ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -(映画)のネタバレ解説まとめ

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -』とは、京都アニメーションによって制作された『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の外伝映画作品。2019年9月6日から上映された。自動手記人形として代筆を通して人の心に触れる少女・ヴァイオレットと、その依頼主・イザベラとの出会いから始まる物語。この出会いによって、イザベラが過去に生き別れた妹・テイラーとの未来を結びあわせていく。

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -』の概要

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -』とは、京都アニメーションによって制作された『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の外伝映画作品。2019年9月6日から上映された。Filmarksとぴあの初日満足度ランキングで1位を獲得。週末興行収入ランキングでは、上映館数が少ないながらも初登場6位を獲得した。好評につき、最初は9月6日から三週間限定だったが、四週目以降も一部劇場で上映されることになった。
『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』は暁佳奈によるライトノベル作品。第五回京都アニメーション大賞の大賞受賞作であり、これまでで唯一の大賞受賞作。2018年1月〜4月にかけてアニメ化もされている。また、2020年1月10日に世界同時公開予定であった「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」は京都アニメーションの放火事件の影響で公開日延期となってしまったが、そちらも非常に注目されている目が離せない作品である。
感情を持たない武器として成長してきた元軍人の少女・ヴァイオレットが、少佐・ギルベルトからもらった「愛してる」という言葉の意味を求めて、C.H郵便社で自動手記人形として代筆を介して人の心に触れ、人間らしく成長していく。ヴァイオレットは、家庭教師に向かった先でイザベラという少女に出会う。それがきっかけで物語が始まる。イザベラには生き別れのテイラーという妹がいた。ヴァイオレットを筆頭に、C.H郵便社が二度と会うことのなかったであろうテイラー、イザベラの未来を結びあわせていく。

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -』のあらすじ・ストーリー

舞踏会でヴァイオレットとイザベラが踊っている

名家の子女のみが通うことができる女学園にイザベラ・ヨークと呼ばれている少女が在籍していた。彼女はそこから出ることができず、監獄に閉じ込められているようだと感じていた。
そこへ家庭教師として現れたのがC.H郵便社と言うところで働いているヴァイオレット・エヴァーガーデンだ。ヴァイオレットは普段は代筆を行う自動手記人形として働いているのだが、ヨーク家のような名家からの依頼は断れず4日もかけてはるばるこの地へやってきた。依頼内容は舞踏会がある三ヶ月後までイザベラが立派な淑女になるべく礼儀や作法、常識を教えることだ。
初めて出会った時、イザベラはヴァイオレットをよく思っておらず、用がある時以外話しかけるなと言うほどだった。しかし、気管支が弱いイザベラがひどく咳をしていると、すぐにヴァイオレットは寄り添ってくれ、症状がおさまってイザベラが寝た後も手を握っていてくれた。そんなヴァイオレットの優しさに触れているうちにイザベラは心を開き、友達として接するようになっていった。一緒にお風呂に入ったり、髪を編みあったりと、あくまで主従関係だが友達のような振る舞いも見られるようになっていった。
そんな日々を過ごしているうちに舞踏会の日、ヴァイオレットが女学園を去る日がやってくる。その舞踏会では他の生徒たちも着飾っている中でも、ヴァイオレットの美しさが一見際立っていて、周囲の目を惹きつけていた。イザベラはヴァイオレットに習った通りの踊りができていて二人はとても楽しく踊っていた。そんな楽しかった時間が過ぎ、別れの時がやってきた。
最後にイザベラはヴァイオレットにある手紙の依頼をする。そこでヴァイオレットはイザベラの過去を知ることになる。

テイラーとエイミーの別れ

エイミー・バートレット(後のイザベラ・ヨーク)は娼婦街で一人、貧相な生活をしていた。盗品を売ったり、作り物の花を売ったりして暮らしていた。
そんなある日、一人の捨て子の少女テイラーと出会う。そこでエイミーは、親もいなくて貧相な生活を強いられるこの世界への復讐だと言ってテイラーを妹として、絶対に真っ当な生き方を与えてやると決意する。生活が苦しく、環境も最悪だったが、そこには笑顔があった。
そんな中、突如エイミーの父親を名乗る者がエイミー達の家に訪ねてきた。その人はヨーク家の当主でエイミーの母親の愛人、正真正銘の父親だった。その父親はエイミーに対して、今の名前やここでの関係を捨ててヨーク家に来いというのだ。なぜ急にこんな話を持ちかけてきたかというと、後継人が病気で全員倒れてしまったからだそうだ。エイミーの父親はヨーク家へ来る交換条件としてテイラーを孤児院へ入れることを確約してくれる。それを聞いたエイミーは、テイラーのためにも自分を売ることを決める。テイラーはイザベラと離れることに悲しみ、泣きじゃくるが、イザベラの決断が変わることはない。
ここからエイミー・バートレットはイザベラ・ヨークとして第二の人生を送ることになる。

ベネディクトがテイラーに手紙を届けにきた

ある日、孤児院に在籍しているテイラーの元へ二通の手紙がヴァイオレットの同僚で、C.H郵便社で郵便配達人として働いているベネディクトによって届けられた。テイラーはまだ文字を読むことができず、ベネディクトに読んでもらう。
一通はヴァイオレットからの手紙であり、「何か困ったことがあったら私を訪ねて」という内容のものだった。もう一通は差出人不明だった。こちらの内容は、「魔法の言葉を授けます。ただ『エイミー』と唱えてください。」という短いものだった。それを聞いたテイラーは、エイミーと過ごしていた時の事を思い出し、泣いてしまう。この手紙がテイラーの将来を変えることになる。
三年後、テイラーはヴァイオレットからもらった手紙を頼りにC.H郵便社を訪れる。そこでテイラーはC.H郵便社の社長、クラウディア・ホッチンズにここで働かせて欲しいと懇願する。ホッチンズは孤児院がこんなに幼い少女を一人で遠くまで行かせるはずがないとテイラーに問いただした。テイラーは孤児院を抜け出してきたことを白状する。ホッチンズは孤児院へ連絡を入れるとともに、少しの間だけここで自動手記人形の手伝いをする許可をくれる。だがテイラーは、ここに来たのは郵便配達人になりたいからだと言い出す。ベネディクトはこんな幼いガキにできる仕事じゃないと言うが、ホッチンズやヴァイオレットに頼まれて郵便配達人の仕事をテイラーに教えることになる。
テイラーは一日一緒に街を回り、ベネディクトが一切地図も見ずに配達している様子を見て尊敬の意を持つ。そこからベネディクトのことを師匠と呼ぶ。仕事を教えてもらった帰り、テイラーはベネディクトに何故郵便配達人になりたいのかと尋ねられる。テイラーは「郵便配達人が運ぶのは幸せだから!」と満面の笑みで答える。
C.H郵便社に帰ってきた後、ベネディクトはテイラーに文字が読めないのかと尋ねる。まさにその通りで、テイラーは今日の配達でも数字しか読めていなかった。その会話を聞いていたヴァイオレットは文字を教えてくれると言う。さっきまで気持ちが沈んでいたテイラーはその一言を聞いてヴァイオレットに飛びつきながら喜んだ。それから少しの間、ヴァイオレットはテイラーと共に配達に出て、文字の勉強に付き合った。
そんなある日、ヴァイオレットの友人であり、テイラーの姉のエイミーの話になる。テイラーはどんな風に彼女と過ごしていたのか、幼すぎてほとんど覚えていなかったことを嘆く。そこでヴァイオレットはエイミーに手紙を出すことを提案した。まだ文字を書けないテイラーは躊躇うが、ヴァイオレットは自動手記人形の私にやらせてくれと助力を申し出て後押しする。そこで初めてテイラーはヴァイオレットに手伝ってもらいながら、エイミーに手紙を書くことになる。

