エガオノダイカ(The Price of Smiles)のネタバレ解説まとめ

『エガオノダイカ』とはタツノコプロの創設55周年記念作品として制作されたオリジナルアニメ。
ソレイユ王国の王女ユウキ・ソレイユとグランディーガ帝国の軍人ステラ・シャイニングという対局的な人生を送って来た二人の主人公が出会うまでを描いている。
戦闘ロボットによる戦争ものという人気の高いテーマで期待も高かったが、主人公であるユウキとステラの活躍は数えるほどしかなく、戦争も消化不良のまま終わり、名作になる要素を持ちながら不発に終わった「惜しい」作品として話題になった。

ソレイユ王国の前騎士団総長でヨシュアの父親。

早くに妻を亡くし、父子家庭のシングルファザーとしてヨシュアを男手一つで育てていた。

12年前の事件でテロリストの襲撃から国王を守った際に命を落とす。

ソレイユ王国(民間人)

アラン(CV:西山宏太朗)

ステラ達が任務のため訪れたアザリヤの街で出会った戦災孤児グループのリーダー。

ゲイルの銃を見て彼が自分達の両親を殺した帝国の人間である事に気付く。

マウリ(CV:中野さいま)

ステラ達が任務のため訪れたアザリヤの街で出会った戦災孤児の一人。

食料庫でステラ達が物資を探している時に缶詰を持ち出そうとしていたところをゲイルが発見する。

気の弱そうな外見だが、クリーニング屋の制服を着ているゲイル達が食糧庫にいる事を疑問に思うなど、鋭い面も持っている。

ラナ(CV:戸田めぐみ)

ステラ達が任務のため訪れたアザリヤの街で出会った戦災孤児の一人。

両親に買って貰った人形を大事に持っており、相当両親を慕っていたのか他の孤児と一緒に遊ぼうとせず、暗い顔が目立つ。

帝国の人間である自分達と一緒に逃げる事を拒否する姿を見てステラはラナに銃を向けて脅し、ほぼ強制的に従わせている。
別れ際にステラは銃を向けた事をラナに謝ろうとするが、彼女からは拒絶された。

エリザ・ラングフォード(CV:戸田めぐみ)

イザナの妻でノエルの母。

初登場した6話では第二子を妊娠中で、8話で出産する。
イザナは待望の第二子と対面する事は出来なかったが、死の直前に母星の言葉(フランス語)で「空」を意味する「シエル(Ciel)」の名を子供に贈っている。

ノエル出産前はイザナとともに王宮に仕えており、ハロルド夫妻とともにユウキの誕生を祝福している。

ノエル・ラングフォード(CV:木野日菜)

イザナとエリザの娘。

ユウキを「この国で一番偉い人」と尊敬しており、生前のヨシュアとも仲が良かった模様。

ノエルを悲しませないようにと父であるイザナの死はエリザにだけ伝えられ、ノエルには伏せられていたが、最終決戦を前にユウキから事実を伝えられる。

グランディーガ帝国(ビュルガー分隊)

ゲイル・オーウェンズ(CV:松山鷹志)

ビュルガー分隊の隊長。階級は特務少尉。

前隊長の戦死を受け、ビュルガー分隊の隊長に就任する。

謎の多い素性だった事に加え、着任当初は部下と必要最低限のコミュニケーションしか取らず不愛想な態度だった事もあり、不信感を抱いた隊員達から好き勝手に噂されるなど信用されていなかったが、作戦中に負傷したリリィの手当てをした事をきっかけに徐々に信頼を得る。

隊員達と打ち解けてからは孤児院を経営しているなど自分の事も話すようになり、終盤では任務中に飲酒したヒューイ達を咎める一方で、隊員達に久々の自由時間を与える際、彼らに対して「寝てても飲んでいても構わんぞ」と、皮肉交じりのジョークで苦笑いさせるなどユーモアがある一面を見せるようになっていた。

王国の新型クラルス開発施設に侵攻する際、ハロルドからステラを庇って相撃ちとなり、ステラ達に「生き抜け。そして、見届けてくれ。戦いの終わりを…そこから始まる明日を」と告げて戦死する。

軍を離れている時は自身の孤児院で子供達と接していた事もあり子供との接し方や扱いが上手く、手品など意外な特技を持っている。
ある意味、最もプライベートの姿が見たかった人物である。

リリィ・エアハート(CV:長久友紀)

mattyoukilis
mattyoukilis
@mattyoukilis

Related Articles関連記事

ピンポン(Ping Pong)のネタバレ解説まとめ

ピンポンは、松本大洋による卓球漫画、及びそこから派生した実写映画、アニメ作品。 卓球を題材とし、登場人物達の友情や成長描く青春物語で、神奈川県藤沢市が舞台となっている。 週刊ビッグコミックスピリッツ(小学館刊)に1996年から1997年まで連載された。全5巻。 実写映画は2002年7月に劇場公開された。 アニメは2014年4月〜6月に放送された。全11話。

Read Article

超時空要塞マクロス(アニメ)のネタバレ解説まとめ

『超時空要塞マクロス』とは、タツノコプロ・アニメフレンド制作の日本のロボットアニメ。 1982年10月から毎日放送(MBS)製作、TBS系列で放送された「超時空シリーズ」および「マクロスシリーズ」の第一作。 飛行機好きのごく普通の少年一条輝が、突如襲来してきた異星人との戦いの中で二人の女性との恋に生き、友情に生き、成長していく物語である。

Read Article

夜ノヤッターマン(Yattarman Night)のネタバレ解説まとめ

『夜ノヤッターマン』とはタツノコプロによって製作された、ヤッターマンを原作としたスピンオフアニメ作品。主人公であるレパードがエレパントゥスやヴォルトカッツェと共に新たなドロンボーとしてヤッターマンの支配するヤッターキングダムに立ち向かう物語となっている。ヤッターキングダムが支配しているデッカイドーを舞台にしている。

Read Article

Infini-T Force(第1話『ISOLATED FLOWER』)のあらすじと感想・考察まとめ

『Infini-T Force』(インフィニティ フォース)は、タツノコプロ55周年を記念して制作されたアニメ作品。 ガッチャマンこと鷲尾健は悪の組織ギャラクターに占領された空母の救出に向かう。しかしそこにいたのはロボット兵士を従える謎の人物だった。 今回は「Infini-T Force」第1話『ISOLATED FLOWER』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents