劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデンのネタバレ解説・考察まとめ

『劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン』とは、人気アニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の完全新作映画。2019年に公開された『外伝-永遠と自動手記人形-』に続く最終章である。
孤児として生まれ戦争中に拾われ、幼い頃から兵士として戦い、人の感情が分からないまま育ったヴァイオレット。
そんな中人として育てられた少佐から最後にもらった「あいしてる」という言葉の意味を知るために、手紙を代筆する自動手記人形を通じて人の心と触れ合い、成長していく物語。

『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の概要

ヴァイオレット・エヴァーガーデン

『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』とは、2015年より暁佳奈がKAスマ文庫から刊行した全4巻小説、およびそれを原作としたアニメ作品である。
原作応募企画「京都アニメーション大賞」初の大賞受賞作。全10回行われているが、現在まで唯一の大賞受賞作品である。2018年1月から4月までテレビアニメ化もされ、国内外高い評価を受けた。
2019年9月6日に3週間限定として『ヴァイオレット・エヴァーガーデン外伝―永遠と自動手記人形―』が上映された。大好評につき一部劇場では、上映期間の延長もあった。
2019年4月に完結編、劇場版第2段を2020年1月10日に世界同時公開予定と発表されたが、2019年7月18日に発生した京都アニメーション放火事件の影響もあり、2019年9月に公開日の延期が発表される。
一時期は制作中止の懸念もされたが、事件から3か月後の2019年10月18日に行われた記者会見の際、代表取締役社長の八田英明から2020年4月以降の公開を目指して制作中と表明。2019年11月9日公式サイトより4月24日を公開日と発表される。
しかし、新型コロナウイルス感染症の流行拡大を受け、2020年4月6日に2度目の延期のアナウンスがあった。2020年4月より、再放送していたテレビアニメ最終回のCMにて劇場版予告動画が初公開され、同年9月18日に公開予定と発表。公開17日間で11億円を突破し大ヒットを生んでいる。

孤児として生まれ、戦争中に拾われた少女「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」は、その激しい戦闘能力を兵器として使われることになる。
そして、周りから下される命令によって、彼女の人間らしさというものを奪い去っていく。その中でも少女を人間らしく育て上げたギルベルト・ブーゲンビリア陸軍少佐。彼は、まだ幼い少女を一人の女性として想いを寄せていた。
激化する戦場で甚大な被害を負った少女は両手を失い、義手とともに人生を歩むことになる。
そんな少女が、戦場で行方不明になったギルベルト・ブーゲンビリア陸軍少佐から最後に伝えられた「愛している」という言葉の意味を知るために、「自動手記人形」として仕事をしながら、たくさんの人のさまざまな気持ちに触れていく物語。

『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』のあらすじ・ストーリー

ヴァイオレット・エヴァーガーデン

手紙から過去を巡るお話

曾祖母の祖母への手紙を読み涙するデイジー

海の感謝祭の式典に呼ばれた、C.H郵便社の面々のカトレア・ボードレール、アイリス・カナリー、ベネディクト・ブルー、ヴァイオレット・エバーガーデン

表情の冴えないヴァイオレット・エバーガーデンを心配そうに見つめるクラウディア・ホッジンズ

デイジーは母親にうまく想いが伝えられない。ヴァイオレットの代筆で交された祖母と曾祖母の絆を思い、彼女の足跡を訪ねる旅で出るシーンから物語が始まりる。
祖母が亡くなり、お葬式に参列するため両親と共に訪れたデイジー。一通り終わった後、思い出話に花が咲くことなく、医者の仕事を理解しつつも優先させた両親に厳しい言葉を投げかける。デイジーは後悔するも、すぐに謝ることができないまま二人は職場へと戻っていった。

一人家に残ったデイジー、偶然見つけた若くして死んだ曾祖母の祖母への手紙を読み、手紙を代筆した「自動手記人形・ヴァイオレット・エヴァーガーデン」という人物が書く手紙の想いが溢れる内容に興味がわいた。
そして彼女の人生を知ろうとC.H郵便社があったライデンに旅立った。

ヴァイオレットがC.H郵便社のドールになって5年。沢山の代筆をこなし、感謝祭の文章で賞を受賞し、市長から称賛されるほど今では社の人気ドールになり、過去に嫌われていたエリカやアイリスからも今や憧れの的となる。
しかし、戦場で別れたギルベルト少佐の言葉「愛している」を思い出し、思慕が募り手紙を書く日々で、表情は冴えないまま。そんな日が続いても、社長のホッジンズや先輩ドールのカトレアがヴァイオレットのことを心配しながら暖かく見守っていた。

戦争をともにしたギルベルト少佐を想いながら、日々、自動手記人形として手紙を代筆するヴァイオレット。実績や功績で一躍有名となっていた彼女は、国の行事で用いる讃歌を執筆する役割に推薦された。
しかし、彼女は自分が書いた讃歌と自分の心情には、なにひとつ関連性がないという思いでいた。それは、大勢の人を殺めてきた過去が、彼女の心の足かせとなっているからだった。

大きな行事で街が盛り上がりを見せる中、ヴァイオレットはどこか浮かない顔をしていた。
そこで、彼女はかつての同僚エリカ・ブラウンと会う。
その元同僚は、小説家になりたいという夢を持ち続けながら自動手記人形として働いていた。
夢を強く願い想いを叶えるために自動手記人形を退職し、以前ヴァイオレットが仕事で関わった、劇作家の紹介を受け弟子として働いていた。
エリカ・ブラウンの充実した顔を見てヴァイオレットは、どれだけ願っても「少佐に会いたい」という願望は叶わないのだろうかと虚無感を抱いていた。そして、少佐から最後にもらった「愛している」という言葉がずっと頭の片隅にいた。

ディートフリートとの邂逅。余命僅かな少年ユリスとの出会い

墓参りをするヴァイオレット・エバーガーデン

ヴァイオレット・エバーガーデンと偶然タイミングで墓参りに訪れたディートフリート・ブーゲンビリア

依頼人ユリス

ユリスと依頼を受ける約束(指切り)をするヴァイオレット・エバーガーデン

ギルベルトの母親の月命日。ヴァイオレットは墓参りに訪れていた。
そこで同じく墓参りに来ていた、ギルベルトの兄ディートフリートに出会う。
未だにギルベルトのことを想い続けているヴァイオレットに「戦争が終わって何年にもなる。もうギルベルトのことは忘れなさい」と諭される。
しかしヴァイオレットは「生きている限り無理です」と返した。こうやって月命日に墓参りをするというのは、戦場で命の重さを知った者でなければできない。この重さがギルベルトへの想いに繋がっている。
この時先に立ち去ったヴァイオレットはリボンを落とす。そのリボンをディートフリートが拾うも、既にその場から姿を消していた。

ヴァイオレットは、休日にも関わらずそのままC.H郵便社へ向かい予約で待っている依頼をこなそうとしていた。
会社のみんなには、多忙な彼女を心配して休むように言われていたが、予約で待っている人やギルベルトのことを考えるとプライベートより仕事を選んだ。
そこへ、1本の電話がかかる。内容はドールへ手紙の代筆依頼。
休日のため、本来は日を改めて連絡することを伝えるが、電話の主が少年であることに、ヴァイオレットは気がつき依頼を受ける。

少年が呼び出した先は病院。
名前をユリスと言う。依頼内容を聞こうとすると、部屋から隠れるように言われ慌てながらもベットの下に潜る。
ユリスの両親と弟が見舞いにやって来た。心配する家族を他所に、ユリスは無愛想な態度をとり家族を早々に追い出す。

その際、母親からユリスの友達リュカが会いたがっていると言い残すが、お見舞いに来ることを拒む。
ユリスの家族が去ったのを確認し、ヴァイオレットは隠れるように指示した理由を尋ねる。
手紙を書いて欲しいのは家族であり、それを知られたくないためと説明する。
病気のため3度も手術をし、長くは生きられないと自ら悟った残り短い命。自分が死んだ後にその手紙を渡して欲しいと話す。
ヴァイオレットは後日代筆をする約束をし、病院から会社へ戻った。

会社の前でホッジンス、ベネディクトと偶然会い、ヴァイオレットはどうやって休日出勤を誤魔化そうか困っていると、そこにディートフリートが現れる。
予想外の来訪者にホッジンズは警戒心を強めるが、ディートフリートは墓地で落としたヴァイオレットのリボンを彼女に渡す。
それが縁で、ブーゲンビリア家が所有する船を処分するため、ヴァイオレットへそこにあるギルベルトの所持品を譲ると言い、見に来るよう伝える。
ヴァイオレットは素直に喜ぶが、ホッジンズはかつて武器として扱い戦いを強制させていたディートフリートを快く思わず、2人が会うことは大反対だった。

そのことをカトレアに相談するも、変わりつつあるディートフリートとヴァイオレットは、今なら良い関係になると諭され、ホッジンズは渋々納得せざるを得なかった。
後日、彼の招待でギルベルトの思い出が詰まったヨットを訪れることになる。

ヨットを訪れるとギルベルト少佐の想い出の品が一杯だった。ディートフリートが、今だから話せるとギルベルトへの想いを語った。

ユリス最後の依頼と宛先不明の手紙

ディートフリートの所有する船でギルベルトの話をするディートフリート・ブーゲンビリアとヴァイオレット・エバーガーデン

カトレアのアドバイスもあり、ヴァイオレットはギルベルト・ブーゲンビリア宛ての手紙を書く

博物館を訪れるデイジー

ヴァイオレットにギルベルトの所有物を譲り渡すディートフリートは、墓地でギルベルトを忘れるよう言ったことを謝罪する。
未だにギルベルトのことを忘れられないディートフリートは彼に家のことをすべて押し付けてしまったと打ち明ける。
ブーゲンビリア家は代々陸軍に関わり、地位を築いてきており、ギルベルトとディートフリートの父も当然のように2人を陸軍に入隊させようと考えていた。

しかし、ディートフリートはそんな父に反発し海軍に入隊、破門当然で家を出た。残されたギルベルトはディートフリートの代わりに陸軍に入隊し、家のことと全てを引き受ける。
ディートフリートはその事を後悔していた。

数日後、ユリスのいる病院へ行き、家族への手紙を代筆する。
しかし、ヴァイオレットは自分から聞かず、ユリスからの言葉を待ち続ける。
ユリスは「あなた変わっている。何も聞かない、同情は嫌だ!」と言った。
何も質問されなかったことが、ユリスはヴァイオレットが同情で依頼を受けたと思った。

心の傷に触れるときは言葉でなく沈黙の愛情しかない。腕を失っているヴァイオレットは、そのことを知っていた。
両親と弟への手紙を書き帰ろうとすると、もう1通書いて欲しいという。見舞いを断った親友リュカへ。
病で弱る姿を見せたくないため、今まで親友を遠ざけていた。

「それは自分の言葉伝えたほうが良い。私に愛を教えてくれた人へ伝えたいことを言えなかったから。あなたの想いはできる限り手紙にしますが…」とユリスの背中を押す。
答えるようにユリスはリュカへの想いを手紙にする決心を決める。
だがその直後ユリスは急変し、苦しみだす。慌ててヴァイオレットは看護師を呼び、対応されたユリスは眠ってしまったため、日を改めて伺うことを選んだ。

ある日、ホッジンズから頼まれたベネディクトは宛先不明で未配達の郵便物の整理をしていた。
そこに、ギルベルトの筆跡に酷似した宛先不明の手紙が見つかった。急いでホッジンズはディートフリート確認を取る。
手紙を見たディートフリートも見覚えのある筆跡と言い、2人とも生存していることに希望の光が宿った。
その夜、ホッジンズはヴァイオレットの部屋を訪ね、ギルベルトが生きている可能性を伝える。

想い人に会える喜びと同時に、何を話せば良いか不安に思うヴァイオレット。
ヴァイオレットは「何を伝えたらいいのか?」と悩んだ。「手紙を書きなさい」とその場にいたカトレアがアドバイスした。
彼の生存を確かめるため切手から判断し、戦争の傷が残る寂しい島エカルテ島と推理する。
ヴァイオレットは、ホッジンズとともギルベルトを探す旅に出た。
そしてユリスから依頼されている3通目を書き上げることなく向かうこととなった。

現代のデイジーはヴァイオレットの痕跡を探し、ライデン市を訪れる。
電話の普及につれ使用頻度の落ちた郵便事業は国営化された。いくつもあった郵便社は無くなってゆき、C.H郵便社の社屋は郵便の歴史を今に伝える博物館と役割が変化していた。

博物館でデイジーは、展示されている記念切手に目が止まる。案内役をしている、かつてC.H郵便社で働いていたと話す老婆から、記念切手にまつわる話を教えてくれた。

エカルテ島で待つ物語の終焉

ギルベルト・ブーゲンビリアに会うのを拒まれるヴァイオレット・エバーガーデン

ヴァイオレット・エバーガーデンと頑なに会うことを拒むギルベルト・ブーゲンビリア

rina dora6
rina dora6
@go-110274135592358693432

Related Articles関連記事

ヴァイオレット・エヴァーガーデン(Violet Evergarden)のネタバレ解説・考察まとめ

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』とは、暁佳奈によるライトノベル作品。京都アニメーションによりアニメ化された。京都アニメーションが開催している「京都アニメーション大賞」で初めて大賞を受賞した。心を持たない少女・ヴァイオレット・エヴァーガーデンは、大切な人に残された言葉を理解するため、「自動手記人形」と呼ばれる代筆屋の仕事に就く。ヴァイオレットは依頼人との出会いから少しずつ人間らしい心を育み、敬愛する上官「ギルベルト」が残した「愛してる」の意味を知る。

