七つの大罪(The Seven Deadly Sins)のネタバレ解説まとめ

%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%95%e3%82%9a%e7%94%bb%e5%83%8f

『週刊少年マガジン』にて2012年45号より、鈴木央が連載している漫画及びアニメ作品。
人と人ならざるものの世界が分かれていなかった時代。絶大な魔力を有す〈聖騎士〉に守られた「リオネス王国」の王女エリザベスは、ある者を探す旅に出ていた。それは最強最悪の騎士団と恐れられ、国を裏切った〈七つの大罪〉。
エリザベスは一軒の酒場で少年メリオダスと出会う。それは世界の命運を握る戦いへの序章だった。

%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%b3

七つの大罪の一人「【強欲の罪(フォックス・シン)】のバン」。印となる獣は狐。罪状は「己の【強欲】がために、王国と友好関係にあった妖精王の森を破壊し「生命の泉」を我が物とし、聖女を殺害した」。
「不死身のバン」の異名を持ち、バラバラになってもチリになっても回復する不死身の身体を持つ青年。自分勝手でわがまま。軽い話口調で語尾に”〜♩”が付いている。手癖が悪く欲しい物は平然と盗みを働くが、興味がない物にはとことん無関心。料理が上手で、豚の帽子亭では調理を担当している。
元々は普通の人間で、幼少期は牢獄で出会った獣人「ジバゴ」に育てられた。その後、飲めば不老不死になる【生命の泉】を求め、妖精王の森を訪れる。そこでキングの妹「エレイン」と出会い恋仲となるが、突如現れた魔神族によって瀕死の重傷を負う。エレインによって生命の泉を飲まされたバンは、不老不死となり魔神族を撃退するが、妖精王の森は壊滅し、エレインも死んでしまう。この一件でリオネス王国に捕らえられた後、メリオダスに勧誘され七つの大罪に加入した。死んだエレインを復活させることを目的に生きている。

キング

%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%af%e3%82%99

七つの大罪の一人「【怠惰の罪(グリズリー・シン)のキング」。印となる獣は熊。罪状は「一人の妖精による凶行を知らず、見過ごし、放置した、妖精王としての【怠惰】」
王国の手配書に描かれている太ったおっさんと小柄な少年の二つの姿を持つ3代目の妖精族の王。本来の姿は少年の姿で、本当の名は「ハーレクイン」。他の妖精族は皆背中に羽が生えているのに対し、妖精の王でありながら背中に羽が生えていない。ディアンヌのことが好き。
数百年前、人間にさらわれた妖精族のヘルブラムを取り戻すため、森を飛び出したが逆に人間に襲われ記憶を失ってしまう。そこで幼少期のディアンヌと出会い、行動を共にする内にお互いを想う仲となる。やがて、さらわれて死んだはずのヘルブラムが、復讐のために人間を殺し続けていることを知り、彼を止めるため殺害する。ヘルブラムという友を苦しめ続けたことを償うため、ディアンヌから自分の記憶を消し去り、投獄された。

ゴウセル

%e3%82%b3%e3%82%99%e3%82%a6%e3%82%bb%e3%83%ab%ef%bc%92

七つの大罪の一人「【色欲の罪(ゴート・シン)のゴウセル】。印となる獣は羊。罪状は不明。
手配書では鎧姿の男が描かれているが、本当の姿はメガネをかけた中世的な美少年。その正体は十戒の一人「無欲のゴウセル」。何らかの理由で、自らが戒禁の呪いによって、記憶と感情を失っている。また、かつて偉大な術師によってつくられた人形のようで、マーリンの力で術が解けた時にその姿をさらしている。
王国奪還後、聖騎士ギーラの記憶を操作したり、ディアンヌの記憶を消去したりと、元々心と感情がないため、おかしな行動を取っていたが、それを考慮しても異常な行動をとるようになっている。
七つの大罪加入の経緯も現在のところ不明。

マーリン

%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%83%b3%ef%bc%93

七つの大罪の一人「【暴食の罪(ボア・シン)のマーリン」。印となる獣は豚。罪状は不明。
胸元が大きく開いた服を着ている、妖艶な美女。ブリタニア大陸一の魔術師で、メリオダスたちと再会した際はキャメロット王国のアーサー王の側近となっていた。
詳しくは不明だが、人間ではない。本人の口からベリアルインの娘であることと、人間には聞き取れない言葉で本当の名前を発言しているが、詳細は不明である。自らの魔力【無限(インフィニティ)】を使い、本来なら膨大な魔力を必要とする時間停止の魔法を自らにかけているため年を取らない。またマーリンがベリアルインの娘ということを知り、十戒のフラウドリンが「お前が、あの生き残りだと⁉︎」と取り乱していたことから数千年は生きていると思われる。

エスカノール

%e3%82%a8%e3%82%b9%e3%82%ab%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%ab

七つの大罪の一人「【傲慢の罪(ライオン・シン)のエスカノール」。印となる獣は獅子。罪状は不明。
団長のメリオダスに「自分より強い」と言わしめた七つの大罪最強の男。夜はヒョロヒョロの見るからに弱そうな見た目をしているが、昼間になるにつれ徐々に筋骨隆々の大柄な男に変貌する。変貌した後の性格は傲慢そのものだが、仲間のことは大事にする。
元は、とある王国の王子。幼少期に「太陽(サンシャイン)」の魔力が発現した。強力な呪いと言われたこの魔力のせいで、暗殺されそうになるが国外に亡命。その後マーリンとメリオダスに勧誘され、七つの大罪に加入する。
日の出と共に力が増し、正午に頂点を迎えるその力は、十戒すら凌駕する。その際に発せられる熱量は凄まじく、近くにいる者が身につけている鎧は溶け、繰り出す攻撃で、湖の水は一瞬で蒸発し、戦いの後は、周囲の物が溶けマグマと化すほど。

聖騎士

ギルサンダー

%e3%82%ad%e3%82%99%e3%83%ab%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%82%99%e3%83%bc

10年前に暗殺された元聖騎士長ザラトラスの息子。若くして聖騎士長に次ぐ実力の持ち主。
物語序盤に敵として登場するが、それは聖騎士長暗殺の真実を知ってしまった、リオネス王国第一王女マーガレットを人質に取られていたため。
王都での戦いで、メリオダスによりマーガレットは解放され、それ以降は味方として共に戦っている。
雷の魔力を使って戦う。

ハウザー

%e3%83%8f%e3%82%a6%e3%82%b5%e3%82%99%e3%83%bc

リーゼントが特徴の聖騎士。ギルサンダー、ハウザーとは幼馴染。ディアンヌに惚れている。
リオネス王都に十戒が襲来した際、撃退したのは七つの大罪だったが、絶望的状況でも仲間を鼓舞し続け、己を盾にし戦ったことを評価され、代理ではあるが聖騎士長に任命された。

グリアモール

%e3%82%af%e3%82%99%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%83%a2%e3%83%bc%e3%83%ab

聖騎士長ドレファスの息子。ギルサンダー、ハウザーとは幼馴染。リオネス王国第二王女ベロニカの専属騎士である。
父親と似た風貌を持ち、体格は巨大で筋肉質。エリザベスの義姉のベロニカに対して絶対的な忠誠心を持っている。努力が空回りし失敗しては、ベロニカに罵倒されている。

onuma
onuma
@onuma

目次 - Contents