Sid Meier's Civilization V(Civ5)のネタバレ解説まとめ

Sid Meier's Civilization V(Civ5)とは、文明をモチーフとしたターン制のシュミレーションゲーム「Civilization」シリーズの第五作目。
プレーヤーは一つの文明の指導者として、自らの文明を繁栄させるべく内政や外交、時には戦争を行う。
それまでのシリーズのシステムの難解さから初心者には敷居の高いシリーズであったが、本作からシステムの簡略化がなされ、比較的初心者にもプレイしやすくなった。

『Sid Meier's Civilization V』の概要

『Sid Meier's Civilization V』とは、文明をモチーフとしたターン制のシュミレーションゲーム「Civilization」シリーズの第五作目。プラットフォームはPCのみ。開発元はFiraxis Games 、2K Games、イーフロンティアで、Take-Two Interactive Japanから発売されている。発売日は北米版が2010年9月21日で、日本版が2010年10月29日。

本作は前述したとおり文明がテーマになっており、プレーヤーは一つの文明の指導者となって自らの文明を繁栄させるべく内政や外交、時には戦争を行う。
たくさんの文明が登場し、文明の数だけ指導者が存在する。日本を選んだ場合は織田信長が指導者となる。

非常に中毒性の高いゲームとして知られており、一度ハマると最後、中々抜け出せずに時間を取られていくことになる。

『Sid Meier's Civilization V』のあらすじ・ストーリー

Sid Meier's Civilization V(Civ5)にはストーリーは存在しないが、「シナリオ」と呼ばれる要素が存在する。
シナリオとは、プレーヤーが歴史上実際にあったシチュエーションで文明を組織できるというモードである。
史実通りに進めるも良し、歴史を変えてみるのも良しと、歴史好きにはたまらないモードになっている。

ヴァイキングの運命の年

イングランド王国のエドワード懺悔王が亡くなり、その後はアングロ・サクソン系のハロルド・ゴドウィンソンが引き継いだ。
だがこの王位は決して安泰というわけではない。
ハロルド・ゴドウィンソンだけでなく、ノルマンディーのウィリアム、ノルウェーのハーラル3世苛烈王、デンマーク王のスヴェンも王位継承者に名を連ねているのだ。
プレーヤーはこのヴァイキングの王たちの1人となり、偉大なるイングランドの王座を手に入れるため自らの文明を組織することになる。

モンゴルの台頭

プレーヤーは、中央アジアの高原に住まう部族の統一を果たした、モンゴルの新たな指導者だ。
モンゴル国内を統一した後にもさらにやることがある。
それはユーラシア大陸の文明を支配下に置くことだ。
モンゴルの周辺には中国やロシア、日本などの文明が栄えている。
これらを支配下に置き、ユーラシア大陸の覇者を目指す。

新世界への侵攻

ヨーロッパ諸国は未知なる大陸、世界の開拓を望んでいた。
各国の勇敢な探検隊は大西洋を横切り、西回り航路を通って中国やインドへ向かうらしい。
彼らは無事に目的地にたどり着けるのか、それとも見知らぬ大陸に座礁してしまうのか、全てはプレーヤーの腕前次第である。

侍の朝鮮侵入

日本国内は長い戦乱の時代を終え、天下は豊臣秀吉の手に握られた。
秀吉は日本国内だけでは飽き足らず、朝鮮半島も我が物にしようと考えた。
隣国が海を越えて攻めてきたとあって焦る朝鮮と中国。
このままみすみす潰されるわけにはいくまいと必死の抵抗を見せる。
日本を組織し、朝鮮、中国を粉砕するのか、はたまた逆の立場になるのか。
全てはプレーヤー次第だ。

太古の遺産

世界遺産は世界に一つしかない遺産であり、誰もがその美しさ、あるいは神々しさにくぎ付けになるものだ。
世界遺産がある文明はそれだけで価値があり、多くの観光客を呼び込むことができるだろう。
プレーヤーは一つの文明を組織し、なるべく多くの世界遺産を建てなければならない。
無論他の文明も世界遺産を建造するために奔走している。
他文明の妨害を振り切り、自文明に遺産をため込むのだ。

未開の楽園

プレーヤーはポリネシアの偉大なる王だ。
ポリネシアはたくさんの島々からなる国だが、現在は他の都市国家が島の一部を勝手に支配している状態だ。
ポリネシアの領土を取り返すために都市国家と戦え。

『Sid Meier's Civilization V』のゲームシステム

初期セットアップ

プレーヤーはゲームを始める前にまず初期セットアップを行う。

文明・指導者

プレーヤーが操作する文明・指導者を選ぶ。
指導者は文明ごとに決まっている。

マップタイプ

マップの種類を決める。
マップタイプは、少数の大陸といくつかの小さな島によって形成される「大陸」、全ての文明が広大な同じ大陸の上に存在する「パンゲア」、たくさんの島で形成される「多島海」、地球に似た世界が形成される「全世界」の四つがある。
ゲーム開始時点ではマップは霧に覆われており、ユニットを移動させ探索することで霧が晴れて何があるか見えるようになる。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents