賭博破戒録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

2001年~2004年に「週刊ヤングマガジン」で連載された福本伸行によるギャンブル漫画、及びそれを原作とするアニメ、映画のこと。自堕落でどうしようもない毎日を送るカイジが、保証人としてかつてのバイト仲間の借金を返済するためギャンブルの世界へ身を投じていく様を描いた前作「賭博黙示録カイジ」の続編として、再びカイジが勝負の世界で奮闘する様子が描かれる。

『賭博破戒録カイジ』の概要

賭博破戒録カイジ(とばくはかいろくカイジ)とは、2000年~2004年に「週刊ヤングマガジン」で連載された福本伸行によるギャンブル漫画、及びそれを原作とするアニメ、映画のこと。自堕落でどうしようもない毎日を送るカイジが、保証人としてかつてのバイト仲間の借金を返済するためギャンブルの世界へ身を投じていく様を描いた前作「賭博黙示録カイジ」の続編として、膨れ上がった借金のかたとして帝愛グループの運営する地下労働施設へ送られるところから、勝負を経て再び地上に舞い戻るまでが描かれている。

『賭博破戒録カイジ』のあらすじ・ストーリー

前作「賭博黙示録カイジ」まで

自堕落でどうしようもない毎日を送っていたカイジは、かつてのバイト仲間の借金を保証人として肩代わりさせられたことをきっかけにギャンブル船「エスポワール」に乗り込むことになる。船内で行われたギャンブル「限定ジャンケン」を何とか生き残るも借金はさらに膨れ上がり、次なる勝負を余儀なくされる。日を改めて行われた「超高層鉄骨渡り」をクリアし、宿敵利根川との「Eカード」対決を制したことで一時は2000万円もの大金を得るが、カイジはその賞金をかけて行われた黒幕・兵藤との「ティッシュ箱くじ引き」対決に惨敗し、4本の指を失うとともに多額の負債を抱えることになったのだった。

第三章 欲望の沼

地下へ

落とされた指や耳の手術代を含め借金を約1000万円にまで増やし逃亡生活を送っていたカイジは、金貸しのヤクザ遠藤に再び勝負の場を紹介するよう依頼する。しかしチャンスは二度までという決まりにより次なるギャンブルは紹介されず、逆にカイジは拉致され帝愛グループの地下施設で約15年に渡る強制労働を強いられることになる。

チンチロ博打

熱気と騒音、粉塵にまみれた劣悪な労働環境。抜け出すことを心に誓うカイジが目をつけたのは施設の勤労奨励オプション「一日外出券」。施設内で手にすることのできる給料の約半年分に当たる50万ペリカ(日本円のちょうど10分の1の価値)を貯めるため節制しようとするが、所属するE班の班長大槻の巧みな誘惑により、耐える間もなく金を使い果たしてしまう。大槻の狙いは自身の主催する博打場へとカイジを誘い込むことだった。種目はチンチロリン。丼の中に3つのサイコロを同時に振り、3つとも目が異なれば目無し、二つの目が重なった場合の余った目を親と子方で競い目の大きいほうが勝ち、また特殊役のゾロ目や一二三、四五六などは通常通りだが、親の総取りなし、親番スルー可、受けた場合は最弱である一の目か倍払いの一二三の目が出ない限りは2度までは親を続けないといけないこと、そしてどれだけ勝っても親番は連続2回までといったローカルルールを加えた「地下チンチロリン」である。狙い通り給料を使い果たしたカイジは大槻から借金し、勝負に参戦することになる。慎重に入りながらも徐々に流れをつかみ勝ち始めるカイジ。しかし上り調子の勝負どころで迎えた親番、厚く張ってきた大槻とその側近に大惨敗し、地下においても借金生活に追い込まれてしまう。

45組

正規の月給は約90000ペリカ。しかし翌々月の給料を前借することで負け分を捻出したカイジは、手数料として給料の半分45000ペリカを大槻に支払うことになる。翌々月まで無給。そしてその生活に耐えられなければ、再び翌々月分の給料を前借し45000ペリカを大槻に搾取されるというピンハネ地獄に心が折れかかったカイジだったが、自分と同じ境遇にある三好との会話から大槻のイカサマに気づき気力を取り戻す。ヒントになったのは三好が残していたこれまでのサイの出目の記録、通称「三好メモ」のおかげだった。ここぞという勝負どころの班長の出目の偏りから特殊サイコロの使用を確信するカイジは怒りに震えるこぶしをかろうじてしまいこみ、チンチロ博打での復讐を決心する。
資金に乏しいカイジが声をかけたのはカイジや三好と同じく正規の給料の半分45000ペリカしかもらえない2ヶ月先の給料前借を余儀なくされている「45組」の5人。打倒大槻のために決起したカイジら6人は協力して貧窮生活や執拗に繰り返される大槻一派の嫌がらせを3ヶ月間耐え抜き、ついに正規の給料91000ペリカを受け取るに至る。そして大槻とのリベンジ戦へに臨む。

リベンジ戦①

衆目の中、大槻の挑発にカイジが応え、取り決めの賭け金の上限20000ペリカを取り払い青天井で始まったリベンジ戦だったが、勝負開始のテンションとは裏腹にカイジは慎重な行動を繰り返す。親番を受けず、子方で張る金額もわざわざ取り払った上限にようやく届く20000ペリカ。そして1度負けた後尻すぼみに小さくなった賭け金に周囲のテンションも次第に冷めていく。しかし、大槻の親番を狙ってカイジらは大勝負に出る。カイジの残りの手持ち金と45組の給料全てを乗せた500000ペリカ余りを全力張り。再び集まるギャラリーのどよめきを背景にカイジの思惑を探る大槻。一年前1日外出券を2枚使いやっとのことで手に入れた6面に四五六の目しか彫られていない四五六サイ、このイカサマサイの存在がばれたのか。カイジのリアクションを確かめるべく1投目は普通サイをチョイスする大槻。目無し。カイジの動きに不信な点はない。杞憂か?2投目は手をポケットに突っ込むフェイクの動作を入れた上で再び普通サイを振るも、カイジ反応なし。目無し。その様子を見た大槻は自身の取り越し苦労であったことを確信し、3投目ついに四五六サイを丼に投じる。丼の中で転がるサイ。息をのんでサイの行く末を見守る周囲の中、3投目直前の大槻のしぐさからイカサマサイの使用を確信していたカイジは丼に飛びつきサイを押さえる。勝負途中での暴挙に大槻らはカイジを組み伏せるが、握り込まれた手は開かない。大槻のイカサマを声高に叫ぶカイジの大立ち回りにギャラリーの注目が集まる中、ついに四五六サイが衆目のもとに曝される。

リベンジ戦②

イカサマがばれ吊るし上げられる大槻はここぞとばかりに決死の覚悟で詭弁をふるう。そもそもこのサイは余興のため用意したものが偶然勝負に混じってしまったのであって意図的に使おうとしたのではない。もちろん使用に至ったのも初めてで、何よりカイジが途中で丼を押さえたことで目は出ておらず、厳密にはまだ勝負に使われてすらいないのだ。当然納得しない周囲に、思いがけず助け舟にも近い提案を差し出したのはカイジ。目が出ていないのだから勝負は続行されなければならない。最大限の譲歩として大槻の目を四五六サイの最低の目「四」で固定し、なおかつカイジ達もイカサマサイを使用して良いという条件ならば続行してやっても良い、と。かなりの高確率で倍付けの四五六の目が出てしまうイカサマサイにある程度の負け分は確定するが、それもせいぜい知れたもの。そう思いカイジの申し出を内心ほくそ笑みながら承諾する大槻だったが、カイジが振ったのは大槻の四五六サイではなく、6面全てに「一」の目が刻印された自作のぞろ目サイだった。騒ぎを聞きつけ様子を見に来た利根川失脚後の帝愛グループナンバー2である黒崎の口添えもあり、カイジの特殊サイをはねつけることができなくなった大槻は45組全員から6連続で地下チンチロリンルール最大役、5倍付けの「一」のぞろ目を喰らう。そして取り決めにより受けざるを得ない2回目の親番、さらに先の勝ち金全てを乗せた倍プッシュでカイジらは約1800万ペリカもの大金を稼ぎ出すことに成功する。

「沼」

大槻との勝負に勝利したカイジは、45組の仲間たちから金を託され6人全員の借金返済に必要な6000万円をめざし一人地上に出る。制限期間は20日間。裏カジノを巡ってチャンスを探していた折、同じく大勝負を目論みパートナーを探していた坂崎と出会い共闘することになる。標的は帝愛グループの裏カジノに置かれた1玉4,000円、しかもジャックポットとなればその時点でストックされている5億円以上の玉すべてを獲得できるパチンコ台「沼」。第一関門の無数に並ぶ釘の森、第二関門の電動チューリップ上部に配置されたランダムに開閉するゲートを通過すると、最後の難関3段クルーンが待ち受ける。1段目のクルーンには3つ、2段目には4つ、3段目には5つの穴が空いており、その全てで当たりの穴を通過すればジャックポットとなる。坂崎は自身の金2000万円とガードマンをしている警備先の会社の金庫から無断で拝借した3000万円を加えた計5000万円で勝負に挑むことになる。

坂崎の敗北

坂崎の作戦はシンプルで磁石による玉操作。サポート役であるカイジの役割は、磁気チェックを受けた後に坂崎が飲み始めた缶ビールを一ギャラリーを装い磁石を仕込んだ「ゴトビール」と交換、そしてフィーバーを達成した際に再びその缶を入れ替え、騒ぎに乗じてそのまま証拠とともに店外に姿を消すというもの。
果たして首尾よくビール缶の交換までは予定通り進む。しかし、裏カジノの店長一条のはからいにより第二関門のゲートを途中からリモコン操作で完璧にブロックする仕様に変更したこと、そしてそもそもその日の玉が鋼鉄玉ではなく磁石に反応しない真鍮玉であったことから計画を断念せざるを得なくなる。600万円を手元に残すのみとなり、敗走する二人。しかしカイジは余りにも自信に満ちた一条の様子にある思いを残すことになる。向こう側がかならず勝つという仕組みがあるということは、その仕組の裏さえ付けばむしろ勝ちへと至る道となりうるのではないか。

下準備

カイジは計画を練り上げ秘密裏に行動に移していく。まずは利根川失脚のあおりを受けて負債を抱えた遠藤に話を持ちかけ資金を調達。次いで坂崎に残りの600万円で再び「沼」に挑ませる。あっさり600万円を使い切った坂崎は癇癪を起こしパチンコ台を破壊する大騒動を巻き起こすが、これはフェイク。それに気付いた一条は店長室に急ぎ、騒動に乗じて忍び込んでいたカイジを確保する。「沼」攻略を不可能と見たカイジ側が直接カジノの金を狙いに来たと解釈した一条は制裁を加え、事なきを得る。しかしこの騒動により「沼」攻略のための最後のピースを埋めたカイジたちはいよいよ勝負に乗り出すことになる。

「沼」攻略

騒動以降ぱったりと顔を見せなくなったことでその存在すら忘れられていたが、外出期間最終日、満を持してカイジは再び「沼」の前に現れる。「沼」の防衛システムに絶対の自信を持つ一条はカイジの思惑を訝しがりながらもカイジの挑戦を受け入れる。
開始早々第一の関門の釘の森を易々と潜り抜け、いきなりクルーンへと玉を送り込むカイジ。一条は小玉へのすり替えを疑うが、シロ。カイジは「沼」本体への細工は見切り、釘の幅を設定するためのゲージ玉を店長室の真上に位置する階上の部屋から少しずつ大きなものにすり替えていたのだった。警戒感を強めた一条は、ギャラリーに不信感を植え付けないためなるべくランダムに設定していた第二の関門のゲートをリモコン操作で完全にブロックする仕様に変更。一発たりともゲートを通さなくなる。安堵するのも束の間、再び玉はゲートを通過し始める。坂崎がなけなしの600万円を失い台を破壊した際に、修理業者に依頼して一定時間の作動後に機能不全に至るよう細工をしていたことが明かされる。第三の関門は三段クルーン。当たり穴に入りそうで入らないからくりは一見しただけでは分からない傾斜にあった。設定された傾斜ではクルーンの形状からして穴に入り込むのは不可能と見たカイジは、もと土建屋の坂崎の力を借り地盤のゆるい地勢を利用し、空き部屋に20トンもの重さの水をビニールの水槽にためることで裏カジノのビルをフロアごと傾けていた。そのことに気付いた一条はクルーンを限界まで傾けるが、傾けすぎた結果クルーンのハズレ玉排出口に玉が詰まってしまい、ハズレ穴が意味を成さなくなってしまう。ここでカイジ、金が尽きるも遠藤から追加資金を借りつけ勝負を続行。3段目クルーンには玉が溢れ、フィーバーも時間の問題と思われたその時、一条が最後の秘策を繰り出す。3段目の当たり穴の周りを囲うエアシューターが作り出す風の壁により3段目クルーンに溢れる玉はただ穴の周りをうろうろと彷徨い続ける。そして最後のパッキーを消費し万策尽きたかに思われたその時、姿を消していた坂崎が再び警備先の会社から金庫を破って手に入れた2000万円を持って現れる。追加の玉でぎっしりと埋め尽くされた3段目クルーン、最後の一玉の圧力で風の壁は決壊する。ついにカイジはジャックポットをこじ開け7億2910万円を手に入れる。

robin_0423n1
robin_0423n1
@robin_0423n1

Related Articles関連記事

賭博黙示録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

賭博黙示録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

1996年~ 1999年に「週刊ヤングマガジン」で連載された福本伸行によるギャンブル漫画、及びそれを原作とするアニメ、映画のこと。働きもせず、しょぼい酒と博打に明け暮れる自堕落で最悪な毎日を送る若者カイジが、保証人としてかつてのバイト仲間の借金を返済するためギャンブルの世界へ足を踏み入れ、その後様々なギャンブルに挑んでいく様が描かれる。

Read Article

賭博堕天録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

賭博堕天録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

2004年から「週刊ヤングマガジン」にて連載されている福本伸行によるギャンブル漫画。保証人としてかつてのバイト仲間の借金を肩代わりさせられたことをきっかけにギャンブルの世界へのめりこんでいく様が描かれた「賭博黙示録カイジ」、そして膨れ上がった借金の代償として地下労働を強いられ、そこから地上へと戻ってくるまでが描かれた「賭博破壊録カイジ」の続編として、再びカイジが勝負の世界で奮闘する模様が描かれる。

Read Article

PERFECT BLUE(パーフェクトブルー)のネタバレ解説・考察まとめ

PERFECT BLUE(パーフェクトブルー)のネタバレ解説・考察まとめ

PERFECT BLUEとは今敏監督によるアニメーション映画。日本では1998年2月28日に劇場公開された。 主人公・未麻はアイドルグループ『チャム』の一員として人気を博していたが、女優業のために突如アイドルを引退する。アイドルのイメージを払拭するために、さまざまなことに挑戦していくがその裏で周囲の人間が次々と襲われ始める。

Read Article

DEATH NOTE(デスノート)のネタバレ解説・考察まとめ

DEATH NOTE(デスノート)のネタバレ解説・考察まとめ

『DEATH NOTE』とは、原作:大場つぐみ、作画:小畑健による日本の少年漫画作品。アニメ、実写映画化、舞台化など幅広くメディア展開している。2003年12月から2006年5月まで『週刊少年ジャンプ』に連載された。名前を書いた人間を死なせることができるという死神のノート『デスノート』を使って犯罪者を抹殺し、理想の世界を作り上げようとする夜神月と、世界一の名探偵・Lたちによる頭脳戦を描く。

Read Article

寄生獣(岩明均)のネタバレ解説・考察まとめ

寄生獣(岩明均)のネタバレ解説・考察まとめ

『寄生獣』とは、岩明均による漫画作品、及びそれを原作とするアニメ、実写映画。人間に寄生し、人間を食らう寄生生物。そんな生物(ミギー)が右手に寄生してしまったため、数奇な運命に翻弄されることになった泉新一。単なるモンスター物、ホラー物ではなく高度な哲学性、テーマ性が物語を彩っており、今なお根強い人気を誇っています。

Read Article

BLACK LAGOON(ブラック・ラグーン)のネタバレ解説・考察まとめ

BLACK LAGOON(ブラック・ラグーン)のネタバレ解説・考察まとめ

「BLACK LAGOON」は、作者の広江礼威(ひろえ れい)が月刊サンデージェネックスで連載中のガンアクション漫画、およびそれらを原作とした小説・アニメ作品。裏社会の人間が闊歩する犯罪都市・ロアナプラに放り込まれた日本の商社マン・岡島緑郎ことロックは、運び屋の一員となり荒事を請け負うようになる。

Read Article

銀と金(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

銀と金(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

『銀と金』(ぎんときん)とは、1992年~1996年に『アクションピザッツ』(双葉社)において連載された福本伸行による漫画、及びそれを原作とするテレビドラマ、Vシネマである。銀王と呼ばれる裏経済界を牛耳る男・平井銀二との出会いをきっかけに裏社会に飛び込んだ森田鉄雄。株の仕手戦や巨額なギャンブルなど、バブル崩壊後の時代にうごめく闇の金脈を求めて繰り広げられる彼らの命を賭けたマネーウォーズが描かれる。

Read Article

ノーゲーム・ノーライフ(No Game No Life)のネタバレ解説・考察まとめ

ノーゲーム・ノーライフ(No Game No Life)のネタバレ解説・考察まとめ

『ノーゲーム・ノーライフ』とは、榎宮祐によるライトノベル、またはそれを基にしたアニメ作品である。天才ゲーマー兄弟が、「全てがゲームで決まる」異世界に召喚され、世界を攻略していく作品である。そのほかインターネットラジオなどのメディア展開も多い作品である。漫画版が『月間コミックアライブ』で連載され、2014年4月よりアニメが放送された。その後アニメ劇場版が2017年7月に上映されるなど、世界的にも注目を集めている。

Read Article

アカギ〜闇に降り立った天才〜(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

アカギ〜闇に降り立った天才〜(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

福本伸行による麻雀漫画。「別冊近代麻雀」(1991年7月号)にて連載開始。その後「近代麻雀」に移行した。「天 天和通りの快男児」に登場する「伝説の雀士」赤木しげるを主人公とするスピンオフ作品。若き日のアカギが不良グループ同士の抗争事件の後、身を隠すためまぎれ込んだ雀荘で麻雀と出会い、幾多の名だたる代打ち雀士たちとの勝負を経て、究極の敵、鷲巣巌との決戦に至るまでが描かれる。

Read Article

時をかける少女(時かけ)のネタバレ解説・考察まとめ

時をかける少女(時かけ)のネタバレ解説・考察まとめ

『時をかける少女』とは、2006年に公開された、アニメーション映画である。監督は『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』などを手がけた細田守。筒井康隆の原作を元に作られており、原作の20年後が舞台となっている。時間を跳躍する力を手に入れた主人公が、その力を使いながら、本当に大切なものは何なのか気づいていく、青春SF作品。

Read Article

サマーウォーズ(アニメ映画)のネタバレ解説・考察まとめ

サマーウォーズ(アニメ映画)のネタバレ解説・考察まとめ

サマーウォーズ(Summer Wars)とは2009年8月1日から公開された日本のアニメ映画である。監督はアニメ映画版『時をかける少女』や『おおかみこどもの雨と雪』で知られる細田守であり、今作品は監督初の長編オリジナルアニメーション作品となっている。 仮想世界が発達した世界を舞台に主人公である小磯健二が先輩の篠原夏希とその家族らとともに仮想世界と現実世界の危機に立ち向かう物語である。

Read Article

ノー・ガンズ・ライフの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

ノー・ガンズ・ライフの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ノー・ガンズ・ライフ』とは、カラスマタスクによって「ウルトラジャンプ」で連載されたSF漫画作品である。本作は読みきりを2回経て、2014年に連載が開始された。 主人公は、作中で「拡張者」と呼ばれるサイボーグ、乾十三(いぬいじゅうぞう)。十三は、街で「処理屋」というトラブルシューターを営んでおり、頭頂部が拳銃になっているという、かなり奇抜な見た目のキャラクターである。 古臭い探偵小説のような物語である本作では、鉄の塊のような、武骨な男の言うハードボイルドなセリフが印象的である。

Read Article

MONSTER(モンスター)のネタバレ解説・考察まとめ

MONSTER(モンスター)のネタバレ解説・考察まとめ

『MONSTER』とは、浦沢直樹による漫画およびそれらを原作としたアニメ作品。 舞台は1980年代後半から90年代後半のヨーロッパ。 日本人の天才脳外科医・テンマは強盗事件にまきこまれ重傷を負った少年・ヨハンの命を助ける。しかし、その9年後にヨハンと再会したテンマは、彼が平気で殺人を繰り返す殺人鬼であることを知る。 殺人鬼・ヨハンを生き返らせてしまったことに責任を感じたテンマは、その責任を果たすため、ヨハンを抹殺する旅に出る。

Read Article

NANA(ナナ)のネタバレ解説・考察まとめ

NANA(ナナ)のネタバレ解説・考察まとめ

『NANA』とは矢沢あいによる音楽と恋愛を描いた長編漫画。実写映画化、アニメ化もされた人気作。1999年から『Cookie』にて連載、2009年8月号から作者急病のため休載している。大雪で足止めされた新幹線の中で、同じ名前で同い年の2人が偶然隣り合わせる。それぞれ目的を抱え東京へ向かっていた2人だったが、ひょんなことから同居することになるのだった。恋愛に生きる奈々と音楽に生きるナナのふたりを中心に、喜びや悲しみ、挫折と成功を繰り返す「夢の実現」と「現実の厳しさ」を感じさせる作品である。

Read Article

はじめの一歩の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

はじめの一歩の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『はじめの一歩』とは、1989年より『週刊少年マガジン』で連載中の「森川ジョージ」作による、ボクシングを題材とした漫画である。登場人物の多くに実在選手を投影している。「登場人物全員が主人公」という作者の言葉通り、脇役やライバル達の物語も詳細に描かれている。作者自身も実際にボクシングジムのオーナーで著名なプロボクサー達と親交があり、誌上やコミックスなどでもインタビューや応援コメントの寄せている。コミックスは120巻を超えている長期連載漫画である。

Read Article

電脳コイル(アニメ・小説)のネタバレ解説・考察まとめ

電脳コイル(アニメ・小説)のネタバレ解説・考察まとめ

『電脳コイル』とは、マッドハウス製作、磯光雄(原案・監督)のアニメ作品。 近未来という設定でありながら、昭和感漂う寂れた町並みや駄菓子屋などが懐かしい日本が舞台。 大黒市へ引っ越してきた主人公ヤサコと謎の少女イサコを中心に起こる事件・都市伝説・電脳世界の謎を追いながら、笑える日常劇から徐々にシリアスな展開へ続いていく。

Read Article

X(エックス)のネタバレ解説・考察まとめ

X(エックス)のネタバレ解説・考察まとめ

『X』とは、CLAMPによって1992年から『月刊ASUKA』にて連載が開始された漫画。 劇場版やアニメが公開され、ゲーム等も発売された。不定期更新中で現段階では休止中。 劇中には他のCLAMP作品のキャラクターも登場している。 ストーリーの内容に生死の選択がありグロテスクなシーンやBL要素を含む描写もある。 主人公の神威は母の遺言により幼い頃に過ごしていた東京に戻ってきた。 神威は地球の未来を左右する運命を背負っており、幼馴染の封真や小鳥も戦いに巻き込まれていく。

Read Article

魍魎の匣(もうりょうのはこ)のネタバレ解説・考察まとめ

魍魎の匣(もうりょうのはこ)のネタバレ解説・考察まとめ

「魍魎の匣」とは、「京極夏彦」による長編小説。百鬼夜行シリーズの第二作目。2007年に実写映画化され、2008年にマッドハウス製作でアニメ化した。キャラクターデザインは漫画家「CLAMP」が担当。百鬼夜行シリーズは古本屋「京極堂」を営む陰陽師「中禅寺秋彦」が事件を解決するストーリー。「魍魎の匣」では、美少女「柚木加菜子」が人身事故に遭った所から事件が次々と起こっていく。

Read Article

サクラ大戦(ゲーム・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

サクラ大戦(ゲーム・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

サクラ大戦とは1996年9月27日にセガゲームスより発売されたアドベンチャーゲーム。 蒸気機関が普及する「太正」時代を舞台に、主人公(プレイヤー)が特殊部隊「帝国華撃団・花組」を率いて都市に巣食う闇の勢力と対決する。 テレビアニメのほか、OVA、ドラマCD、小説、舞台、マンガ、パチンコ・パチスロなど幅広く展開されている。

Read Article

カードキャプターさくら(クリアカード編)のネタバレ解説・考察まとめ

カードキャプターさくら(クリアカード編)のネタバレ解説・考察まとめ

『カードキャプターさくら』とはCLAMPの魔法少女漫画作品。ひょんな出来事から魔法少女となったさくらが身の回りに起こる不思議な出来事に立ち向かいながら成長していく物語。前編では主人公のさくらが魔法のカードを集めを完了し、すべて自分のカードにしたところで物語は完結している。本編ではその続きとして、自分のものとしたはずのカードが透明になって魔力を失い、また同時に不思議な出来事を解決する度に新たな透明の魔法のカードが現れ始めるという新たな現象を主軸に物語が描かれる。

