エガオノダイカ(The Price of Smiles)のネタバレ解説まとめ

『エガオノダイカ』とはタツノコプロの創設55周年記念作品として制作されたオリジナルアニメ。
ソレイユ王国の王女ユウキ・ソレイユとグランディーガ帝国の軍人ステラ・シャイニングという対局的な人生を送って来た二人の主人公が出会うまでを描いている。
戦闘ロボットによる戦争ものという人気の高いテーマで期待も高かったが、主人公であるユウキとステラの活躍は数えるほどしかなく、戦争も消化不良のまま終わり、名作になる要素を持ちながら不発に終わった「惜しい」作品として話題になった。

ユウキとレイラがクラルス停止の準備を進める中、帝国の兵士が施設に侵入したとの情報が入る。

ユウキ達はしつこく追って来るリリィ達を何とか振り切ったものの、リリィにユウキの姿が見られてしまったため、帝国軍を指揮するアイネにビュルガー分隊からユウキ・ソレイユらしき人物を発見したという報告が入る。

何故ユウキが最前線から遠く離れた旧ベルデ皇国領に向かっているのかアイネは疑問を持つが、ベルデ皇国がクラルスの研究をしていた施設が当時のまま残っている事を思い出すとすぐにユウキの狙いを察知する。

帝国でクラルスの研究と開発が進み、任意でクラルスの停止が出来るだけの技術を手に入れたらいずれは自分達が使うために解体せず残していたが、王国がクラルスを停止させる技術を既に持っており、それを帝国軍にだけ使う事が出来るのであれば形勢は一気に逆転する。

それを阻止するためにも、アイネは何としてもユウキを止めるようビュルガー分隊に指示を出す。

一方のユウキ達はフルスピードで車を飛ばしてクラルスの研究施設に到着し、ユニとルネがステラ達を迎撃して時間を稼いでくれる間にクラルスを止める準備を進める。

必死の奮戦でステラ達の足止めをするユニとルネだが、ステラに施設への侵入を許してしまう。

背後で銃を向けるステラに対し、レイラはユウキの目的を話す。

施設に入ったステラは、クラルス停止のため準備を進めるレイラを発見し、威嚇射撃をする。

既にレイラは装置を起動させるための準備を終え、後は屋上で待機するユウキがクラルスを止めるだけとなっていた。

銃を向けたまま王国は何をしようとしているのかを問うステラに対して、レイラはステラを見る事なく、ユウキが戦争を終わらせるためこの星全てのクラルスを停止させようとしている事を明かす。

クラルスを停止させるという突拍子のない話に驚くステラだが、アイネの言う通り「本当に」王国にそれが出来るだけの技術があり、しかも、それを帝国のクラルスにのみ使う事が出来るのであれば、戦況は一転して王国有利となる。

しかし、ユウキの目的は戦争の勝利ではなく戦争の終結であり、これまで人間が頼っていたクラルスを停止させる事で世界中から非難を浴びようとも全てを終わらせる覚悟を持っているとレイラは語る。

そこまで言うとレイラは初めて後ろを向き、自分に銃を向けている相手の顔を見る。
すると、自分と同じところにあるステラの泣きボクロを見て、目の前にいる帝国の兵士が自分の娘である事に気付く。

銃を向けている相手がテロで死んだと思っていた自分の娘だった事に驚くレイラだが、外で行われている戦闘によって建物が被害を受け、ステラに向かって天井が落ちて来る。
レイラはステラを庇うため渾身のタックルで突き飛ばし、落ちて来た天井の下敷きになる。

自分を庇ってくれたレイラを必死に助けようとするステラだが、既にレイラは虫の息であり、ユウキの力になって欲しいと告げて死亡する。

初対面で、しかも敵であるはずの自分を何故助けたのか、テロ以前の記憶がなく、レイラが自分の実の母親である事を知らないステラは理解出来ずにいたが、すぐにユウキの後を追って屋上に向かう。

屋上でレイラを待つユウキの前に現れたのは、ステラだった。

屋上ではユウキがレイラの到着を待っていたが、やって来たのは帝国の兵士、ステラ・シャイニングだった。

ステラからレイラが自分を庇って命を落とした事を聞かされショックを受けるユウキだが、それも一瞬だけで、クラルスを止める事によって戦争を終わらせ、この星の人々を笑顔にするという自身の夢を語る。

王宮で何一つ不自由なく過ごして来た(その影響で世間知らずだった)ユウキとは真逆の過酷な生活を送って来たステラにユウキの理想は理解出来るものではなかった。

「クラルスが止まる事で生活に必要なエネルギー全てを失い、そんな生活に誰も耐えられる訳がない」というステラの言葉は反論の余地が一切ない正論だったが、その一方でユウキの理想とする世界を心の奥で願っている事もステラにとって否定の出来ない事実だった。
本当に星全体のクラルスが止まった場合、人々を襲うであろう混乱と困難に対してもユウキは「大切な人が死んじゃうよりもずっといい」と言い、更には「世界中のみんなに恨まれても構わない」と、断固たる覚悟を見せる。
その覚悟を見たステラはユウキの理想に賭けたいと心変わりし、ユウキと一緒にクラルスの停止装置を起動させる。

停止装置が起動した事によって王国と帝国のクラルスが次々と停止し、両軍とも戦闘の継続は不可能となっていた。
二人の協力でクラルスによる文明を「滅ぼした」ユウキとステラは、二人きりとなった施設の屋上に寝転がりながら、美しい青空を見ながら笑顔を見せていた。

戦争を終結させ、敵から友人となったユウキとステラの笑顔で『エガオノダイカ』は完結した。

ここでEDとなり、Cパートで後日談が語られる。

クラルスが完全停止となった事により、両国とも戦争どころではなくなった(一方的に攻めて勝利間近だった帝国も食料や兵力の犠牲等あらゆる面で限界に達していたと思われる)ため王国と帝国は停戦に調印し、多くの死傷者を出した戦争はようやく終結を迎えた。

これまでクラルスに頼っていたため、生活に必要なエネルギー失った困難が人々を襲うと思われていたが、収穫量が落ちているとはいえ危機的な食料不足と言われていた訳でもなく、火があれば料理が出来て暖も取れた。

また、木炭自動車なのかブレイクが車を運転しており、クラルスに代わる何らかの代替エネルギーは存在していた。

大袈裟に視聴者の不安を煽るような描写や発言が多々あったものの、クラルス停止は拍子抜けするほど大した問題にならず、寒さが厳しい冬を迎えても(暖も食料も取れない貧困層や、最先端の医療を必要とする重病人が「淘汰」されてしまった可能性は高いが)ユウキの近くにいる人間が苦労するような描写は特になかった。

一方、最大の懸念だったクラルスがなくなった事により生じた世間の混乱だが、地方単位で小さな暴動が起きる事はあっても、国全体を巻き込むような大暴動は起きず、銃などの「兵器」は相変わらず存在していたが、見た目の上では平和な世界になっていた。

また、ナノマシン消費による昨今の環境悪化の元凶となっていたクラルスがなくなった事でナノマシンの再増殖が進み、その増殖スピードが予想以上に速かったのか、星の土壌を初めとする環境が一気に改善され、翌年の夏には食料不足が解消されるまでになっていた。

ユウキはユニ、ルネとともにゲイルの孤児院を訪ね、子供達との交流を楽しむとともに、ステラと再会する。
ステラは敵に手を貸した事で厳罰が必至だった自分を帝国に掛け合って軽い処罰で済ませてくれたユウキに感謝する。

そして、一面に咲いたひまわりを見て、敵から友人になった二人の笑顔で物語が終わった。

『エガオノダイカ』の登場人物・キャラクター

主人公

ユウキ・ソレイユ(CV:花守ゆみり)

本作の主人公で、12歳の若さで国を背負うソレイユ王国の王女。

12年前の新型クラルス開発時の事件で両親を亡くしており、王族は彼女一人となっている。

幼馴染のヨシュアや周囲の支えもあって天真爛漫に育ち、前述の事件で配偶者を亡くしたレイラとハロルドからは実の娘のように思われている。

家臣達からはユウキを悲しませないよう戦争の事実を伏せられており、防衛戦に敗れ撤退して来た王国軍の姿と、直後に対面したヨシュアの亡骸によって事実を知る。

次々に届く敗戦の報告に心を痛め、一度は戦争への関与を放棄するが、国を守るため自身も戦う事を決意する。
1話の時点で地形を利用した作戦が得意である描写がされており、初めて指揮した戦闘では地盤が弱いところに地雷がセットしてある事を利用して敵軍を一時撤退させる活躍を見せている。

軍事的才能に恵まれていながらも必要以上の戦闘は好まず、王女として降伏し、これ以上の犠牲を出さないよう自分の身を帝国に渡そうとするが、それをよしとせず徹底抗戦を主張するハロルド達によって逃がされる。
逃げ込んだ先でも帝国の侵攻に遭うが、個人的に戦術書を読んで兵法を学び、侵攻する帝国軍を自身の指揮で手玉に取っている。

だが、敵にも犠牲を出したくないという「優しさ」から相手の戦力を削る機会を逃し続けるなど「甘さ」が目立ち、ハロルドとはお互いの考え方の相違から最後まで対立する事になる。

なお、ユウキの活躍はゲーム筐体を使った模擬戦闘という事もあって遠慮する事なく相手を倒せた1話が頂点であり、作中通して彼女の指揮官としての才能が活きる事はほとんどなかった。

また、作中で視聴者が期待するような活躍がなかった事もありユウキが2話で見せた顔芸をネタに「ユウキ様の顔芸で遊ぼう」と盛り上がるなど、制作側の意図とは違う方面に人気が出てしまう皮肉な結果となった。

ヨシュアに続きイザナ、ハロルドと自身にとって大切な人を次々と失うが、悲しみよりも戦争を終わらせたいという気持ちを強くしており、この星のクラルスを全て止める事を決意し、レイラ達と共に旧ベルデ皇国へ向かう。
クラルスが停止するという事は生活に必要なエネルギー全てを失う事を意味しており、自身を追って来た帝国の兵士、ステラ・シャイニングからもそれを指摘される。
だが、その後待ち受けている困難と、自身を襲うであろう周囲の非難も「大事な人が死んじゃうよりずっといい」と主張し、それを聞いて心変わりしたステラとともにクラルスを全停止さる。

クラルスが停止したため両国ともに戦闘不能となったため停戦となり、翌年の夏にユウキとステラがゲイルの孤児院で再会するところで物語が終わっている。

ナノマシンが予想以上に早く増殖したため星の環境が回復し、厳しい冬を乗り越えて生き残った人達は笑顔で翌年の夏を迎える事になったが、その裏では重病人などクラルスのエネルギーを必要としていた人達の「淘汰」もあったはずなので、みんなが笑顔になったというよりも「ユウキの目が見える範囲で生き残った人」が笑顔になった(そして、13歳の子供である彼女はそれを理解していない)という方が正しい結末である。

ステラ・シャイニング(CV:早見沙織)

本作のもう1人の主人公で、グランディーガ帝国の軍人。

人と接する時は常に作り笑いで、他人に対して感情を見せず、作中で彼女が本当の笑顔を見せる場面は数えるほどしかなかった。

帝国でクラルスの研究員であったレイラ・エトワールの実娘だが、両親とともに12年前のテロ事件に遭遇し、それ以前の記憶をほとんど失う。
本名(出生名)は不明であり「ステラ」という名前がいつ名付けられたものかも明らかにされていない。

但し「ステラ」も「エトワール」もどちらも「星」を意味する言葉であり、彼女達が母娘である事を示す伏線はキャラクターが発表された当初からあった。

詳しい描写はないため救出の経緯は不明であるが、事件現場から保護された後に養子として帝国のある夫婦に引き取られた。
引き取ってくれた養母からは「母さんと呼んで」と迎えられるなど当初は歓迎されていたが、その夫婦に子供が生まれた事から冷たい扱いを受けるようになり、その後は無理に笑顔を作って生活していた。
その後、家を抜け出してからは過酷な路上生活を経て、生きるために軍へ入隊する。

ピアースの死をゲイルから知らされて以降、次第と感情を見せるようになり、ゲイルはこれまで作り笑いで感情を見せなかったステラの変化を悪くないと思うようになっていた。

クラルス実験施設で実母のレイラと再会するが、崩れた天井から自身を庇って瀕死の重傷を負ったレイラの行動の意味を理解出来ず、彼女が自分の母親である事に最後まで気付かなかった。

施設の屋上でユウキと出会い、夢物語としか思えない理想論ばかり説く彼女の言動に「付いていけない」と即座に切り捨てる。
だが、心の中ではステラもユウキと同じ理想を願っていたため、心変わりしてユウキと一緒にクラルスを停止させる。

基本的に帝国の戦闘シーンは名前のないモブとの対戦であり、あまりに相手が弱すぎる事もあってステラ自身目立った活躍があったとは言い難く、王国の主要人物との対戦ではユニやハロルド相手に窮地に追いやられるなど、むしろ苦戦している描写の方が多い。
だが、悪手を打ち続けて犠牲を増やすばかりだったユウキに比べればマシという事もあって、ステラの活躍が少ない事に対する不満の声はほとんどない。

ソレイユ王国(政治家・軍人)

ヨシュア・イングラム(CV:松岡禎丞)

ユウキの幼馴染で、王国の騎士。
幼い頃に母親を亡くし、男手一つで育ててくれた父を尊敬していたが、12年前の事件で父も亡くなり両親を失う。
母親に次いで父親まで失い悲しみに暮れていたところ、国王夫妻の遺児であるユウキが彼の顔を見て気に入ったため、イザナからユウキを守るよう命じられ、以後は王宮で兄妹のように育つ。

戦争の事実を知ったユウキが悲しむ顔を見たくないと事実を伏せ、自分達だけで戦争を終わらせようと最前線への出陣を志願する。
国境に於ける戦闘では新型クラルス搭載機に乗って活躍するが深手を負い、僅か2話で帰らぬ人となり、戦争で人は呆気なく死んでしまうという事をユウキと視聴者に思い知らせる。

「気合と根性」が口癖で、何かがある度にその言葉をしつこく使うためユウキを初めとする周囲の人間からは呆れられていたが、彼の死後はユウキ、ユニ、ルネが使うようになって口癖が「伝染」するなど、愛されているキャラクターだった。

レイラ・エトワール(CV:佐藤利奈)

ユウキの教育指導役。

元は帝国の人間で、夫と娘もいる既婚者だった。
12年前のテロ事件で夫と娘を亡くしたと思われたが、娘は最終話でステラ・シャイニングという名前で生きていた事が判明する(レイラに娘がいる事は4話という早い時点で判明していたが、何故か娘の顔を映さない、わざとらしすぎる描写から彼女の娘がステラである事は明らかであり、驚く声は皆無だった)。

12年前のテロに巻き込まれた際自身も負傷し、路上で倒れていたところを王国の救急車に保護される。
後に起きた爆発からユウキを庇って一ヶ月もの間意識不明の昏睡状態に陥るが、意識回復後に対面した赤ん坊のユウキがレイラを気に入った縁で、王国へと仕える事になる。

帝国時代はクラルスの研究員で、イザナから送られたデータを独自に分析し、昨今の環境悪化の原因がクラルスのナノマシン消費である事を突き止めるなど、謎の多かったクラルスの研究に大きく貢献する。

全てのクラルスを止めるためユウキとともに旧ベルデ皇国の実験施設に向かいクラルスの停止作業を行うが、自身に銃を向けている帝国の兵士が12年前に死んだと思っていた自身の娘である事を知って衝撃を受ける。
最後は戦闘の影響で崩れた天井からステラを庇い、何故敵国の兵士である自分を助けたのか理解出来ず混乱するステラに対し「ユウキの力になって欲しい」と告げ、最後に「私のかわいい娘達」という言葉を残して息を引き取る。

ハロルド・ミラー(CV:神奈延年)

mattyoukilis
mattyoukilis
@mattyoukilis

Related Articles関連記事

ピンポン(Ping Pong)のネタバレ解説まとめ

ピンポンは、松本大洋による卓球漫画、及びそこから派生した実写映画、アニメ作品。 卓球を題材とし、登場人物達の友情や成長描く青春物語で、神奈川県藤沢市が舞台となっている。 週刊ビッグコミックスピリッツ(小学館刊)に1996年から1997年まで連載された。全5巻。 実写映画は2002年7月に劇場公開された。 アニメは2014年4月〜6月に放送された。全11話。

Read Article

超時空要塞マクロス(アニメ)のネタバレ解説まとめ

『超時空要塞マクロス』とは、タツノコプロ・アニメフレンド制作の日本のロボットアニメ。 1982年10月から毎日放送(MBS)製作、TBS系列で放送された「超時空シリーズ」および「マクロスシリーズ」の第一作。 飛行機好きのごく普通の少年一条輝が、突如襲来してきた異星人との戦いの中で二人の女性との恋に生き、友情に生き、成長していく物語である。

Read Article

夜ノヤッターマン(Yattarman Night)のネタバレ解説まとめ

『夜ノヤッターマン』とはタツノコプロによって製作された、ヤッターマンを原作としたスピンオフアニメ作品。主人公であるレパードがエレパントゥスやヴォルトカッツェと共に新たなドロンボーとしてヤッターマンの支配するヤッターキングダムに立ち向かう物語となっている。ヤッターキングダムが支配しているデッカイドーを舞台にしている。

Read Article

Infini-T Force(第1話『ISOLATED FLOWER』)のあらすじと感想・考察まとめ

『Infini-T Force』(インフィニティ フォース)は、タツノコプロ55周年を記念して制作されたアニメ作品。 ガッチャマンこと鷲尾健は悪の組織ギャラクターに占領された空母の救出に向かう。しかしそこにいたのはロボット兵士を従える謎の人物だった。 今回は「Infini-T Force」第1話『ISOLATED FLOWER』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents