寄生獣(Parasyte)の名言・名セリフまとめ

『寄生獣』は、岩明均による日本のマンガ。人間を捕食する寄生生物と右手に寄生生物を宿した高校生シンイチの数奇な運命を描く。
人間の存在が地球に害であるというテーマを掲げており、タイトルの「寄生獣」は前述の寄生生物ではなく、地球に害をなす人間を指している。
その重厚なテーマを背景に、キャラクターによるメッセージ性の強いセリフが多く、作中で多くの名言が登場している。

『寄生獣』の概要

『寄生獣』は、岩明均による日本のマンガである。1988年に講談社の「モーニングオープン増刊」にて全3話の中編作品として連載され、その後同出版社の「月刊アフタヌーン」に1990年から1995年の間、連載された。

人間の脳に寄生し、人間を捕食する謎の寄生生物が地球上に大量落下した夜から物語は始まる。脳への寄生をま逃れ、右手に寄生生物「ミギー」を宿した高校生のシンイチは人間と寄生生物との戦いに巻き込まれていく。

人間による環境破壊・食物連鎖・生物の本能といった哲学的かつ重厚なテーマを作品全体として掲げている。本能のままに人間を食べる寄生生物側、それに抗う人間側、そしてその中間者といえるシンイチとミギー、それぞれの立場における価値観や倫理感から生まれるセリフが作品に厚みを出している。

『寄生獣』の名言・名セリフ

わからん……尊いのは自分の命だけだ…… わたしはわたしの命以外を大事に考えたことはない

人間に寄生した寄生生物が人間を捕食していることに気づき、自分の立場に悩むシンイチにミギーは「同種が食われるのがそんなにイヤか?」と問いかける。シンイチは人の命は尊いのだから当然だと反論するが、その反論に対してのミギーの返答が本セリフである。

『バカヤロー』という言葉は自分よりバカな相手に使うべきだ

シンイチに言いがかりを付けてきた同級生を構わず殴り倒すミギー。「少し手加減しろよ!ミギー!バカヤロー!」と叱責するシンイチに対するミギーのセリフ。
冷静かつ知的なミギーの性格をよく表したシーンであり、ミギーファンなら必ず名言としてあげているセリフである。

受験勉強?あれは一種の暗号だろ?わたしがほしいのは生きる上で役立つ知識だ

知的好奇心なミギーは常に勉強している。そんなミギーにシンイチは自分の代わりに大学受験することをお願いする。そんなシンイチの甘えに対して、ミギーはこのセリフで一蹴する。
読者の中には受験勉強に価値や意味を見出せてなかった高校時代にこのセリフに感銘を受けて、割り切れるようになったという声があがるほど核心をついたセリフである。

シンイチ……『悪魔』というのを本で調べたが……いちばんそれに近い生物は やはり人間だと思うぞ…… 人間はあらゆる種類の生物を殺し食っているが わたしの『仲間』たちが食うのは ほんの1~2種類だ……質素なものさ

自身の正体を明かそうするシンイチに対してミギーは、命を取らずとも口をふさぐ方法はいくらでもあると脅す。シンイチは「悪魔」と罵るが、ミギーはこのセリフで返す。そして、シンイチは言い返すことができなかった。

そりゃ人間がそれだけヒマな動物だからさ だがな、それこそが人間の最大の取り柄なんだ 心にヒマ(余裕)がある生物、なんと素晴らしい

最終話、ミギーがシンイチの意識の中で問いかけるシーン。シンイチとともに過ごした日々を通して人間の心を理解したミギーが初めて人間を褒めるシーンである。
村野里美とのデート中にある事件に巻き込まれ、彼女の身に危険が迫り、シンイチがピンチになったとき、しばらく眠りについていたミギーが助けてくれた感動的なシーンでもある。

人間には命令が来てないのか?

シンイチの通う高校に教員としてやってきた寄生生物「田宮良子」。その田宮良子に対峙したシンイチは、人間を食べなくても他の栄養素から寄生生物は生きていけるのではないかと問いかける。

その問いに田宮良子は生物は皆、生まれたときから「命令」受けているのだと応え、そして本セリフでシンイチに問いかけ直す。この時のシンイチはまだ田宮良子の言っている意味がわからなかった。

短いセリフだが、「命令」を受けた自覚がない人間の生物としての存在理由をシンイチに問うと同時に、読者にも問いかけている重要なシーンとなっている。

わたしが人間の脳を奪ったとき 1つの『命令』がきたぞ…… “この『種』を食い殺せ”だ!

上記の問いに応えられないシンイチに対して、田宮良子は自分たちが受けた命令を明かす。

「わたしが人間の脳を奪ったとき、1つの命令がきたぞ…」
「“この種を食い殺せ”だ」

ここでパラサイトたちの「同種喰い」という性質の根本が明らかになり、「脳を奪ったとき」に命令がきたことから、ミギーとジョーが人間を食べない理由は脳を奪えなかったからだと分かる。

生物としての「本能」と呼べるものを、「命令」と表現する田宮良子。
「この種を食い殺せ」は、地球に対しての人間の罪をあぶり出す大事な設定であり、「寄生獣」を哲学的な作品に昇華させている最も大きな要素となっている。

彼はわたしが実験により創りあげたか弱い「仲間」の1人ではあるが…無敵だ

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

寄生獣(Parasyte)のネタバレ解説まとめ

『寄生獣』とは、岩明均による漫画作品、及びそれを原作とするアニメ、実写映画。人間に寄生し、人間を食らう寄生生物。そんな生物(ミギー)が右手に寄生してしまったため、数奇な運命に翻弄されることになった泉新一。単なるモンスター物、ホラー物ではなく高度な哲学性、テーマ性が物語を彩っており、今なお根強い人気を誇っています。

Read Article

ヒストリエ(Historie)のネタバレ解説まとめ

2003年から「月刊アフタヌーン」で連載されている岩明均による歴史漫画。マケドニア王国のアレクサンドロス大王に仕えた実在の人物である書記官エウメネス。古代オリエント世界を舞台に、名家の息子として育てられた彼が陰謀によって一時は奴隷に身を落としながらも徐々にその才能を開花させていく様が描かれる。

Read Article

深夜枠放送名作アニメの悲喜こもごも

「何で深夜枠…何ですぐ終わる…」そう思わせる名作漫画「アニメ化作品」の数々。規制のせいか!?などと短絡的に思ってしまいましたが、カンタンに録画で見られる時代です。それに名作はアニメになったって名作…とは限らないのが、原作ファンにとっては哀しいところ。せっかく色や音、動きがつくのだから原作並みのクオリティで突っ走ってほしいものです。

Read Article

目次 - Contents