カーズ(ジョジョの奇妙な冒険)の徹底解説・考察まとめ

カーズとは、『ジョジョの奇妙な冒険』Part2『戦闘潮流』に登場する「柱の男」と呼ばれる超生物のリーダーである。究極生物となることを望むカーズは、太古の昔より「エイジャの赤石」と呼ばれるアイテムを探しながら自分たちに対抗しうる波紋使いたちと戦ってきた。敵対する者は同胞でも容赦なく殺す冷徹さを持つ一方、味方への仲間意識や弱者への優しさを持ち合わせる。人間を餌と見なす存在で、尊大な言動も多いが、カーズは現代兵器でも倒せない能力や圧倒的なカリスマ、王者の風格といった魅力を備えたキャラクターといえる。

カーズのプロフィール・人物像

CV:井上和彦

カーズとは、『ジョジョの奇妙な冒険』Part2『戦闘潮流』に登場する敵キャラクターで、「柱の男」と呼ばれることになる超生物のリーダーである。人間をはるかに超える知性、身体能力、寿命、触れただけで生物のエネルギーを吸い取る能力を持つ一方、太陽に当たると石化する弱点を持つ。

その天才性により、血を浴びることで骨針を出し、被った者の脳を押して能力を上げる「石仮面」を作り、人間を吸血鬼化させ、自分たち一族の食料にしていた。何物をも恐れずに済む究極生命体(アルティミット・シイング)となることを望み、その為なら何でもする。特殊な呼吸法で太陽と同じエネルギー波を作り出す波紋戦士とは古代から戦ってきており、子供であっても容赦なく殺害する。
自分の信念に絶対の自信を持ち、自分に賛同しなかった同胞を皆殺しにした。一方、自分に賛同する者に対しては強い仲間意識があり、同志のエシディシが命を賭して郵送したエイジャの赤石を彼の為にも手にする旨を口にし、部下であるワムウの影を踏み反射的に彼に蹴られた際も怒らずにその闘争意識を褒めている。究極生命体となる為に必要なアイテム「エイジャの赤石」を求めて行動する。
車に轢かれそうになった子犬を助ける、花を踏まずに着地する、女性戦士であるリサリサに「女は殺したくない」と言うなど紳士的な側面も見受けられる(もっとも、リサリサに対しては「波紋戦士は生かしておけない」と毒薬での自害を勧めている)。

ところが、最終局面では同胞をすべて失った為か「究極生命体になる」という野心が強くなり、リサリサとの戦闘で影武者を使い後ろから攻撃する、リサリサを人質にするといった卑劣な面が目立つようになった。

カーズの来歴・活躍

超生命体の一族に生まれた天才

カーズは同胞を皆殺しにし、わずかな仲間と共にエイジャの赤石を求め旅に出る。

太古の昔、人類とは別の進化を遂げた生命体が誕生した。人間をはるかに超えるその一族(またの名を闇の一族)は、他の生物の生命エネルギーを吸い取って生きる性質を持っていた。元より争いを望まぬ性質であったその一族は地下でひっそりと繁栄していたが、ある時天才が生まれた。その天才・カーズは、太陽の下に出られない体質を始め、あらゆる恐怖や弱点を克服する為の研究を始める。結果、被った者の脳を骨針で刺激し、隠された能力を引き出すアイテム「石仮面」を作り上げた。石仮面は人間を吸血鬼に変え、闇の一族は吸血鬼を食料とすることで質の高いエネルギーを得ることとなる。
カーズは「自分たちも石仮面を被り、何ものにも脅かされない究極生命体(アルティミット・シイング)になる」ことを主張したが、それは他の生物を滅ぼしかねない危険な思想でもあった。同胞たちはカーズを抹殺しようとしたが、カーズはそんな同胞に失望し、自身の親も含めた彼らを返り討ちにする。
唯一自身に賛同したエシディシ、赤子だったワムウ、サンタナのみを連れて旅に出る。石仮面のみでは、彼ら闇の一族の脳を押すには力が足りなかった。カーズの悲願を達成するには、光を増幅する力を持った「エイジャの赤石」と呼ばれる鉱石が必要であった。不純物の混じっていない、一点の曇りもない「スーパーエイジャ」を求め、カーズたちは古代ローマへと侵攻を勧める。
旅の中、カーズたちは特殊な呼吸により彼らの唯一の弱点・太陽と同じエネルギー波を生み出す「波紋法」を使う人間たちと出会う。高レベルの波紋使いたちと戦い彼らを追い詰めるが、やがて休眠期が訪れる。カーズ、エシディシ、ワムウ、そしてサンタナは石化状態となり永い眠りについた。
1938年、大富豪スピードワゴンにより発見された彼らは「柱の男」と呼ばれるようになる。

