マクロスF(マクロスフロンティア)のネタバレ解説まとめ

2008年に放送されたテレビアニメ作品。1982年に放映された「超時空要塞マクロス」から始まる「マクロスシリーズ」の6番目の作品となる。舞台は西暦2059年、超長距離移民船団「マクロス・フロンティア」に住む人類と、超時空生命体「バジュラ」との戦いの中で、パイロット候補生早乙女アルトと歌姫シェリル・ノーム、そして普通の女子高生ランカ・リーとの恋の三角関係を描いたスペース・ファンタジー。

圧倒的な強さを誇る、未知の敵「バジュラ」。その生態や数、目的、全てが謎に包まれている。
その存在に挑むのが、民間軍事プロバイダーS.M.S。

その母艦となる「マクロスクォーター」は、母艦としての大きさを持ちながら強攻型へのトランスフォーメーション機能、マクロスキャノンなどを併せ持つ高性能艦となっている。

格闘戦では中間形態や人型の利点を活かした複雑な機動で敵に迫り、迫力ある戦闘シーンが繰り広げられる。
それを操縦するのはボビー・マルゴ。オネエ言葉のボビーがマクロスクォーター操縦時にだけ見せる男気溢れる雄叫びはファンにも人気がある。

また、S.M.Sのパイロットは皆VF-25というバルキリーに乗っているが、それぞれ少しずつ仕様が異なっている。
アルトの乗るVF-25は標準型機であるが、オズマは指揮官専用、ミハエルは長距離狙撃専用、ルカは電子戦専用となっており、戦闘シーンにおける各機の動きや展開も見どころの一つだ。

ランカの歌の力、それを利用する勢力

マクロスシリーズ第一作目「超時空要塞マクロス」で、歌の力で戦った「リン・ミンメイ」と同じように、今回のヒロインも特別な歌の力を使って戦うことになる。

それが「ランカ・リーの歌の力」だ。

ランカの歌の力がバジュラに影響を与えることを知った軍上層部やグレイスたちがその力を利用しようと暗躍しはじめる。

バジュラの手から逃れるため、超長距離フォールドによって避難することを計画したマクロスフロンティア政府は、ランカの歌を「おとり」にして作戦を決行することに。

一方で、ランカの身を案じ守りたいと願うアルトとブレアはそれぞれの思いを掛けて、彼女のために戦う。
ここから少しずつ、記憶のないブレアとランカの接点や生い立ちへの伏線が見え隠れし始める。

仲間の死、思いはすれ違う

アルトは親友をバジュラに奪われてしまい、それをきっかけにバジュラへの憎悪を増していく。
ランカは自分自身の出生の秘密を思い出し、バジュラとの意外な関係を知ることにより、アルトとは違う道を歩くことを決意する。

死を目前にしたシェリルに最後までそばにいることを誓うアルト、自分を生きるためバジュラの元へ行くランカ。
そしてそれを利用しようとするグレイスたち。

フロンティア船団とバジュラとの最終決戦、シェリルとランカの歌の力によってバジュラに「人類とは何か」が伝わり、誤解が解けていく。
そしてS.M.Sによってギャラクシー船団とグレイスの野望は白日のもとに晒される。

最終決戦後、自然豊かなバジュラの本星に降り立った人類。
ずっと憧れていたシェリルに、「歌も恋も負けない」というランカの宣戦布告によって3人の「三角関係」は新たな始まりの兆しを見せる。

そして、限界の無い空を飛ぶ夢を叶えたアルトが、2人の見守る中、大空をどこまでも飛んでいくのだった。

二度と忘れられないマクロスフロンティア名言・名セリフ集

悪いが、俺は大人じゃなくて、男なんだよ!(ジェフリー・ワイルダー)

マクロスフロンティアから離脱したジェフリーの一言。
正義や常識より、自分が守りたい女たちを守る、そう決めた彼の熱い言葉。

任せろよ。俺は「女」も「弾」も一発必中さ。(ミハエル・ブラン)

女たらしであり長距離射撃の得意なミハエルならではの一言。

私はね、出来る事があるのにやらないのが大っ嫌いなの。(シェリル・ノーム)

シェリルが決して全てに恵まれていたわけではなく血のにじむような努力を積み重ねて今があることを彷彿とさせる言葉。

愛する男を失って、黙って引き下がることなどできない行くぞ!(クラン・クラン)

大切な人を失ったクランの、強い女性を感じさせる言葉。失った分強くなった彼女の一言は重い。

思い出さないでいいことだから、忘れてるんだろ? 過去なんかに縛られるのは時間の無駄さ(早乙女アルト)

過去のフラッシュバックにより一時的に混乱したランカを慰めるために言ったアルトの言葉。アルトもまた過去と向き合う時が近いのかもしれない。

思わざれば花なり、思えば花ならざりき(早乙女アルト)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

超時空要塞マクロス(アニメ)のネタバレ解説まとめ

『超時空要塞マクロス』とは、タツノコプロ・アニメフレンド制作の日本のロボットアニメ。 1982年10月から毎日放送(MBS)製作、TBS系列で放送された「超時空シリーズ」および「マクロスシリーズ」の第一作。 飛行機好きのごく普通の少年一条輝が、突如襲来してきた異星人との戦いの中で二人の女性との恋に生き、友情に生き、成長していく物語である。

Read Article

マクロスフロンティアの名曲を集めてみた

2008年に放送されたアニメ「マクロスフロンティア」バルキリーという戦闘機に乗って戦うパイロットの少年アルトと、彼を取り巻く二人の少女との三角関係が視聴者をヤキモキさせて話題になりました。歴代の「マクロス」シリーズに共通しているのが“歌”。本作も、アニメの枠を超えて数々の名曲が生まれました。たかがアニメソングと侮るなかれ!マクロスFの名曲を集めてみました。

Read Article

マクロス7(マクロスセブン)のネタバレ解説まとめ

1994年~1995年に放送されたテレビアニメ作品。1982年に放映された「超時空要塞マクロス」から始まるマクロスシリーズの4番目の作品となる。舞台は西暦2045年、第37次超長距離移民船団・マクロス7船団を襲った地球外生命体「プロトデビルン」に戦わず歌で立ち向かう、ロックバンドFire Bomberのボーカル、熱気バサラと新人メンバー、ミレーヌ・ジーナスを中心に描いたスペースバトルファンタジー。

Read Article

目次 - Contents