目次

  1. モンスターボール
  2. スーパーボール
  3. ハイパーボール
  4. マスターボール
  5. サファリボール
  6. パークボール
  7. ルアーボール
  8. ムーンボール
  9. ヘビーボール
  10. レベルボール
  11. スピードボール
  12. ラブラブボール
  13. フレンドボール
  14. ジーエスボール
  15. ネットボール
  16. ダイブボール
  17. ネストボール
  18. タイマーボール
  19. リピートボール
  20. プレミアボール
  21. ゴージャスボール
  22. ヒールボール
  23. ダークボール
  24. クイックボール
  25. コンペボール
  26. ドリームボール
  27. プレシャスボール
  28. スナッチボール
  29. タイピングボール
  30. 黄金のモンスターボール
  31. ミュウツーボール
  32. ダークボール
  33. レトロボール
  34. デュアルボール
  35. マグマ団・アクア団・ロケット団のモンスターボール
  36. 時間(とき)をとらえるモンスターボール
  37. DNAボール
  38. 【関連まとめ】

モンスターボール

06 01

一番初めに登場したモンスターボール。低価格で基本的な性能を持つが、あくまで”基本的”なので性能的には一番低い。広く普及しているアイテムらしく、アニメ版で登場するボールはほとんどコレ。

スーパーボール

Sdsadsa 500x333

モンスターボールより少し性能がよい。青と白で、上半分には左右対称に2本赤いラインが付いている。ゲームではこれが手に入る段階に到達すると、モンスターボールはほとんど使われなくなる。

漫画『ポケットモンスターSPECIAL』ではジムリーダーの使用ボールとして登場することが多い。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

ハイパーボール

4c9bcb6d 500x333

スーパーボールよりさらに性能がよいボール。黒と白で、上半分に「H」の形をした黄色の模様がある。

漫画『ポケットモンスターSPECIAL』では四天王のような高い実力を持つトレーナーの使用ボールとして登場することが多い。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

マスターボール

M masterball

「使えばポケモンを必ず捕まえることができる」という、作中最高の性能を持つ。
もちろんゲームバランスを覆す性能であることから、作中では試作品や非売品として登場する。第一世代(赤・緑・青・ピカチュウ)では「シルフカンパニー」で開発され、発売を視野に入れているという設定だったが、ロケット団に狙われたために延期された。その後も発売はされておらず、ゲーム内では悪の組織の手に渡っているものを入手する展開が多い。
なお、第一世代では裏技を使えばいくらでも入手することができた。

サファリボール

Corkym ukaawggm

サファリゾーンでのみ使える特殊なボール。性能はスーパーボールと同じ。

パークボール

『金・銀・クリスタル』での「しぜんこうえん」、『ダイヤモンド・パール・プラチナ』および『ハートゴールド・ソウルシルバー』では「パルパーク」の捕獲ショーで使用するボール。
前者での性能はサファリボール、つまりスーパーボールと同じだが、後者は確実に捕まえることが出来る。

ルアーボール

Lureball

「あおぼんぐり」から作られたボールであり、釣竿を使用することで出現したポケモンを捕まえやすい。アニメ版では「水タイプ全般のポケモンを捕まえやすい」という効果になっていた。

ムーンボール

Ball09