Sid Meier's Civilization V(Civ5)のネタバレ解説・考察まとめ

Sid Meier's Civilization V(Civ5)とは、文明をモチーフとしたターン制のシュミレーションゲーム「Civilization」シリーズの第五作目。
プレーヤーは一つの文明の指導者として、自らの文明を繁栄させるべく内政や外交、時には戦争を行う。
それまでのシリーズのシステムの難解さから初心者には敷居の高いシリーズであったが、本作からシステムの簡略化がなされ、比較的初心者にもプレイしやすくなった。

他文明との外交

本ゲームでは自文明以外の文明と外交を行うことができる。

取引

自文明が持っている資源やお金を、他文明が持っているものと交換することができる。
うまく使えば遠方の大陸にしか存在しない資源を手に入れることができる。

友好宣言

文明同士で同盟を結ぶ。
友好宣言が締結されていると、その国から攻められなくなるなどのメリットがある。
しかし、友好宣言は簡単に破棄できるため、一方的に友好宣言を破棄された結果、一気に攻め込まれることもあるので注意。

非難声明

他文明を非難する声明を出す。
非難した文明、およびその文明と友好的な関係を結んでいる文明との関係が悪くなる。
また、文明を非難する姿勢を示すことでその文明を嫌っている文明と仲良くなりやすくなる。
大抵、戦争を繰り返している野蛮な文明に対して一斉に声明が出されることが多い。

宣戦布告

他文明に宣戦布告する。
宣戦布告した文明とは戦争状態になる。
また、友好的な文明に代わりに邪魔な文明と戦ってもらうよう仕向けることも可能であり、この場合は「宣戦依頼」となる。

研究協定

友好宣言を締結している文明と結ぶことができる協定。
両文明ともに同額の金を支払うことで、一定ターンの経過後、文明の研究力にブーストをかけることができる。
一気に技術研究が進むので、高難易度になればなるほど重要なテクニック。

都市国家

各地に点在する都市国家。
一つの都市しか持たず、狭い領土で細々と存続している。
お金を送ったり、都市国家からの依頼をこなすことで友好度があがり、十分な友好度があると都市国家からユニットを献上されたり、資源を獲得できたりする。
都市国家を攻撃して潰すこともできるが、そんなことをすると他文明から非難声明を出されるので注意。

文化都市国家

友好度を上げ、同盟国となると自文明に毎ターン追加で文化力をもたらしてくれる都市国家。

軍事都市国家

友好度を上げ、同盟国となると一定ターンごとに軍事ユニットを生産し、自文明に献上してくれる都市国家。

海洋都市国家

友好度を上げ、同盟国となると自文明に毎ターン追加で食料をもたらしてくれる都市国家。

蛮族

各地で略奪を繰り返す蛮族。
各文明から少し離れた地点に野営地を設置し、そこを拠点にして都市に攻撃を仕掛けてくる。
蛮族は自文明の軍事ユニットで攻撃することができるが、野営地を破壊しなければ無限に蛮族が湧く。

勝利条件

本ゲームには「勝利条件」が存在し、これを満たした文明の勝利となる。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents