弱虫ペダル(弱ペダ)のネタバレ解説まとめ

『弱虫ペダル』とは、2008年より渡辺航が週刊少年チャンピオンで連載している、自転車競技を題材にした本格的なスポーツマンガ。アニメやゲームを愛するオタク少年・小野田坂道。同級生の今泉・鳴子との出会いが彼を自転車競技部に入部させ、次第にその才能を開花させていく。

箱根学園3年生。箱学のエース福富をゴールに届ける「運び屋」。とにかく口が悪い。
中学時代は野球部でエースだったが、大会前に肘を壊し退部。その後は荒れた生活を送り、野球部のない箱学に入学した。
そこで福富と出会い自転車に乗るようになった。
作中では特に触れられていないがオールラウンダー。

東堂 尽八(とうどう じんぱち)

箱根学園3年生。無駄のない動きで音もなく加速し坂を登るスリーピングクライムを得意とし「眠れる森の美形(スリーピングビューティー)」と呼ばれていたが、裏では「森の忍者」とも呼ばれている。ナルシストで頭にカチューシャをしている。総北の巻島とはライバル関係だが、よく電話をする程仲良しでもある。
箱学のエースクライマー。

新開 隼人(しんかい はやと)

箱根学園3年生。赤茶色髪の好青年でレース中は補給食であるパワーバーをよく食べている。
本気でスプリントをする時は舌を出し鬼の様に走る。鬼気迫るその様子から「箱根の直線鬼」と呼ばれている。
福富と同じく2年生でレギュラーに選ばれていたが、直前のレースでウサギを轢き殺してしまったことが原因で本気でペダルを踏めなくなり辞退している。
後に仲間の助けでそれを克服した。
箱学のエーススプリンター。

泉田 塔一郎(いずみだ とういちろう)

箱根学園2年生→3年生(主将)「神奈川の最速屋」と呼ばれている。
1年生の時に福富に「もう自転車に乗らなくていい」と言われ自分なりの速くなる方法を考え、筋力トレーニングをして速くなった。口癖は「アブ」。自分の大胸筋にアンディ(右)、フランク(左)、後背筋にファビアンという名前をつけている。
スプリンター。

葦木場 拓斗(あしきば たくと)

箱根学園2年生→3年生。泉田と同世代。
2メートル2センチの長身。高すぎる身長のためマネージャーに転向しようとしていたが、福富と新開の助言により才能を開花させた。
リズムに合わせ長身を左右に揺らす「メトロノームダンシング」を繰り出す。
オールラウンダーで、箱学新チームのエースとしてインターハイに臨む。

京都伏見高校

京都の高校。通称キョウフシ。

御堂筋 翔(みどうすじ あきら)

京都伏見高校1年生。1年生ながら総北、箱学の両エースと互角のバトルをするなど、非常に高い能力を持っている。また相手チームのことをよくリサーチし、弱点を突く頭脳的な戦略を得意とする。勝利という結果だけにこだわりそのために不要なものは全てをそぎ落とすなど異常な執着心を見せる。
「キモ」「キモイ」が口癖。
京都伏見のエースでオールラウンダー。

小野田坂道1年生時代

今泉・鳴子との出会い

アニメ研究部の活動を再開させる為、部員集めをする小野田。学校から秋葉原に向かおうとしたところで練習中の今泉に遭遇する。そこで斜度20%の激坂を鼻歌まじりで登る小野田を見た今泉は、どうやってママチャリで激坂を登っているのかを確かめる為勝負を挑む。勝負に負けた小野田だったが今泉に本気を出させる健闘を見せ、そして徐々に自転車に乗る楽しみに気付きつつあった。
後日秋葉原に向かった小野田。そこで鳴子に出会い半ば強引に買い物に付き合わされてしまう。買い物の途中で車に乗ったチンピラに小野田のママチャリをバカにされてしまう。チンピラを見返す為に自転車で追いかける2人。その中で小野田は自転車で速く走る楽しさ、運動ができない自分でも速くなれる喜びを知る。
鳴子の勧めもあり小野田は自転車競技部への入部を決意するのだった。

1年生ウェルカムレース

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

弱虫ペダル GLORY LINE(第1話『最終局面へ』)のあらすじと感想・考察まとめ

インターハイ1日目。総北高校キャプテン手嶋は、箱学のクライマー・真波と「いろは坂」にて山頂リザルト争いをしていた。それを追いかける小野田、そして、続く鳴子と今泉。インターハイの勝利は誰の手に渡るのか、予想の付かない展開である。 今回は「弱虫ペダル GLORY LINE」第1話『最終局面へ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

弱虫ペダル GLORY LINE(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

アニメ「弱虫ペダル」とは、渡辺航の漫画作品、およびそれを原作としたテレビアニメ作品を指す。アニメが大好きで、秋葉原に通い詰める主人公・小野田坂道が、ふとしたきっかけで自転車競技部に入部し、才能を開花させていく物語である。アニメは今期でシーズン4に突入し、坂道にとっては2年目のインターハイ・1日目のゴール争いからスタートする。

Read Article

舞台「弱虫ペダル」、通称ペダステとは?

ロードバイクの流行に一役買っている「弱虫ペダル」の舞台版、通称「ペダステ」についてまとめてみました。 まずは予習からです。 「弱虫ペダル」は2008年から連載中の少年スポーツ漫画です。 2015年には第39回講談社漫画賞・少年部門を受賞しています。なお版元の秋田書店での受賞はかの手塚治虫の代表作「ブラック・ジャック」以来という偉業を達成しています。

Read Article

目次 - Contents