Sid Meier's Civilization V(Civ5)のネタバレ解説・考察まとめ

Sid Meier's Civilization V(Civ5)とは、文明をモチーフとしたターン制のシュミレーションゲーム「Civilization」シリーズの第五作目。
プレーヤーは一つの文明の指導者として、自らの文明を繁栄させるべく内政や外交、時には戦争を行う。
それまでのシリーズのシステムの難解さから初心者には敷居の高いシリーズであったが、本作からシステムの簡略化がなされ、比較的初心者にもプレイしやすくなった。

資源活用施設

労働者のみが建設できる施設。
地形から産出される食料や生産力を改善できる。

資源

マップ上に点在する資源。
うまく活用することで文明に様々な恩恵をもたらしてくれる。

戦略資源

主に軍事施設や軍事ユニットを生産するときに必要になる資源。
戦略資源に分類されるのは「鉄」「馬」「石炭」「石油」「アルミニウム」「ウラン」。

ボーナス資源

地形から産出される食料や、生産力を増やしてくれる資源。
ボーナス資源に分類されるのは「小麦」「石材」「家畜」「羊」「鹿」「バイソン」「バナナ」「魚」。

高級資源

地形から産出される食料や生産力を増やしてくれる他、確保することで文明の幸福度を上げることのできる資源。
高級資源に分類されるのは「大理石」「宝石」「金」「銀」「銅」「塩」「毛皮」「象牙」「トリュフ」「カカオ」「香辛料」「絹」「染料」「柑橘植物」「綿」「砂糖」「香料」「ワイン」「カニ」「真珠」「鯨」。

ユニット

ユニットとは文明のために働いてくれる人間たちのことである。
ユニットのほとんどは後述する都市で生産され、ユニットごとに「維持費」として毎ターンお金が必要になる。

近接戦闘ユニット

戦闘ユニットは近接戦闘力を持っており、敵対している文明から自文明を守ってくれる。
また、都市を占領することのできる唯一のユニットである。
戦闘ユニットには偵察ユニット、白兵ユニット、火器ユニット、騎乗ユニット、機甲ユニット、ヘリコプターユニットが含まれる。

遠隔攻撃ユニット

遠隔攻撃ユニットは、近接戦闘力に加え遠隔戦闘力と射程を持ち、射程範囲内の相手に遠隔攻撃を仕掛けることができる。
基本的には遠隔攻撃しかできず、近接戦闘力が一応備わってはいるが、実際に近接攻撃をすることはできない。
遠隔攻撃ユニットには、弓術ユニット、攻城兵器、海軍ユニットが含まれる。

航空ユニット

航空ユニットは行動範囲と戦闘力を持ち、行動範囲内の相手に遠隔攻撃を行うことができる。
航空ユニットに含まれるのは戦闘機ユニット、爆撃機ユニット、原子爆弾、ミサイルユニット。

市民ユニット

上記のユニットと違い、戦闘力を持っていない。
市民ユニットは種類ごとに能力が分かれる。
労働者:地形を改善できる。地形改善を行うことで都市の周りから産出される食料や生産力を増やすことができる。
開拓者:都市を作ることができる。一度都市を作るとその開拓者は消滅する。
偉人:稀に都市に出現し、都市の文化力や科学力などを高めてくれる。
作業船:海でのみ使用できる。労働者と同じで地形改善に使われる。
宇宙船のパーツ:科学勝利を収める時に必要。

ユニットのレベルアップ

ユニットにはレベルが存在し、経験値が一定数溜まるとレベルアップする。
レベルアップすると能力が強化でき、ユニットがさらに強くなる。
経験値は蛮族や敵対している文明のユニットを倒したり、特定の建造物を建てることによって得ることができる。

都市

初期セットアップが終わり、世界が生成されたらまず初めにやることは「都市の設立」である。
文明を繁栄させるために都市の存在は必要不可欠であり、都市を豊かにしていくことが文明を豊かにすることに繋がる。
都市には領土があり、領土内に入った地形は都市の発展のために使うことができる。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents