エガオノダイカ(The Price of Smiles)のネタバレ解説まとめ

『エガオノダイカ』とはタツノコプロの創設55周年記念作品として制作されたオリジナルアニメ。
ソレイユ王国の王女ユウキ・ソレイユとグランディーガ帝国の軍人ステラ・シャイニングという対局的な人生を送って来た二人の主人公が出会うまでを描いている。
戦闘ロボットによる戦争ものという人気の高いテーマで期待も高かったが、主人公であるユウキとステラの活躍は数えるほどしかなく、戦争も消化不良のまま終わり、名作になる要素を持ちながら不発に終わった「惜しい」作品として話題になった。

『エガオノダイカ』の概要

『エガオノダイカ』とは、タツノコプロの創設55周年記念作品として制作されたオリジナルアニメ。
2019年1月から3月まで放送された。

2018年10月にアニメの放送が発表されると、原作となる作品がない(世間的な知名度がないためPR面で不利になりがちである)オリジナルアニメでありながらTwitterで『エガオノダイカ』というワードがトレンド入りを果たしている。

天真爛漫な性格と笑顔で国民の皆から愛されるソレイユ王国の王女ユウキ・ソレイユと、貧しい路上生活に耐えられず、生きるため衣食住の保証された軍に入隊したグランディーガ帝国の軍人ステラ・シャイニングという対局的な人生を送って来た二人の主人公が出会うまでを描いた作品である。

戦闘ロボットを駆使した戦争ものという人気の高いテーマに加え、主人公の一人であるユウキが1話から優秀な戦術家として才能の片鱗を随所に見せるなど、今後起こるであろう戦争と、敵から国を守るため自ら軍を指揮して活躍するユウキの姿を想像した視聴者を大いに期待させた。
だが、蓋を開ければ王国は侵攻する帝国から逃げるだけで、視聴者が最も期待していたユウキが指揮官として活躍する描写も数えるほどしかなかった。しかもユウキと親しい関係だった主要人物が相次いで非業の死を遂げたため、視聴者は違う意味で驚きと衝撃を受ける事になる。
最終話直前に行われた監督のインタビューでは『エガオノダイカ』を通して「戦争のリアル」を描きたかった事が語られているが、視聴者を驚かせようと予想外の展開を狙いすぎたストーリーは、逆に作品の盛り上がりを奪う皮肉な結果となってしまった。

もう一人の主人公であるステラ擁する帝国側のストーリーは、基本的に帝国の侵攻から逃げるユウキを追う帝国軍の一分隊の戦闘と日常を描いているが、長年苦楽を共にして来た「チーム」だけあって統制が取れた場面が目立つ。
敵に付け入る隙を与えるような無駄な行動や間違った判断を犯さないため見ていて安心感があり、帝国側にスポットを当てた回の時は視聴者からも好意的な感想が目立った。

基本的に帝国側は名前のないモブとの戦闘が大半だったため誰かが目立って活躍する事はなく、ステラも雑魚を倒すだけで戦闘で主人公らしい「戦果」を挙げたとは言い難い。
だが、全てが裏目に出て自分で犠牲を大きくしたユウキに比べれば「マシ」という意見が多く、ステラが戦果を挙げられなかった事に対する不満の声はほとんどない。

一方の王国側はユウキの「これ以上犠牲を出したくない」という理想論に固執するが故に自身の軍事的才能を活かそうとしないばかりか、戦闘でも犠牲を出さないよう消極的な手ばかり打って逆に自分達の犠牲を大きくしてしまうのが基本パターンだった。
犠牲を出さないための消極策が悉く裏目に出るユウキの甘さと、それに反発する家臣との対立で王国側のストーリーは登場人物同士の雰囲気が悪く、ユウキに感情移入出来ないという声が目立った。
余談だが、ユウキの性格が支持されない分、彼女が2話で披露した「顔芸」が話題となり「ユウキ様の顔芸で遊ぼう」と各所でネタにされるなど、制作側の意図とは違う意味で人気が出たのは皮肉である。

「二人が出会うまで」を描くのだから、よくよく考えたら展開的にユウキとステラが最終話まで出会う事はないのだが、最終盤に入る10話が終わるまでユウキとステラが出会う気配は一切なく、11話の最後でやっと二人が接近して、12話の中盤でようやく出会うという、主人公二人が出会うまでが非常に遅い(但し、制作側の構成通りではある)のが視聴者の不満を集める事になる。
結果、ユウキが戦争を終わらせるため12話掛けて奔走する話にした方が帝国に使う尺を削った分もっと丁寧に作品を作れたのではないか、主人公を二人も置く意味はあったのか、という感想が殺到する事になってしまった。
戦争の結末も、ユウキとステラが世界中の兵器を止めて戦争が継続不可能になったから停戦せざるを得なくなったというもので、視聴者が期待した指揮官として覚醒したユウキの活躍によるものではない。
また、停戦してから翌年の夏を迎えるまでの過程が(作中の描写からその間の展開を想像で補う事は十分可能ではあるが)一切描かれておらず、駆け足どころではない「説明不足すぎる」結末に納得する声はやはり多くなかった。

「タツノコプロ創設55周年記念作品」という大きな看板と期待を背負って放送された『エガオノダイカ』を総括すると、戦争にロボットという人気の高いテーマに加え、主人公が覚醒する伏線など期待出来る要素が多く、名作になるだけの下地は出来ていたが、それを活かす事が出来ず「不発」に終わった事を残念に思っているのは視聴者の大多数に共通した感想である。

賛否両論というよりも賛3:否7という厳しい評価が目立つが、厳しい評価と感想の数々はそれだけ周囲が期待していた証拠であり、上手く作れば名作になっていただけに「惜しい」作品だった。

『エガオノダイカ』のあらすじ・ストーリー

『ソレイユの少女』 - "The Girl from Soleil"

自身の誕生日を祝う式典で、ユウキは王女として堂々たる演説を披露する。

地球を離れた人類は遠く離れた星に降り立ち、新たな惑星で文明を築き、新たな星では新たな国が生まれていた。

その、いくつかある国の一つであるソレイユ王国では、王女であるユウキ・ソレイユの12歳の誕生日を祝う式典が行われており、ユウキは自身の誕生日を祝う国民に向けて演説を行う事になっていた。

想像を上回る観衆の数に緊張して転んでしまうなど、ちょっとしたアクシデントもあったが、ユウキは同席している側近のヨシュア・イングラムとレイラ・エトワールの励ましもあって落ち着きを取り戻すと、王女としてより一層の責任を持って皆を更なる繁栄に導く事を誓うと宣言する。

国民の前で堂々たる演説を行ったユウキだが、彼女はまだ12歳の子供であり、膨大すぎる政務の数々に耐えられず、ヨシュアを連れて王宮から逃げ出す。

最終的にはユウキとヨシュアを連れ戻しに来た王国の騎士団総長であるハロルド・ミラーに見付かるが、それまでヨシュアと一緒にゲームを楽しむなど、ユウキは充実した昼休みを過ごしていた。

王女であるユウキに対するユニの無礼な態度に、ヨシュアは激怒する。

ユウキが王宮に戻ると議会が開かれ、ハロルドから隣国であるグランディーガ帝国と秘密裏に行われた会談は前向きに進み、両国の不可侵条約も問題なく更新されそうであるとの報告を受ける。
両国との関係が良好である事に一同が安堵する中、ハロルドが連れて来た辺境騎士団の一員であるユニ・ヴァンキッシュが、王族とは地球から移住した祖先が「よすが(拠り所)」として作り上げたシンボルに過ぎないと語り、王族であるユウキに対して政治は自分達で行うため王族は不要との暴言に近い無礼な発言をする。

本来国の政治を行うべき国王夫妻(ユウキの両親)は既に他界しており、残された唯一の王族であるユウキもまだ12歳で政治を取り仕切る能力がないのは事実だが、ユニの王女に対する無礼な発言は決して許されるものではなかった。

だが、ユウキはユニに対して怒りを示す事はなく、王女としてこの星のみんなを笑顔にしたいという立派な理想を語り、彼女の屈託のない笑顔を見たユニはそれ以上何も言えなくなってしまう。
ユニは自らの暴言を謝罪するが、ユウキを実の妹のように大事に想っているヨシュアはユニの態度が許せず、決闘を申し込む。

模擬戦闘で苦戦するヨシュアに加勢したユウキは、見事な戦略でヨシュアを勝利させる。

その決闘とは人型機動兵器であるテウルギアのシミュレーター(要するにアーケードゲームの筐体)を使った模擬戦闘で、ヨシュアは自分の目の前で見ているユウキのためにも勝つと意気込む。

しかし、ユニには彼女の双子の弟であるルネがブレインとしてサポートしており、2対1でヨシュアは苦戦を強いられる。

苦戦するヨシュアをこれ以上見ていられないとユウキはヨシュアに加勢し、地形を生かした作戦を展開し、ヨシュアを見事に勝利に導くとともに、優秀な戦術家としての片鱗を見せつつあった。

ヨシュア達の目に飛び込んで来たのは、国境付近で激しい戦闘を繰り広げる両国の映像だった。

しばらく時間が経ち、帝国への使節団として国境に向かう近衛騎士団を見送るためユウキの姿は港にあった。

騎士団の国境行きを本当に許可して良かったのか確認するレイラに対し、笑顔で自身のサインが入ったデータを見せるユウキだが、その使節団にはヨシュアの名前もあり、ユウキはヨシュアも国境に向かうという事を確認せずサインしていた事にようやく気付く。

王国の旗艦空母であるエクセスアルカに乗り込む前に、ヨシュアはユウキが欲しがっていたぬいぐるみを誕生日プレゼントとしてユウキに渡すが、ユウキはそれをヨシュアに投げ返し、自分の代わりに外の世界を見せて来るよう託す。

ユウキから託されたぬいぐるみを持って国境へ向かうヨシュアを含む騎士団だが、彼らの目に飛び込んで来たのは、ハロルドが報告した良好な関係とは程遠い、国境付近で激しい戦闘を繰り広げる両国の映像だった。

『戦乱の真実』 - "The Truth of the War"

ゲームとは違う、本当の戦争に死の恐怖を感じつつも、ヨシュアは戦闘から何とか生きて帰る。

ユウキの笑顔を守るため、自ら戦争の最前線に赴く事を志願したヨシュアだが、彼の出身であるイングラム家は代々騎士として王家に仕えて来た名門貴族だった。

ヨシュアの父親であるモーゼスは騎士団総長として王国を守り、幼い頃に母親を亡くしたヨシュアを男手一つで育てていた事もあり、ヨシュアにとって父親は尊敬すべき存在だったが、モーゼスは12年前にユウキの両親とともに亡くなってしまう。

両親を失い悲しみに暮れるヨシュアだが、赤ん坊であるユウキが彼を気に入った事もあり、3歳の若さでユウキの世話役として、王国の政務官でハロルドの親友でもあるイザナ・ラングフォードから抜擢される。
以後、二人は兄妹のように12年間過ごして来た。

ユウキの笑顔を守るため出撃するヨシュアだが、戦争はこれまで筐体相手に遊んで来たゲームなどではない。
ゲームとは違い負けたら本当に領地を失うのは勿論、死んだら二度とユウキに会う事が出来なくなってしまう。

ヨシュアは、ゲームとは違う、自分に何かがあったら死ぬという恐怖を感じながらも、自身にとって初陣となる今回の戦闘では何とか生きて帰れた事に安堵する。
だが、戦力に劣る王国軍の戦況は悪化しており、兵力も徐々に削られるなど、厳しい戦いを強いられていた。

この状況を打開すべく、ヨシュアは切り札である新型クラルスの投入を進言する。

ユウキとヨシュアが久々の通話と楽しむ裏で、新型クラルス搭載機に何かをしようとしている怪しい集団がいた。

クラルスとはこの星特有の鉱物であるクラルスラピスを加工して機材に組み込む事でエネルギーを生み出すものであり、一言でいうとエンジンのようなものだった。

「新型」クラルスはこれまで使われていたクラルスを大幅に上回るエネルギーを生み出す、高スペックエンジンのようなものであり、王国が戦況を打開するには新型クラルスの力を借りるしかなかった。

ハロルド達が反対する理由もないためすぐに新型クラルスはテウルギアに搭載され、ヨシュアは新型クラルス搭載機に乗り込む。

新型というだけあって、これまでのクラルスよりも遥かに高いスペックを持った新型クラルスのパワーは段違いであり、ヨシュアも新型クラルスに手応えを感じるが、ユニとルネの主君であり、援軍として来てくれたハロルド達を歓迎したジラール辺境伯は、何かを考えている表情を浮かべていた。

その夜、久々にヨシュアはユウキとの通話を楽しむが、その裏では明らかに怪しい行動をしている集団が新型クラルス搭載機に何かをしようとしていた。

久々の通話を楽しむユウキとヨシュアだが、ヨシュアの発言からは嫌な予感しかしなかった。

場面はユウキとヨシュアの会話になり、大事に育てていたひまわりが枯れてしまった事をユウキは悲しむ。
土が合わないのか、何かしらの理由があるはず、とヨシュアは自分の方でも調べてみると話し、最後に「安らかないい夢を」という、嫌な予感しか感じない言葉(死亡フラグ)を残して通信を切る。

翌日、教育の一貫としてレイラとのチェスに興じるユウキはルールを無視した駒の動きを行い、チェックメイトと無邪気に喜んでいた。

勿論反則だが、ユウキは実際の戦争はチェスのようにルールはないと主張し、ルールで決められた動きしか出来ないチェスよりもルールのない模擬戦闘の方が自分に向いていると笑顔を見せる。

前回の模擬戦闘で水攻めに地盤破壊と地形を生かした作戦でヨシュアを勝利に導いたように、ユウキは頭が良く、ルールのない戦場で兵を動かす方が向いているように見えるが、戦争はゲーム(遊び)とは違う。
戦争をゲーム感覚で捉えているユウキに対して戦争は遊びではないと釘を刺すレイラだが、相変わらず無邪気に笑うユウキの態度はレイラの言葉を理解しているとは到底思えなかった。

戦力の差によって徐々に戦況が不利になる中、ヨシュアは深手を負う。

舞台は最前線に戻り、ヨシュア達にハロルドから作戦の説明と指示が伝えられる。

新型クラルスを搭載したヨシュア単騎で伏兵の待機地点まで誘き寄せるという危険な作戦だが、それと当時にユニは何故か悲しそうな表情を浮かべていた。

一進一退の激しい戦闘が続く中、ジラールがポケットに手を入れると、何かのスイッチを押す。

昨夜、ユウキとヨシュアが通話している場面の裏で工作員が新型クラルス搭載機に何かを仕込んでいる描写があったが、それはジラールの指示によって行われていたものだった。
テウルギアに仕込んでいるはずの爆薬が起動せずジラールは焦るが、工作員が爆薬を仕掛けているところを王国の兵士が監視している描写があった通り、既に爆薬は取り除かれていた。

ジラールとしては新型クラルスを交渉材料に降伏するつもりだった(ユニはジラールが裏切る事を予め知っていたか、傍から見ても何事かを考えていて明らかにおかしい彼の態度から「何か」を感じ取っていた)が、その思惑はあえなく失敗に終わり、ハロルドはジラールを拘束する。

勿論、ジラールも好きで裏切った訳ではなく、戦況を見て帝国には勝てないと判断した事と、王国への忠誠心よりも自分の領地の民を守る事を最優先にしたためだった。

ジラールの裏切りは民を守るための決断であり、無駄な犠牲を出したくないという彼の言い分は分かるが、戦争は戦わなければ全てを失ってしまう。

王国軍は善戦するものの旗色が悪くなり、ハロルドは籠城戦のため全機撤退を命じるが、撤退中にヨシュアの機体は大きなダメージを受け、自身も深手を負ってしまう。
ユニによって何とか助けられたヨシュアは、彼女の機体に抱えられながら「死に損なったか」と、自分の命がある事に安堵するが、彼の傷はどう見ても重傷だった。

現在が帝国と戦争中である事と、ヨシュアの死を知ったユウキの悲痛な叫び声がエクセスアルカに響き渡る。

同時期、王宮ではユウキの育てているひまわりが芽を出しつつあった。

ユウキは喜んでヨシュアに連絡しようとするが、深刻そうな表情で現れたレイラとイザナによってヨシュア達を見送った港まで連れて行かれる。

エクセスアルカが帰港したとの事で、ユウキは久々とヨシュアとの再会が待ちきれず、楽しそうな笑顔を浮かべるが、そんなユウキの目に飛び込んで来たのはボロボロになったテウルギアであり、戦場となったグラッドの街が陥落した事が告げられる。

「戦争」に「陥落」と、彼女にとって意味不明のワードの連発で状況が理解出来ずユウキは困惑するが、混乱する彼女に追い打ちを掛けるかのように、ハロルドからたった今ヨシュアが亡くなった事が告げられる。

息を引き取ったばかりのヨシュアと対面したユウキは「嘘でしょ…」と全ての視聴者の気持ちを代弁するような事を呟くと、エクセスアルカ艦内にはユウキの絶叫が響き渡っていた。

一方、王国に侵攻している帝国軍の最前線で戦うビュルガー分隊には戦死した前隊長に代わって隊を率いる事になったゲイル・オーウェンズが着任していた。
王国が苦戦しているように見えて帝国も被害が大きく、ビュルガー分隊も前隊長を含め戦死者が相次ぎ、生き残ったのは着任したばかりのゲイルを除けば5人のみだった。

そして、その5人の中にはこの作品のもう一人の主人公であるステラ・シャイニングの姿があった。

mattyoukilis
mattyoukilis
@mattyoukilis

Related Articles関連記事

ピンポン(Ping Pong)のネタバレ解説まとめ

ピンポンは、松本大洋による卓球漫画、及びそこから派生した実写映画、アニメ作品。 卓球を題材とし、登場人物達の友情や成長描く青春物語で、神奈川県藤沢市が舞台となっている。 週刊ビッグコミックスピリッツ(小学館刊)に1996年から1997年まで連載された。全5巻。 実写映画は2002年7月に劇場公開された。 アニメは2014年4月〜6月に放送された。全11話。

Read Article

超時空要塞マクロス(Super Dimension Fortress Macross)のネタバレ解説まとめ

『超時空要塞マクロス』とは、タツノコプロ・アニメフレンド制作の日本のロボットアニメ。 1982年10月から毎日放送(MBS)製作、TBS系列で放送された「超時空シリーズ」および「マクロスシリーズ」の第一作。 飛行機好きのごく普通の少年一条輝が、突如襲来してきた異星人との戦いの中で二人の女性との恋に生き、友情に生き、成長していく物語である。

Read Article

夜ノヤッターマン(Yattarman Night)のネタバレ解説まとめ

『夜ノヤッターマン』とはタツノコプロによって製作された、ヤッターマンを原作としたスピンオフアニメ作品。主人公であるレパードがエレパントゥスやヴォルトカッツェと共に新たなドロンボーとしてヤッターマンの支配するヤッターキングダムに立ち向かう物語となっている。ヤッターキングダムが支配しているデッカイドーを舞台にしている。

Read Article

Infini-T Force(第1話『ISOLATED FLOWER』)のあらすじと感想・考察まとめ

『Infini-T Force』(インフィニティ フォース)は、タツノコプロ55周年を記念して制作されたアニメ作品。 ガッチャマンこと鷲尾健は悪の組織ギャラクターに占領された空母の救出に向かう。しかしそこにいたのはロボット兵士を従える謎の人物だった。 今回は「Infini-T Force」第1話『ISOLATED FLOWER』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents