目次

  1. どんな宇宙人なの?
  2. 今回はここまで!

どんな宇宙人なの?

メフィラス星人が初登場したのは初代ウルトラマンの第33話「禁じられた言葉」。メフィラス星から地球を乗っ取るためにやってきた宇宙人。1万以上の知能指数を誇り、暴力に頼らず綿密な作戦を立ててから地球侵略を開始した。基本的に口調は穏やかだが、一度激昂すると気性が激しくなる。得意技は両腕を合わせて発射する「ペアハンド光線」と腕を胸の前に突き出して発射する「グリップビーム」。戦闘能力はウルトラマンとほぼ互角といったところで、並みの宇宙人よりかは遥かに強いとされる。

劇中では科学特捜隊のフジ隊員を巨大化させ街中を混乱の渦に陥れた後、そのフジ隊員の弟サトル少年に接触。紳士的な口調で地球をあけ渡すように交渉する(子供を狙ったのは地球人の心に挑戦するため)。だがサトル少年が申し出を断るとすぐさま激昂、サトル少年を監禁し、実力行使で地球を侵略しようと試みる。その後登場したウルトラマンとの戦闘では、優れた格闘能力や光線技でウルトラマンと互角の勝負を繰り広げる。最終的には「地球人の心に負けた。しかし必ずまたやってくる」と言い残し、テレポーテーションで宇宙へと去っていった。

その他にもメフィラス星人は様々な作品に登場している。特に平成以降の「ウルトラマンメビウス」や「大怪獣バトル」では主人公に立ちはだかる強敵として登場するなど、メフィラス星人は近年のウルトラ作品においても頻繁に出番が回ってくる人気宇宙人なのだ。

0

こちらは光線技を発射するメフィラス星人。ウルトラマンと地上戦だけでなく空中戦を繰り広げるなど、戦闘能力の高さはピカイチである。「バルタン星人やケムール人、ザラブ星人はただの配下に過ぎない」と発言していることから、宇宙人内での地位は相当高いものだと思われる。

1

こちらは「ウルトラマンタロウ」に登場したメフィラス星人2代目。初代とは別固体である。卑怯で口調が荒い、体系が肥満気味なのが特徴。世界中の子供たちを虚弱体質にして地球を侵略しようと企む。得意技は目から発射する光線「アイリスレイ」。ウルトラマンタロウと交戦するが初代ほど戦闘能力は高くなく、腹部をアトミックパンチで貫かれた後、ストリウム光線を受けて絶命した。

2

こちらは「ウルトラマンメビウス」に登場したメフィラス星人。宇宙の皇帝であるエンペラ星人につかえており、劇中の地位は知将。戦闘能力も初代同様強力で、見せしめのために連れてきた怪獣グロマイトを一撃で粉砕する。またウルトラマンの八つ裂き光輪を素手で叩き割り、スペシウム光線も難なく回避して見せるなど驚異的なまでの戦闘センスを披露する。劇中ではウルトラマンメビウスを陥れるために、地球人の記憶を書き換えメビウスを侵略者に見立てることで精神的にウルトラマンメビウスを倒そうとした。最終的にはメビウスやウルトラマンに敗北。負けを認め地球を去った直後、エンペラ星人に処刑され絶命する。

3

こちらは「大怪獣バトルNEO」に登場したメフィラス星人。元々は怪獣を操るレイオニクスだったが、バトルに負けて砂漠を彷徨っている時に見つけた暗黒剣の力に飲み込まれアーマードメフィラスと化す。必殺技はメフィラスブレードによる斬撃の「メフィラスブレードスラッシュ」。この固体も戦闘能力に長けており、全体的にメフィラス星人の種族は総合的な能力は高いと思われる。

4

こちらはメフィラス星人のソフビ人形。基本的なカラーリングは黒や銀、青や黄色で纏められている。初代ウルトラマンの放送時にがカラフルな体色のフィギュアもあったのだとか。

こちらは初代と2代目のメフィラス星人の紹介動画。

今回はここまで!

いかがでしたか?次回もきっと気になるウルトラ怪獣を紹介しますのでチェックしてみてくださいね!