エガオノダイカ(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『エガオノダイカ』とはタツノコプロの創設55周年記念作品として制作されたオリジナルアニメ。
ソレイユ王国の王女ユウキ・ソレイユとグランディーガ帝国の軍人ステラ・シャイニングという対局的な人生を送って来た二人の主人公が出会うまでを描いている。
戦闘ロボットによる戦争ものという人気の高いテーマで期待も高かったが、主人公であるユウキとステラの活躍は数えるほどしかなく、戦争も消化不良のまま終わり、名作になる要素を持ちながら不発に終わった「惜しい」作品として話題になった。

ビュルガー分隊の隊員で階級は二等兵曹。

ステラを「ステラ姉」と呼び、慕っている。
語尾に「~(なの)です」と付けて話すのが癖。

大してかわいくないグッズを欲しがるなど美的センスが少々ズレており、周囲の人間からは自身の独特な価値観を理解されずにいる。
また、絵のセンスもなく、最近の言葉でいう「画伯」と呼ばれる独特なセンスの絵を子供達に披露して気味悪がられていた。

ゲイルの着任当初は無愛想で隊員との間に壁を作っていた彼への不信感を隠そうとしなかったが、自身のケガを手当てしてくれた事をきっかけにゲイルとの距離が近くなってからは「口うるさいお父さんみたい」と述べるなど、彼を慕うようになる。

ヒューイ・マルサス(CV:増田俊樹)

ビュルガー分隊の隊員で階級は一等兵曹。

皮肉屋(リリィ曰く「ひねくれ者」)であり、口が悪い。

ゲイルの死後、彼を馬鹿にした暴言に近い発言で隊員を激怒させ、ステラとは殴り合いの大喧嘩にまで発展してしまう。

だが、それは周囲の怒りを集め憎まれ役になるという彼なりの自我を保つやり方であり、ピアースの死を知らされた時に誰よりも悔しそうな表情を見せていた事からも分かるように、彼の言動は本心ではない。

お世話になったお礼としてゲイルの孤児院に送金しようというリリィの提案を「死んだ奴に対する義理立てはただの自己満足」と突っぱねるが、実は誰よりも先に送金しており、その事実を知ったリリィから「ひねくれ者」と評された。

作中では口が悪い、ひねくれ者の面ばかりが目立つが、料理が得意という意外な一面を持っており、あらゆる意味で出自や過去が気になるキャラクターの一人である。
だが、残念ながら彼の過去が語られる事はなかった。

ピアース・ソーン(CV:石谷春貴)

ビュルガー分隊の隊員。

貧しい農家の出身で、家族の食い扶持を減らすため軍に志願させられた。

分隊員の中では一番の真面目さを持ち、階級的にナンバー2であるブレイクのやる気のない態度を咎めるなど、目上に対しても意見する事を恐れない。

ハロルドとの戦闘で負傷した結果、車椅子生活となり、傷病兵として隊を除隊する。
帰国後はゲイルの孤児院で働く事になったが、帝国の輸送ホバーに乗って移動する途中何者かの襲撃を受け、命を落とす。

誰がピアース達を襲ったのか様々な考察がされ、帝国が戦力として戦えず「用済み」となった兵士を減らすため襲い、それを知った帝国の各分隊が反旗を翻すフラグ(最終的には王国軍と共闘して、それをユウキが指揮する)としてユウキとステラの共闘を期待されていたが、結局ピアースの死の真相は最後まで明かされず、謎を謎のままで終わらせてスッキリしない視聴者から不満の声が殺到する事になった。

ブレイク・ボイヤー(CV:白石稔)

ビュルガー分隊の隊員で階級は一等兵曹長。

アフロ気味な髪が特徴だが、特徴的な外見が目立つだけで作中で活躍する描写はほとんどない。

階級的にはゲイルに次ぐナンバー2だが、他の隊員からは「兵曹長」と階級で呼ばれるだけで、目上らしい扱いを受けていない。
ゲイルの戦死後は内部昇格のような形で分隊長代理に就任する。

最終話Cパートの後日談で車を運転しており、クラルス停止後も何らかの代替エネルギーがあった事を示唆する描写がある。

ガイ・マーレイ(CV:阿座上洋平)

ピアース除隊による補充要員として新しくビュルガー分隊に配属された隊員。

ステラ、リリィ、ヒューイとは旧知の仲で、キャリア的には彼女達の先輩にあたる。

前にいた分隊の隊長との関係は良くなかったようで、厳しい中にも優しさを持ったゲイルが率いる今の分隊の雰囲気を気に入っている。

趣味は酒で、ビュルガー分隊に加わるため挨拶に訪れた時は飲みかけの酒を手土産に持って来たり、任務中にヒューイに酒を勧めてゲイルに没収されたりするなど、酒絡みのシーンが多い。
また、給料の大半を酒に使っている事を明かしている。

ピアースの死によって作中のポジションが入れ替わった事もあり、8話からEDでピアースのソロカットだった部分はガイのソロカットに差し替えられている。

グランディーガ帝国(上層部)

アイネ・フリート(CV:國立幸)

帝国の参謀長で、王国侵攻軍の司令官を務める。

初対面のユウキに対して「子供」と呼んで小馬鹿にするが、彼女の指揮によって帝国軍が苦戦する様を見て、前言を撤回し、すぐに彼女の指揮官としての実力を認める。

ユウキと本気で戦闘を行った事がなく、帝国軍も基本的に物量差によるごり押ししかしないため彼女の指揮官としての力量は不明だが、ユウキがハリアントを奪還すると宣言した時は、これまでの彼女と違う様子に違和感を抱き、ユウキの狙いに気付くなど鋭い面を見せる。

両軍の指揮官としてユウキとアイネの直接対決を楽しみにしていた視聴者も多く、上手く使われていればユウキのライバルポジションとしてもっと活躍出来たはずであり、彼女の人気も出ていたと思われる。
それだけに、ユウキ同様彼女が持っている能力や才能を活かされる事なく、消化不良に終わってしまった残念なキャラクターの一人である。

帝国皇帝(CV:速水奨)

グランディーガ帝国の皇帝。

名前は登場せず、帝国の重要人物として物語後半のキーパーソンになるかと思われたが、視聴者の期待に反して話に関わる事はほとんどなかった。

『エガオノダイカ』の用語

国家・組織

ソレイユ王国

mattyoukilis
mattyoukilis
@mattyoukilis

Related Articles関連記事

夜ノヤッターマン(タツノコプロ)のネタバレ解説・考察まとめ

『夜ノヤッターマン』とはタツノコプロによって製作された、ヤッターマンを原作としたスピンオフアニメ作品。主人公であるレパードがエレパントゥスやヴォルトカッツェと共に新たなドロンボーとしてヤッターマンの支配するヤッターキングダムに立ち向かう物語となっている。ヤッターキングダムが支配しているデッカイドーを舞台にしている。

Read Article

超時空要塞マクロス(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『超時空要塞マクロス』とは、タツノコプロ・アニメフレンド制作の日本のロボットアニメ。 1982年10月から毎日放送(MBS)製作、TBS系列で放送された「超時空シリーズ」および「マクロスシリーズ」の第一作。 飛行機好きのごく普通の少年一条輝が、突如襲来してきた異星人との戦いの中で二人の女性との恋に生き、友情に生き、成長していく物語である。

Read Article

蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTH(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

2010年12月に公開された「蒼穹のファフナー」の劇場版。舞台はTVアニメシリーズの2年後、西暦2148年。平和は守られたはずだった。人々は多くの犠牲を払い、取り戻した平和な日々を過ごしていた。そんな生活の中真壁一騎は皆城総士との約束が果たされる日を待っていた。一隻の船が竜宮島へ打ち上げられたその日、束の間の平穏は破られ再び少年少女たちは戦いの渦へと巻き込まれていく。

Read Article

ピンポン(松本大洋)のネタバレ解説・考察まとめ

ピンポンは、松本大洋による卓球漫画、及びそこから派生した実写映画、アニメ作品。 卓球を題材とし、登場人物達の友情や成長描く青春物語で、神奈川県藤沢市が舞台となっている。 週刊ビッグコミックスピリッツ(小学館刊)に1996年から1997年まで連載された。全5巻。 実写映画は2002年7月に劇場公開された。 アニメは2014年4月〜6月に放送された。全11話。

Read Article

タイムボカン(タツノコプロ)のネタバレ解説・考察まとめ

タツノコプロによるギャグアニメシリーズの記念すべき第一作目。ギャグだけでなくタイムトラベルというSF要素、三悪という憎めない悪役等で人気に火が付き、『ヤッターマン』などの後続作品を生み出すこととなったアニメです。2016年10月より、リメイク作『タイムボカン24』が放送。まさに時を超えて愛される作品。1975年10月から1976年12月まで放送されました。

Read Article

ヤッターマン(タツノコプロ)のネタバレ解説・考察まとめ

『タイムボカンシリーズ』の人気を不動のものとした『ヤッターマン』。「主役」であるヤッターマン1号・2号と、「影の主役」ドロンボー一味とのドクロストンを巡っての数々の戦いは、自ら「マンネリ」と称しながらも高い人気を得て、多くの派生作品を生み出した。 「全国の女子高生の皆さん!」「おしおきだべぇ~」「ブタもおだてりゃ木に登る」など、この番組をきっかけとして広まったギャグも数えきれない。

Read Article

Infini-T Force(第1話『ISOLATED FLOWER』)のあらすじと感想・考察まとめ

『Infini-T Force』(インフィニティ フォース)は、タツノコプロ55周年を記念して制作されたアニメ作品。 ガッチャマンこと鷲尾健は悪の組織ギャラクターに占領された空母の救出に向かう。しかしそこにいたのはロボット兵士を従える謎の人物だった。 今回は「Infini-T Force」第1話『ISOLATED FLOWER』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents