【アカギ】福本伸行マンガ名言・名セリフ集【カイジ】

「カイジ」や「アカギ」「銀と金」など多くの名作ギャンブル漫画で知られる福本伸行。その作中には人生を逆転するヒントの名言がたくさん詰まっていることをご存じでしょうか?そんな「ざわ…ざわ…」すること間違いなしの名言・名セリフの数々をお届けします。

アカギ

面白い…狂気の沙汰ほど面白い…!

まだだよ…まだ終っていない…
まだまだ終わらせない…!地獄の淵が見えるまで
限度いっぱいまでいく…!どちらかが完全に倒れるまで……
勝負の後は骨も残さない………!

不合理こそ博打…
それが博打の本質
博打の快感…
不合理に身をゆだねてこそギャンブル…

その「無意味な死」ってやつが
まさにギャンブルなんじゃないの…?

オレはこの8000で
「後の3巡」を買う…

倍プッシュだ…!

どうせ死ぬなら…強く打って、死ねっ!

成功を目指すな…と言ってるんじゃない。
その成否に囚われ…思い煩い…止まってしまうこと…
熱を失ってしまうこと…これがまずい

仮に… この国…
いや… そんなスケールでなく…
ユーラシアからヨーロッパ、北米、南米…
それこそ この世界中の全ての国々を支配するような…
そんな怪物…! 権力者が現れたとしても
ねじ曲げられねえんだっ…!
自分が死ぬことと… バクチの出た目はよ…!
丁だっ…!

オレに流れる血が 曲げることを許さなかった
あそこで降りるくらいなら焼け死ぬ…!
それで本望…!

いうまでもなく…
優勢と勝利は似て非なるもの…!

ハッキリ言えば 優勢であることにまだ意味は無い
意味は 勝った時に初めて生じてくる…!
それが利益であれ 保身であれ 勝った時初めてそれは確定する

成功者はその辺をみんなよく知っているから
皆異常に勝ちたがり…
鷲巣もその例に洩れない…!
勝ちたがりっ…!

ああ…俺の暗刻はそこにある…

オレには聞こえる…捨て牌三種の声…

きたぜ。ぬるりと…

死ねば助かるのに…ただ…今…気配が死んでいた…

背中に勝とうという強さがない…ただ助かろうとしている…

博打で負けの込んだ人間が最後に陥る思考回路…ただあんたは怯えている

なんでもっとスカッと生きねぇのかな…

覚えておくんだ…ヤー公…。3人で囲めば圧勝できるだと…。
バカじゃねえのか…?そういうこざかしいことと無関係の所に…強者は存在する…!

危ない橋一本渡れない男に勝機があるかっ…!

どうせ死ぬなら強く打って…死ねっ…!

「進む」ことが強いときもある。
しかし今この状況で強さとは踏みとどまることだ…

信じると捨てるは同じこと…
自分の本心に沿って執着を整理していくと
いつのまにか自分を信じ…同時に捨てている
同時だ…決して分かつことはできない…!

俺は頭など使ってねえよ。ただ手が走っただけだ…

自分の身さえ捧げれば…自分の身とひきかえならば…
どんな違法も通るという誤解…
それで責任をとったような気になるヒロイズム
とんだ勘違いだ…
責任をとる道は身投げのような行為の中にはない
責任を取る道は…もっとずーっと地味で全うな道…

勝利とはリスクと等価交換で手にするもの

「無意味な死」ってやつがまさにギャンブルなんじゃないの…

俺はずいぶん長くそう考えてきたが違うのかな…?

これはタイプの問題じゃない…土俵の問題だ…

ようするにおまえはまだギャンブルという土俵に上がっていないんだ…

だからギャンブルを脳みそからひねり出した確率なんかで計ろうとする…
見当違いもはなはだしい…背の立つところまでしか海に入ってないのに…

俺は海を知ったと公言してるようなもの

この男は…単なるクズじゃない…!

無知で粗暴な考え足らず…ただ向こう見ずに突っ走るという…そんな命知らずじゃない…!

奴の命知らずは…そういうものとは似て非なるもの…

この男は…自分の「利」を切れる男…!

通常の命知らずにはそれができぬ…奴らには自分の「不利」しか切れぬ…

つまり死んで構うもんかと…自分の不利に目をつぶり突っ走ることはできても…

自分が現実に手にした有利…「利」は離せない

いいじゃないか…!三流で…!熱い三流なら、上等よ…!
まるで構わない…!構わない話だ…!
だから…恐れるなっ…!
繰り返す…!失敗を恐れるなっ…!

Ko_Suke_poke
Ko_Suke_poke
@Ko_Suke_poke

Related Articles関連記事

賭博黙示録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

1996年~ 1999年に「週刊ヤングマガジン」で連載された福本伸行によるギャンブル漫画、及びそれを原作とするアニメ、映画のこと。働きもせず、しょぼい酒と博打に明け暮れる自堕落で最悪な毎日を送る若者カイジが、保証人としてかつてのバイト仲間の借金を返済するためギャンブルの世界へ足を踏み入れ、その後様々なギャンブルに挑んでいく様が描かれる。

Read Article

賭博破戒録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

2001年~2004年に「週刊ヤングマガジン」で連載された福本伸行によるギャンブル漫画、及びそれを原作とするアニメ、映画のこと。自堕落でどうしようもない毎日を送るカイジが、保証人としてかつてのバイト仲間の借金を返済するためギャンブルの世界へ身を投じていく様を描いた前作「賭博黙示録カイジ」の続編として、再びカイジが勝負の世界で奮闘する様子が描かれる。

Read Article

賭博堕天録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

2004年から「週刊ヤングマガジン」にて連載されている福本伸行によるギャンブル漫画。保証人としてかつてのバイト仲間の借金を肩代わりさせられたことをきっかけにギャンブルの世界へのめりこんでいく様が描かれた「賭博黙示録カイジ」、そして膨れ上がった借金の代償として地下労働を強いられ、そこから地上へと戻ってくるまでが描かれた「賭博破壊録カイジ」の続編として、再びカイジが勝負の世界で奮闘する模様が描かれる。

Read Article

銀と金(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

『銀と金』(ぎんときん)とは、1992年~1996年に『アクションピザッツ』(双葉社)において連載された福本伸行による漫画、及びそれを原作とするテレビドラマ、Vシネマである。銀王と呼ばれる裏経済界を牛耳る男・平井銀二との出会いをきっかけに裏社会に飛び込んだ森田鉄雄。株の仕手戦や巨額なギャンブルなど、バブル崩壊後の時代にうごめく闇の金脈を求めて繰り広げられる彼らの命を賭けたマネーウォーズが描かれる。

Read Article

アカギ〜闇に降り立った天才〜(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

福本伸行による麻雀漫画。「別冊近代麻雀」(1991年7月号)にて連載開始。その後「近代麻雀」に移行した。「天 天和通りの快男児」に登場する「伝説の雀士」赤木しげるを主人公とするスピンオフ作品。若き日のアカギが不良グループ同士の抗争事件の後、身を隠すためまぎれ込んだ雀荘で麻雀と出会い、幾多の名だたる代打ち雀士たちとの勝負を経て、究極の敵、鷲巣巌との決戦に至るまでが描かれる。

Read Article

中間管理録トネガワ(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

「中間管理録トネガワ」とは言わずと知れた「カイジ」作中に登場する宿敵、利根川幸雄のスピンオフアニメ作品である。 大勢の部下(黒服)達を束ねる幹部でありながら、帝愛グループ会長である兵藤和尊のご機嫌を常に最も身近で気にしなければならない、いわば中間管理職に位置する男、利根川幸雄の苦悩と葛藤を描いた物語である。

Read Article

中間管理録トネガワ(第1話『始動』)のあらすじと感想・考察まとめ

「賭博黙示録カイジ」において主人公カイジと出会う前、日々の業務と会長のご機嫌を伺いながら仕事をこなす利根川を会長・兵藤和尊は突然呼び出し、自身の退屈を紛らわせる企画を利根川に命じる。週末の予定がなくなることに苦悩しながらも1、1人のメンバーと共に第一回の会議に利根川は臨んでいく。 今回は「中間管理録トネガワ」第1話『始動』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

アニメ・漫画に出てくる、見ているだけでよだれが出てくる美味しそうな食べ物たち

アニメ・漫画で度々登場するのが、食べ物のシーン。しかし食べ物は現実、色のグラデーションや光の吸収率や反射率などがまちまちで、絵として表現するのは至難の技なのです。けれども、そんな中でもその独特な食べ物たちを極めて美味しそうに書いたアニメや漫画があるのです。今回はそんなシーンにこだわって、たくさんの美味しそうな食べ物をまとめてみました。

Read Article

カイジに格言を学べ!

「金は命より重い」という言葉を聞いた事はありませんか?これは有名なカイジからの言葉です。このようにカイジから学べる事は非常に多く、あなたの人生にとって非常に有用かもしれません。そこで今回はカイジから名言をご紹介。これを読んだあとは非常に金に対してシビアになっていること間違いないでしょう。あんまりシビアだと嫌われることもあります。気をつけて!

Read Article

目次 - Contents