ぬらりひょんの孫(ぬら孫)のネタバレ解説・考察まとめ

『ぬらりひょんの孫』とは、椎橋寛によって、『週刊少年ジャンプ』(集英社)で2008年から2012年まで連載されていた、妖怪任侠漫画である。妖怪の総大将・ぬらりひょんの血を継ぐ奴良リクオは、一見普通の男の子だが、祖父のような立派な妖怪の首領(ドン)になることに憧れを抱いている。現代の日本を舞台に、各地の妖怪同士が死闘を繰り広げる妖怪任侠活劇となっている。

九相図の呪いにより体が腐敗していくリクオ

時は現代、着々と怪談が広がっていく。頭は人間で体は牛の「件(くだん)」という妖怪が、生まれてすぐに予言を言う。その予言は絶対で外れないという怪談が広まった。本当に件は生まれ、「近クコノ國ハ滅ビル…助カリタクバ人ト妖ノ間ニ生マレタ呪ワレシ者…奴良組三代目奴良リクオヲ殺セ!」と予言した。
その予言を信じた人々は一斉にリクオへの攻撃を始めた。つららが懸命に守るが、ついに武器を手にした人間によって怪我をしてしまう。
そこに現れた百物語組の妖怪はリクオの妖怪の姿への変身を煽りながら、周囲の人間たちを襲う。人間の姿のまま必死に戦うが、偶然出会ったクラスメートのカナが狙われてしまう。やむを得ず、カナの目の前で妖怪の姿に変身し、無事カナを救うことができた。
そこに現れたのは、圓嘲。圓嘲はリクオに東京に百物語組の妖怪全てを放ち、その中から七人の幹部を見つけ出し、夜明けまでに倒すことができたら奴良組の勝利とするゲームをすることを提案した。
なぜそんなことをしなければならないのか、訳が分からないリクオ。しかし、件の予言を信じた人間たちから一斉に攻撃が始まり、ゲームは強制的に開始してしまう。
更に百物語組が放った妖怪たちが周囲の人間を殺していくため、人間たちを守りながら戦うことになったリクオだった。

一方で街の様子をネットで知った清継は、リクオの正体を知り戸惑っていた。ネットで知り合った人たちも「奴良リクオを殺せ」と騒いでいるが、清継はずっと憧れてきた主の存在を信じることにし、自分がリクオの無実を証明してみせると立ち上がった。

リクオは、一人目の幹部・山ン本の骨と呼ばれる雷電と戦い、勝利した。カラス天狗の情報だと、現在渋谷駅を中心に妖怪たちが大量に出没しており、まるで渋谷から妖怪が生まれているかのようだと言う。
百物語組の誰かが、渋谷で妖怪を産んでいると睨んだリクオは渋谷へと急いだ。そこには百物語組の幹部・鏡斎(きょうさい)に襲われるクラスメートの鳥居と巻の姿があった。鏡斎の能力により鳥居は再び妖怪にされてしまうが、リクオはイタクとの修行の成果を発揮し、妖怪の部分だけを断ち切り鳥居を救うことに成功した。

戦いの最中、鏡斎は九相図(くそうず)と呼ばれる人の死体が朽ちていく様を9枚の絵にリクオを捉えた。絵が仕上がる度に徐々に腐敗していくリクオ。しかし、体が腐敗しながらも鏡斎に立ち向かい畏れを発動する。その姿に鏡斎は「美しい」と感じ、九相図にリクオの畏れを捉えきれなかったことでやぶられリクオに一撃を入れられてしまう。ついにリクオはなんとか鏡斎に勝利することができた。

同時進行で、リクオの身の潔白を証明するために奔走する清継やカナ。リクオの戦いの様子を動画にし、拡散していた。しかし、悲しいことに、リクオの戦う様子を見ても誰も認めてくれないが、件の「夜明けと共に救世主が現れ奴良リクオを殺すだろう」という新たな噂は瞬く間に広まっていく。ゆらの兄・竜二曰く、圓嘲は、伝わる噂自体に畏れを乗せて人を言葉で操る「言霊使い」だろうと推測する。

そんな中、リクオは圓嘲の元へ辿り着く。圓嘲は今まで山ン本と呼ばれていた「脳」を殺し、真の目的は「鵺の再誕」だったことを告げた後、百物語最後の怪談・青行燈(あおあんどん)を産み出した。リクオはイタクとつらら、さらに清継の協力のおかげで、青行燈との闘いに勝利した。圓嘲との闘いに再び戻ろうと追いかけた先には安倍晴明の子孫である御門院家(ごかどいんけ)が現れ、百物語組と鵺とのつながりがあることを知った。その後、殺された恨みから山ン本が蘇り、奴良組の本家を襲う事態になった。しかしリクオはつららを鬼纏い、ついに山ン本に勝利した。

御門院家最終決戦編

晴明の攻撃を受け、半身を失う程の傷を負うリクオ

百物語組との抗争は終えたが、奴良組には鵺との闘いが控えていた。
リクオは鵺との闘いに備え、国内17地方の百鬼夜行を終結させ「清浄(しょうじょう)」を阻止するため力を合わせて戦うことを提案する。
清浄とは、かつて鵺が行った人と妖の大粛清のことを言い、もし同じ歴史が繰り返されるとすれば、多くの里が壊滅してしまう。
最初は若いリクオの提案に反対する妖怪たちだったが、徐々にまとまりかけたその時、カラス天狗から九州の九十九夜行が壊滅したという報告が入った。
先陣を切って、リクオは九州へ向かう。その前に、清浄は一箇所だけで起こるとは限らないことを考慮したリクオは、百鬼夜行の幹部たちにそれぞれの担当配置を命じた。

一方京都では土蜘蛛が目覚め、ゆらを攫って故郷である九州まで来ていた。すると、突然空から大蛇が降ってきて、そこに、九代目・水蛭子(ひるこ)が現れる。五行の法則を完全に無視して操る水蛭子の攻撃は強力なもので、土蜘蛛を瀕死の状態に追いやった。
なんとか助かったゆらも再び水蛭子に見つかってしまい、攻撃を受けそうになったところに、間一髪でリクオが到着した。リクオと水蛭子の戦いが始まり、ゆら、九十九夜行、更には土蜘蛛に助けられ、水蛭子を倒すことに成功した。

一方京都では、花開院家と御門院家の陰陽師対決が繰り広げられる中、ゆらの兄である竜二の元に復活した羽衣狐が姿を現す。羽衣狐は同じ場所で共に戦っていたかつて羽衣狐が率いた妖怪たちを束ね、京妖怪を復活させた。

奴良組本家では、リクオと全国の妖、更には花開院家が共に晴明の根城である葵螺旋城の攻略を目指す。
しかし時を同じくして奴良組本家が晴明のしもべによって発見され、茨木童子や鬼童丸が乗り込んできた。そこに現れた初代ぬらりひょん率いる百鬼夜行。羽衣狐を復活させたのは、ぬらりひょんの仕業だったことが判明する。乗り込まれた本家は祖父・ぬらりひょんに預け、リクオは自分の百鬼夜行を率いて、晴明の元へ急いだ。行く手を阻む御門院家の当主たちを仲間が引き受け、戦ってくれる。ついに、リクオは晴明の息子と対峙した。2代目当主は妖怪に変化できる半妖であった。半妖の身である自分の血を呪う二代目御門院家と悩んだ末に本当の自分の身を受け入れたリクオ、二人が刃を交え、リクオは二代目当主に勝利した。

その頃、羽衣狐は晴明の元を訪れていた。久々の親子の再会にお茶を飲みながら各々の理想の世界について語り合う。しかし、二人の理想とする世界は食い違い、羽衣狐は「お前だけが息子ではない」と言い放つ。
山吹乙女の魂と融合したことで「母性の妖怪」となった羽衣狐は今後は人も妖も全てを慈しむ母であることを宣言し、晴明と刃を交えることとなった。羽衣狐を守ろうと京妖怪たちも参戦するが、幹部であり、羽衣狐を慕う狂骨がやられてしまう。気圧される羽衣狐に晴明が刃を振りかぶったところにリクオが現れ、ついに晴明と対峙した。
リクオは晴明の攻撃により、右半身を失う程の傷を負ってしまう。しかし、羽衣狐を鬼纏うことで「最強の妖」となり晴明に祢々切丸を振りかぶるが、祢々切丸は砕けそうになってしまう。しかし、百鬼夜行のしもべたちの畏れを背負うことで、ついに晴明に勝利した。
全ての戦いが終わり、妖怪たちが喜ぶ中、リクオは瀕死の状態に陥っていた。羽衣狐はリクオを半妖の里に連れていき、数週間後療養を終えたリクオは、百鬼夜行の待つ妖怪屋敷へ三代目として戻ってきた。

『ぬらりひょんの孫』の登場人物・キャラクター

奴良家

奴良リクオ(ぬらりくお)

出典: comic-bunko.com

CV:福山潤 / 喜多村英梨(幼少期)
関東最大の任侠妖怪組織「奴良組」3代目若頭から総大将となる。序盤は小学3年生(9歳)から始まるが、その数年後の中学1年生(12歳)になってからの物語となる。大妖怪ぬらりひょんの孫で、母親が人間、父親が妖怪のクウォーター。奴良家の本家で祖父であるぬらりひょんと奴良組の妖怪たちと暮らしており、妖怪たちからは「若」や「リクオ様」と呼ばれている。妖怪の血を4分の1しか継いでいないことから、1日の4分の1しか妖怪になれない。そのため、昼は人間として中学校に通っており、夜は妖怪として生活している。
夜の妖怪として過ごしている時のことを昼の人間に戻ったリクオは覚えていない。妖怪のリクオは総大将を目指しているが、昼の人間のリクオはクラスメイトに嫌われるのを恐れて妖怪と生活していることはひた隠しにしている。しかし、様々な戦いを経て、少しずつ妖怪の血が覚醒。昼の人間であるリクオも夜のことを覚えていられるようになり、人間のリクオも3代目総大将を継ぐことを目指すようになる。そこで、3代目総大将の候補となるが、元々祖父の百鬼夜行であったためリクオではうまくまとめられない。そこで自分の百鬼夜行を作ることを決意し、様々な戦いの中で少しずつ自分の百鬼夜行を拡大していき、立派な総大将となる。
武器は祢々切丸(ねねきりまる)という妖刀。元々は祖母である珱姫が護身刀として持っていたもので、陰陽師の念を込めた退魔刀である。妖を斬るごとに力をつけるようにできている。斬られた所から畏れが抜け出てしまう能力がある。昔は祢々切丸を奪い合って抗争が起きる程だった。リクオはつららや首無たちと祢々切丸を使ってすいか割りをしていた時に誤ってつららが人間の時のリクオを斬ってしまった。しかし妖怪だけを斬る妖刀である祢々切丸では人間のリクオは傷を負わなかった。そこで、人間のリクオにはちょうどいい護身刀だとしてぬらりひょんからもらい受けた。

ぬらりひょん

出典: comic-bunko.com

CV:大塚周夫 / 遊佐浩二(若かりし頃)
奴良組初代総大将。息子で2代目の奴良鯉伴が早逝した後、リクオの3代目就任まで総大将を務めている。若かりし頃はしもべに百の妖怪を従え、「闇の世界の主」と呼ばれていた。イタズラ好きで無銭飲食が得意。四百年前に魑魅魍魎の主を根ざし、猛者の集う京へ乗り込んで珱姫と出会う。生き肝信仰である羽衣狐に珱姫が連れ去られたことをきっかけに京妖怪と抗争となり、羽衣狐に勝利をおさめ魑魅魍魎の主となった。その後、人である珱姫を妻に迎えた。

珱姫(ようひめ)

出典: comic-bunko.com

リクオの祖母であり、ぬらりひょんの妻。京の公家屋敷の人間の娘で、不治の病でも治すと言われる不思議な力を持っている。そのせいで、妖怪たちから珱姫の生き肝を食らうことで力を増大させることができると信じられていることから生き肝を常に狙われており、陰陽師を護衛として雇っている。その陰陽師から護身刀として持たされたものが現在リクオが使用している妖刀・祢々切丸(ねねきりまる)だった。珱姫本人は善意で人を救っているが、その力を父親から金もうけの道具として使われているため、外の世界を知らない。絶世の美女だという噂を聞いて現れたぬらりひょんと出会い、求婚を受ける。そんな時に珱姫の生き肝を狙った羽衣狐にとらえられ、ぬらりひょんに救出された後に、妻になった。

奴良 鯉伴(ぬら りはん)

出典: comic-bunko.com

CV: 藤原啓治
リクオの父。ぬらりひょんと珱姫の血を受け継ぐ半分人間、半分妖怪の身でありながら、奴良組の全盛期を築き上げた。自由奔放で遊び人。ふらりといなくなってしまうため、側近たちも手を焼く人物だった。人間社会でも「鯉さん」と呼ばれ親しまれていた。
人間たちを襲う「百物語組」を壊滅に追いやり、百物語組の幹部だった黒田坊を仲間に引き入れた。百鬼夜行の業「鬼纏(まとい)」を開発した。
しかし、これによって敵勢力の強い恨みを買ってしまい、百物語組首領・山ン本五郎左衛門と安倍晴明らによって殺害された。

山吹 乙女(やまぶき おとめ)

CV:能登麻美子
鯉伴の元妻。珱姫もまだ生きている時代に鯉伴の元へ嫁いできた。おしとやかで美しい妖。羽衣狐に子が成せない呪いをかけられている。50年経っても子が成せないことを呪いとは知らない乙女は自分のせいだと思い込み、山吹を一枝と古歌を残して姿を消し、枯れるように乙女はこの世から消えた。その後、山吹乙女は晴明の反魂の術により蘇り、山ン本五郎左衛門の幻術により、偽りの記憶を入れられて鯉伴と再会を果たす。鯉伴が乙女の残した古歌を詠むと同時に乙女が摘んでいた山吹の花束が刃へと変わり、鯉伴を手にかけ、すべての記憶を取り戻した乙女は羽衣狐へと変貌する。

奴良 若菜(ぬら わかな)

tokumeisan3
tokumeisan3
@tokumeisan3

Related Articles関連記事

Fateシリーズ(Fate/stay night)のネタバレ解説・考察まとめ

Fateシリーズ(Fate/stay night)のネタバレ解説・考察まとめ

2004年にTYPE-MOONから発売されたテレビゲームおよびそれらを原作としたアニメ、小説、漫画作品。あらゆる願いを叶える万能の杯「聖杯」に選ばれた7人の魔術師と対になる7人の英霊たちが、己の願いを叶えるべく、最後の1組となるまで殺し合う「聖杯戦争」。聖杯戦争に巻き込まれた少年・衛宮士郎は、偶然にも召喚した英霊の少女・セイバーと共に、苦難の道を歩み始める。

Read Article

Fate/stay night(フェイト ステイナイト)のネタバレ解説・考察まとめ

Fate/stay night(フェイト ステイナイト)のネタバレ解説・考察まとめ

『Fate/stay night』とは、TYPE-MOONが開発するビジュアルノベルゲームのアニメ作品で、「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り7人の魔術師(マスター)と7騎の英霊(サーヴァント)の物語を描いている。本作はその原作のストーリーのひとつであるセイバーがヒロインにしたルートを脚本にしている。2006年1月から6月まで全24話で放送された。

Read Article

【着物好き必見!】和服イラスト・キャラが魅力的な漫画について

【着物好き必見!】和服イラスト・キャラが魅力的な漫画について

豪華な装飾が施された洋風ドレスなんかもうっとりするほど素敵ですが、見ていて心が落ち着くのはやはり昔ながらの日本を感じさせるイラストです。今回は主に着物を羽織っているキャラクターのイラストをまとめてみました。尚、筆者の好みによる偏りがあるのでそのへんはご了承ください。

Read Article

【人気漫画】2007年~2018年の週刊少年ジャンプ打ち切り・終了マンガまとめ!

【人気漫画】2007年~2018年の週刊少年ジャンプ打ち切り・終了マンガまとめ!

週刊少年ジャンプ連載作品で、2007年1号以降に終了した作品をすべて順に紹介します。『週刊少年ジャンプ』は、集英社が発行する日本の週刊少年漫画雑誌。略称は『ジャンプ』『WJ』 。1968年に『少年ジャンプ』として月2回刊誌として創刊し、翌1969年より週刊となり『週刊少年ジャンプ』に改名した。

Read Article

目次 - Contents