Sid Meier's Civilization V(Civ5)のネタバレ解説・考察まとめ

Sid Meier's Civilization V(Civ5)とは、文明をモチーフとしたターン制のシュミレーションゲーム「Civilization」シリーズの第五作目。
プレーヤーは一つの文明の指導者として、自らの文明を繁栄させるべく内政や外交、時には戦争を行う。
それまでのシリーズのシステムの難解さから初心者には敷居の高いシリーズであったが、本作からシステムの簡略化がなされ、比較的初心者にもプレイしやすくなった。

マップサイズ

マップサイズを変えることで登場する文明、都市国家の数が変更される。
マップサイズが大きくなると登場する文明、都市国家共に増え、小さくなると共に減る。

難易度レベル

コンピューターの強さ。
最も低い難易度は「開拓者」で、最も高い難易度は「創造主」。
難易度が高ければ高いほど敵のAIが賢くなり、資源やお金をプレーヤーよりも多く獲得する補正がかかる。

ゲーム速度

1ターン進めることで経過する年数を変更できる。

地形

本作のマップには様々な地形がある。

草原

緑豊かな草原。食料を多く産出する。

平原

最もオーソドックスな地形。食料と生産力をバランスよく産出する。

砂漠

砂が一面に広がる地域。何も産出しない。

ツンドラ

北や南の寒い地域に存在。わずかな食料を産出する。

氷土

マップの最北端や最南端に存在する。なにも産出しない。

丘陵

小高い丘。生産力を多く産出する。

山岳

何も産出しない人類未踏の地。

内陸に点在している。食料を多く産出する。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents