目次

  1. あらすじ
  2. 「ウルトラマン」について
  3. プロフィール
  4. カラータイマー
  5. ベーターカプセル
  6. 科学特捜隊
  7. 主な登場人物
  8. ハヤタ・シン(早田 進)
  9. ムラマツ・トシオ(村松 敏夫)
  10. アラシ・ダイスケ(嵐 大助)
  11. イデ・ミツヒロ(井手 光弘)
  12. フジ・アキコ(富士 明子)
  13. ホシノ・イサム(星野 勇)
  14. 岩本博士
  15. 代表的な必殺技
  16. スペシウム光線
  17. ウルトラスラッシュ(八つ裂き光輪)
  18. ウルトラアタック光線
  19. リバウンド光線(ウルトラバリヤー)
  20. テレポーテーション
  21. 《その他、様々な必殺技一覧》
  22. 代表的な怪獣たち
  23. 宇宙怪獣 ベムラー
  24. 宇宙忍者 バルタン星人
  25. 宇宙忍者 バルタン星人 2代目
  26. どくろ怪獣 レッドキング
  27. 古代怪獣 ゴモラ
  28. 三面怪獣 ダダ
  29. 悪質宇宙人 メフィラス星人
  30. 宇宙恐竜 ゼットン
  31. エピソード・裏話など
  32. ウルトラマンの「変化」
  33. 企画当初は「怪獣」がヒーローだった?
  34. 体を張った特撮は常に危険と隣り合わせ
  35. 「ウルトラマン」放送開始50周年記念

あらすじ

地球の平和を守る科学特捜隊の隊員、ハヤタ・シンは、小型ビートルでパトロールをしていた。
その際、青い光の玉と赤い光の玉が飛んでいくのを目撃。
彼はそれを追跡したが、赤い玉と激突し竜ヶ森湖に墜落、ハヤタは命を落としてしまう。
夢の中で銀色の宇宙人と邂逅する。彼は、ウルトラマンと名乗った。
ウルトラマンは、宇宙怪獣ベムラーを追って地球にやって来たが、その際にハヤタと誤って激突してしまったのだという。
彼は、ハヤタと命を共有し、一心同体になることでその命を救う。
そして目覚めたハヤタは、竜ヶ森湖からベムラーが現れるのを目撃。
夢の中で宇宙人から受け取ったベーターカプセルを使った瞬間、巨大なウルトラマンへと変身。
こうして彼は、光の巨人となって、地球の平和を守るため、様々な怪獣と戦っていくことになる。

「ウルトラマン」について

Th c6f5cac8954ce4b65f96cef56f5dd828 1343983553hero 00

プロフィール

・身長:40m
・体重:3万5千トン
・年齢:2万歳
・出身:M78星雲・光の国
・飛行速度:マッハ5
・走行速度:時速400キロメートル
・水中速度:200ノット
・ジャンプ力:400メートル
・腕力:10万トンタンカーを持ち上げる
・キック力:320文の威力がある
・職業:宇宙大学教授、宇宙警備隊銀河系局長(のちに支部長と設定あり)

怪獣や侵略宇宙人たちと戦う、M78星雲『光の国』出身の宇宙人であり、宇宙警備隊員でもある。
原則として、地球人とは会話をしない。感情などは身振りだけで表現をしている。
「シュワッチ」や「シュワッ」などの掛け声を発する。
極稀に、劇中で会話をするシーンがある。

カラータイマー

胸部に付いているボタンのようなものが、カラータイマーと呼ばれるものである。

基本的には、地球上では「3分間」しか戦うことができない。
通常時は、青色。
時間が経過すると、赤色に変わって点滅し、警告音を発する。
更に時間が経過すると、点滅と警告音の間隔が速まる。

カラータイマーは、ウルトラマンのエネルギーを司る重要な中枢器官であり、弱点でもある。
カラータイマーの光が消えるとウルトラマンは活動不能になってしまう。
破壊されてしまった場合、ウルトラマンは死んでしまう。

実際には、カラータイマーがウルトラマンの生命活動を意味する、というよりも、エネルギー残量を示す燃料計に似た機能となっている。
そのため、カラータイマーの発光が停止してしまったり、又、怪獣や宇宙人らによって倒されてしまったとしても、何らかの方法でエネルギーが補給されれば、ウルトラマンは甦る。

ベーターカプセル

Beta capsule1

ウルトラマンに変身することが出来るアイテム。
ハヤタのみが使用出来る。

1b7fa0334b590b11bf64835399f4d7a6

ベーターカプセルの赤いボタンを押すと、閃光と共に「フラッシュビーム」が発光部から発生し、ウルトラマンに変身する。

科学特捜隊

687474703a2f2f696d6167652e73706163652e72616b7574656e2e636f2e6a702f642f737472672f6374726c2f322f3662613433653233656432  5abefa5cee9b49e88de03004115c6ede

国際科学警察機構の下部組織に位置する。
正式名称は、科学特別捜査隊(かがくとくべつそうさたい)。

劇中では日本支部の活躍が描かれている。

基本的には、怪事件調査の為の組織で、怪獣との戦闘は特別任務となっている。
本部はパリに置かれており、劇中では、インド、ボリビア、ニューヨーク、中近東などの支部について言及されている。
他、ブラジル、ロンドン、モスクワ、トルコにも支部が存在する。

主な登場人物

ハヤタ・シン(早田 進)

347476517d06d84eb0a4fa9ac62ff59dd87be163.96.2.9.2

演者:黒部 進
本作の主人公。
年齢25歳。
科学特捜隊養成学校を首席で卒業したエリート隊員。
小型戦闘機ビートルに搭乗し、謎の青い球体と赤い球体を追跡していた際、赤い球体と衝突して墜落。ハヤタは命を落としてしまう。

赤い球体の正体は、M78星雲・光の国からやってきた宇宙人・ウルトラマン。
彼は、宇宙墓場へ護送中に逃亡した宇宙怪獣ベムラー(青い球体の正体)を追っていたのである。

ウルトラマンは、自身の不注意でハヤタを死なせたことに対して責任を感じ、自身の命を分け与え、一心同体となる。
そして、地球の平和を守るため、ハヤタと共に戦うことを決意する。

ハヤタは、怪獣との戦闘で危機に直面すると、ベーターカプセルを使用してウルトラマンに変身。怪獣や宇宙人と戦う。

ムラマツ・トシオ(村松 敏夫)

2c0e84fd 80c4 44b5 9c95 35874d0801ba

演者:小林 昭二
年齢36歳。
科学特捜隊日本支部ムラマツ班隊長。通称「キャップ」(時に「キャプテン」とも)。
部下を見守る良き隊長。
謹厳実直な性格で部下からも慕われる。
一方、必要なときには冷徹な判断を下したり、攻撃を主張する部下をなだめるなど、慎重派の姿もある。

アラシ・ダイスケ(嵐 大助)