エイミーの話をしているテイラーとヴァイオレット

手紙を書いた翌日、テイラーとヴァイオレットはベネディクトにその手紙を届けて欲しいと伝える。だが、イザベラの住所がわからなかったのだ。友達のヴァイオレットは手紙を送りあっていたが返事が来なくなり、同様に住所がわからなくなっていた。C.H郵便社一行は、イザベラはどこかへ嫁いでしまったのだと推測する。そこでベネディクトは配達することを渋るが、ヴァイオレットやホッチンズの後押しもあり、ホッチンズから新しい配達用の乗り物を買ってもらうことを交換条件に引き受けてくれた。
ベネディクトはシラミ潰しに電話で情報を聞き出し、絞り出していく。名家の嫁ぎ先なんてそこまで数はないと言いながらも、疲労があらわになる程に苦労していた。そんな時にベネディクト宛に情報提供の手紙が届き、そこからイザベラの住所を突き止めることに成功した。
テイラーは配達するベネディクトについていった。テイラーはヴァイオレットに、手紙を書く提案をして手伝ってくれたことに対する感謝を伝え、出発する。到着したのは名家の嫁ぎ先にふさわしい豪邸だった。イザベラは滅多にそこからは出てこず、出てくるときの時間帯が決まっているらしい。これはベネディクトの情報網によるものだ。その時を茂みから覗きながら待っていると案の定、イザベラは出てきた。ベネディクトが手紙を渡しにいくが、会いたくても会えなかったエイミーを前に、テイラーは茂みに隠れたままだった。手紙を見たイザベラはこみ上げる感情を抑えきれず号泣してしまう。手紙の内容は、「私はテイラー・ヴァートレット、エイミー・ヴァートレットの妹です。」というものだった。涙を流すイザベラを見て、ベネディクトもテイラーも感極まって泣いていた。その後、イザベラはベネディクトに対し、テイラーに手紙を書くことを宣言する。それを聞き届けベネディクトはその場を後にし、テイラーと合流して帰路につく。
ベネディクトは会わなくてよかったのかとテイラーに尋ねるが、テイラーは立派な郵便配達人になって自分で手紙を届けに行くと決意するように口にする。エイミーの自分を犠牲にしてヨーク家に引き取られてでもテイラーに真っ当な生きかたをさせたかったという気持ちに応えるべくした決断だ。それに対してベネディクトは「郵便配達人が届けるのは幸せだもんな。」と前にテイラーが言った言葉で返した。
その後、テイラーはエヴァーガーデン家に養子として引き取ってもらえることになった。そこで文字の練習をして働ける歳になったらまたC.H郵便社で働くのだと言う。

テイラーがエイミーを見守る

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -』の登場人物・キャラクター

ヴァイオレット・エヴァーガーデン

CV:石川由依

この作品の主人公。容姿端麗で周りを魅了するような美しさを持っている。幼い頃から軍で感情の持たない武器として育てられ、そこで戦争を経験している。戦争での活躍は目覚ましく、単独で一個分隊に匹敵する戦闘能力を持っていたが、大戦時の戦傷で両腕を失い義手をしている。戦争が終結し、退役後はC.H郵便社で自動手記人形として働いている。働いているうちに手紙を介して人の心に触れ、人間味は増してきているが、その境遇から感情表現が乏しい。
名家であるヨーク家からの依頼を断ることができず、イザベラの家庭教師をすることになった。イザベラと過ごしているうちに友達関係となり、別れの日に書いた手紙の代金は友達だから受け取りたくないと言っていた。その時にヴァイオレット自身もテイラーに手紙を書き、友達の妹を気にかけるような良心に満ちた行動をとった。三年後テイラーが訪れた時も、文字を書けないテイラーに教えたり、生活の世話をしたり、エイミーに手紙を書くことを提案し、テイラーとエイミーの絆をつなぐ架け橋となった。

エイミー・バートレット/イザベラ・ヨーク

CV:寿 美菜子

ヨーク家の跡取りとその愛人の間に生まれた。エイミー・バートレットとして母親と共に暮らしていた。母が死亡した後は盗人となって一人で貧しい生活をしていた。ある日テイラーと出会い、姉として共に暮らすことになる。一年後、エイミーの前に父親が訪れ、エイミーはヨーク家の跡取り娘として引き取られ、そこからイザベラ・ヨークと名前を変えて女学園に通っていた。
ある日、そこに家庭教師として訪れたヴァイオレットに礼儀作法を学びながら友人関係になっていった。ヴァイオレットの家庭教師が終わってからも手紙のやり取りを行なっていたが、イザベラが嫁いだことを境に交流が途絶える。嫁ぎ先に郵便配達人として来たベネディクトからテイラーによる手紙を受け取り、その後テイラーに手紙を書くことを決める。

