チャーリーズ・エンジェル(2019年の映画)のネタバレ解説まとめ

『チャーリーズ・エンジェル』とは、2019年に公開されたアクション映画。『チャーリーズ・エンジェル』、『チャーリーズ・エンジェル フルスロットル』の続編である。彼女たちは国際機密企業チャーリー・タウンゼント社に所属しており、さまざまな特殊訓練を積み、男性顔負けの大活躍を見せるエリートエージェント。硬い結束力でどんな敵にも頭脳と行動力で立ち向かう。前作のエンジェルたち(キャメロン・ディアス、ドリュー・バリモア、ルーシー・リュー)の登場シーンがあり、前作のファンにも楽しめる内容。

『チャーリーズ・エンジェル』の概要

『チャーリーズ・エンジェル』とは、2019年にアメリカで公開されたアクション映画。2000年『チャーリーズ・エンジェル』、2003年に公開された『チャーリーズ・エンジェル フルスロットル』から20年近くの歳月を経て、キャストがリニューアルされ新エンジェル披露となる。『チャーリーズ・エンジェル』シリーズが映画ファンに愛される理由は勇敢で美しいだけでなく、頭脳明晰なエンジェルたちの活躍を多くの人々が支持しているからである。1976年~1981年までアメリカで放送されたテレビドラマ『チャーリーズ・エンジェル(日本語版:地上最強の美女たち!チャーリーズ・エンジェル)』。シーズン1~シーズン5まであるが、初代のエンジェルに扮するのは、サブリナ・ダンカン(演:ケイト・ジャクソン)、ジル・マンロー(演:ファラ・フォーセット・メジャーズ)、ケリー・ギャレット(演:ジャクリーン・スミス)という当代随一の人気女優たち。その後、エンジェルの入れ替わりにつれてキャストも変更を重ねる。2000年に初めての映画化。監督はマックG。キャストはナタリー・クックにキャメロン・ディアス、ディラン・サンダースにドリュー・バリモア、アレックス・マンデーにルーシー・リュー。続いて2003年に続編『チャーリーズ・エンジェル フルスロットル』が公開。監督は同じマックG、前作でのエンジェルが新たな指令に挑んだ。

そして、今作『チャーリーズ・エンジェル』の公開となる。監督は『ピッチ・パーフェクト』『ピッチ・パーフェクト2』で監督を務めた女優のエリザベス・バンクス。新エンジェル役を射止めたのは、『トワイライト』シリーズで爆発的な人気を得たクリステン・スチュワート、『アラジン』でブレイクしたナオミ・スコット、英国ドラマ界で人気を博しているエラ・バリンスカ。前2作でとてつもないミッションに挑み、圧倒的なハイスペックを見せつけ、映画ファンをとりこにした3人のエンジェルの縦横無尽な活躍が堪能できる新作である。彼女たちへの指令は、ボスであるチャーリーから「音声」で送られてきて、彼女たちへのバックアップをボスレーが行う。

『チャーリーズ・エンジェル』のあらすじ・ストーリー

今回のミッションは、ドイツ・ハンブルクの巨大テクノロジー企業が開発したプロジェクトに関わる新エネルギーの軍事利用を阻止するというものだった。それを開発したエレーナという天才プログラマーからの依頼を受けたタウンゼント社は、変装の名人サビーナと、高い身体能力と武器を操ることにかけては絶対の腕を誇る元MI6のジェーンを送り込む。彼女たちは“カリスト”と呼ばれる秘密兵器(殺人兵器にもなる)が悪用されるのを防がなければならない。同社の幹部が秘密裏に“カリスト”を手に入れ、バイヤーと接触する恐れが出てきたことで急を要するミッションとなった。しかも、“カリスト”にはエレーナしか知らないある欠陥があり、彼女は上司に報告したが、それを握りつぶされたことで危機感を抱き、タウンゼント社に接触してきたのだった。

サビーナとジョニーのゴージャスなディナー

ジョニーを誘惑するサビーナ

魅力をふりまくサビーナ

サビーナはリオデジャネイロにいた。難民への援助金を横領したオーストリア人のジョニーの金庫から重要な資料を盗みだすのが仕事である。サビーナはブロンド美女への変装でジョニーを惹きつけることに成功。ロマンティック・ディナーを利用して相手を油断させたところで、ジェーンと何人かのエンジェルたちが登場し、悪党を全滅させた。

窮地に追い込まれるエレーナ

エレーナの会社

”カリスト”を持つエレーナ

エレーナと面談する上司のフレミング

フレミングの話に納得がいかないエレーナ

タウンゼント社のカードを渡される

リオデジャネイロでのミッションから1年後のハンブルク。ある巨大テクノロジー企業で働くエレーナは、“カリスト”という新エネルギーの開発に主任プログラマーとして関わっていた。彼女は上司のフレミングからの呼び出しを受け、彼のオフィスに出向く。フレミングから今度の発表会で“カリスト”を披露すると言われるが、エレーナには賛成できない理由があった。新エネルギー源の“カリスト”に重大な欠陥が見つかったのだ。同僚がそれにより脳障害になり入院している。彼女はフレミングに研究結果の報告書を提出しており、その中には“カリスト”には調和点列が無効になる危険性があることも記されていた。エレーナは再度フレミングにプログラム内の欠陥を修復させてもらえるよう説得するが、目先の利害を優先するフレミングに却下されてしまう。「5年も開発にかけた“カリスト”は安全で完璧だ。オーナーのブロック氏にもそう伝えることにする」と最終通告をされる。落胆したエレーナは廊下ですれ違ったブロンド女性に「落とし物よ」と言われ、見たこともないカードを渡される。そこには「タウンゼント・カンパニー」と書かれていた。

ボスレーは1人じゃない。各国に存在する“ボスレーたち”

ジョン・ボスレー、タウンゼント社退職祝い

チャーリーから贈られた時計

ロサンゼルスのタウンゼント社では古参のジョン・ボスレーの退職祝いが計画されていた。室内に入ったジョンをレベッカ・ボスレーが出迎える。壁一面のスクリーンに各国の「ボスレー」たちが映しだされていて、彼らの祝福を受ける。彼は欧州支局を開局、組織の国際化を進めてきた功労者であった。40年間もの長い間、組織内の採用と訓練を担当し、タウンゼント社を発展させてきたのである。そして、チャーリーからのメッセージが流れ、記念の時計を贈られる。チャーリーは「第二の人生を楽しめ。お疲れ様」との祝福の言葉をジョンにかけてパーティが始まる。

エレーナの会社の発表会で”カリスト”が披露される

新エネルギー源”カリスト”のお披露目

”カリスト”にロックオンする会社オーナーのブロック

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents