ぬらりひょんの孫(ぬら孫)のネタバレ解説・考察まとめ

ぬらりひょんの孫は、椎橋寛が週刊少年ジャンプで連載していた妖怪漫画およびそれらを原作としたアニメ、ライトノベル作品。大妖怪ぬらりひょんの血を4分の1継ぐ中学生・奴良リクオが、人間としての弱点を抱えながらも妖怪組織を統率し、百鬼夜行の主になるまでを描く。

主要章のあらすじ・ストーリー紹介

奴良組幹部・牛鬼の謀反編

リクオと同級生らが所属する「清十字怪奇探偵団」は、妖怪合宿と称して捩眼山を訪れる。そこは奴良組系・牛鬼組の縄張りであったが、リクオたちは牛鬼組からの襲撃を受ける。

出典: ja.wikipedia.org

四国八十八鬼夜行との全面抗争編

四国の妖怪組織・四国八十八鬼夜行が、奴良組のシマへの進撃を開始する。百鬼夜行を率いるリクオと、四国妖怪を束ねる玉章の全面抗争が始まる。

出典: ja.wikipedia.org

ぬらりひょんの過去‐京妖怪全面抗争編

奴良組の初代総大将・ぬらりひょんの過去が明らかになる。リクオの祖母・珱姫とぬらりひょんの出会い、妖刀・祢々切丸、羽衣狐率いる京妖怪との激突など、400年前の物語が描かれる。

出典: ja.wikipedia.org

遠野修行編

京都では、羽衣狐が再び動き出し始めた。リクオは、花開院家に戻ったゆらを助けると同時に、父の命を奪った羽衣狐と決着をつけるため、京都へ向かうことを決意する。しかし、リクオの未熟さを指摘したぬらりひょんは、リクオを遠野の里に送り込む。遠野での修行を経て、リクオは妖怪・ぬらりひょんの持つ真の力を理解する。

出典: ja.wikipedia.org

京都・羽衣狐との全面抗争編

遠野妖怪を味方につけ帰還したリクオは、奴良組の面々と共に京都へ進撃する。京妖怪の侵攻に対し、花開院家の陰陽師たちは守勢に回っていた。リクオたちは花開院家と共同戦線を張り、「鵺」を産み出そうとする羽衣狐と対決する。

出典: ja.wikipedia.org

奴良鯉伴の過去編‐江戸百物語組全面抗争編

京都での戦いを終え、リクオは奴良組三代目総大将を襲名。来たるべき鵺との戦いに備え、奴良組は力を蓄えていた。そんな中、百物語組が姿を表し、二代目・鯉伴との因縁が明らかになっていく。

出典: ja.wikipedia.org

御門院家最終決戦編

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents