ギルベルトはヴァイオレットを爆発から守り突き飛ばしたため、ヴァイオレットの近くにギルベルトの姿はなく認識票だけが落ちており、「未帰還兵」なのだとホッジンズは言う。
未帰還兵ならまだ死んだとは限らないと反論するヴァイオレットであるが、ホッジンズは状況的に生還の可能性は低いという。
それでもヴァイオレットはギルベルトの死を認めず、C.H郵便社を飛び出して出て行った。

5a01e3e2 s  1

ヴァイオレットは大戦で人を殺め、その人たちの「いつかきっと」を奪ってしまった事を自覚しはじめる。

8~9話

469b65b1 s

ギルベルトの元へ来た頃のヴァイオレット。

ヴァイオレットは元々ディートフリートに北東戦域で拾われ持て余し、ギルベルトに預けられた孤児であった。
その頃のヴァイオレットは言葉も扱えず、ボロボロの身なりで、野生児のようであった。
ヴァイオレットにとって初めて優しくしてくれた人間がギルベルトであり、ヴァイオレットはギルベルトだけに懐いていく。
ギルベルトは子供であるヴァイオレットを戦場へ連れて行きたくなかったが、ヴァイオレットの身体能力と戦闘力は目を見張るものであり、ヴァイオレットは自らの意思でギルベルトの役に立とうと戦場へ出て行く。
この時ヴァイオレットには名前がまだなく、ギルベルトは「ヴァイオレット」の名を与え、「君は道具ではなく、その名(ヴァイオレット=菫の花)が似合う人になるんだ」と言った。
そしてヴァイオレットに言葉の読み書きを教えていく。
感謝祭の日、ギルベルトはヴァイオレットに何か欲しいものはないかと尋ねると、ヴァイオレットは初めは自分の欲しい物が分からなかったが、ギルベルトの瞳の色と同じ色の宝石がついたブローチを欲しいと言った。
そしてそれが「美しい」であると感じ、言葉が分からず言った事は無かったがギルベルトの瞳もずっと美しいと思っていたと話す。
その後、ギルベルトとヴァイオレットは大戦の終結となったインテンス最終決戦の地へ踏み出す。
二人はインテンスを占領する事に成功するが、生き残っていた敵兵に撃たれギルベルトは負傷し、ヴァイオレットは両手を失ってしまう。
ヴァイオレットは両手を失ってもなおギルベルトを逃がそうとするが、ギルベルトはヴァイオレットに「心から愛してる」と言って微笑み、ヴァイオレットを爆発から庇った。

過去を思い出しながら、ヴァイオレットは軍の基地に行ってギルベルトを出すよう言うが、ディートフリートにギルベルトはもういないと言われ、それを信じず今度はギルベルトの家を訪ねる。
すると使用人にお墓へ案内され、墓石にはギルベルトの名前が刻み付けられてあった。
ヴァイオレットはその後インテンスの自分が倒れていた場所へ向かい座り込んでいたが、そこへホッジンズが迎えに来た。
ホッジンズは生前のギルベルトからヴァイオレットを託されており、ヴァイオレットを社宅まで連れて帰った。
ヴァイオレットは部屋に引き篭ってしまい、カトレアたちはヴァイオレットの事情を知り心配をする。
エリカとアイリスはヴァイオレットに対して手紙を書き、それを配達員「ローランド」がヴァイオレットに運んだ。
ローランドはまだ配達物が沢山残っており、ヴァイオレットはそれを手伝う事になった。
ローランドは「届かなくていい手紙なんてない」と言って、その日中に無事全ての手紙が届き終えた事に喜んだ。
ヴァイオレットはエリカとアイリスから貰った手紙を読み、それが自分が生まれて初めて貰った手紙だと気づき、手紙を貰うのは嬉しいことだと知る。
手紙でスペンサーがヴァイオレットに依頼したいと言っていると知り、ヴァイオレットはスペンサーの依頼を受ける。
依頼内容は妹ルクリアへの手紙であり、ルクリアからスペンサーへの手紙を書いたヴァイオレットに書いてもらわないとダメだと言う。
代筆を終えたあと、ヴァイオレットはこれまでの依頼人のその後を間接的に知り、ギルベルトに言われた「その名が似合う人になるんだ」という言葉を思い出す。
そしてホッジンズの元へ向かい、沢山の人を殺めた自分は生きていても良いのかと尋ねる。
ホッジンズは涙しながら「してきた事は消せない、でも君が自動手記人形としてやってきた事も消えないんだよ」と答えた。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

氷菓(Hyouka)のネタバレ解説まとめ

氷菓とは米澤穂信の小説「古典部シリーズ」をアニメ化したもの。省エネを信条とする主人公「折木 奉太郎」はひょんなことから「古典部」に入部することとなる。好奇心旺盛なヒロイン「千反田 える」、中学生からの腐れ縁「福部 里志」と「伊原 摩耶花」、彼ら4人が神山高校を舞台に数々の事件を推理していく青春学園ミステリー。 アニメは2012年4月から9月まで放送された。