テイラー・バートレット

CV:悠木碧

元気一杯な女の子。
親に捨てられていたところでエイミーと出会い、妹として一緒に暮らす。一年後、エイミーがヨーク家の後継人として引き取られることを交換条件に孤児院に入れることになった。
ある日、ベネディクトによってヴァイオレットとイザベラから手紙が届けられる。それがきっかけでテイラーは郵便配達人になることを夢見るようになった。そして三年後に「何か困ったことがあったら私を訪ねて」というヴァイオレットの手紙を頼りにC.H郵便社を訪れる。
郵便配達人になることが夢だったテイラーは社長に頼みこみ、少しの間働かせてもらえることになった。そこでベネディクトを尊敬し、師匠と呼ぶようになる。その後、テイラーは文字が読めなかったので、ヴァイオレットに教えてもらいながら業務に勤しんだ。
そこでヴァイオレットからエイミーに手紙を出すことを提案され、ヴァイオレットに手伝ってもらいながら手紙を書く。ベネディクトと共に、エイミーの元へ手紙を届けに行ったが、会うことはせず、そこで立派な郵便配達人になって自分で手紙を届けに行くことを誓う。その後、エヴァーガーデン家に養子としてもらい、そこで文字を勉強しながら働ける年齢になったら郵便配達人になることを夢見ている。

ベネディクト・ブルー

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ヴァイオレット・エヴァーガーデン(Violet Evergarden)のネタバレ解説まとめ

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』とは、暁佳奈によるライトノベル作品。京都アニメーションによりアニメ化された。京都アニメーションが開催している「京都アニメーション大賞」で初めて大賞を受賞した。心を持たない少女・ヴァイオレット・エヴァーガーデンは、大切な人に残された言葉を理解するため、「自動手記人形」と呼ばれる代筆屋の仕事に就く。ヴァイオレットは依頼人との出会いから少しずつ人間らしい心を育み、敬愛する上官「ギルベルト」が残した「愛してる」の意味を知る。

Read Article

ヴァイオレット・エヴァーガーデン(第2話『戻ってこない』)のあらすじと感想・考察まとめ

ヴァイオレットは自動手記人形の見習いとして仕事を始める。しかし、人の心を察することが出来ないヴァイオレットは大きな失敗をしてしまう。 今回は「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」第2話『戻ってこない』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ヴァイオレット・エヴァーガーデン(第3話『あなたが、良き自動手記人形になりますように』)のあらすじと感想・考察まとめ

ヴァイオレットは自動書記人形育成学校へ通い始めた。タイピングや、学科は優秀な成績を残すが、代筆の授業では上手くいかなかった。そんな時、ヴァイオレットは隣の席になったルクリアが秘めた兄への想いを知る。 今回は「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」第3話『あなたが、良き自動手記人形になりますように』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ヴァイオレット・エヴァーガーデン(第1話『「愛してる」と自動手記人形』)のあらすじと感想・考察まとめ

戦場で重傷を負い療養をしていたヴァイオレットの元に軍の関係者であったホッジンズが訪ねてくる。ヴァイオレットは戦場で別れた上官の安否を尋ねる。ヴァイオレットは上官からある言葉を残されていた。 今回は「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」第1話『「愛してる」と自動手記人形』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

氷菓(Hyouka)のネタバレ解説まとめ

氷菓とは米澤穂信の小説「古典部シリーズ」をアニメ化したもの。省エネを信条とする主人公「折木 奉太郎」はひょんなことから「古典部」に入部することとなる。好奇心旺盛なヒロイン「千反田 える」、中学生からの腐れ縁「福部 里志」と「伊原 摩耶花」、彼ら4人が神山高校を舞台に数々の事件を推理していく青春学園ミステリー。 アニメは2012年4月から9月まで放送された。

Read Article

小林さんちのメイドラゴン(アニメ・漫画)のネタバレ解説まとめ

「小林さんちのメイドラゴン」はクール教信者による漫画作品を原作とするアニメーション。放送時期は2017年1月12日から2017年4月6日。「ドラゴンでメイド」という、異色のヒロイン・トールと作品の主人公・小林さんの日常を描いた作品。 酔いに酔った小林は山奥に一人で侵入し、トールと出会う。酔った勢いでトールに「うちに来るか?」と尋ねたことから小林は彼女をメイドとして雇うことになる。

Read Article

涼宮ハルヒの憂鬱(アニメ)のネタバレ解説まとめ

『涼宮ハルヒの憂鬱』とは、谷川流原作のライトノベルであり、また「涼宮ハルヒの憂鬱」を含む涼宮ハルヒシリーズを原作としたTVアニメである。 同作品は、ごく普通の男子高校生キョンの視点から、クラスメイトである涼宮ハルヒが巻き起こす非日常を描いたアニメである。 主題歌「ハレ晴レユカイ」は、キャッチーなメロディに加え、キャラクターが踊るダンスも注目され、動画投稿サイトに『踊ってみた』関連の動画が溢れるほど大きな反響をよんだ。

Read Article

日常(Nichijou)のネタバレ解説まとめ

『日常』とは、あらゐけいいちのギャグ漫画、及び2011年に京都アニメーションで製作されたアニメーション作品。2012年にはNHKで再放送された。原作漫画は2015年に完結。時定高校に通う「相生祐子」「長野原みお」「水上麻衣」「東雲なの」などのキャラクターを中心に日常を描いた作品。日常と言うタイトルでありながら日常では起こらないような、シュールで疾走感のあるギャグが描かれる。

Read Article

響け!ユーフォニアム(Sound! Euphonium)のネタバレ解説まとめ

武田綾乃による小説、及びそこから派生したアニメ、漫画作品。 2013年12月にシリーズ一作目となる『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ』が刊行。 京都府宇治市の高校を舞台に、吹奏楽に青春をかける男女の姿を描いた作品。 アニメは2015年4月から第一期(全13話)が、2016年10月から第二期(全13話)が放送された。

Read Article

CLANNAD(クラナド)のネタバレ解説まとめ

『CLANNAD』とはゲームブランド"Key"が制作した恋愛アドベンチャーゲーム、及びそこから派生したアニメ作品。 坂道の上にある学園に在籍する不良学生・岡崎朋也が、様々な人と人との"絆"を通して成長していく作品。 2004年4月28日に全年齢対象のPCゲームとして発売され、その後2007年10月4日より京都アニメーション制作によるテレビアニメが放送開始された。

Read Article

けいおん!!(K-ON!!)のネタバレ解説まとめ

けいおん!!(K-ON!!)はまんがタイムきららに連載されていたかきふらいによる四コマ漫画を原作とするアニメの、2010年4月から2010年9月まで放送された第2期である。1期は感嘆符が一つだけだったが、2期では二つ表記されている。 単行本第3巻以降の「3年生編」がベースになっており、メインキャラクター達の卒業までのストーリーが描かれる。

Read Article

Free!(フリー)のネタバレ解説まとめ

「Free!」とは、おおじこうじによる小説『ハイ☆スピード!』を原案とした、京都アニメーション製作のテレビアニメ。原案小説で描かれた小学生時代の出来事を元に高校生になった彼たちの男子水泳部での日々を描く。自然豊かな岩鳶町を舞台とした水泳と青春と絆の物語。 一期では競泳を通じて仲間との絆をつなぐ姿、二期では高校三年生になった主人公たちの進路の問題や夢へ向かう姿など更なる成長がリアルに描かれた。

Read Article

けいおん!(K-ON!)のネタバレ解説まとめ

『けいおん!』はまんがタイムきららに連載されていた、かきふらいによる四コマ漫画が原作のアニメ。 音楽経験の全く無かった高校生平沢唯と個性的な仲間達が織りなす、ほのぼのとしていながらも時折ふっと切なくなる空気系青春バンドストーリーである。 劇中でキャラクター達が結成するバンド「放課後ティータイム」の楽曲のクオリティの高さも相まって社会現象にもなった。

Read Article

アニメライブの先駆者!ゆるゆるアニメなのに大ヒットしたけいおんの魅力に迫る!

2009年4月深夜帯でテレビアニメの放送が開始されると、作中に登場する楽器や楽曲にも注目が集まるなどの大きな反響があった「けいおん!」 その反響は数字としても現れており、テレビアニメ第1期の終了時点で、ポスターなども含めた関連商品の点数は200点以上におよび、TBSの番組としては最多であった『ROOKIES』の103点を倍近く上回っています!そんな「けいおん!」の魅力について考察していきます!

Read Article

目次 - Contents