七つの大罪(漫画・アニメ)のネタバレ解説まとめ

『週刊少年マガジン』にて2012年45号より、鈴木央が連載している漫画及びアニメ作品。
人と人ならざるものの世界が分かれていなかった時代。絶大な魔力を有す〈聖騎士〉に守られた「リオネス王国」の王女エリザベスは、ある者を探す旅に出ていた。それは最強最悪の騎士団と恐れられ、国を裏切った〈七つの大罪〉。
エリザベスは一軒の酒場で少年メリオダスと出会う。それは世界の命運を握る戦いへの序章だった。

「【信仰】のメラスキュラ」。髪の長いおかっぱ頭の女性。常に黒い霧のような物を纏っている。
「怨反魂の法(おんはんごんのほう)」を使い、死者の未練を増幅させ死んだものを蘇らせた。この力により、ザラトラス、エレインなどが蘇っている。
バンにより殺された。
戒禁は【信仰】
メラスキュラの前で「不信」を抱く者は、何人だろうとその眼を焼かれる

グレイロード(CV:遊佐浩二)

「【不殺】のグレイロード」。無数の仮面の集合体。雌雄の区別のない、下位魔神から突然変異で誕生した上位魔神。女王型と呼ばれる希少種。性別は女性。
リオネス王国に十戒が襲来した際に、マーリンによってガラス菅の中に閉じ込められた。
戒禁は【不殺】
グレイロードの前で「殺生」を行うものは全ての刻を奪われる。

モンスピート( CV:津田健次郎)

「【沈黙】のモンスピート」。マントを纏いヒゲを生やした中年男性。
面倒見が良く、同じく十戒のデリエルの略語を通訳をしている。
戒禁は【沈黙】
詳細は不明

デリエリ(CV:高垣彩陽)

「【純潔】のデリエル」目つきが悪く、オレンジ色でボサボサの長髪をした女性。体に黒い影のようなものを纏っており露出度が高い。
三千年前に実の姉を女神族に殺されている。
戒禁は【純潔】
詳細は不明

グロキシニア(CV:小林裕介)

「【安息】のグロキシニア」。初代妖精王で赤い長髪の少年。背中からは蝶のような羽が生えている。
三千年前にメリオダスと共に魔神王を倒すために共闘していたが、何らかの理由で、十戒に加入している。
戒禁は【安息】
詳細は不明

ドロール(CV:小野大輔)

「【忍耐】のドロール」。4本の腕を持つ緑色の体をした大男。大地の神と呼ばれる巨人族の始祖。
三千年前にメリオダスと共に魔神王を倒すために共闘していたが、何らかの理由で十戒に加入している。
戒禁は【忍耐】
詳細は不明

フラウドリン(CV:木内秀信 )

三千年前の封印から逃れた唯一の十戒。正式には【無欲】のゴウセルの代理。見た目は紫色の体で胸に口がある怪物。
王国奪還編の黒幕であり、聖騎士長ドレファスに憑依し、魔神族復活のため暗躍していた。
リオネス王国に十戒が襲来した際、ザラトラスによりドレファスから引き剥がされる。その後自らの命と引き換えに自爆しようとするが、情が移ったグリアモールを助けるため、戦闘を放棄。メリオダスに倒された。

その他

バルトラ・リオネス(CV:西凜太朗)

リオネス王国の国王。エリザベスの義父。
自らが持つ魔力『千里眼』によって『聖戦』を予知し、聖騎士たちに武装解除を求めたが、それがクーデターを起こす原因になってしまい、幽閉された。
七人の大罪人がリオネス王国の守護者となることを予知し、マーリンとメリオダスに七つの大罪を結成させた。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents