シャザム!(DCEU)のネタバレ解説まとめ

『シャザム!』とは、2019年に公開されたアメリカ合衆国のヒーローアクション映画。DCコミックスのクロスオーバー作品『DCエクステンデッド・ユニバース』の第7作品目として製作された、スーパーヒーロー映画である。DCコミックスの『シャザム』を主人公としている。家出を繰り返す孤児「ビリー・バットソン」が、魔術師・シャザムとの出会いをきっかけに、里親と一緒に暮らす子供たちと絆を築いて成長していく。その一方で、シャザムと会った事があるサデウスは、悪の道を歩み始める。

『シャザム!』の概要

『シャザム!』とは、2019年に公開されたアメリカ合衆国のヒーローアクション映画。
DCコミックスのクロスオーバー作品『DCエクステンデット・ユニバース』の第7作品目として製作された、スーパーヒーロー映画でもある。

DCコミックスの『シャザム』を主人公にした本作は家出を繰り返す孤児の少年が、グループホームで出会った子供たちや里親と接していくうちに家族愛を知り、ヒーローとして成長していく2つの感動と興奮を体験できる物語となっている。
本作のキャッチコピーにある「見た目は大人、中身はコドモ」のように、スーパーヒーロー「シャザム」は、見た目は筋骨隆々とした肉体を持つ大人なのに、中身は子供が故に無邪気でハチャメチャで感受性豊かなヒーローというのが魅力だ。

これまでのヒーロー作品にある「自分の意に反して超能力を授かり、世界を救う羽目になるヒーロー」とは違い、純粋にヒーローになれたことを喜び楽しんでいるビリーの姿に誰もが笑い、ワクワクドキドキするところが最大の魅力となっている。

幼い頃に離れ離れになった母親に会いたい一心で、里親の元から家出を繰り返す孤児「ビリー・バットソン」は、新たな里親となったバスケス夫妻が運営するグループホームに入居し、足が不自由なフレディをはじめとする5人の子供たちと出会う。
ビリーはフレディがいじめられている現場に遭遇し、彼を助けていじめっ子から逃げ、地下鉄に乗り込むと謎の魔術師・シャザムに永遠の岩へ召喚される。

勇者となる素質を持った人間を探していたシャザム、彼からスーパーヒーロー・シャザムに変身できる能力を与えられたビリーが、フレディたちとの絆を育みつつ、ヒーローとして成長していく。
その一方で、ビリーよりも先にシャザムに出会っていた男・サデウスは、シャザムがいる「永遠の岩」へ再び行き、魔物たちの力の源である「魔法の目」の封印を解いて魔物たちの力を得てしまっていた。

シャザムとの出会いで、ヒーローとして成長していくビリーと悪の道を歩んでしまったサデウスの戦いが描かれた本作は、デヴィッド・F・サンドバーグが監督を務める。配給はワーナー・ブラザース。
世界では365,971,656ドルの興行収入を得ており、アメリカやカナダでは140,371,656ドル、日本では7億2000万と大人気を博したヒーローものの実写映画だ。

『シャザム!』のあらすじ・ストーリー

魔術師・シャザムとの出会い

幼いサデウス(写真右)、シャザム(写真左)と出会う

1974年のクリスマスの日、「サデウス・シヴァナ」は兄の「シド」と共に、父親が運転する車に乗ってニューヨーク州北部にある祖父の家へ向かっていた。
しかしその道中、サデウスが持っていた玩具の占いボールに、奇妙な文字が浮かび上がった途端、意地悪なシドと厳しく当たる父親の姿は消えてしまっていた。

猛スピードで駆け抜ける車に怯えるサデウス、そんな彼を魔術師「シャザム」が、あらゆる魔術の源である宮殿「永遠の岩(ロック・オブ・エターニティ)」へ召喚する。

シャザムはサデウスに、自分はかつて七つの大罪の魔物を封印した者の1人であり、永遠の岩の守り人であることを伝える。
そして、老いたシャザムは力が衰え始めてしまい、その為に彼の力を受け継ぐ勇者を探していたことも話す。

だがサデウスに、「心の清らかさと魂の強さ」がある勇者の素質はなく、七つの大罪(「傲慢」「憤怒」「嫉妬」「怠惰」「強欲」「暴食」「色欲」という七つの死に至る罪、人間を罪に導く可能性がある欲望や感情の事)の魔物の誘惑に負けて「魔法の目(魔物たちの力の源)」の封印を解こうとしてしまった。
そのことでサデウスは、シャザムによって「永遠の岩」を追い出され、現実世界へ引き戻されてしまう。

現実世界に引き戻されたサデウスは、車中でその事についてシドと言い争う。
兄弟喧嘩に気を取られた父親は、横からきた車の存在に気づかず、追突されて重傷を負ってしまった。

父親の元に駆け寄ったシドは、サデウスに「お前のせいでこうなった」と罵る。
その際、サデウスは壊れた占いボールに浮かび上がった、「我らを見つけろ」というメッセージを目にした。

孤児のビリーが、里親のバスケス夫妻に引き取られていくシーン

現代のアメリカ・ペンシルベニア州フィラデルフィアでは、14歳の孤児「ビリー・バットソン」が、嘘の通報をして呼び出した警察官を店に閉じ込めていた。
ビリーはその隙に、パトカーにあったPCを開き、警察のデータベースでバットソン姓の女性を調べ、ノートに書き留める。

そうしてビリーはその女性たちの中に、自分が幼い頃にカーニバル(移動遊園地)ではぐれたことによって、離れ離れになってしまった母親がいるかもしれないと信じ、一軒一軒訪ねていく。
偽物の家族より本物の家族に会いたいビリーが、里親の元から何度も家出を繰り返す。

23回も家出を繰り返してきたビリーを見かねた孤児院は、彼に「本当の家族になれるよう努力しなさい」と言い、新たな里親となった「ビクター・バスケス」とその妻「ローザ」の元へ送り出す。

自分たちも孤児だったバスケス夫妻は、ビリーをグループホームへ優しく迎え入れる。
ビリーはまず、自分と同じ里子で養姉妹となる、抱きつき癖がある「ダーラ・ダドリー」と、カリフォルニア工科大学への進学を希望する「メアリー・ブロムフィールド」に出会う。

ビリーはその後、ゲーマーだが政府のデータベースに侵入できるほどのハッカーでもある「ユージーン・チョイ」、無口で筋肉オタクのふくよかな少年「ペドロ・ペーニャ」、同室の足が不自由でヒーローオタクの「フレディ・フリーマン」と順に出会っていく。

フレディたちはそれぞれ、自分たちの新しい家族で兄弟となったビリーを優しく迎え入れてくれるが、ビリーは実の母親以外を家族だと思っていない為、冷たく接してしまう。

一方、壮年となったサデウスは、父親が経営する会社「シヴァナ産業」がスポンサーをしている研究所を利用し、集団ヒステリーの調査という名目でシャザムに召喚された人々を研究していた。

研究所の女性はそんなサデウスのやり方を糾弾し、サデウスのシャザムと永遠の岩へ行く方法について研究した部屋で、呪文が書かれた扉を叩いた瞬間、突如起きた謎の光によって消滅してしまう。
サデウスはその光は魔術によるものだと思い、その扉を開けて再び永遠の岩へ向かう。

サデウスはそこでシャザムと再会し、幼い頃から父親やシドに見下され貶されてきた自分が、ヒーローにもなれないと拒まれたことを彼に糾弾する。
そしてサデウスは、魔法の目の封印を解き放ち、七つの大罪の魔物たちの力を得る。その代償に、サデウスの右目には魔法の目が埋め込まれた。

フレディたちと学校に通い始めたビリーは、フレディが「ブレット・ブライヤー」と「バーク・ブライヤー」という、いじめっ子の兄弟にいじめられている現場に遭遇する。
ビリーはその場を一瞬立ち去ろうとするが、ブライヤー兄弟がフレディに実母がいないことをからかったため激怒し、フレディが突き飛ばされた際に落とした松葉杖で殴りかかる。

地下鉄に乗っていたビリーが、シャザムによって「永遠の岩」へ召喚されたシーン

ブライヤー兄弟に追われる羽目になったビリーは、地下鉄に乗り込んで彼らを撒く。
その事に安堵するビリーだったが、突如シャザムによって、永遠の岩へ召喚される。

ビリーはシャザムと会い、彼から「かつて永遠の岩を7人の魔術師で守ってきたが、選んだ勇者が与えられた力を復讐のために使い、七つの大罪の魔物を世に解き放ち大災害を起こした。故に我々は、清らかな心と魂の強さをもった善人に魔術を与えようと誓った」という話を聞く。

七つの大罪の魔物によって、シャザムの兄弟姉妹たちは殺され残った魔術師は彼1人だけとなってしまった。
そんなシャザムの力も衰えてきてしまい、サデウスによって七つの大罪の魔物の封印が解かれたことから、シャザムは最後の希望として選んだビリーに一刻も早く自分の力を受け継がせたかったのだ。

ビリーはシャザムの話を半信半疑で聞いていたが、彼に杖を掴んで「シャザム」と叫べと急かされてしまい、思わず「シャザム」と言ってしまう。

これによりビリーは、6人の神々の力「ソロモンの知恵」「ヘラクレスの剛力」「アトラスの体力」「ゼウスの万能」「アキレスの勇気」「マーキュリーの神速」を備えたスーパーヒーロー「シャザム」に変身できる魔術をシャザムから受け継いだのだった。

魔法の言葉は「シャザム」

変身が解けないビリーは、家族に内緒でフレディに助けを求める

驚くビリーをよそに、無事力を受け継がせることが出来た「先代シャザム(魔術師・シャザムの事)」は力尽き、消滅してしまう。
新たな「シャザム」になったビリーは変身が解けないまま現実世界へ引き戻され、グループホームへ帰ってフレディに助けを求める。

スーパーマンやバットマンをはじめとするヒーローが大好きなフレディだが、最初は自分にビリーだと言って騙そうとするヒーローのコスプレをした悪者だと勘違いする。
そんなフレディの誤解を何とか解いたビリーは、彼と一緒にシャザムの魔術が何なのか色々試してみることにした。

まずは空を飛ぶ力と姿を消す力だが、この力はまず出ない。そこで偶然にもビリーの指先から稲妻が出た。
ビリーが暴漢やコンビニ強盗たち悪人を退治した際、彼には高速移動できる力と怪力、銃弾を弾くほどの強靭な肉体が備わっていることを発見した。

コンビニ強盗を倒したビリーは、フレディと共に試しにビールを買ってみるが、見た目は大人なものの中身は子供なため、ビールが苦くて思わず2人で噴き出してしまう。
お菓子とジュースを買いなおしたビリーとフレディは少しだけ仲良くなり、ビリーの帰りを待つビクターたちに内緒でグループホームへ帰宅する。

ローザたちにバレないように必死だったビリーたちは、思わずダーラの部屋へ逃げ込んでしまい、驚く彼女にビリーは急いで事情を話そうとした。
ビリーが「シャザム」と言った瞬間、彼の変身は解けて元の姿に戻り、フレディはこれが変身能力を解く鍵だったのだと気づく。

魔法の目を右目に宿し、七つの大罪の魔物たちを従えたサデウス、父親や兄を虐殺する

七つの大罪の魔物の力を得たサデウスは、事故で足を失って車椅子に乗る父親とシド、会社の役員たちが会議する場を強襲する。
そしてサデウスは、魔法の目から七つの大罪の魔物たちを解き放ち、シドや役員たちを虐殺させてから、最後に父親の強欲さに見合った罪「強欲」に虐殺させる。

サデウスは父親を殺す直前、七つの大罪の魔物たちから「魔術師が新たに見つけた勇者が、真の力に目覚めればお前は負ける。その前に勇者(新たなシャザム)を殺せ」と言われ、その力(シャザムの魔術)を得るためにシャザムを探し始める。

ビリーとフレディの喧嘩

シャザムの魔術を楽しむビリー(写真左)とフレディ(写真右)

一方、ビリーとフレディは学校を早退して廃工場や街に繰り出し、シャザムの魔術(飛行・耐久力・怪力)を試している映像を動画共有サイトにアップしていた。

その傍ら、稲妻ですれ違う人々の携帯を充電したり、自販機のペプシコーラを大量購入やATMから大金を引き出したりするなど、2人はシャザムの魔術を使って色々な悪戯をして楽しみ始める。

フレディが撮影した映像は、あっという間に学校や街中で有名となっていく。
だがいじめっ子を見返したい、格好つけたい気持ちで「自分はスーパーヒーローの親友だ」と周囲に触れ回るフレディと、正体を秘密にして学校で目立ちたくないビリーとの間ですれ違いが生じる。

フレディが学校でブライヤー兄弟に、「スーパーヒーローは自分の親友だ、明日一緒にランチするから会わせてやる」と宣言した夜、ビリーとフレディは家族がスーパーヒーローの話題を出したことをきっかけに本格的に喧嘩してしまう。
翌日、ビリーは学校をサボり、フレディはスーパーヒーローが来なかったことでいじめを受けた。

学校をサボり、シャザムに変身して街を歩いていたビリーは、交通事故に遭いそうだったメアリーを助ける。
その時シャザムは、大学から合格通知を貰ったメアリーが、「合格したのは嬉しいが、グループホームの家族と離れたくない」と思って落ち込んでいたと聞き、自分だけの事を考えろと助言して立ち去る。

