弱虫ペダル(弱ペダ)のネタバレ解説まとめ

『弱虫ペダル』とは、2008年より渡辺航が週刊少年チャンピオンで連載している、自転車競技を題材にした本格的なスポーツマンガ。アニメやゲームを愛するオタク少年・小野田坂道。同級生の今泉・鳴子との出会いが彼を自転車競技部に入部させ、次第にその才能を開花させていく。

小野田の1つ上の世代。総北高校2年生→3年生(主将)。青八木とは言葉を交わさなくても意思疎通できるほどの仲。
クライマーだが巻島いわくその実力は「てんでダメ」。小野田や他のインターハイメンバーに比べると凡人だが、それゆえに彼の走りはチームを奮い立たせる。小野田のスランプ脱出も彼のおかげである。

青八木 一(あおやぎ はじめ)

小野田の1つ上の世代。総北高校2年生→3年生(副主将)。手嶋とは言葉を交わさなくても意思疎通できるほどの仲。
無口のため、鳴子には「無口先輩」と呼ばれている。スプリンターでありここぞという場面では実力を発揮する。
鏑木をコントロールするのがうまい。

古賀 公貴(こが きみたか)

小野田の1つ上の世代。総北高校2年生→3年生。
部員達のバイクメンテばかりしているが、1年生でインターハイに出るほどの実力の持ち主。怪我で戦線を離脱していたが、最後のインターハイ出場と主将の座をかけて手嶋に戦いを挑む。「轟音の古賀」と呼ばれていた。金城に憧れている。

杉本 照文(すぎもと てるふみ)

小野田と同世代。総北高校1年生→2年生。
「経験者だから」とやや嫌味な話をしてくるが、根は真面目。
インターハイで活躍する小野田たちに触発され、6人目に選ばれるために必死に努力していた。2年生時に1位のノルマを課してウエルカムレースに出場するが、鏑木に負けレギュラーの座を逃した。1つ下の世代に弟がいる。

鏑木 一差(かぶらき いっさ)

小野田の1つ下の世代。総北1年生。
社会人チームに所属していた経験者。ウエルカムレースで1位になりインターハイメンバーとなった。
青八木には田所を超えるスプリンターになると高く評価されており、コントロールされながらではあるが、実際にスプリンターとしての実力を発揮する。ただ本人はコントロールされている事に気付いていない。

箱根学園

自転車競技の名門校。通称ハコガク。

真波 山岳(まなみ さんがく)

箱根学園1年生。ゆるい性格で周りからは不思議ちゃんと思われているが、実力者ばかりの箱学で1年生レギュラーを勝ち取った実力者。
坂を登るのが大好きで、頂上に近づくと白い羽が出現する。
セオリーとは逆にギアを重くして坂を登るクライマー。

福富 寿一(ふくとみ じゅいち)

箱根学園3年生で主将。実力者揃いの箱学で2年生の時からレギュラーに選ばれている。
「俺は強い」が口癖で、総北の金城とは対照的に、チーム全員がエース級という箱学のチーム力を生かし力でねじ伏せる戦いを見せる。
2年生のインターハイでは総北の金城に圧倒され、その際ジャージを掴んでしまい共に落車した。
最強のチームを作り金城のチームを叩き潰すことがその贖罪だと語っている。
箱学のエースでオールラウンダー。

荒北 靖友(あらきた やすとも)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

弱虫ペダル GLORY LINE(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

アニメ「弱虫ペダル」とは、渡辺航の漫画作品、およびそれを原作としたテレビアニメ作品を指す。アニメが大好きで、秋葉原に通い詰める主人公・小野田坂道が、ふとしたきっかけで自転車競技部に入部し、才能を開花させていく物語である。アニメは今期でシーズン4に突入し、坂道にとっては2年目のインターハイ・1日目のゴール争いからスタートする。

Read Article

弱虫ペダル GLORY LINE(第1話『最終局面へ』)のあらすじと感想・考察まとめ

インターハイ1日目。総北高校キャプテン手嶋は、箱学のクライマー・真波と「いろは坂」にて山頂リザルト争いをしていた。それを追いかける小野田、そして、続く鳴子と今泉。インターハイの勝利は誰の手に渡るのか、予想の付かない展開である。 今回は「弱虫ペダル GLORY LINE」第1話『最終局面へ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

舞台「弱虫ペダル」、通称ペダステとは?

ロードバイクの流行に一役買っている「弱虫ペダル」の舞台版、通称「ペダステ」についてまとめてみました。 まずは予習からです。 「弱虫ペダル」は2008年から連載中の少年スポーツ漫画です。 2015年には第39回講談社漫画賞・少年部門を受賞しています。なお版元の秋田書店での受賞はかの手塚治虫の代表作「ブラック・ジャック」以来という偉業を達成しています。

Read Article

目次 - Contents