ペット(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ペット』とは、2016年公開のアメリカのアニメーション・コメディ映画である。製作会社はイルミネーション・エンターテインメント。監督はクリス・ルノーとヤーロー・チーニーが務めている。マンハッタンとブルックリンを舞台に、飼い主がいない間のペットの暮らしぶりを描く作品である。小型犬マックスは飼い主と平和に過ごしていたが、ある日保健所から大型犬デュークを連れてきた。マックスはデュークを受け入れられないでいるが、一緒に過ごすうちに和解する話である。2019年には、続編『ペット2』が公開された。

マリア

CV:サンドラ・エチェベリア/雨蘭咲木子(日本語吹き替え)

ドラマ『情熱のパッション』の女優。マリアが「顔を合わせてしまったの。この世界の最悪のものと。その名は孤独」と言うと、フェルナンドは「彼を愛しているなら彼の元に行かないと。そして彼を救ってやれ」と情熱的に声をかけた。

『ペット』の用語

保健所

保健所とは、各市町村に存在しており、主に収容犬の情報や里親募集を出す施設である。しかし、犬のケアや訓練、譲渡会などは行っていない。保護されている動物たちはある一定期間保護すると、各都道府県にある動物愛護センターに移され、その後処分される。

元ペット軍団

もともとは人間に飼われていたものの捨てられた生き物たちが集まってできた組織である。人間に飼われているペットとは敵組織であり、指揮していたのはウサギのスノーボール。

儀式

元ペット軍団に入るためには儀式が必要。大蛇に一噛みされることである。

『ペット』の名言・名セリフ/名シーン・名場面

ケイティがデュークを連れてきたシーン

ケイティが保健所からデュークを保護し、マックスに紹介するシーン。マックスは最初デュークを受け入れなかったが、共に様々な経験をした後大事な仲間になる。ケイティがデュークを連れてこなければ、保健所にいたデュークは処分されてしまっていた。デュークにとってケイティは命の恩人であり、また、マックスという大事な仲間との出会いの瞬間である。

ギジェット「それでもいいの。好きなんだもん。心の底から好き。さぁ来る人は?」

ギジェットがマックスを助けるためにクロエ、メル、バディ、スイートピーを説得するシーン。マックスを助けたいという思いから説得するギジェットだったが、バディは「でもマックスはお前に気はないぜ」と核心を突く。しかし、ギジェットは「それでもいいの。好きなんだもん。心の底から好き。さぁ来る人は?」と答える。ギジェットのマックスに対する思いが露わになるシーンである。

和解した元ペット軍団とペットたち

元ペット軍団は人間のみならずペットも毛嫌いしていたが、共同作戦により和解したシーンである。タトゥがタクシーを運転し、ペットを家まで飼い主が戻る前に急いで送ってあげる。その後元ペット軍団はスノーボール以外マンホールに戻っている。一度は戦った相手だが仲間になることもあるというのが分かる。

マックス「ようこそデューク」

1999_demianb3
1999_demianb3
@1999_demianb3

Related Articles関連記事

怪盗グルーのミニオン危機一発(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

怪盗グルーのミニオン危機一発(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『怪盗グルーのミニオン危機一発』とは、『怪盗グルーシリーズ』の第2作目で2013年公開の3Dアニメーションのコメディ映画。 日本の興行収入は25億円となった大ヒット作品。 監督は前作同様、ピエール・コフィンとクリス・ルノーが務める。 前作で三姉妹マーゴ、イディス、アグネスとすっかり打ち解けたグルーは悪党稼業から足を洗いよき父となり、すっかりマイホームパパになっていた。しかし、巨大磁石でとある極秘研究所が盗まれるという事件が起き、反悪党同盟はグルーに協力を仰ぐことになる。

Read Article

怪盗グルーの月泥棒(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

怪盗グルーの月泥棒(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『怪盗グルーの月泥棒』(原題: Despicable Me)とは、2010年に公開されたアニメーション映画。 『怪盗グルーシリーズ』の第1作であり、ユニバーサル・ピクチャーズ配給映画初の3Dアニメ作品となっている。 グルーは性格のねじまがった泥棒で、黄色いミニオンズを手下にして悪事を働いている。ひとつ大きな盗みをしようと月泥棒を計画していると、ひょんなことから孤児院で暮らす3姉妹を引き取ることになる。3姉妹に手を焼き、ライバル泥棒ベクターと戦いながら、次第にグルーは子供たちに心を開いていく。

Read Article

ペット2(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ペット2(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ペット2』とは、2019年公開のアメリカのアニメーション・コメディ映画で、『ペット』の続編である。製作会社はイルミネーション・エンターテインメント。監督は引き続きクリス・ルノー。共同監督はジョナサン・デル・ヴァル、脚本はブライアン・リンチが務めている。ペットがどう考え過ごしているのかというのが描かれた物語である。小型犬マックスは大型犬デュークと平和に過ごしていたが飼い主が妊娠しリアムが産まれたことで、心配性のマックスは行動障害を起こす。そんな性格のマックスの成長が見られる作品である。

Read Article

目次 - Contents