弱虫ペダル(弱ペダ)のネタバレ解説まとめ

『弱虫ペダル』とは、2008年より渡辺航が週刊少年チャンピオンで連載している、自転車競技を題材にした本格的なスポーツマンガ。アニメやゲームを愛するオタク少年・小野田坂道。同級生の今泉・鳴子との出会いが彼を自転車競技部に入部させ、次第にその才能を開花させていく。

アニメ・漫画情報

原作漫画「弱虫ペダル」は既刊48〜以下続刊

アニメ版は
第1期「弱虫ペダル」2013年10月から2014年6月まで
第2期「弱虫ペダル GRANDE ROAD」(よわむしペダル グランロード)2014年10月より2015年3月まで
第3期「弱虫ペダル NEW GENERATION」(よわむしペダル ニュージェネレーション)2017年1月〜

関連リンク

yowapeda.com

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

弱虫ペダル GLORY LINE(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

アニメ「弱虫ペダル」とは、渡辺航の漫画作品、およびそれを原作としたテレビアニメ作品を指す。アニメが大好きで、秋葉原に通い詰める主人公・小野田坂道が、ふとしたきっかけで自転車競技部に入部し、才能を開花させていく物語である。アニメは今期でシーズン4に突入し、坂道にとっては2年目のインターハイ・1日目のゴール争いからスタートする。

Read Article

弱虫ペダル GLORY LINE(第1話『最終局面へ』)のあらすじと感想・考察まとめ

インターハイ1日目。総北高校キャプテン手嶋は、箱学のクライマー・真波と「いろは坂」にて山頂リザルト争いをしていた。それを追いかける小野田、そして、続く鳴子と今泉。インターハイの勝利は誰の手に渡るのか、予想の付かない展開である。 今回は「弱虫ペダル GLORY LINE」第1話『最終局面へ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

舞台「弱虫ペダル」、通称ペダステとは?

ロードバイクの流行に一役買っている「弱虫ペダル」の舞台版、通称「ペダステ」についてまとめてみました。 まずは予習からです。 「弱虫ペダル」は2008年から連載中の少年スポーツ漫画です。 2015年には第39回講談社漫画賞・少年部門を受賞しています。なお版元の秋田書店での受賞はかの手塚治虫の代表作「ブラック・ジャック」以来という偉業を達成しています。

Read Article

目次 - Contents