目次

  1. ファイナルファンタジーXIVの概要
  2. 「新生エオルゼア」での名言
  3. もしもし…聞こえる? ミンフィリアよ
  4. テレポ代くらいは出すわよ
  5. 来いっ、ハンティング・ファルコン!
  6. エンタープライズ、発進!
  7. ナナモ陛下を殺した犯人は…俺だ
  8. ほらとっておきの身体を持ってきてくれたわ!
  9. 「蒼天のイシュガルド」での名言
  10. さて、行こうぜ。相棒
  11. 耐えてみせよ
  12. 僕を殺して世界を護るか、世界を護って僕(キミ)を殺すか!
  13. やはり…お前は……笑顔が、イイ
  14. それでも私は、どうしても見てみたい……。少女が雪原のただ中で、凍えずとも済む時代をッ!」
  15. 「紅蓮の解放者(リベレーター)」での名言
  16. 貴様が余輩のナーマか?
  17. なぜ逃げ出す! ブドゥガ族はいいぞ!
  18. プレイヤー発祥の名言
  19. 吉田ぁああああああああ
  20. ティンさん
  21. これが! ボクの! 聖剣にゃあああ!!!
  22. むーたん
  23. 動き理解した?
  24. ハゲルガ、妖精さん

ファイナルファンタジーXIVの概要

ファイナルファンタジーXIVは株式会社スクウェア・エニックスが運営しているMMORPGのことである。
ファイナルファンタジーシリーズのナンバリング作品としては14番目にあたり、2010年にリリースされるもゲーム内容の不評により一度サービスを終了し、その後2013年に「ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア」として新生した。
新生時の正式タイトルは「ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア」であったが2つの拡張ディスクを経て「ファイナルファンタジーXIV:オンライン」が正式タイトルとなった。

2017年2月時点で「MMOで最も長いエンドロールを持つタイトル」「ビデオゲームで最も多くのオリジナルサウンドトラックを持つタイトル」の2つのギネス世界記録に認定された。
そのうち後者に関しては、同年6月に「紅蓮の解放者(リベレーター)」が発売されたことで更に記録を伸ばした。

2017年にはテレビドラマ「光のお父さん」がTBS系列で放送。
これはスクウェア・エニックスの主導で制作したものではなく、とあるユーザーのプレイングブログを元にスクウェア・エニックスの認可を得てドラマ化したものである。

プレイヤーはひとりの冒険者として惑星ハイデリンの大陸のひとつ「エオルゼア」地方を旅をする。
「蛮神」騒動の背景に暗躍する「アシエン」という集団、ガレマール帝国によるエオルゼアの侵略など様々な危機を乗り越え、惑星ハイデリンを破滅から守ることを最終目標に全体的なストーリーラインが展開していく。

2015年に発売された拡張ディスク「蒼天のイシュガルド」で展開されるストーリーでは皇都イシュガルドで繰り広げられる邪竜ニーズヘッグ率いるドラゴンとの1000年間の戦争を終結させていく話となっている。
2017年に発売された拡張ディスク「紅蓮の解放者(リベレーター)」ではガレマール帝国に侵略されたアラミゴ地方が舞台となる。ストーリーの要である「アジエン」との関わりが薄いものの、エオルゼアという地方を語る上では重要は話が散りばめられている。
「新生エオルゼア」「蒼天のイシュガルド」「紅蓮の解放者(リベレーター)」ともに重厚なシナリオが展開され、どれもプレイヤーの評判は良い。
各地で出会う仲間や、対峙する敵など、魅力あふれるキャラクターたちが個性あるセリフを残している。

「新生エオルゼア」での名言

もしもし…聞こえる? ミンフィリアよ

Ffxiv 20170701 155303

「暁の血盟」の盟主であるミンフィリアが各イベントシーンで発現する。
ミンフィリアはプレイヤーに対して様々なおつかいクエストを依頼してくる。
それだけならまだしも、たびたび移動の不便な「砂の家」に呼び出すためプレイヤーの怒りが集中することになった。
プレイヤーからは「もしミン」などと呼ばれており、この台詞は公式の生放送でもたびたびネタにされる。

テレポ代くらいは出すわよ

正しい台詞は「心配しないで。 テレポの……エーテライトの利用料金くらい支給するわ」
発言者は同上のミンフィリア。
あまりにも「砂の家」へのお使いと報告がプレイヤーに酷評だったためかパッチ2.1で追加されたイベントシーンにてネタにされた。
テレポ(移動にはギルが必要となる)の代金を支給すると言った割には該当クエストの報酬はたったの5000ギル。今までのお使い報告の労力とは見合わない金額だったため、上記の「もしミン」と合わせてネタになった。

来いっ、ハンティング・ファルコン!

Ffxiv 20170701 155127

プレイヤーがなれるクラス「弓術士」のクラスクエストで出会うレイ・アリアポーが発した一言。
クエスト自体は、自身の信念に疑問を抱いたレイが迷いを吹っ切るためにプレイヤーと1対1で戦おうと手合わせを申し込むといった内容である。
バトル中に増援(鷹)を呼び出したことで「1対1じゃないのかよ」とプレイヤーを笑わせた。

このネタを公式が採用し、「蒼天のイシュガルド」ではミニオン(プレイヤーが連れるペット)で「ハンティングホーク」が実装。
「来いっ、ハンティングホーク!」とばかりに鷹を呼び出せることができるようになった。なおハンティング・ファルコンと違ってモンスターと戦うことはできない。

エンタープライズ、発進!

Ffxiv 20170701 155600

「暁の血盟」に所属するアルフィノという少年が発した一言。
蛮神ガルーダを討伐するため、飛空艇エンタープライズ号に乗って嵐の中を突っ切るといったシーンで登場。

アルフィノは「暁の血盟」の前身である「救世詩盟」のルイゾワを祖父に持つ。祖父が持っていた威厳と権威から「あのルイゾワの孫」と持ち上げられ、高慢ちきな性格であった。
そのため、艦長兼運転手であるシド、そして実際に蛮神ガルーダを討伐するプレイヤーを差し置いて突如指揮を取り始める。
アルフィノは飛空艇エンタープライズ号の開発にも運営にも関わっていなければ、ましてや蛮神ガルーダの討伐にも加わらない。
「お前は何もしてないのに指揮を取るな」とプレイヤーの反感を買った。

ちなみにアルフィノはこの後挫折を味わったことで反省し、高慢な性格は改善された。

ナナモ陛下を殺した犯人は…俺だ

Ffxiv 20170701 160410

イシュガルド防衛の「戦勝祝賀会」において、クリスタルブレイブの一員イルベルドが発した一言。

鎖国していたイシュガルドが開国し、数百年ぶりにエオルゼア全体が協力したことを記念した祝賀会が開かれていた。
その祝いの場でウルダハの女王ナナモの暗殺騒動が発生、プレイヤーが暗殺の容疑をかけられることになる。
しかし暗殺の指揮を取ったのはテレジ・アデレジであり、プレイヤー、ひいては「暁の血盟」は陥れられたのである。

ナナモ女王の護衛である不滅隊局長ラウバーンは激昂しテレジ・アデレジを殺害。怒りに我を忘れたラウバーンにイルベルドが上記の名言を発した。
「犯人は俺」というのはラウバーンの怒りを煽るための方便であり、実行犯は彼ではない。

ほらとっておきの身体を持ってきてくれたわ!

Ffxiv 20170701 155454

ダンジョン「惨劇霊殿 タムタラの墓所」にて、冒険者NPCの「エッダ」が発言した。
エッダは冒険の途中、婚約者であるアヴィールという青年を亡くしてしまい、彼の生首とともに故郷に戻っているはずだった。
しかし狂気を帯びた彼女はタムタラの墓所で集めた魂と骸を寄せ集め、婚約者を復活させようとしていた。
その復活の材料のひとつとして、プレイヤー(の身体)を指した一言。
生首を持ち歩いていたという状況、ダンジョンの所々に落ちている手記の内容、そしてダンジョンの最奥で待ち構える「勇壮のアヴィール」「純白のエッダ」の姿はプレイヤーを恐怖に陥れた。
なお、エッダが使う技「ブラッティウエディング」で浮かび上がるエオルゼア文字は「Avere(アヴィール)」であり、戦闘フィールドである床にも赤い文字で大量の「Avere」が書き綴られている。

エッダはこの後パッチ3.35にて実装されたコンテンツ「死者の宮殿」の50Fボス『漆黒のエッダ』として再登場。
再度プレイヤーに倒されたことで正気を取り戻し、誰かにそそのかされてアヴィールの復活を実行したことをほのめかして死亡する。

「蒼天のイシュガルド」での名言

さて、行こうぜ。相棒

Ffxiv 20170701 160800

「竜の力に目覚めた」特別な竜騎士である「蒼の竜騎士」エスティニアンが発した名言。

この台詞は「新生エオルゼア」で竜騎士のジョブクエストをクリアしていないと見られない。
というのも、竜騎士のジョブクエストでプレイヤーは(すでに蒼の竜騎士であるエスティニアンに続いて)蒼の竜騎士に目覚めるからである。
該当クエストをしていないと「光の英雄殿」といったよそよそしい呼び方になる。

該当クエストのクリアの有無で台詞が分岐するという芸の細かさを代表する台詞。
この後も何かと相棒と親しく接してくるため、プレイヤーたちからは「イシュガルドやるなら竜騎士クエやれ」と言われるほど。