マクロスF(マクロスフロンティア)のネタバレ解説まとめ

2008年に放送されたテレビアニメ作品。1982年に放映された「超時空要塞マクロス」から始まる「マクロスシリーズ」の6番目の作品となる。舞台は西暦2059年、超長距離移民船団「マクロス・フロンティア」に住む人類と、超時空生命体「バジュラ」との戦いの中で、パイロット候補生早乙女アルトと歌姫シェリル・ノーム、そして普通の女子高生ランカ・リーとの恋の三角関係を描いたスペース・ファンタジー。

あらすじ・ストーリー

西暦2059年、1,000万人規模もの居住民を乗せた超長距離移民船団「マクロスフロンティア」は銀河の中心を目指す航海の途中にあった。

ある日、近隣を航行中の移民船団「マクロス・ギャラクシー」より、トップアイドルの「シェリル・ノーム」がコンサートツアーのためにマクロスフロンティアを来訪する。
シェリルのコンサート演出のためエアアクロバットに参加することになった、パイロット養成コースに通う高校生「早乙女アルト」は、シェリルに憧れるごく普通の女子高生「ランカ・リー」と出会う。

ところが、人々がシェリルのコンサートに熱狂する中、宇宙から謎の生命体「バジュラ」がマクロスフロンティアを襲撃してきた。
人類でも異星人でもない「バジュラ」の攻撃に、反撃した新統合軍は次々とダメージを受けてしまうが、その危機を救ったのは民間軍事プロバイダーS.M.Sだった。
ランカの義兄オズマを中心としたS.M.Sはバジュラと互角に戦うことのできる最新バルキリー(可変型戦闘機)VF-25を用い、バジュラからフロンティアを守るために戦う。

シェリルに憧れ、芸能活動を始め徐々に脚光を浴びるようになったランカの歌声が、バジュラの行動に影響を及ぼすことが分かる。
それを知ったフロンティア政府は、彼女をバジュラとの戦闘に利用しようとする。
一方でギャラクシー船団出身のグレイス・オコナーは、バジュラの力を利用し全宇宙を支配しようとしていた。ランカの力を知ったグレイスは、その野望のために当初利用するはずだったシェリルを捨て、ランカ獲得へと動き出す。

戦乱の中、ランカはバジュラを「殲滅」させることを目的とする人類に疑問を抱きはじめ、アルトに別れを告げバジュラの元へ向かう。

フロンティア船団はバジュラの本星を見つけ最終決戦を挑むが、グレイスに利用されたランカがバジュラと共に応戦しダメージを受ける。
そこへアルトが呼びかけ、シェリルが歌うことでランカは自我を取り戻し、2人の歌声がバジュラに「人類とは何か」を理解させるに至る。
人類への誤解を解いたバジュラとS.M.Sによりギャラクシー船団の野望は打ち砕かれ、バジュラは別の銀河へと去ってゆき、人類は自然豊かなバジュラの本星へと降り立つことになる。

「マクロスフロンティア」の主要登場人物・キャラクター

早乙女アルト(CV:中村悠一)

美星学園高等部パイロット養成コースに通う高校生。
歌舞伎の名門の家系に生まれたため、中等部は演劇コースへ在籍していたものの、高校進学時に転科。
空への憧れと父親との確執から、バルキリーパイロットを目指している。

普段は反抗的で斜に構えた性格をしている。
成績は次席、端正な顔立ちと長い髪の容姿から「万年2位のアルト姫」とからかわれている。

バジュラに襲われそうになったランカを助けるためにバルキリー「VF-25」に乗り込んだことがきっかけで、民間軍事部隊S.M.Sへ入隊することになる。

ランカ・リー(CV:中島愛)

お嬢様学校である名門「聖マリア学園」に通う普通の女子高生。

中華料理店「娘々(にゃんにゃん)」でアルバイトをしながら、兄であるオズマ・リーと暮らしている(血縁関係はない)。
ゼントラーディ人(巨人の異星人)のクォーター。
シェリルに憧れており、歌うことが好き。

のちに彼女の歌が、人類とバジュラとの戦いの重要なカギとなる。

シェリル・ノーム(CV:遠藤綾、歌:May'n)

マクロス・ギャラクシー船団出身のトップアイドル。
「銀河の妖精」と呼ばれている。
銀河ヒットチャートでは常に上位にランクインされており、「この銀河に暮らしてシェリルの歌を聞かない日はない」と言われている。
マクロス・フロンティアでも不動の人気を誇る。

その美貌と卓越した歌唱力ゆえか、ひときわプライドが高く、自信を持っている。

ミハエル・ブラン(CV:神谷浩史)

美星学園パイロット養成コースの高校生。
アルトの同級生であり、良きライバルでもある。「アルト姫」のあだ名をを命名した張本人。
親しい人からは「ミシェル」と呼ばれている。

女性と見れば口説かずにはいられない。
射撃の腕が抜群で、敵も女も、狙った獲物は必ず落とすことをモットーにしている。

ルカ・アンジェローニ(CV:福山潤)

美星学園パイロット養成コースの高校生。
アルトやミハエルの後輩にあたる。
困った先輩たちの間で、うろたえることがしばしば。

総合機械メーカーL.A.Iの御曹司。
それゆえ、コンピュータ、軍用電子機器の取り扱いにかけては天才的才能を持つため、電子戦を担当する。

松浦ナナセ(CV:桑島法子)

美星学園美術科に通う高校生。
ランカのバイト先『娘々』のバイト仲間であり親友でもある。
アルト、ミハエルのクラスメイトでもある。

引っ込み思案でおとなしい性格。
ランカが歌手になる夢を応援している。

オズマ・リー(CV:小西克幸)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

超時空要塞マクロス(アニメ)のネタバレ解説まとめ

『超時空要塞マクロス』とは、タツノコプロ・アニメフレンド制作の日本のロボットアニメ。 1982年10月から毎日放送(MBS)製作、TBS系列で放送された「超時空シリーズ」および「マクロスシリーズ」の第一作。 飛行機好きのごく普通の少年一条輝が、突如襲来してきた異星人との戦いの中で二人の女性との恋に生き、友情に生き、成長していく物語である。

Read Article

マクロスフロンティアの名曲を集めてみた

2008年に放送されたアニメ「マクロスフロンティア」バルキリーという戦闘機に乗って戦うパイロットの少年アルトと、彼を取り巻く二人の少女との三角関係が視聴者をヤキモキさせて話題になりました。歴代の「マクロス」シリーズに共通しているのが“歌”。本作も、アニメの枠を超えて数々の名曲が生まれました。たかがアニメソングと侮るなかれ!マクロスFの名曲を集めてみました。

Read Article

マクロス7(マクロスセブン)のネタバレ解説まとめ

1994年~1995年に放送されたテレビアニメ作品。1982年に放映された「超時空要塞マクロス」から始まるマクロスシリーズの4番目の作品となる。舞台は西暦2045年、第37次超長距離移民船団・マクロス7船団を襲った地球外生命体「プロトデビルン」に戦わず歌で立ち向かう、ロックバンドFire Bomberのボーカル、熱気バサラと新人メンバー、ミレーヌ・ジーナスを中心に描いたスペースバトルファンタジー。

Read Article

目次 - Contents