Read Article

妄想代理人(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

妄想代理人(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『妄想代理人』とはマッドハウス製作の今敏監督によるテレビアニメ作品で2004年2月2日からWOWOWにて全13話放送された。癒し系マスコットキャラクター・マロミを生み出した事で一躍脚光を浴びたクリエイターの鷺月子は、次のヒットキャラクターを期待する周囲にプレッシャーをかけられていた。ある日月子が通り魔・少年バットに襲われ、その後も次々と被害者が出る。少年バット事件を担当する刑事の猪狩慶一と馬庭光弘は、捜査を進める中で被害者が他人に言えない秘密や心の闇を抱えているという共通項に気付く。

Read Article

いちご100%(河下水希)のネタバレ解説・考察まとめ

いちご100%(河下水希)のネタバレ解説・考察まとめ

『いちご100%』とは、河下水希が週刊少年ジャンプにて連載していた漫画作品、あるいはこれを原作としたアニメ作品である。ジャンルはラブコメディー。 頼りないが夢に対してはまっすぐで情熱的な少年真中淳平をめぐって様々な恋模様が展開される。それらを通じて人間関係のすれ違いや将来の夢への苦悩を経験する中で登場人物が内面的に成長していく様子が描かれている。本筋に関わる部分でのヒロインたちの繊細な心情の描写とそれ以外の部分でのお色気、ギャグといったコメディ要素とのギャップが大きな魅力の一つである。

Read Article

NANA(ナナ)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

NANA(ナナ)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『NANA』とは矢沢あいによる音楽と恋愛を描いた長編漫画で、実写映画化、アニメ化もされた人気作だ。最初は2話のみの読み切りとして描かれていたが、「連載して欲しい」という要望が多数あったため連載がスタートした作品。1999年から『Cookie』にて連載、2009年8月号から作者急病のため休載している。恋愛に生きる奈々と音楽に生きるナナのふたりを中心に、喜びや悲しみ、挫折と成功を繰り返す「夢の実現」と「現実の厳しさ」を感じさせる作品である。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の念能力・必殺技まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の念能力・必殺技まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは1998年に連載が開始された冨樫義博氏が描く少年漫画である。 くじら島出身の少年、ゴン=フリークスが、父親であるジン=フリークスを追い求める冒険の中での様々な人との出会い成長していく。熱いバトルが繰り広げられる冒険譚である本作品を楽しむためにはかかせないのが念能力の存在。念能力は作中に登場する特殊能力で、その方向性によっていくつかの系統に分けることが可能である。

Read Article

カードキャプターさくら クリアカード編(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

カードキャプターさくら クリアカード編(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

「カードキャプターさくら クリアカード編」とは、CLAMPによる漫画作品、およびそれを原作としたアニメ作品。 中学に進学したさくらは、香港から帰国した小狼に再会した夜、フードを被った謎の人物と対峙する不思議な夢を見る。さくらが目を覚ますと夢の中に出てきた新たな封印の鍵を握りしめており、さくらカードは透明なカードに変化し魔力を失っていた。夢の鍵と透明なカードに導かれ、さくらの新たな物語が始まる。

Read Article

人魚シリーズ(人魚の森・人魚の傷・夜叉の瞳)のネタバレ解説・考察まとめ

人魚シリーズ(人魚の森・人魚の傷・夜叉の瞳)のネタバレ解説・考察まとめ

『人魚シリーズ』とは、高橋留美子が1984年から週刊少年サンデーで不定期連載していた、人魚の肉を巡る不老不死をテーマにした漫画作品の総称、およびそれを原作としたOVA、テレビアニメ、小説、ラジオドラマ作品である。 人魚の肉を食べたことにより不老不死の体になった漁師の湧太と人魚に育てられた少女・真魚(まな)の二人が旅をする中で、人魚伝説の永遠の命や永遠の若さに翻弄されていく人間の愚かさや強欲にとらわれた人々の悲哀が描かれたシリアスな作品である。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)のネタバレ解説・考察まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)のネタバレ解説・考察まとめ

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)とは、1998年から『週刊少年ジャンプ』で連載されている日本の漫画作品。原作は幽遊白書などでお馴染みの冨樫義博。くじら島に住む少年ゴン=フリークスは、居ないと思っていた父親が優秀なハンターであることを知り、強い憧れを抱く。そしてゴンはハンターを目指し、くじら島を旅立つ。

Read Article

ちはやふるの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

ちはやふるの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

綾瀬千早、真島太一、綿谷新を中心とした『競技かるた』に青春をかける少年少女の物語。作者は末次由紀。『BE・LOVE』(講談社)において2008年2号から連載中。アニメーション制作会社『マッドハウス』によってテレビアニメは第二期まで放送された。実写映画(上の句・下の句・結び)がある。 『ちはやふる』の登場人物たちの名言は、高校生だけではなく、社会人にも響く名セリフとして取り上げられている。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の幻影旅団まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の幻影旅団まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画作品、及びそれを原作とした映画やアニメなどのメディアミックス作品である。 父親であるジンを探すため、そして憧れていたハンターになるためにゴンは旅に出る。その先で、キルア、クラピカ、レオリオという仲間と出会い、ゴンは様々な冒険を繰り広げる。 「幻影旅団」とは、A級賞金首達が集う盗賊集団である。敵キャラでありながらも個性的な面々が集う幻影旅団は、ファンからも深く愛されている。

Read Article

ワンパンマン(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

ワンパンマン(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

漫画家ONEによるWeb漫画作品で現在も更新中。並行して漫画家の村田雄介によりリメイクされ現在も「となりのヤングジャンプ」にて連載されている。2015年3月にはリメイク版をベースとしたTVアニメ化も発表。 様々なヒーローが活躍する世界、規格外の強さを身につけた主人公「サイタマ」が、あらゆる敵をワンパンで粉砕していくギャグテイストアクション漫画である。

Read Article

ちはやふる(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

ちはやふる(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

「ちはやふる」とは、末次由紀による少女漫画。2011年10月~2012年3月に第1期、2013年1月~6月に第2期のアニメが放映。2016年3月、実写映画「ちはやふる 上の句」2016年4月「ちはやふる 下の句」が公開。2018年「ちはやふる 結び」の公開が決定された。 転校生・綿谷新との出会いにより綾瀬千早と真島太一は競技かるたの世界にのめり込んでいく。

Read Article

宇宙よりも遠い場所(よりもい)のネタバレ解説・考察まとめ

宇宙よりも遠い場所(よりもい)のネタバレ解説・考察まとめ

『宇宙よりも遠い場所』とは、マッドハウス製作のオリジナルアニメ作品である。 何かを始めたいと思いながらも何も始められない高校2年生の玉木マリは、周りに無理と言われ続けながらも夢を諦めない少女、小淵沢報瀬と出会う。周りに馴染めず高校を中退した三宅日向と、タレントをしている為友達を作ったことのなかった白石結月の二人も巻き込み、女子高生四人が宇宙よりも遠い場所『南極』を目指す青春ストーリー。

Read Article

CLAYMORE(クレイモア)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

CLAYMORE(クレイモア)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『CLAYMORE』とは、 月刊ジャンプ・ジャンプスクエアで連載をした作者八木教広によるダークファンタジー漫画作品。2007年には監督田中洋之でアニメ化もされた。人に化け、人を喰う「妖魔」妖魔を倒すため人間は「組織」と妖魔を見極めることが出来る半人半妖の戦士を作りだした。その組織と戦士を人間は「クレイモア」と呼んだ。物語は主人公クレアが幼少期に妖魔から助けてもらった戦士テレサと一緒に旅をする中、テレサが殺されてしまいその敵を討つという物語だ。

Read Article

カードキャプターさくら(CCさくら)のネタバレ解説・考察まとめ

カードキャプターさくら(CCさくら)のネタバレ解説・考察まとめ

『カードキャプターさくら』は1990年代を代表する作品のひとつで、人気漫画家集団CLAMPによる漫画およびそれらを原作としたアニメ作品。強大な魔力を秘めた「クロウカード」の封印を解いてしまった小学生・木之本桜が、クロウカードの守護者・ケルベロスと協力しながら、クロウカード集めに奔走する。

Read Article

目次 - Contents