その他

『ポケットモンスター 赤・緑』は、『少年のひと夏の冒険』という、多感な思春期の冒険譚というコンセプトから生まれたものだと開発者の石原恒和氏は語っており、ゲーム開始時の旅立ちの際、自宅のテレビからは映画『スタンド・バイ・ミー』を連想させるような場面が流れていることは有名な話である。
また、バグ操作を用いてミュウを出現させる裏技や、ポケモンのダミーデータであるけつばん(欠番)を出す裏技など、非常にバグが多いことでも有名である。
20周年を記念して、VC(バーチャルコンソール)版が配信されているが、いわゆるセレクトバグは健在である。

WWW.POKEMON.CO.JP