ぬらりひょんの孫(ぬら孫)のネタバレ解説・考察まとめ

『ぬらりひょんの孫』とは、椎橋寛によって、『週刊少年ジャンプ』(集英社)で2008年から2012年まで連載されていた、妖怪任侠漫画である。妖怪の総大将・ぬらりひょんの血を継ぐ奴良リクオは、一見普通の男の子だが、祖父のような立派な妖怪の首領(ドン)になることに憧れを抱いている。現代の日本を舞台に、各地の妖怪同士が死闘を繰り広げる妖怪任侠活劇となっている。

鏡斎(中心)

百物語組幹部の一人山ン本の「腕」。異名は「狂画師(きょうえし)」。怪談を描くことでそこから本物の妖怪を産み出す能力がある。柳田が集めた怪談を圓嘲笑が広め、鏡斎が産み出すという関係性で成り立っている。九相図(くそうず)と呼ばれる屋外にうち捨てられた死体が腐り、やがて無に帰すまでを九段階にわけて描いた仏教画をリクオの血を混ぜた墨で描くことで、絵と同じように体を徐々に腐らせていく業によりリクオを追い込んだ。しかし、それでも立ち向かってくるリクオの畏れに飲まれ、転落死してしまう。

鏖地蔵(みなごろしじぞう)

CV:茶風林
山ン本の「目」。額にある巨大な一つ目が特徴。

長い頭の老人の妖怪で、額に巨大な一つ目があり、本来の両目は常に閉じられている。山ン本の復活を目論んで鵺と手を組み、現世を支配しようとしていた。
催眠能力を持つ目玉を使って心に闇を持つ人間に乗り移り、その身体を自在に操ることができる。また、粉々に吹き飛ばされても復活する再生能力も持つ。
京都では京妖怪たちの参謀として活動。一部の京妖怪の記憶を操作して、鞍馬山の大天狗が本来いるべき立場に立っていた。弐条城で夜雀から魔王の小槌を受け取り、晴明に手渡したが、直後にリクオの祢々切丸に貫かれ消滅した。

御門院家(ごかどいんけ)

安倍晴明の子孫たち。歴代頭首たちは晴明復活の時に戻るべき玉座と聖地を守るために晴明の生み出した「泰山府君祭」により不老となる。当主は大きな歴史の変動時に交代することが多いため、ある時期を境に安倍姓から御門院姓に変わった。

鵺(ぬえ)/安倍晴明(あべのせいめい)

出典: comic-bunko.com

CV:小山力也
御門院家初代当主。陰陽師だが、母が羽衣狐の半妖怪。「鵺(ぬえ)」と呼ばれる。
千年前の京の闇を支配した名高い陰陽師だったが、その裏では平安京の妖怪を統べる主として、人と妖の共存を目指していた。
母である羽衣狐の胎内に還り転生するという方法を導き出すが、その矢先に母を人間に殺されて以降、人への怒りと憎しみから「闇が光の上に立つ世界」へと傾倒していく。羽衣狐の敗北と共に完全に復活、母を地獄へと葬り、自ら現世を闇で支配することを誓う。

安倍有行(あべのありゆき)

四代目当主。白装の安倍姓。百物語組との鬼ごっこでは裏で糸を引く黒幕として登場し、竜二に追い詰められた圓嘲を救った。葵螺旋城で玉章と戦うこととなり玉章を追い詰めるが、晴明が死んだことにより、肉体が崩壊して滅びた。

御門院天海(ごかどいんてんかい)

七代目当主。黒装の御門院姓。清浄により、京都を攻撃した。晴明の根城である葵螺旋城の結界を創った人物。努力の末、当主となった陰陽師で、竜二の憧れの存在だった。非才であるために醜く年老いた当主となってしまったことで、素顔を見られることに強い抵抗感があり常にマスクをかぶっている。ゆらの神獣奉弓により素顔を見られてしまったことで暴走し、見た者を全員皆殺しにしようとしたが、竜二の式神・水龍により葵螺旋城の結界を破られそれに呑まれて死亡した。

御門院心結心結(ごかどいんゆいゆい)

六代目当主。黒装の御門院姓。清浄により、山陰地方の妖を襲った。熊の人形を持ち歩いており、これを形代にして相手を操る能力を使う。葵螺旋城では、一番初めにリクオと対峙した。奴良組や九十九組との闘いで優勢となるが、首無に圧倒され、さらに黒田坊や青田坊の加勢により敗北した。

安倍吉平(あべのよしひら)

二代目当主。晴明の実子。葵螺旋城の最上階でリクオたちを待ち受けていた。父親である晴明の意志を継ぐために千年、その場所を守ってきたと言う。「天候制御」という陰陽術を使う。リクオと同じく半妖の身で、狐妖怪に変化できる体に悩まされ不幸であると感じている。父親が安倍晴明であることに抗わず、運命として受け入れ、千年間半妖の血を呪いながら生きてきた。しかし同じ境遇であるリクオはその身に悩みながらも受け入れ「人も妖も皆の意志を刃に背負う」と言い、吉平はリクオに斬られ父の元へ進むことを許した。

『ぬらりひょんの孫』の用語

tokumeisan3
tokumeisan3
@tokumeisan3

Related Articles関連記事

Fateシリーズ(Fate/stay night)のネタバレ解説・考察まとめ

Fateシリーズ(Fate/stay night)のネタバレ解説・考察まとめ

2004年にTYPE-MOONから発売されたテレビゲームおよびそれらを原作としたアニメ、小説、漫画作品。あらゆる願いを叶える万能の杯「聖杯」に選ばれた7人の魔術師と対になる7人の英霊たちが、己の願いを叶えるべく、最後の1組となるまで殺し合う「聖杯戦争」。聖杯戦争に巻き込まれた少年・衛宮士郎は、偶然にも召喚した英霊の少女・セイバーと共に、苦難の道を歩み始める。

Read Article

Fate/stay night(フェイト ステイナイト)のネタバレ解説・考察まとめ

Fate/stay night(フェイト ステイナイト)のネタバレ解説・考察まとめ

『Fate/stay night』とは、TYPE-MOONが開発するビジュアルノベルゲームのアニメ作品で、「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り7人の魔術師(マスター)と7騎の英霊(サーヴァント)の物語を描いている。本作はその原作のストーリーのひとつであるセイバーがヒロインにしたルートを脚本にしている。2006年1月から6月まで全24話で放送された。

Read Article

【着物好き必見!】和服イラスト・キャラが魅力的な漫画について

【着物好き必見!】和服イラスト・キャラが魅力的な漫画について

豪華な装飾が施された洋風ドレスなんかもうっとりするほど素敵ですが、見ていて心が落ち着くのはやはり昔ながらの日本を感じさせるイラストです。今回は主に着物を羽織っているキャラクターのイラストをまとめてみました。尚、筆者の好みによる偏りがあるのでそのへんはご了承ください。

Read Article

【人気漫画】2007年~2018年の週刊少年ジャンプ打ち切り・終了マンガまとめ!

【人気漫画】2007年~2018年の週刊少年ジャンプ打ち切り・終了マンガまとめ!

週刊少年ジャンプ連載作品で、2007年1号以降に終了した作品をすべて順に紹介します。『週刊少年ジャンプ』は、集英社が発行する日本の週刊少年漫画雑誌。略称は『ジャンプ』『WJ』 。1968年に『少年ジャンプ』として月2回刊誌として創刊し、翌1969年より週刊となり『週刊少年ジャンプ』に改名した。

Read Article

目次 - Contents