エイジャの赤石の奪い合い

1938年。ナチス兵士の研究所で太陽に似せた光を放つ紫外線照射装置を浴びせられていたカーズたちだが、人工の光りでは彼らを縛りつけてはおけなかった。先に目覚めたワムウがナチス兵士を殺害したことで血を浴び、カーズ、エシディシが目覚める。ワムウが聞いたナチス兵士の会話から、まだ人間たちも赤石を手に入れていないことを知ったカーズたちは早速赤石を探しに行く。この時、ナチス兵士の一人であるマルクにぶつかり、彼を捕食しているが、カーズたちはマルクを意識すらしていなかった。
マルクの友人で波紋使いのシーザー・ツェペリは彼らの尊大な態度、友人を殺されたことに怒り戦いを仕掛けるが、過去に高レベルの波紋使いたちと戦ってきたカーズらにとってシーザーの波紋の力は大したものではなかった。その場にいたもう一人の波紋使いである主人公、ジョセフ・ジョースターは先んじて目覚めたサンタナを(ナチス兵士・シュトロハイムの協力付きとはいえ)倒した実績があったが、どちらかと言えば彼の知略による所が大きく、ジョセフの波紋の力はシーザーにも劣っていた。
強い者との戦闘を好むワムウは、ジョセフの知略と口車が元で彼を戦うに値する戦士と認め、再戦を誓う。この時、ワムウはジョセフが逃げ出さないよう彼の心臓に毒入りの指輪を埋め込み、33日以内に自分の持つピアスを手に入れて中の解毒剤を飲まなければ死ぬと言った。エシディシもまた戯れにジョセフの喉に同じ指輪を埋め込む。カーズも埋め込むかと聞かれたが、エシディシらの酔狂にいくらかの理解を示しつつも赤石を探すことを優先させた。

カーズ達の求める赤石は、ジョセフとシーザーに波紋の修行をつけたリサリサが宝石に模して所有していた。そのことを突き止めたエシディシは修行場に現れて、ジョセフに修行をつけていたロギンズを殺害し、次いでジョセフと戦闘になる。ジョセフはパワーアップした波紋の力と得意のトリックを使ってエシディシを撃破する。
しかし、脳髄だけになっても生き延びたエシディシはリサリサの使用人であるスージーQに取り憑き、スイスにいるカーズらに赤石を郵送した。ジョセフたちはエシディシを倒し、赤石の入った小包を追うが、小包はナチスにより既に回収されていた。
カーズは、赤石が現在ナチスの手にあると知り、彼らのアジトである山小屋を襲撃。中にいた兵士を殺害した。特殊な能力で内部にいた人数を確認したカーズだったが、小屋には彼が探知しきれなかった人物がいた。それは、サンタナとの戦いの際、自らの体内に潜り込んだサンタナもろとも自爆を試みたシュトロハイムのサイボーグ化した姿であった。科学兵器を搭載し、サンタナの力を基準に作り替えられた体でカーズと戦うシュトロハイムだったが、カーズからすればサンタナは自分たちの番犬のような存在であり、機械化されたボディも脅威ではなかった。

それでも、自らの腕を変形させた光る刃からジョセフにより波紋を流され赤石を入手することはできなかった。高所から落下したカーズだが、赤石はジョセフらに預けておくと高笑いをし、一度アジトへと戻る。この間、ワムウがシーザーと戦い、勝利している。シーザーは死ぬ直前、ワムウからジョセフの体内にある毒入りの指輪を消滅させる解毒剤を奪い、自らの血で作った波紋のシャボンに託していた。ジョセフ、リサリサはシーザーの死に涙し、ジョセフはワムウとの戦いに勝ってから解毒剤を飲むことに決め、改めてカーズらの下へと向かう。

決闘

リサリサを騙し討ちにしたことをとがめられたカーズは、目的を重視していると語る。

カーズは、本拠地に乗り込んできたジョセフとリサリサに100人の吸血鬼をけしかけようとしたが、「赤石は時限爆弾と共にある場所に隠した」「ワムウとジョセフ、カーズと自分とで一対一の決闘をし、赤石を賭ける」とのリサリサの提案を飲む。
ワムウはジョセフとの一騎打ちに敗れて消滅し、その結果を重く受け止めたカーズは何が何でも目的を達成させようと、決闘を放棄して影武者を使いリサリサを戦闘不能にした。赤石を手に入れたカーズは、邪魔者でしかないジョセフを吸血鬼たちに始末させようとした。そこにナチス兵士たちが駆け付け、吸血鬼たちは掃討されジョセフとカーズの一騎打ちが始まる。
ナチス兵士たちは紫外線照射装置でカーズを石化させようとしたが、カーズは赤石をはめた石仮面を被っており、石仮面から出た骨針により脳を刺激されて究極生物となってしまう。

究極生命体の誕生

太陽という最大の弱点を克服した究極生命体・カーズ。

究極生命体となったカーズは、太陽と波紋を克服し、あらゆる生物の能力を再現する能力を手に入れた。手始めとして、その場にいるジョセフやその仲間を生け贄にしようとしたが、戦闘機に乗り挑発するように逃げるジョセフを新たな能力(鳥の能力を再現して飛行)で追う。
ジョセフの策といつの間にか同乗していたシュトロハイムの妨害により、戦闘機ごとヴォルガノ火山の噴火口にカーズが落とされたことで人類側の勝利に思われた。しかし、一度は身を焼かれマグマに消えたはずのカーズだが、体の内側からどんどん泡を生じさせることで熱をシャットアウトし、生きて噴火口から這い出し、不意打ちでジョセフの左手を斬り飛ばす。
そのさまを見たシュトロハイムはカーズを「神のようだ」と評し、絶望する。ジョセフ以上の波紋の力を得たカーズは、その力でジョセフに攻撃を仕掛ける。そのとき、ジョセフは反射的に赤石を持った手をかざした。赤石の中でカーズの波紋が増幅され、火山の噴火を誘発する。鳥になって逃げようとしたカーズだが、切り飛ばしたジョセフの左手が噴火のエネルギーで吹き飛んできてカーズに刺さった。カーズはジョセフに「これも計算の内か」と言い、岩盤もろとも噴火のエネルギーで宇宙空間へと飛ばされた。
体から空気を排出し、軌道を変えて地球へ戻ろうとしたカーズだが、宇宙空間では空気が凍ってしまい軌道が変えられない。地球へと戻ることができず、カーズの体は生物と鉱物の中間の存在となった。不死身故に死ぬこともできないカーズは、やがて考えることをやめた。

カーズの能力

「柱の男」としての能力

他生物のエネルギーを吸い取る

カーズたち「柱の男」は、全身が消化器官である。相手の肉体と同化し、或いは触れただけでエネルギーを吸い取って「食べて」しまう。触れただけで相手を取り込む為、戦闘面ではかなり有利な能力といえる。ただし、波紋使いが相手の場合は太陽と同じ力を浴びせられる為、波紋使いを取り込むことはしない。

温度差体温を感じ取る能力

壁越しに隣の部屋の温度を探り、そこにいる人間の数、性別、身長を当てている。「柱の男」が皆備えているものか、カーズ独自の能力かは不明。体の大半が機械化されたシュトロハイムだけは感じ取れなかった。

光の流法(モード)・「輝彩滑刀(きさいかっとう)」

えどのゆうき
えどのゆうき
@edono78

Related Articles関連記事

ジョジョ第2部(戦闘潮流)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

ジョジョ第2部(戦闘潮流)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ジョジョの奇妙な冒険(第2部)』とは、荒木飛呂彦によって1987年から少年ジャンプで連載されたマンガの第2部である。第1部主人公ジョナサンの孫、ジョセフ・ジョースターと1万年の眠りから覚めた「柱の男」たちとの闘いを描く。 ジョナサンとは対照的にユーモアのあるジョセフのセリフや、第1部にも増してのテンションの高さから名言も多い。

Read Article

ジョジョ第2部(戦闘潮流)のネタバレ解説・考察まとめ

ジョジョ第2部(戦闘潮流)のネタバレ解説・考察まとめ

「ジョジョの奇妙な冒険 Part2 戦闘潮流」は、「ジョジョの奇妙な冒険」の単行本5〜12巻に収録されているマンガおよび、一連のメディア展開作品です。第1部から50年後、ジョナサン・ジョースターの孫であるジョセフ・ジョースター達「波紋」の戦士と、第1部から続く石仮面と吸血鬼の力を持ち、「究極生命体」を目指す「柱の男」との死闘が描かれています。

Read Article

【ジョジョの奇妙な冒険】ディオ・ブランドーのカリスマ的魅力と彼の人生を徹底解説【DIO】

【ジョジョの奇妙な冒険】ディオ・ブランドーのカリスマ的魅力と彼の人生を徹底解説【DIO】

「ジョジョの奇妙な冒険」に登場し、初代・ジョジョとの死闘を繰り広げ、血の因縁を作り上げた巨悪、ディオ・ブランドー。底なしの野心のため、人間を辞めて怪物へと変貌した彼の奇妙な人生と「悪のカリスマ」として多くの人々を突き動かした、彼が持つ独特の魅力について、解説する。

Read Article

ディオ・ブランドー/DIO(ジョジョの奇妙な冒険)の徹底解説・考察まとめ

ディオ・ブランドー/DIO(ジョジョの奇妙な冒険)の徹底解説・考察まとめ

ディオ・ブランドー/DIOとは、漫画『ジョジョの奇妙な冒険』の登場人物であり、吸血鬼にして時間を数秒間止めるスタンド「ザ・ワールド」の使い手。 歴代主人公であるジョースター一族の血統と、一世紀以上にも渡り因縁の宿敵となる、シリーズ最大の敵役にして悪のカリスマ。 第1部で吸血鬼となり、主人公ジョナサンと敵対する。第3部ではスタンド能力を身につけるが、主人公である空条承太郎に敗死する。死亡後も何らかの形で間接的にストーリーに関わってくる、最重要キャラクターである。

Read Article

リサリサ/エリザベス・ジョースター(ジョジョの奇妙な冒険)の徹底解説・考察まとめ

リサリサ/エリザベス・ジョースター(ジョジョの奇妙な冒険)の徹底解説・考察まとめ

リサリサとは、『ジョジョの奇妙な冒険』Part2『戦闘潮流』に登場する波紋使いである。クールな美女で、しなやかな身のこなしと優雅な戦い方をする。実は50歳だが、波紋の力により若々しい外見を保っている。超生物「柱の男」との戦いに備え、弟子のジョセフ・ジョースターとシーザー・ツェペリを厳しく鍛えた。「柱の男」たちが究極生命体になるのに必要な「エイジャの赤石」を守るべく、ジョセフたちと共に戦うことになる。戦闘や修行に関しては厳しい側面が目立つが、優しく温かい性質の持ち主でもある。

Read Article

ワムウ(ジョジョの奇妙な冒険)の徹底解説・考察まとめ

ワムウ(ジョジョの奇妙な冒険)の徹底解説・考察まとめ

ワムウとは、『ジョジョの奇妙な冒険』Part2『戦闘潮流』に登場するキャラクターで、人類をはるかに超える能力を持った「柱の男」と呼ばれる生命体である。ナチス軍により2000年の眠りから目覚めたワムウは仲間であるカーズ、エシディシと共にエイジャの赤石というアイテムを巡り、主人公ジョセフ・ジョースターら波紋使いと戦うこととなる。人間を餌とする一方、「戦闘の天才」と呼ばれるワムウは戦いに誇りを感じ、強敵に対し敬意を抱く武人でもあった。その気質は、敵であるはずのジョセフに友情すら抱かせるようになる。

Read Article

シーザー・A・ツェペリ(ジョジョの奇妙な冒険)の徹底解説・考察まとめ

シーザー・A・ツェペリ(ジョジョの奇妙な冒険)の徹底解説・考察まとめ

シーザー・A・ツェペリとは『ジョジョの奇妙な冒険』の第2部『戦闘潮流』に登場するキャラクターで、シャボン玉を応用した必殺技を持つ波紋の使い手。 1部『ファントムブラッド』にて主人公ジョナサン・ジョースターに波紋法を指南したウィル・A・ツェペリの孫にあたる人物である。石仮面および柱の男の謎を追う使命を受け継いでいる一族の血統を強く誇りに思っている。主人公ジョセフ・ジョースターとはしばしばぶつかり合いながらも、「柱の男」達との戦いを経て力を合わせるようになっていく。ワムウとの戦いに破れて死亡する。

Read Article

ルドル・フォン・シュトロハイム(ジョジョの奇妙な冒険)の徹底解説・考察まとめ

ルドル・フォン・シュトロハイム(ジョジョの奇妙な冒険)の徹底解説・考察まとめ

ルドル・フォン・シュトロハイムとは、『ジョジョの奇妙な冒険』Part2『戦闘潮流』に登場するナチスの軍人である。強い愛国精神を持ち、他民族に対し傲慢に振る舞う一方で自らが認めた者は捕虜であっても敬意を表して接する。国や作戦遂行の為なら自身の脚を切断し、自身の体が機械化されることも厭わない。波紋と呼ばれる力を使う主人公ジョセフ・ジョースターらと共に、古代に栄えた超生命体の生き残り「柱の男」に戦いを挑む。自信家な一面や語尾を伸ばして話す強いキャラクター性も相まって、シュトロハイムの人気は高い。

Read Article

エシディシ(ジョジョの奇妙な冒険)の徹底解説・考察まとめ

エシディシ(ジョジョの奇妙な冒険)の徹底解説・考察まとめ

エシディシとは、荒木飛呂彦による漫画、及びそれを原作とするメディアミックス作品『ジョジョの奇妙な冒険』Part2『戦闘潮流』に登場するキャラクターで、「柱の男」と呼ばれる生命体の1人である。直情的な自身の気性を理解しており、激昂しそうになると号泣して感情をコントロールする。熱を操る「怪焔王の流法(かいえんのうのモード)」で戦う。一度主人公ジョセフ・ジョースターに敗れたが、脳だけになっても生き延び、仲間の為にプライドを捨ててまで「エイジャの赤石」と呼ばれるアイテムを入手せんとした。

Read Article

スティール・ボール・ラン(ジョジョ第7部)のスタンドとスタンド使いまとめ

スティール・ボール・ラン(ジョジョ第7部)のスタンドとスタンド使いまとめ

荒木飛呂彦の作品である「ジョジョの奇妙な冒険」の7部は「スティール・ボール・ラン」という、乗馬でのレースの名称を冠した作品である。アメリカ大陸を馬だけで横断すると言う過酷なレースに、主人公「ジャイロ」と「ジョニィ・ジョースター」が挑む。そのレースの最中、彼ら二人を妨害する大量のスタンド使いが現れる。二人は力を合わせて妨害者のスタンド使いを倒し、ゴールへと向かう。そんな大量のスタンド使いとスタンドを紹介する。

Read Article

『ジョジョの奇妙な冒険』に受け継がれる「人間讃歌」というテーマ

『ジョジョの奇妙な冒険』に受け継がれる「人間讃歌」というテーマ

連載を開始から30年という年月を経ても根強いファンをもち、ゲーム、アニメなど様々なメディア展開を行い続けている、名作漫画。絵柄、言い回し、擬音など、強烈な作風の中でも、時代を経て人々に愛される、シンプルな「人間讃歌」というテーマ、そこに描かれる唯一無二の世界観と、世代を超えて受け継がれていくキャラクター達の生きざまについて解説する。

Read Article

【ジョジョの奇妙な冒険】漫画家・岸辺露伴の魅力と奇妙な人生を徹底解説

【ジョジョの奇妙な冒険】漫画家・岸辺露伴の魅力と奇妙な人生を徹底解説

『ジョジョの奇妙な冒険 第4部 ダイヤモンドは砕けない』に登場する漫画家・岸辺露伴。舞台となる杜王町に集う「スタンド使い」の一人として一度は主人公達に立ちはだかるも、やがて仲間の一人として町で起こる事件へと挑んでいく。数々のスピンオフ作品でも描かれる、彼の「奇妙な冒険」について、解説する。

Read Article

ジョジョの奇妙な冒険の歴代OP・ED主題歌・挿入歌まとめ

ジョジョの奇妙な冒険の歴代OP・ED主題歌・挿入歌まとめ

『ジョジョの奇妙な冒険』とは荒木飛呂彦によるアクション・アドベンチャー漫画及びそれを原作としたアニメ・小説・ドラマ・映画などのメディアミックス作品。この記事では『ジョジョの奇妙な冒険』のアニメに使われた歴代のオープニング・エンディング主題歌・挿入歌と、その他の劇場アニメ、OVAなどの主題歌を紹介していく。

Read Article

名言、迷言多し!第六部までの『ジョジョの奇妙な冒険』歴代ジョジョとラスボスを網羅

名言、迷言多し!第六部までの『ジョジョの奇妙な冒険』歴代ジョジョとラスボスを網羅

第一部冒頭より名言と迷言、そして名シーンの宝庫である『ジョジョ』。まさにタイトル通り、「ジョジョ」の異名を持つ者が過酷な運命に身を投じるというサーガ。「宇宙が一巡りする」前の第六部までの「ジョジョ」と、各部を盛り上げてくれたラスボス、並びに名言と迷言をまとめました。ジョジョ立ち、スタンド戦、頭脳戦ばかりがジョジョの魅力ではない!?

Read Article

【ジョジョの奇妙な冒険】第2部『戦闘潮流』登場人物・キャラクター一覧

【ジョジョの奇妙な冒険】第2部『戦闘潮流』登場人物・キャラクター一覧

ここでは荒木飛呂彦の漫画『ジョジョの奇妙な冒険』第2部『戦闘潮流』の登場人物・キャラクターをまとめた。第1部の主人公、ジョナサンの孫にあたるジョセフ・ジョースターが主人公となり、「柱の男」たちとの過酷な戦いを描く。2012年にはテレビアニメが放送され、声優・杉田智和がジョセフ役を務めた。

Read Article

【ジョジョの奇妙な冒険】第2部『戦闘潮流』登場人物・キャラクター、あらすじ・ストーリーまとめ

【ジョジョの奇妙な冒険】第2部『戦闘潮流』登場人物・キャラクター、あらすじ・ストーリーまとめ

『戦闘潮流』は荒木飛呂彦の漫画『ジョジョの奇妙な冒険』の第2部にあたる物語だ。第1部の主人公・ジョナサン・ジョースターの孫、ジョセフ・ジョースターが主人公となって、吸血鬼を生み出す「柱の男たち」と激しい戦いを繰り広げる。ここでは『戦闘潮流』の登場人物・キャラクター、あらすじ・ストーリーを紹介する。

Read Article

【ジョジョの奇妙な冒険】第2部『戦闘潮流』全キャラクターの特徴、関連性、画像まとめ

【ジョジョの奇妙な冒険】第2部『戦闘潮流』全キャラクターの特徴、関連性、画像まとめ

ここでは荒木飛呂彦の漫画『ジョジョの奇妙な冒険』第2部『戦闘潮流』に登場する全キャラクターの画像、プロフィールや別のキャラクターとの関連性などをまとめた。ジョセフやシーザーなどのメインキャラクターから、マリオ・ツェペリやマルクなどのサブキャラクターまで網羅している。

Read Article

【ジョジョの奇妙な冒険】第2部『戦闘潮流』名言・名セリフまとめ

【ジョジョの奇妙な冒険】第2部『戦闘潮流』名言・名セリフまとめ

ここでは荒木飛呂彦の漫画『ジョジョの奇妙な冒険』第2部『戦闘潮流』に登場する名言・名セリフをまとめた。第1部の主人公だったジョナサンの孫、ジョセフ・ジョースターが『戦闘潮流』の主人公だ。ジョセフはジョナサンと違って軽薄な態度が目立つが正義感が強く、トリッキーな戦い方を得意とする。

Read Article

目次 - Contents