Read Article

Free!(フリー)のネタバレ解説まとめ

「Free!」とは、おおじこうじによる小説『ハイ☆スピード!』を原案とした、京都アニメーション製作のテレビアニメ。原案小説で描かれた小学生時代の出来事を元に高校生になった彼たちの男子水泳部での日々を描く。自然豊かな岩鳶町を舞台とした水泳と青春と絆の物語。 一期では競泳を通じて仲間との絆をつなぐ姿、二期では高校三年生になった主人公たちの進路の問題や夢へ向かう姿など更なる成長がリアルに描かれた。

Read Article

けいおん!(K-ON!)のネタバレ解説まとめ

『けいおん!』はまんがタイムきららに連載されていた、かきふらいによる四コマ漫画が原作のアニメ。 音楽経験の全く無かった高校生平沢唯と個性的な仲間達が織りなす、ほのぼのとしていながらも時折ふっと切なくなる空気系青春バンドストーリーである。 劇中でキャラクター達が結成するバンド「放課後ティータイム」の楽曲のクオリティの高さも相まって社会現象にもなった。

Read Article

小林さんちのメイドラゴン(アニメ・漫画)のネタバレ解説まとめ

「小林さんちのメイドラゴン」はクール教信者による漫画作品を原作とするアニメーション。放送時期は2017年1月12日から2017年4月6日。「ドラゴンでメイド」という、異色のヒロイン・トールと作品の主人公・小林さんの日常を描いた作品。 酔いに酔った小林は山奥に一人で侵入し、トールと出会う。酔った勢いでトールに「うちに来るか?」と尋ねたことから小林は彼女をメイドとして雇うことになる。

Read Article

日常(Nichijou)のネタバレ解説まとめ

『日常』とは、あらゐけいいちのギャグ漫画、及び2011年に京都アニメーションで製作されたアニメーション作品。2012年にはNHKで再放送された。原作漫画は2015年に完結。時定高校に通う「相生祐子」「長野原みお」「水上麻衣」「東雲なの」などのキャラクターを中心に日常を描いた作品。日常と言うタイトルでありながら日常では起こらないような、シュールで疾走感のあるギャグが描かれる。

Read Article

響け!ユーフォニアム(Sound! Euphonium)のネタバレ解説まとめ

武田綾乃による小説、及びそこから派生したアニメ、漫画作品。 2013年12月にシリーズ一作目となる『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ』が刊行。 京都府宇治市の高校を舞台に、吹奏楽に青春をかける男女の姿を描いた作品。 アニメは2015年4月から第一期(全13話)が、2016年10月から第二期(全13話)が放送された。

Read Article

CLANNAD(クラナド)のネタバレ解説まとめ

『CLANNAD』とはゲームブランド"Key"が制作した恋愛アドベンチャーゲーム、及びそこから派生したアニメ作品。 坂道の上にある学園に在籍する不良学生・岡崎朋也が、様々な人と人との"絆"を通して成長していく作品。 2004年4月28日に全年齢対象のPCゲームとして発売され、その後2007年10月4日より京都アニメーション制作によるテレビアニメが放送開始された。

Read Article

けいおん!!(K-ON!!)のネタバレ解説まとめ

けいおん!!(K-ON!!)はまんがタイムきららに連載されていたかきふらいによる四コマ漫画を原作とするアニメの、2010年4月から2010年9月まで放送された第2期である。1期は感嘆符が一つだけだったが、2期では二つ表記されている。 単行本第3巻以降の「3年生編」がベースになっており、メインキャラクター達の卒業までのストーリーが描かれる。

Read Article

ヴァイオレット・エヴァーガーデン(第1話『「愛してる」と自動手記人形』)のあらすじと感想・考察まとめ

戦場で重傷を負い療養をしていたヴァイオレットの元に軍の関係者であったホッジンズが訪ねてくる。ヴァイオレットは戦場で別れた上官の安否を尋ねる。ヴァイオレットは上官からある言葉を残されていた。 今回は「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」第1話『「愛してる」と自動手記人形』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ヴァイオレット・エヴァーガーデン(第2話『戻ってこない』)のあらすじと感想・考察まとめ

ヴァイオレットは自動手記人形の見習いとして仕事を始める。しかし、人の心を察することが出来ないヴァイオレットは大きな失敗をしてしまう。 今回は「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」第2話『戻ってこない』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ヴァイオレット・エヴァーガーデン(第3話『あなたが、良き自動手記人形になりますように』)のあらすじと感想・考察まとめ

ヴァイオレットは自動書記人形育成学校へ通い始めた。タイピングや、学科は優秀な成績を残すが、代筆の授業では上手くいかなかった。そんな時、ヴァイオレットは隣の席になったルクリアが秘めた兄への想いを知る。 今回は「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」第3話『あなたが、良き自動手記人形になりますように』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

アニメライブの先駆者!ゆるゆるアニメなのに大ヒットしたけいおんの魅力に迫る!

2009年4月深夜帯でテレビアニメの放送が開始されると、作中に登場する楽器や楽曲にも注目が集まるなどの大きな反響があった「けいおん!」 その反響は数字としても現れており、テレビアニメ第1期の終了時点で、ポスターなども含めた関連商品の点数は200点以上におよび、TBSの番組としては最多であった『ROOKIES』の103点を倍近く上回っています!そんな「けいおん!」の魅力について考察していきます!

Read Article

目次 - Contents