怪盗グルーのミニオン危機一発(Despicable Me 2)のネタバレ解説まとめ

Kiki 01

「怪盗グルーの月泥棒」の続編。前作で三姉妹マーゴ、イディス、アグネスとすっかり打ち解けたグルーは悪党稼業から足を洗い子供たちのよき父となり、すっかりマイホームパパになっていた。しかし、巨大磁石で極秘研究所が盗まれるという事件が起き、AVL(反悪党同盟)はグルーに協力を仰ぐ。

あらすじ・ストーリー

グルーは、かつては世紀の大泥棒になるのが夢だったが、孤児院で暮らしていた三姉妹、マーゴ、イディス、アグネスを引き取ってからは悪党稼業から足を洗い、ミニオンズとゼリーの製造・販売をしている。
今では子供の誕生日にパーティを開き、妖精の出し物をしてくれる業者が来てくれないとなると、自ら妖精の格好で子供たちを喜ばそうとするマイホームパパである。
発明家・ネファリオ博士と、謎の生命体ミニオンズも変わらず一緒にいる。

その頃、巨大磁石による強盗事件が相次ぎ、北極圏にある極秘研究所もまるごと盗まれてしまう。AVL(反悪党同盟)はグルーに協力を仰ぐ。
極秘研究所ではPX-41という突然変異薬を開発中で、摂取すると紫色の凶悪な生物に変貌する。
ネファリオは悪事をはたらいていた頃を懐かしく思い、他の悪党にスカウトされていることをグルーに告げる。グルーは快く送り出し、AVLの依頼を受けた。

AVLの女性捜査官・ルーシーとコンビを組んだグルーは、薬があるとされているパラダイス・モールへケーキ屋経営者として潜入する。
同じモールにあるピザ屋レストランの経営者・エドアルドは、昔の残酷な怪盗エル・マッチョに似ている。グルーとルーシーはエドアルドが怪しいと思い早速エドアルドの店サルサ&サルサに忍び込むものの、隠されていたのは秘伝ソースだった。

グルーの仕事を見学に来たアグネスはルーシーを気に入り、グルーの恋人になってほしいと言う。
そんな中、グルーの家から無敵のチームであるミニオンたちが何者かにさらわれてしまう。
カツラ店イーグル・ヘア・クラブからPX-41の瓶が見つかった。中身は空だったものの店主フロイドが逮捕される。事件は解決し、ルーシーはオーストラリアに異動する。
去り際、ルーシーはグルーに電気攻撃できるリップスティック銃をプレゼントした。

ルーシーとグルーは離れてから、互いに恋していたことに気づき、ルーシーはオーストラリア行きを蹴って戻ろうとしたがエドアルドに拉致されてしまう。
研究所ごと薬を盗んだ犯人はやはりエドアルドことエル・マッチョだった。

ネファリオ博士はグルーの元を去ってからエドアルドに雇われていた。エドアルドは捕獲したミニオンにPX-41を投薬し、凶暴紫ミニオンを大量に作った。
凶暴ミニオンを世界にばらまき混乱させるのが目的だった。手を組もうと言われたグルーは、三姉妹を連れて逃げた。
ルーシーの拉致を知ったグルーが救出に向かおうとしたところ、ミニオンを凶悪にするのがつらいネファリオ博士が解毒剤を持ち帰った。

グルーはゼリーに解毒剤を入れ凶暴ミニオンに食べさせ、薬で凶暴化した紫エドアルドと戦い、ルーシーからもらったリップスティック銃で倒す。
そしてルーシーに告白し、147回のデートの後、結婚式を挙げた。

登場人物・キャラクター

グルー (声:スティーヴ・カレル / 吹き替え版: 笑福亭鶴瓶)

Glue 05

前作で子供たちに馴染む前のグルーが別人に思えるほど、三姉妹を溺愛し、すっかりマイホームパパになっている。悪党稼業から足を洗い、ミニオンズとゼリーを作って暮らしている。
全く女性の影がなかったグルーだが、陽気で快活なルーシーに惹かれていく。

ルーシー・ワイルド (声:クリステン・ウィグ / 吹き替え版:中島美嘉)

Kiki lucy

AVL(非悪党同盟)から派遣された女スパイ。乱暴な登場の仕方にはじめはグルーを警戒させてしまうが、二人で仕事をするうちにグルーに惹かれていく。
明るく快活な性格のルーシーは三姉妹からも慕われる。

エドアルド・ペレス /怪盗エル・マッチョ (声:ベンジャミン・ブラット /吹き替え版:中井貴一)

B780x450

現在はピザ・レストランの経営者として生活しているが、昔はエル・マッチョという名の悪党だった。その裏の顔は実は現在も続き、グルーが踏んだ通り、巨大磁石による強盗事件の犯人だった。
研究所で作られていた薬でミニオンズを狂暴化させてしまう。

マーゴ (声:ミランダ・コスグローヴ / 吹き替え版:須藤祐実)

Glue mago

三姉妹の長女でしっかり者。思春期のマーゴは今回キザな少年に恋をする。グルーに恋路を邪魔されて怒ったりと、反抗期の一面も見せる。

アグネス (声:エルシー・フィッシャー / 吹き替え版:芦田愛菜)

Glue agnes

三姉妹の三女でまだ幼く、マスコット的存在。一目でルーシーを気に入ったアグネスは「グルーの恋人になってほしい」と言う。

イディス (声:デイナ・ゲイアー / 吹き替え版: 矢島晶子)

Edith image player 432 324

三姉妹の次女で奔放で好奇心旺盛。興味を持ったものになんでも手を出してよく騒ぎを起こし、グルーを困らせる。

ミニオンズ(声:ピエール・コフィン)

Kiki 02

悪党が大好きな謎の黄色い生命体。グルーをボスとして一緒に暮らしている。いつも陽気に騒いでいるが、グルーや三姉妹たちが危ない目に合うと身をなげうって助けようとする健気な一面もある。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

怪盗グルーの月泥棒(Despicable Me)のネタバレ解説まとめ

「怪盗グルー」シリーズ第一弾作品。グルーは性格のねじまがった泥棒で、黄色いミニオンズを手下にして悪事を働いている。ひとつ大きな盗みをしようと月泥棒を計画していると、ひょんなことから孤児院で暮らす3姉妹を引き取ることになる。3姉妹に手を焼き、ライバル泥棒ベクターと戦いながら、次第にグルーは子供たちに心を開いていく。

Read Article

怪盗グルーのミニオン大脱走(Despicable Me 3)のネタバレ解説まとめ

『怪盗グルーのミニオン大脱走』とは、『怪盗グルーシリーズ』の第3作。東宝東和配給・イルミネーション・エンターテインメント制作、2015年公開『ミニオンズ』から共同監督を務めるピエール・コフィン監督とカイル・バルダ監督が手掛ける3Dアニメーションのコメディ映画。反悪党同盟に所属するグルーは念願の結婚を果たし、家族で幸せな毎日を送っていたのだが、組織が目標とする新たな敵を捕まえ損ねて組織をクビにされてしまう。相棒のミニオンたちもいなくなってしまう中、組織に戻るため生き別れた双子の兄弟と奮闘する。

Read Article

ミニオンズ(Minions)のネタバレ解説まとめ

「怪盗グルー」シリーズの「怪盗グルーの月泥棒」「怪盗グルー危機一髪」に続く3作目。前2作ではグルーと一緒にいる謎の黄色い生き物たちというだけだったが、今回は彼らが主人公。悪党に仕えることを生きがいとするミニオンズだが、自分たちのドジのせいでボスを失い続ける。ある時悪党大会に参加し、見事勝者となるが、またドジを踏んでしまう。

Read Article

SING/シング(Sing)のネタバレ解説まとめ

SINGとは、「ミニオンズ」「ペット」などを手がけたイルミネーション・スタジオが贈る、コメディ映画。2016年に12月21日にアメリカ合衆国で公開。日本では2017年3月17日に公開された。 子供の頃、舞台に惹かれたバスターは劇場支配人になるも、夢見た世界とはかけ離れた生活を送っていた。そこで彼は賞金1000ドルをかけた歌唱コンテストを開催、バスターの最後の賭けが始まろうとしていた。

Read Article

目次 - Contents