フレディは怒り、街で大道芸人のように魔術を披露していたシャザムの元へ行き、彼を糾弾する。

カメラの前で喧嘩するフレディ(写真左)とビリー(写真右)

その話し合いの最中、シャザムが発した稲妻は、高速道路を走行していたバスのタイヤに当たってしまい、事故に遭わせてしまう。

高速道路から転落したバスと乗客を、シャザムは何とか助けることができ、その出来事はニュースで報道された。

しかし、後から駆けつけたフレディはシャザムに、「足が不自由で孤児な自分は、どうしても周りから憐れまれてまともに目を合わせてくれない。だから周りに認めて貰うための悪あがきとして格好つけたがる。スーパーヒーローになっても君は同じ14歳の子供だ。ただ力を見せびらかして威張っているだけじゃないか」と糾弾してその場を立ち去っていく。

サデウスの強襲とヒーローの正体

ビリーに、勇者の力(シャザムの力)をよこせと言い、戦いを仕掛けるサデウス

シャザムはフレディが立ち去った直後、突如現れたサデウスに襲われる。サデウスはシャザムに「力(シャザムの魔術)を自分によこせ」と言い、シャザムに戦いを挑む。

戦いの最中で自在に飛べるようになったシャザムだったが、それに喜ぶのも束の間、サデウスに執拗に追われて一方的に打ちのめされていく。
すっかり戦意喪失したシャザムは、「シャザム」と叫んで変身解除し、ビリーに戻って人混みに紛れて逃げる。

だが、シャザムの危機に気づいて追いかけてきたフレディが、代わりにサデウスに捕まって尋問されてしまう。
グループホームに逃げ帰ったビリーは、学校をサボったことや家出したこと、喧嘩をしたことをビクターに叱られる。

その頃ニュースではシャザムとフレディが言い争う映像が流れた。
それを見たメアリーたちは、メアリーがグループホームにいることや名前を知っており、昨晩のビリーたちの喧嘩と映像の2人の様子が一致することから、スーパーヒーローの正体はビリーだと気づく。

ビリーたちに内緒にするように言われていたダーラは、おしゃべりな性格故にビリーの秘密をメアリーたちに打ち明けてしまう。

バスケス夫妻がビリーから離れた直後、メアリーたちはビリーの秘密と、ユージーンが見つけたノートで母親を探していることを知ったと伝える。
それからメアリーたちはビリーにユージーンがハッキングしたFBIのデータベースを使って、母親を見つけたと報告する。

実の父親は刑務所におり、別の男性と再婚した母親は地下鉄で2駅先の所に住んでいると知ったビリーは、グループホームを飛び出して母親の元へ向かう。

そんなビリーを車で探しに行くバスケス夫妻、家で待つことになったメアリーたちだったが、そこへフレディからシャザムの正体を聞き出したサデウスが現れる。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

アクアマン(DCEU)のネタバレ解説まとめ

『アクアマン』とは、アメリカ合衆国で2018年12月21日に公開されたスーパーヒーロー映画。日本では2019年2月8日に公開された。「DCコミックス」のアメリカン・コミック『アクアマン』の実写映画で、『DCエクステンデッド・ユニバース』シリーズの6番目の作品である。監督はジェームズ・ワン。海底王国アトランティス帝国の女王である母と、人間の父との間に生まれた主人公アーサー。人間として地上で成長したアーサーだったが、ある日を境に海底王国間の戦争に巻き込まれる事になる。

Read Article

マン・オブ・スティール(DCEU)のネタバレ解説まとめ

『マン・オブ・スティール』とは、2013年に公開されたアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。「DCコミックス」の人気アメリカン・コミック『スーパーマン』の実写映画作品である。『スーパーマン』シリーズを含めると、本作は通算第6作目の作品だ。科学や文明が発達して人工生育が常識である、地球から遠く離れた惑星「クリプトン」で、数百年ぶりに自然出産で「カル=エル」という子供が生まれた。のちに「スーパーマン」と呼ばれる彼は、子供のいなかった夫妻に育てられたのち、自分の出自を知るための旅にでる。

Read Article

チャーリーズ・エンジェル(2019年の映画)のネタバレ解説まとめ

『チャーリーズ・エンジェル』とは、2019年に公開されたアクション映画。『チャーリーズ・エンジェル』、『チャーリーズ・エンジェル フルスロットル』の続編である。彼女たちは国際機密企業チャーリー・タウンゼント社に所属しており、さまざまな特殊訓練を積み、男性顔負けの大活躍を見せるエリートエージェント。硬い結束力でどんな敵にも頭脳と行動力で立ち向かう。前作のエンジェルたち(キャメロン・ディアス、ドリュー・バリモア、ルーシー・リュー)の登場シーンがあり、前作のファンにも楽しめる内容。

Read Article

ワンダーウーマン(DCEU)のネタバレ解説まとめ

『ワンダーウーマン』とは、2017年にアメリカで制作された実写映画。監督はパティ・ジェンキンス。 アメリカンコミックであるDCコミック『ワンダーウーマン』シリーズを原作としている。 女性だけが住む島、セミッシラで育ったアマゾン族の王女であり屈強な戦士であるダイアナは偶然「外の世界」からやってきたパイロット、スティーブ・トレバーを救出する。第一次世界大戦の最中、ダイアナは悲惨な戦いの元凶は神アレスと確信し、トレバーと共に「外の世界」へ旅立つ。

Read Article

スーサイド・スクワッド(DCEU)のネタバレ解説まとめ

『スーサイド・スクワッド』とは、2016年8月にアメリカ合衆国で公開された、悪役だらけのヒーローアクション映画である。DCコミックスが刊行する人気アメリカン・コミックスシリーズ『スーサイド・スクワッド』の実写映画化されたものでもある。スーパーマンの死から数か月後、米国政府の高官・アマンダによる対メタヒューマン特殊部隊「タスクフォース」、通称”スーサイド・スクワッド”のメンバーになった元精神科医ハーレイ・クインが、恋人のジョーカーと複数の犯罪者たちと共に、世界崩壊の危機に立ち向かっていく。

Read Article

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生(DCEU)のネタバレ解説まとめ

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』とは、2016年に公開されたアメリカ合衆国のヒーローアクション映画。「DCコミックス」から出版された人気アメリカン・コミック『バットマン』と『スーパーマン』を原作とした、実写映画作品である。『マン・オブ・スティール』で、地球の危機を救ったスーパーマンだが、その戦いでの被害は甚大なものであった。地球外から来た異星人は追放すべきだと世論が強まっていく中、バットマンも自社のビルを破壊されて社員を失ったことから、スーパーマンを危険視してしまう。

Read Article

キングスマン:ゴールデン・サークル(映画)のネタバレ解説まとめ

『キングスマン:ゴールデン・サークル』とは、2017年に制作されたアクション映画。 『キングスマン』の続編であり、前作と同じくマシュー・ヴォーンが監督を務め、タロン・エガートン、コリン・ファースが出演する。 日本では2018年に公開され興行収入17億円を超えるヒット作となった。 イギリスのスパイ機関キングスマンの拠点が、謎の組織ゴールデン・サークルの攻撃を受けて壊滅してしまい、キングスマンのエージェントであるエグジーは同盟を結んでいるアメリカスパイ機関ステイツマンに協力を求める。

Read Article

ジャスティス・リーグ(DCEU)のネタバレ解説まとめ

『ジャスティス・リーグ』とは、2017年公開のアメリカ合衆国制作のヒーロー映画である。ワーナー・ブラザーズ、DCコミックスが展開するシェアワールド『DCエクステンデッド・ユニバース』の5作品目にあたる。コミックスの初登場は1960年であり、初めての映画化となる。 前作でスーパーマンが敵と相打ちしていなくなった地球。そこへ地球の環境を激変させ侵略しようとする敵が攻めてくる。スーパーマン亡き今、バットマンがヒーローチームを結成してそれに立ち向かう物語である。

Read Article

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒(DCEU)のネタバレ解説まとめ

『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』とは2020年に公開されたDCコミックス作品で『スーサイド・スクワッド』で初登場して人気となったハーレイ・クインが主役となるスピンオフ映画である。 悪のカリスマ、ジョーカーと破局して、自由に生きようとするハーレイ・クイン。しかし、舞台となるゴッサムシティでこれまでに悪党から恨みを買っており、ついには街を牛耳る顔剥ぎが趣味のマフィアである最悪のサイコ、ブラックマスクに狙われる。彼女と同様に今の境遇から抜け出そうとする女性4人と手を組みブラックマスクと対決する。

Read Article

キャプテン・マーベル(MCU)のネタバレ解説まとめ

『キャプテン・マーベル』とは、アメリカ合衆国で2019年3月に公開されたスーパーヒーロー映画である。MCUシリーズとしては第21作品目。記憶を失った主人公ヴァースは、惑星ハラで暮らすエリート女性戦闘員である。任務の途中で訪れた1990年代の地球・アメリカでアベンジャーズ結成前のニック・フューリーと出会ったヴァースは、彼と行動を共にするうちに失った真実の記憶を取り戻し、自らの使命に気づくことになる。

Read Article

目次 - Contents