進化した国民的ギャグ。『おそ松さん』における「シェー!」のバリエーション。

我らがイヤミが自分でも言っていた「国民的ギャグ」、「シェー!」。自分もかつては写真撮る時にこのポーズをとったものですが、『おそ松』さんにおいて、「シェー!」は進化しました。

イケメンバージョンのスタイリッシュシェー!

まずは伝説の第一話から。スタイリッシュ&おしゃれに。これでも「シェー!」なんですよ。手首やら指やらが手モデルさんのようです。

普通に驚いてのシェー!

六つ子にハロウィンのお菓子をたかられた時は普通に驚いてシェー!この時のイヤミは常識人でした…。

いたー!

大きさによって規模も変わるシェー!の練習

ふたを開けるたびに出てくるものの大きさが変わり、それに合わせて「シェー!」と大仰に驚いたり、「シェ」と声もポーズも控えめになったり。

不条理ギャグなのか、方向性の模索なのか…。考えたら負けでしょうか。

「しぇ」

のけぞってシェー!

「シェー!」の練習が単なる不条理ギャグでないことを物語るリアクションでした…。

美女になってもシェー!

六つ子をだまして搾り取るため、「美女になる薬」を使用。色々と衝撃だったこのエピソードですが、薬の効果が薄れてきて思わずシェー!完全美女バージョンのシェー!も見たかったです。

よれよれ靴下の代わりか、ハイヒールが回転してます。シェー!は足先に至るまで奥が深いんです。

気合いのシェー!

主役の名乗り、「返り咲く」為の気合いのシェー!実際には悪巧みでしたが。

他のキャラをジェノサイドするにもシェー!

主役争奪レースを開催し、ハタ坊の車(?)を奪い、「他のキャラがいなけりゃミーが主役!」などという暴論と共に、他キャラをジェノサイド!

えどのゆうき
えどのゆうき
@edono78

Related Articles関連記事

おそ松さん(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

おそ松さん(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『おそ松さん』とは、赤塚不二夫の漫画「おそ松くん」を原作にしたアニメーション作品。キャッチコピーは「成長しても、やっぱりバカ」。「おそ松くん」では子供だった六つ子おそ松・カラ松・チョロ松・一松・十四松・トド松は、成長し大人になるが童貞のニートになってしまう。六人は実家暮らしをしながら、今日も働かずにダラダラと過ごす。「おそ松くん」でお馴染みのイヤミ・チビ太・トト子・ハタ坊・デカパン・ダヨーンも登場。ナンセンスでシュールなギャグコメディ。

Read Article

おそ松さんの公式女体化『じょし松さん』6人の喪女像がリアルすぎる件について

おそ松さんの公式女体化『じょし松さん』6人の喪女像がリアルすぎる件について

3/25ついに最終回を迎えた人気ギャグアニメおそ松さん。 その13話で初登場となった、六つ子を女体化した『じょし松さん』たち。 松野家の6つ子たちと同じ声優さんが演じている為オネエキャラのようなキモカワな魅力 で話題となりましたが、それだけではないリアルな『喪女』っぷりを 振り返ってみます。

Read Article

《あなたの好みはどれ?》アニメに登場する女子(男子少し)キャラたちと制服まとめ(クイズもあるよ!)

《あなたの好みはどれ?》アニメに登場する女子(男子少し)キャラたちと制服まとめ(クイズもあるよ!)

アニメに登場する女子キャラたちの制服は、現実の飾らない制服よりも、遥かに華やかで特徴的で可愛らしいですよね。カラフルなものからファッションセンスにこだわったもの、シンプルだけどどこか趣があるものから、どれも印象的です。そしてもはや、その制服を見ただけで原作がなにかわかってしまうほどです。今回はそんなアニメに登場する女子たちの制服をあれこれまとめてみました。

Read Article

27年の時を経て再びアニメ化!!「おそ松くん」と「おそ松さん」キャラクターと声優一挙紹介!

27年の時を経て再びアニメ化!!「おそ松くん」と「おそ松さん」キャラクターと声優一挙紹介!

1966年に第1作、そして1988年に第2作とアニメ化され放送されていた赤塚不二夫原作「おそ松くん」 が大人に成長した姿で27年ぶりにアニメ化され話題となった「おそ松さん」! 今回は「おそ松くん」、「おそ松さん」の登場キャラクターと歴代のアニメ制作スタッフをご紹介します!

Read Article

今更ながら『おそ松さん』を深読みする(最終回ネタバレあり)

今更ながら『おそ松さん』を深読みする(最終回ネタバレあり)

深夜枠の放送ながら何かと話題の『おそ松さん』。「ギャグ漫画の巨匠の作品」。そのネームバリューだけではない快進撃ですが、何だか単なるギャグではなく、風刺の香りがプンプンしますね。ものすごく今更ですが、第1話をはじめいろいろと振り返って、色々と考察というか深読みして行こうかと思います。「本当に今更だな!」とチョロ松兄さんからツッコミが入ろうとも。

Read Article

目次 - Contents