Read Article

ヴァイオレット・エヴァーガーデン(第2話『戻ってこない』)のあらすじと感想・考察まとめ

ヴァイオレットは自動手記人形の見習いとして仕事を始める。しかし、人の心を察することが出来ないヴァイオレットは大きな失敗をしてしまう。 今回は「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」第2話『戻ってこない』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ヴァイオレット・エヴァーガーデン(第1話『「愛してる」と自動手記人形』)のあらすじと感想・考察まとめ

戦場で重傷を負い療養をしていたヴァイオレットの元に軍の関係者であったホッジンズが訪ねてくる。ヴァイオレットは戦場で別れた上官の安否を尋ねる。ヴァイオレットは上官からある言葉を残されていた。 今回は「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」第1話『「愛してる」と自動手記人形』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ヴァイオレット・エヴァーガーデン(第3話『あなたが、良き自動手記人形になりますように』)のあらすじと感想・考察まとめ

ヴァイオレットは自動書記人形育成学校へ通い始めた。タイピングや、学科は優秀な成績を残すが、代筆の授業では上手くいかなかった。そんな時、ヴァイオレットは隣の席になったルクリアが秘めた兄への想いを知る。 今回は「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」第3話『あなたが、良き自動手記人形になりますように』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -』とは、京都アニメーションによって制作された『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の外伝映画作品。2019年9月6日から上映された。自動手記人形として代筆を通して人の心に触れる少女・ヴァイオレットと、その依頼主・イザベラとの出会いから始まる物語。この出会いによって、イザベラが過去に生き別れた妹・テイラーとの未来を結びあわせていく。

Read Article

けいおん!!(第2期)のネタバレ解説・考察まとめ

けいおん!!(K-ON!!)はまんがタイムきららに連載されていたかきふらいによる四コマ漫画を原作とするアニメの、2010年4月から2010年9月まで放送された第2期である。1期は感嘆符が一つだけだったが、2期では二つ表記されている。 単行本第3巻以降の「3年生編」がベースになっており、メインキャラクター達の卒業までのストーリーが描かれる。

Read Article

響け!ユーフォニアム(Sound! Euphonium)のネタバレ解説・考察まとめ

武田綾乃による小説、及びそこから派生したアニメ、漫画作品。 2013年12月にシリーズ一作目となる『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ』が刊行。 京都府宇治市の高校を舞台に、吹奏楽に青春をかける男女の姿を描いた作品。 アニメは2015年4月から第一期(全13話)が、2016年10月から第二期(全13話)が放送された。

Read Article

日常(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『日常』とは、あらゐけいいちのギャグ漫画、及び2011年に京都アニメーションで製作されたアニメーション作品。2012年にはNHKで再放送された。原作漫画は2015年に完結。時定高校に通う「相生祐子」「長野原みお」「水上麻衣」「東雲なの」などのキャラクターを中心に日常を描いた作品。日常と言うタイトルでありながら日常では起こらないような、シュールで疾走感のあるギャグが描かれる。

Read Article

氷菓(Hyouka)のネタバレ解説・考察まとめ

氷菓とは米澤穂信の小説「古典部シリーズ」をアニメ化したもの。省エネを信条とする主人公「折木 奉太郎」はひょんなことから「古典部」に入部することとなる。好奇心旺盛なヒロイン「千反田 える」、中学生からの腐れ縁「福部 里志」と「伊原 摩耶花」、彼ら4人が神山高校を舞台に数々の事件を推理していく青春学園ミステリー。 アニメは2012年4月から9月まで放送された。

Read Article

けいおん!(第1期)のネタバレ解説・考察まとめ

『けいおん!』はまんがタイムきららに連載されていた、かきふらいによる四コマ漫画が原作のアニメ。 音楽経験の全く無かった高校生平沢唯と個性的な仲間達が織りなす、ほのぼのとしていながらも時折ふっと切なくなる空気系青春バンドストーリーである。 劇中でキャラクター達が結成するバンド「放課後ティータイム」の楽曲のクオリティの高さも相まって社会現象にもなった。

Read Article

Free!(フリー)のネタバレ解説・考察まとめ

『Free!』とは、おおじこうじによる小説『ハイ☆スピード!』を原案とした、京都アニメーション製作のテレビアニメ。原案小説で描かれた小学生時代の出来事を元に、高校生になったキャラたちの男子水泳部での日々を描く。自然豊かな岩鳶町を舞台とした水泳と青春と絆の物語。 一期では競泳を通じて仲間との絆をつなぐ姿、二期では高校三年生になった主人公たちの進路の問題や夢へ向かう姿、三期では各々夢に向かって邁進し成長して行く姿がリアルに描かれた。

Read Article

CLANNAD(クラナド)のネタバレ解説・考察まとめ

『CLANNAD』とはゲームブランド"Key"が制作した恋愛アドベンチャーゲーム、及びそこから派生したアニメ作品。 坂道の上にある学園に在籍する不良学生・岡崎朋也が、様々な人と人との"絆"を通して成長していく作品。 2004年4月28日に全年齢対象のPCゲームとして発売され、その後2007年10月4日より京都アニメーション制作によるテレビアニメが放送開始された。

Read Article

涼宮ハルヒの憂鬱(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『涼宮ハルヒの憂鬱』とは、谷川流原作のライトノベルであり、また「涼宮ハルヒの憂鬱」を含む涼宮ハルヒシリーズを原作としたTVアニメである。 同作品は、ごく普通の男子高校生キョンの視点から、クラスメイトである涼宮ハルヒが巻き起こす非日常を描いたアニメである。 主題歌「ハレ晴レユカイ」は、キャッチーなメロディに加え、キャラクターが踊るダンスも注目され、動画投稿サイトに『踊ってみた』関連の動画が溢れるほど大きな反響をよんだ。

Read Article

映画けいおん!のネタバレ解説・考察まとめ

『映画けいおん!』とは、かきふらいによる4コマ漫画作品が原作のアニメ映画である。軽音楽部を舞台にした学園コメディー作品。女性キャラが中心であり、友情を感じる名言・名セリフが多く存在し、楽曲とともに高い評価を得ている。本作はTVアニメシリーズでは描かれなかった「卒業旅行」をテーマとした話である。 卒業を控えた軽音部3年生4人は、教室で同級生たちが「卒業旅行」を企画していることを知り、軽音部も行こうとなる。くじの結果「ロンドン」に行くことに。ロンドンで軽音部の繰り広げるゆるやか部活ライフを描く。

Read Article

小林さんちのメイドラゴン(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

「小林さんちのメイドラゴン」はクール教信者による漫画作品を原作とするアニメーション。放送時期は2017年1月12日から2017年4月6日。「ドラゴンでメイド」という、異色のヒロイン・トールと作品の主人公・小林さんの日常を描いた作品。 酔いに酔った小林は山奥に一人で侵入し、トールと出会う。酔った勢いでトールに「うちに来るか?」と尋ねたことから小林は彼女をメイドとして雇うことになる。

Read Article

中二病でも恋がしたい!(中二恋)のネタバレ解説・考察まとめ

『中二病でも恋がしたい!』とは、KSエスマ文庫第一弾として刊行された虎虎のライトノベルおよびそれを原作としたアニメ作品である。ジャンルはラブコメディー。 元中二病の主人公富樫勇太と現役中二病のヒロイン小鳥遊六花を中心に展開される愉快な日常や恋模様を描く。 中二病を活かした本作ならではのコメディパートや中二病モードと素の性格とのギャップを見せる魅力的なキャラクター、中二病による妄想世界と現実世界との折り合いがつけられず葛藤する六花とそこから展開される感動的なストーリーが本作の主な魅力である。

Read Article

けいおん!・けいおん!!・映画けいおん!の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

「けいおん!」とは、かきふらい作の4コマ漫画作品、およびそれを原作としたアニメ・映画・ゲームなどのメディアミックス作品である。廃部寸前だった軽音楽部を舞台にした学園コメディー。帰宅部、楽器経験ゼロの主人公が仲間と共に成長する、等身大の女子高生の日常を描いた作品である。 アニメ第1期・第2期だけでなく、卒業旅行を描いた映画も公開された。 女性キャラが中心であり、友情を感じる名言・名セリフが多く存在し、楽曲とともに高い評価を得ている。

Read Article

アニメライブの先駆者!ゆるゆるアニメなのに大ヒットしたけいおんの魅力に迫る!

2009年4月深夜帯でテレビアニメの放送が開始されると、作中に登場する楽器や楽曲にも注目が集まるなどの大きな反響があった「けいおん!」 その反響は数字としても現れており、テレビアニメ第1期の終了時点で、ポスターなども含めた関連商品の点数は200点以上におよび、TBSの番組としては最多であった『ROOKIES』の103点を倍近く上回っています!そんな「けいおん!」の魅力について考察していきます!

Read Article

目次 - Contents