ぬらりひょんの孫(ぬら孫、ぬらり)のネタバレ解説まとめ

%e3%81%ac%e3%81%ac%e3%81%ac

ぬらりひょんの孫は、椎橋寛が週刊少年ジャンプで連載していた妖怪漫画およびそれらを原作としたアニメ、ライトノベル作品。大妖怪ぬらりひょんの血を4分の1継ぐ中学生・奴良リクオが、人間としての弱点を抱えながらも妖怪組織を統率し、百鬼夜行の主になるまでを描く。

古の時代より転生を繰り返し、蘇るたびに妖力を増す京の大妖怪。
リクオの祖父・ぬらりひょんに敗れた過去を持ち、以降奴良組の天敵となっている。
鵺(後述)の復活を企み、世界を再び混沌に導こうとしている。

奴良組初代総大将「ぬらりひょん」

E95987cca10449d9bd5fc46ec7feba86

出典: comic-bunko.com

奴良組初代総大将。
息子で2代目の奴良鯉伴が早逝した後、リクオの3代目就任まで総大将を務めている。
妖怪や人間に対する分け隔てない振る舞いは百鬼夜行を統べる器とされ、多くの妖怪を惹きつけた。
年齢は500歳を超えるが、序盤はリクオをも軽く上回る戦闘力を誇った現役爺ちゃんである。

絶世の美女と謳われたぬらりひょんの妻「珱姫」

156ce6d83169bed6fc69cab7fd911154

出典: comic-bunko.com

リクオの祖母。400年前に生きた京の公家屋敷の人間の娘である。
不思議な治癒能力を持つが故に、当時の羽衣狐に狙われるが、ぬらりひょんによって救出された後、彼の求婚に応じて妻となった。

奴良組2代目総大将「奴良鯉伴」

9ce1affb225aaf95e4ef01f6c0241428

出典: comic-bunko.com

リクオの父。ぬらりひょんと珱姫の血を受け継ぐ半妖でありながら、奴良組の全盛期を築き上げた。
江戸時代には自由奔放な振る舞いで遊人として名を馳せる一方、混沌を撒き散らしていた「百物語組」を壊滅に追いやる。
しかし、これによって敵勢力の強い恨みを買ってしまい、百物語組首領・山ン本五郎左衛門と安倍晴明(※後述)らによって殺害された。

江戸妖怪・百物語組の首領「山ン本五郎左衛門」

5a52730b67606de56b198060a913b3f5

出典: comic-bunko.com

江戸時代に百物語を率い、奴良鯉伴と対決した外道の男。
人間であった頃に妖怪談を用いて妖力を集め、それを溶かした麻薬のような茶で江戸の重鎮を掌握。世を支配しようとするが、奴良鯉伴の登場により、達成目前にして悲願は潰えた。しかし、奴良組への強い恨みから「奴良組を滅ぼすまで決して滅びない妖怪」として、身体の各部位(口、耳、腕、骨、面の皮、鼻、脳など)がそれぞれ妖となって蘇る。

京妖怪が復活を望む最大の敵「安倍晴明」

1dcf2eb7865d77bb2a9c18bf66783446

出典: comic-bunko.com

御門院家の始祖にして「鵺(ぬえ)」と呼ばれる羽衣狐の「やや子」。
千年前の京の闇を支配した名高い陰陽師だったが、その裏では平安京の妖怪を統べる主として、人と妖の共存を目指していた。
母である羽衣狐の胎内に還り転生するという方法を導き出すが、その矢先に母を人間に殺されて以降、人への怒りと憎しみから「闇が光の上に立つ世界」へと傾倒していく。羽衣狐の敗北と共に完全に復活、母を地獄へと葬り、自ら現世を闇で支配することを誓う。

出典: ja.wikipedia.org

ぬらりひょんの孫に登場する妖怪たち

ぬらりひょん、雪女、首無し、天狗、毛倡妓、河童、一つ目などのメジャー妖怪から屍妖怪まで、種類豊富な妖怪が登場する『ぬらりひょんの孫』。
本作に登場する妖怪の多くは妖怪画集から採用しており、参考文献として鳥山石燕『画図百鬼夜行』、竹原春泉『絵本百物語』、河鍋暁斎『暁斎妖怪百景』の3つが示されている。

出典: ja.wikipedia.org

Gallery1

出典: comic-bunko.com

奴良組の妖怪たち

Gallery2

出典: comic-bunko.com

四国と京都の妖怪たち

Gallery3

出典: comic-bunko.com

江戸の妖怪と安倍家・御門院家の陰陽師たち

”妖怪らしさ”を演出する筆絵(イラスト)の魅力

B75ff4b7dcd45f7bd96cc580029bce86

出典: www.animatebookstore.com

『ぬらりひょんの孫』では、妖怪の禍々しい雰囲気を演出する為、絵巻を彷彿とさせる手法が多く用いられる。これらの手法および作風は「筆絵」と呼ばれ、作者・椎橋寛のイラストと『ぬらりひょんの孫』の魅力のひとつとして、ファンから絶大な指示を集めている。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents